腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 気になったこと いろいろ~ 2
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気になったこと いろいろ~ 2

タイトル付けも、
かなりええ加減になってきたなぁ・・・。

ま、いっかー。

ちょっとここ最近で、
気になったこと、いろいろざんす。
気になっただけなんで、オチなしもあります。
と、先に断っとこう。

じゃないと、怒られちゃうもんな、血族に。
※うちの血族は、オチのない話をすると怒るのだ・・・(-_-;)


●テレビについて

腐人は、朝と夜中ぐらいしかテレビを見ない。
で、そのどっちも、情報収集の要素が強い。

なので、ニュースなんかでも、
どこでもやっとるよーなトップニュースなんぞは、
かなりどーでもいい。

むしろ、マイナーなローカルニュースだったり、
三面ベタ記事だったり、
マイナーな国際ニュースだったりするほーのが
腐人の心はウキウキする。

そーゆー意味では、
今はネットニュースのがいいかもなぁ・・・。

ま、それでも朝起きたら、ポチッ、
晩飯食いながら、ポチッ、
ってな感じにテレビをつけるのだが。

ここのところ・・・どの局まわしても、

♪オリンピック オリンピック
 Oh olli olli olli
 オリンピック オリンピック
 Oh olli olli olli
 オリンピック オリンピック
 Oh olli olli olli

 オリンピック♬

※The Chordettesの『Lollipop』のメロディでどうぞ

っちゅー感じでさー・・・(=_=)

腐人としては、
どこでもやっとるオリンピックの結果より、
三面記事が知りたいの!!!
っちゅー不満がタラタラである。


まぁ、肉体美鑑賞としては、ええねんけどさー。

どーでもええけど、
フェンシングの衣装じゃねぇ、ウエア着てさ、
メットじゃねぇ、マスク取った場合、
やっぱ長めの金髪が、
サララッと落ちてくるのが、
ヴィジュアル的にええのぉ・・・と思うのは、
腐人だけだろうか。

ドイツとイタリアに、それぞれ一人、
おおー!グッジョブ
ってなのがおったんだが。

黒髪でも眼帯してたり、
エメラルドのよーな緑の瞳なんかだと、
それはそれでグッジョブなんだが、
眼の色までは、
あの薄暗い会場だとわかんねぇんだよなー・・・。

って、何だと思ってんでしょうね、真剣勝負を。
※眼帯と眼の色については、
 わかる人だけわかってください・・・。
 でも、そう思うよね!ね!



そういう腐視線はともかく、
オリンピック期間中はしゃーないのかもしれんが、
ホント、どこまわしても同じもんばっかやってんの、
なんとかならんのですかねぇ(~_~)?

おかげで、嫌気がさして、ここのところ、
朝も夜も、Eテレを見ていることが多い。


●『夜と霧』


そのEテレで、「100分 de 名著」という番組があり、
今、ちょうどそこで、
ヴィクトール・フランクルの『夜と霧』をやっている。

タイトルは知ってるし、収容所の話というのもしってるが、
読んだことはない。

なので、ちょうどいいやと見ていたんですが、
ちょっとひっかかったことがある。

記憶頼りになるが、
「繊細な人のほうが、
 頑健な肉体をもっている人より、
 生き延びる」
ってな感じの文があるんだそう。

具体的にあげられてたのが、
「過酷な労働のあと、
 歌を歌いだすような感受性豊かな人のほうが
 マッチョより生き延びる」
という例で、この一文と繋がるらしーのだが、
なんかちょっとうーん?と思うのは
腐人だけだろうか。

腐人は収容所の話といえば、
『アンネの日記』ぐらいしか読んだことないんだが、
あっこの母ちゃんは、超繊細だったんで、
水溜りで服を洗うよーに
なってしもたんじゃなかったっけ?

なんつーか、
「繊細」「感受性が強い」という表現が、
なんか原文そのままですか?
という気がするんだよな。

だって、「繊細」とか「感受性が強い」って日本語は
「神経質」とか「取扱注意」的イメージがあるじゃん。

じゃなくて、こういう極限状態の場合、
身体の強さではなく、心の強さが問題で、
現実がどんだけ厳しくても、
妄想世界に逃避して、それを滔々と語れ、
かつ、そこに希望を見出せるよーな、
自分の精神を柔軟に保てる人が生き残れる、
ってことやないの??

そうやとしたら、
腐女子やオタクはしぶとそうだよな・・・。

「絶対さ、あのシカンとジョートーヘーは
 できてると思うのよ!」
「そよーねー!
 私としては、やっぱ下克上で・・・(以下、略)」
とかやってそうじゃん。

でもって、
「ここ出たら、絶対!本にしてやるわー!!」
って(^_^メ)。


ま、それはともかく、これってさ、
いわゆる、虐待された子供が
自分を守るために、多重人格になる、
これが近い現象なんではないんかねぇ・・・。

原文はもちろん、翻訳文も読んだことないから、
もしかしたらもっと違う意図があるんかもしれんが、
ここだけ抜粋されっと、
なんか腑に落ちんなぁ・・・(~_~)。


でも、そういう日々を送っていると、
感情が消滅するってのは、
虐待された子供に特徴的な、
「凍りついた瞳」を思えば、非常にわかる。
※  ↑これについて知りたい方は、
 ささやななえ『凍りついた瞳』をどぞ


でも、この「繊細」は、なんか納得がいかんので、
これは自分で本を読むべきか。
読むべきだろうな。

・・・って、いつ読めるんだか・・・(;一_一)

このままでは月日とともに忘れてしまいそうなので、
いつか読みたい本リストにいれておこう。


●戦争本 展示

今日は、広島の原爆記念日だが、
7月下旬くらいからかなぁ、
図書館に行くと、テーマ展示んとこが
だいたいどこも、戦争関連本になっていた。

それはとてもいいことだと思うんだが、
腐人にしてみりゃ、その原爆んとこに
「なぜ、吉本直志郎さんの
 『北の天使 南の天使』がないねんー!」

と言いたい。

これだけだとつらいから、
戦争したら、その後、どんなことがもたらされるか
ってのもあわせてさ、
ぜひ、『青葉学園物語』シリーズも置いてほしいぞ!

それが、ちょっと、いや、かなり不満


えーっとそんくらいだっけ?

あ、そうそう。
もう1個あった。

こないだ地方に出張しとったんですけどね、
予算がねぇので、ホテルは安いとこ、となっていた。

安いんはええねんけど、
大浴場がついてるとこにしてくれー!
というのが腐人の唯一のオーダーでやったんです。

ってのも、肉体的にボロボロになるのはわかってたんで、
そーなったら、せめてゆっくり風呂につかりたい、
そこでビジホのせまっくるしい、
かつキレイとはいいがたい風呂には入りたくない・・・
という理由があったからだ。

ヘロヘロで宿に戻って、
風呂入れるのも面倒だったしさ。

ま、そのささやかなお願いは通り、
その日、腐人は夜中の11時近くなって、
大浴場に行った。

で、でてきて、似た様な湯あがりの皆様と
エレベータに乗り込んで、
自分の部屋にむかっとったんです。

したら。
途中の階でピンポーンと停まり、
明らかに場違いなお姉ちゃんが乗り込んできた。

・・・ここ、ホ●トルOKなんか・・・。

ん?
最近だと、ホテ●ルいわんと、デ●ヘル?

腐人は、その辺のフーゾク用語の違いがわかりませんが、
要するに、
お姉ちゃんがデリバリーしてサービスしてくれる、
いや、
してくれた、か。

まさに、そんな感じの姉ちゃんでねぇ。

以前、師匠との会話で、
意外と、ド都心部よりも、
そこから離れた地方都市のが、治安悪いよなぁ・・・
というのを思い出した。

確かに、ド都心部は、悪い人もおるねんけど、
取り締まりにもかなり力をいれている。

でもって、そういう繁華街で、場が荒れると、
カモならぬ素人さんが来なくなるので、
お互い商売に差し障りがでるから、
ド都心部の玄人の日本人同士は、
結構、ルールを遵守してる。

そこでは、むしろ外国人とか素人のが、
どっちかっちゅーと性質が悪い気がする。

でも、ちょっと離れると、
町の寂れっぷり=経済基盤の弱体化とともに、
金の取得方法に、
なんかルールというか仁義が二の次になってる感が
ひしひしと伝わってくるんだよなぁ・・・。

腐人も、ド都心でダーリン停めてても盗まれないが、
郊外で停めてるとやられたもん。

ま、それはともかく。

このホテルには二度と泊まりたかねぇな・・・(=_=)
と、思った腐人でした。

そんなとこー。

ああ、オチが全然ないわ・・・(;一_一)
これぞ、やおい話・・・。


以下、読書録。

●5日
(670)一般本 『トゥルークの海賊1』 茅田砂胡
  やった!海賊だ!

  天使より、キングのが好きなので、
  嬉しいですねー。

  それもどうやら長いようだし。
  やたー!

  って、あとがき読んで、
  「この長いの書けとゆー読者の中に、
   腐人は入ってないよな?な?」
  と思ってしまった小心者。
  散々ゆーとるが。

  やっぱですね、1冊で収めようとすると、
  どーしても話が小さくなるんで、
  物足りんのですわ。

  せっかく大風呂敷を広げられて、
  かつ、畳める能力があるんでね。
  ドカッと一発、巨大風呂敷を
  広げて欲しいなと思うわけです。

  ・・・そう、世の中には、
  風呂敷広げたはいいが、畳めない、畳めてない人ってのも
  いーっぱいいらっしゃるでのぉ・・・


  どうやらこの巻は、状況説明で、
  次巻は、大暴れしそーな感じなんで、
  うふふふふ・・・楽しみだわぁ(●^o^●)!
  
  で、ちびすけの頭髪が薄くなるか、
  白くなるのよねぇ~♪
  わははははー(^_^メ)
  
[ 2012/08/06 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。