FC2ブログ
腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > カテゴリー [若者観察&読書 ]
11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

KY という言葉について

の前に。

J庭が近いよなぁ・・・
いかれへんけど、新刊具合はどないなんやろ・・・
と情報収集してみたら。

あらら・・・
杉原理生さんも、かわい有美子さんも欠席。
谷崎泉さんと木原音瀬さんは、今のところ不明。

でも、谷崎さんは3月んとき、早々にキャンセルだしてたから、
今回も欠席かな?って気がするなぁ・・・。

木原さんは舞台があるし、来られるような気もするが、さて?

それにしても、
サイトにあった舞台の話をみるにつけ、みたくなる・・・
その上で、J庭に新刊あったら・・・・・
ぐぉぉぉぉぉっ!!
自分で自分の傷をえぐってるわ。
くっすん・・・(/_;)

この傷心の腐人を支えてくれるのは、今月のキャラ新刊だけよ!
ああ・・・・・早売り限界はどこかしらぁぁぁぁ・・・


さて。
昨日、柴田よしき『聖なる黒夜』の上巻だけ読みきりましてな。

物語についてのお話とは別に、
これを読んでて、
前からずーっとずーっとひっかかってた
「KY」っちゅー言葉について、思うものがあったので、
今日のテーマはこいつだ。

KY・・・空気が読めない、の略だというが、
腐人は違うような気がすんだよねぇ・・・。


腐人は、「空気を読む」という言葉の本来的な意味は
こういうもんだと思っている。

場の空気が、A案に賛同にしてるような時。
自分としては、その案に懸念があり、できればB案にしたい。

A案に傾きつつある人々の思考を
いかにB案にむけるか。

それが、「空気を読む」だと思うのよ。

「自分は何をしたいか」
「相手は何を求めているか」
「その妥協点で落とすには、どうすればいいか」


この討論をするにおいて必要なこと、
それが「空気を読む」だと思うのね。

だから、空気を読んだ上で、あえて激論するときだってある。

例えば、流れが、原発建設賛成になってて、
ここで反対すりゃ村八分かもしれんが
自分としては、絶対いやなら、
どこからどうやって賛成派を切りくずすか。

何が理由で賛成してるかは、人それぞれ違うわけだから、
それを読んで、外堀を埋めていく。

いつ、どこで、どう押して、どう引くか。

それが正しい「空気を読む」だと腐人は思ってる。

それを怠り、やみくもに反対反対だけ主張すりゃ、
無視されるだけ。
もしくは、周りに迎合し、突出するのを恐れて流されちゃったら
自分ん家の隣に原発ができる。

そーゆーこっちゃないか?



あとは、
「気配りができる」
「気働きができる」
という意味。

これは『聖なる黒夜』を読んでて、腑に落ちたんだが、
そう、昔は、こういう日本語でゆってたんだよ。

相手の発するノンバーバルコミュニケーション、
表情やしぐさ、顔色や態度など・・・
そういうものから、相手が望んでいる事を推測し、対応する。

「黒夜」で、ヤクザの誠ちゃんとか、及川とか、
気難し屋さんたちの周囲にいる人間は、
彼らが具体的命令を発する前に、
それを読み取り実行しなきゃ、ぶん殴られていた。

そーいや、昔、親父が怖い存在だったころ、
こういう話はよくあった。

中には、ただストレス発散にぶん殴ってるだけのバカもいるので、
一概には言えないが、
小さい頃から、
そういう怖い存在によって、鍛えられるって、
人生の計算でいえば、すげープラスなんだがな。

ってのも、
言われずとも動けるという、気働きができる人ってのは、
正直、なにやらしても大成するのだ。

ここでいう気働きってのは、
相手の気持ち、相手の思惑を読むってことだから、
当然だわな。

ちなみに実在した山口組の3代目、田岡組長も
誠一や及川タイプだったらしい。


腐人は、「空気を読む」という言葉がもつ、
本当の意味は、この2つだと思ってる。



それがさー、
今の若いやつらのいう「KY」ってのは、
この腐人が思うものじゃなくって、
オレの求めてることを、言わんでもわかってくれ
っちゅー、相手を思って、ではない、
ワタシをわかって!っちゅー図々しい欲求にみえるのだ。


言わんでもわかれって、
てめー口がねぇのかよ!
言葉をしらねぇ赤子か!
私はあんたのママじゃねぇ!!


と、怒鳴りたくなる場面に何度であったことか。

姫語以外、まだまだ不自由な御歳1歳の姫ならまだしも、
日本語しゃべれるのに、それをしない。

さぼってんのか、
言語能力が未熟なのか、
自分の意見ってもんを言葉に変換できない脳みそなのか、
人とぶつかることを徹底的に避ける傷つきたくない病なのか、
それとも、それら全部なのか、
それはわからん。

が、どーもなぁ・・・
そやって、
「自分では言わないけど、この主張わかってね」
ってな風にやられて、やってられっかと丸無視したら、
「KYだ」っつって言われても、
アホか、としか思えんのだよ、腐人には。

なので、
「じゃかぁしゃぁ!KY上等!
 誰が空気なんぞ読むか!!
 言いたいことありゃ、ぶつかってこい!!!」

と思って、実行している。

っつか、これ、仕事でやられたら、腐人はキレる。
そんなことやっとる暇なんざねぇ!
言いたいことありゃ、口に出せ!
言えねぇんなら、幼稚園からやりなおしてこい!


・・・ってのがありまして、
腐人は、若いのが「KY」というと、
頭カチ割りたくなるんだよねぇ・・・・・・。



不穏な一言で終わるとなんなんで、
腐人がなるほどと思った大学の先生のお言葉で締めましょう。

「大学の講義で高度な学問を教える前に、
 小中学校で鍛えられてくるはずの
 初歩的な訓練から入らなければならないのは、
 社会全体に厳しさが足りないからだろう。

 本当に困っている人々に優しく手をさしのべることと、
 できるはずのことを厳しく要求するのは矛盾しない。」

同志社大学教授・三木光範さんの
『目前の「面倒なこと」避ける若者』より。

あまーいあまーい社会で育ち、
初歩的な事もできないまま社会にでてくるよーなのが、
社会を支える時代になったとき、
いったい世の中はどないなっとんかねぇ・・・。

ま、その頃にゃー、腐人はあの世の予定だが。


それで。
肝心の『聖なる黒夜』という物語についてのコメントは、
下巻を読んでから、まとめてやります。

これも、テーマが深いからさ、
上巻下巻でブチ切りたくないのだ。
・・・でも、分厚すぎて、上下巻の一気読みができんかった。

やったら、須賀しのぶ『神の棘』再びだもん・・・。

さすがに今、
この仕事の状況でそれやったら殺される・・・(;一_一)

よって、今日はカウントだけ。

●20日
(390)一般本 『聖なる黒夜 上巻』 柴田よしき
[ 2011/06/21 ] 若者観察&読書 | TB(-) | CM(-)

「・・・なんだ、そりゃ」 電話編

さっきおでかけしてたんだが、
本を読もうと、メガネをひっぱったら。

ツルが、ポッキリ折れちゃったのだ・・・Σ(゜o゜)ガーン・・・

10年以上愛用してたから、
金属疲労もたまりまくっとったんだろう・・・。

でも・・・・出先で折れることないやんかーっ!!!
この根性なしっ!!!


巣に戻ればスペアはあるが、そんなもんは持ち歩かん。
本は5冊もっとったがな。

困ったことに、おでかけの用事は、まだ済んでおらず、
巣に戻ってメガネを取り替えてる時間はない。

その上、腐人はメガネを外すと色しかわからん超ド近眼だ・・・。

腐人が何をした!?なぁ!!

たぶん、渡した名刺以上に、
メガネが印象に残ったに違いない・・・。




さて。
腐人の性分は意地悪ババアである。
って、今更言わんでも知っとるって?

フランスの映画で、
『ダニエルばあちゃん』っちゅーのがある。
腐人はあの境地をめざしとるのだ。

おもろいですよ、この映画。
腐人は、甥っ子夫婦の寝室のシーンが大好きである。
キヒヒヒヒ・・・。

それはさておき。

っちゅーことで、
腐人は巷に氾濫してる若者言葉が好きではないし、
「近頃の若いもんは・・・(ーー゛)」
っつー台詞も良く使う。

そんな腐人が遭遇した昨今の若者の行動で、
「なんだ、そりゃ」と思ったもんをあげてみることにする。

今日のテーマは、電話であーる。

最近の営業電話をきいてると、なってねぇなぁと思う。

ありゃ、なんだ?
マニュアル渡されて、
1ページ目の1行目の1文字目から
相手が何を言おうと無視して、
最後まで読み上げろとでも言われてんのか?

途中でさえぎろうとしても、
延々しゃべりつづける××もいれば。

相手の対応まで、
マニュアルに乗ってる通りにしたいのか、
一区切りつくまでしゃべった後、
じーっとあいづちを待ちよる××もおる。


「マニュアルを読み上げる」のが
「営業」の「仕事」だと思ってんだろうか?

あほらし屋の鐘がなるっちゅーねん
つきおうてられっかっ


それにしても。
このアホまるだしの電話って、いつからやねんやろ?
昔の営業さんたちは、そんなことはなかったぞ(~_~)?

こちらの反応をうかがいながら、
脈なしとわかれば、すっと引く。
迷いの匂いがすれば、押し引き巧みに話術をくりだし、
いつの間にか懐に入り込んでいる。

この相手の呼吸の読みがすばらしく、
基本、かかってくればむかつく営業電話だが、
「まぁ、仕事やもんなぁ。
 うちはいらんが、契約とれるとええねぇ」
っちゅー気にさせてくれてたのだ。


それが最近、そういう電話がなくなり、
マニュアル棒読み型だらけになっとる (ーー゛)。

それやってる会社にゆーとくぞ。
あれな、
会社のイメージダウンにしかならへんと思うぞ。

たまに、あまりにヒドいのに遭遇すると、
「たとえ、この世にこれを供給する会社が
 ここだけになっても、ぜってぇ使ってやるもんか!」

って、思うもん。

アニュアルはあくまでもマニュアルであって、
実際の対応には、
それぞれの客にあわせた「応用」が必要なんだよ!


××を使うなら、「応用」まで教えてからにしてくれ!



ってことで、マニュアル読み上げ営業電話に
辟易してる腐人であるが、先日こんなことがあった。

腐人は、営業電話撃退の免許皆伝を取得しているのだが、
しょっぱなから本気のパンチを放つわけではない。

いいとこ、やわらかーく、
「必要になったら、こっちから電話する。
 だから二度と電話をせんといて」

ぐらいである。

これで「やわらかい」ってウソだろ?
と思う方は、甘い。

腐人の「キツイお断り」は、
こんなのの比じゃねぇよーん♪


いや、前はね、
「必要になったら、こっちから電話する」
で終わってたんだけど、
これだと、その後、何度もかかってくるんだよ。

だから、
「二度と電話すんな」
という、聞き間違いのない言葉を
つけ加えることにしとる。

断り言葉に、「結構です」っちゅーのがあるが、
腐人は絶対に使わない。
『ナニワ金融道』を読んだ者としては、当然でしょ。

いらない場合は、
「いりません!!!」と、ガキでもわかる言葉でいう。

それでもしつこい場合の撃退法があるが、
それは自主規制にしとこう。



話がちとずれちゃったけど、
そのときも腐人は、マニュアルの読みあげを途中でぶった切り、
いつもと同じ断り言葉を述べた。

ちょっとパツってたときだったんで、
イライラはしてたかもしれないが、
標準語の、社会人が仕事で使う範疇の言葉遣いに
変換して話したつもりだった。


そしたらだねー、相手が言葉が悪いってなことを
言ったのだ。

初め、腐人は何を言われたのか、
さっぱりわからなかった。

こちらの口調から不愉快ぶりを感じ取って、
『自分の表現が悪くて、
 不愉快な思いをさせましたか?ごめんなさい』
っちゅー意味かな?と思った。

だから、マニュアルを読み続けるのをさえぎり、
そんなことないはないが、
でももうこれ以上の話いらんから
と言うと、

言葉が悪い。気をつけろ

ってなことを繰り返し、
ガシャンと電話を切られたのだ。

※本当はちゃんと社会人的言葉でやりとりしましたが、
そのまま書くのはなんなんで、
主旨だけにしてます。



「・・・・・・・は?」
腐人は受話器を持ったまま、
しばし、ぽかーんとしてしもた。

なるほど。
あの言葉は、腐人の言葉遣いが悪いっちゅー注意だったのだな。

って、なんでてめぇに言われなならんのやー!!!


血族にこの話をすると、
「おっ、最後に一矢報いったな。カカカカカ」
と笑われた。


まー、そやってネタになる分にはええねんけど、
なんちゅーのかな・・・
腐人としては、何を考えとんのかが、もうわからんのよ。

それをゆーてどないなんのか、あんた考えたんか?


そりゃ、腐人があんたの子供やったら、
言葉遣いを改めなさいと注意されんのもわかる。

教師と生徒でもわかる。

昔はよくあった、近所の口うるさい大人と常識知らずの子供
っちゅーのもわかる。

これらは善意からの注意で、当然やるべきことだ。


でもさ、今回でゆーなれば、
相手方は、こちらの迷惑を無視して押し売りをしてきた人で。
なんとか腐人の機嫌をとって、
どうにかして商品を買わせることが目的だろう?

それに対し、腐人は迷惑電話をかけられた被害者で。
いらんちゅーのに押し付けてくるもんを
宇宙の彼方へぶっとばすのが目的だ。

ここではっきり言わねば、相手方はこっちの迷惑かえりみず、
延々、腐人の時間を浪費する。
腐人は、迷惑電話の相手が満足するまで、
ゆーちょーにつきあってられるほどヒマではない。

腐人の立場としては、
二度と立ち上がれないぐらいのカウンターを食らわせて、
10カウントをとって、何が悪い?


腐人に言われたようなことをを言われるのがいやならば、

「すんません、××の営業の電話なんですけどね、
 あ、いらないですか、どうも邪魔してすみません。
 またなんかのおりには、たのんます~」

って、畳みかけて、さっと引きゃええねん。

昔のおっちゃんらは、
その駆け引きがむっちゃうまかったのに、
あーゆー人たちは、どこへ行ってもうたんやろ・・・。


営業する人と、される人は対等な立場じゃない。

その双方の立場を棚上げし、
一方的にマニュアル読み上げをおしつけ、
その結果、相手にむかつくことを言われたからといって、
自分の感情のままに、あーゆー行為をしたら、
絶対に自分の目的(相手に商品を売りつける)を達することはできない。

それを考えないんだろうか・・・?

ってかさー。
それすらわからんやつを、そういう仕事につかすなー

それ以前に。
そんなやつを、社会に出すなー!!

と、腐人は思うのだが、最近、そういうことがあまりに多く、
疲れを感じる今日この頃だ・・・(-_-;)

[ 2011/06/09 ] 若者観察&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。