腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > ちゃらり~♪ちゃらりらり~ら~・・・
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちゃらり~♪ちゃらりらり~ら~・・・

今朝とどいた一枚の手紙をみて以来、
腐人のBGMは、J.S.バッハの
「トッカータとフーガ ニ短調 BWV565」になっている・・・(T_T)

なんのこっちゃか説明しますと、
毎年、8月の中旬頃に、
腐人がどーしても欠席できないことがある。

それが夏コミとかぶりませんよーに!って
いつもお祈りしちょるんだが、
今年は、まさにビンゴ・・・(/_;)

1on1の話なら、日程かえてー!とすかさず言うが、
これは、かなり大がかりなので、
関わる人数が多くて、
腐人ごときのプライベート用件で
日程を変えてはもらえない。
でも、欠席もさせてくれんのだ・・・(T_T)

うわーん!
どーしてくれるー!!
アレもコレもソレも、
きっときっと新刊がでて!ペーパーが配られて!
とっても楽しいイベントになるはずなのにー!!

しくしくしく・・・(;_;)

なんとかどっかでとんずらできないか、
ただいま必死に模索中。

まぁ、本はね、
たぶん通販で後日入手できなくないと思うンだ。

でも!
ペーパーはちがーう!
そんとき、その場におらねばもらえんのだ!
   ↑
  って、しょっちゅー出遅れて
  カス掴んでるくせに・・・


でもって、お買い物の楽しみってのは、
その場所をふらふらふらりと歩くことで、
 まぁ、ボクかわいいわね、いくら?
 あら、こんな子もいるの?
 なら、両方いただくわ
ってなことができるのがいいんじゃん!!

うっわーん


という腐人の泣き声が聞こえたわけではなかろうが、
師匠から、ピロローンとメールがきた。

なんじゃろ?と思ってみると、
「寿司屋、つきあうよ」

な、なんということでしょー

シンコも食えず、
夏コミも危なくなってる
哀れな仔羊・腐人ちゃんを可哀想に思って
愛の手を差し伸べてくださったのね!!

まぁ、ブログであまりに腐人が、
シンコシンコシンコうるさいからかもしれませんが、
そんでも一緒に食いにいってくれる人がいるのは、
ひじょーに嬉しい!
やたー!

すかさず寿司屋に予約をいれ、
「あの!シンコありますよね!」
と念押しをする腐人・・・。

ホントに、
読書と食うこと以外に興味ねぇのか、あんた・・・。


ま、そゆことで、
あとは、なんとか抜け出す方法を考えるのみ・・・。

ああ・・・コミケで、
新刊予約ってできたらいいのになぁ・・・。


さて、と。
宿題片付けいきましょかー。

(660)BL/リンクス 『恋愛独占法』 桐嶋リッカ
  桐嶋さんは、なんか独特なもんがあるなぁ・・・と、
  腐人はみている。

  花郎藤子さんや、ひちわゆかさんのような
  言葉遊びを含んだ文というのが
  腐人は大層好みなのだが、
  桐嶋さんにも、ある種これと同じ匂いを感じてる。
 
  このセリフのやりとりとかみてると、
  ついニヤニヤしちゃうんだよねぇ。
 
  あとなんだろなー、この感覚。
  
  お話ってのは、結構、
  今このときの時代を映すところがあって、
  数年経過して読むと、古さを拭えないときがある。

  ただ、中には、これを超越した、
  サ●エさんとゆーか、ドラ●もんというか、
  いつ読んでも、今と限りなく近似値のよーな感を
  抱かせる作品がある。

  これはどこからくるものなのか、
  よくわからないのだが、
  腐人にとって桐嶋さんの作品って、
  結構、そうだったりするんだよなー。

  まぁ、などなどと、大きな話をしたのはですね、
  ちょっとやっぱこうなっちゃうのか、
  と思うところがないわけではなかったからだ。

  あ、ゆっときますが、
  これがおもろくないとゆーとるんではありません。
  いつもながら、がっつりエロも入ってるし、
  ちゃんとお話できてるし、
  キャラもセリフも楽しませてくれてます。

  ではない部分、
  お話の骨格とでもいえばいいのかな?

  ぶっちゃけちゃえば、
  「3ぴーは結局こうなるのか」ということ。

  これまでにもいくつか読んできましたが、
  どれもこれも、受1に対し、攻2。
  出てきたときから、攻が受に選択をせまり、
  選べないーとなる、ってのが、
  なんかもうお約束なんだよな。

  例えばこれを、
  受2の攻1にするだけでもちゃうやん。
  受1、両方1、攻1ってのは、
  以前、剛しいらさんでみたが、
  ありゃ愛がない無理矢理だったから
  3ぴーパターンから除外すると、
  ホント、受1の攻2以外の愛があるパターンって
  みかけないんですよ。
 
  なんすかね?

  どっちか選んじゃえば、それはそれで、
  他のBLと同じ話になってくるし(ただあて馬なだけ)、
  三角形描くのがいいでしょって話なのかもしれないが、
  腐人としては、
  「もっといろいろ見せてくれ!!」
  と言いたくなるんだよなー・・・。

  いっそのこと、1on1ならぬ、
  愛のある3on3でもよくってよ?

  ・・・って、需要がどんくらいあるんだか・・・(;一_一)

  まぁそういう大人の事情も絡んでるんでしょうが、
  腐人も大好きなグロリア学院シリーズが
  あれだけおもろいのは、あの設定により、
  ものすごく自由に広がってるからだと思うんだよな。

  そやって固定概念を打破する力量が
  おありなんだからこそ、
  これまでみたことのない3ぴーがみたかった。

  悪くはないんだけどね・・・。

(661)BL/キャラ 『諸行無常というけれど』 谷崎泉
  ん?これって単品?
  それとも、結果次第で続きます?

  前からゆーてますが、
  腐人は谷崎さんは
  長編のほうがおもろいと思ってる。

  そういう意味で、
  この設定は延びてもOKそうだなと思う反面、
  ちょっと厳しいことを言わせてもらえば、
  あまりにも『しあわせにできる』に似てる・・・。

  受がお人よしなとこだとか、
  部下に使えないのがいるだとか、
  攻が殿なとこだとか、
  ポイントポイントが
  どーも被ってみえるんだよなぁ・・・。

  これだけ読んだら違う感想だったかもしれませんが、
  腐人、谷崎さんの作品、
  最近出た数冊を除き、
  ほぼほぼコンプリートしてるもんで、
  そう感じちゃうんだよなぁ・・・。

  もし続くならば、
  違うおもしろさを見せてもらえると
  嬉しいでーす。

(662)BL/ルチル 『ステノグラフィカ』 一穂ミチ
  オヤジ、メロメロ
  
  気持ちはわかるけどね。
  ♪妻を めとらば 才たけて
   みめ美わしく 情けある
  まさにこれピッタリだし。

  っつか、碧ちゃんみてっと、
  磯野さん家のフネさん思いだすのは、
  腐人だけか!?(~_~)
  
  すげー似てると思うンだが・・・。

  そう。
  佐伯よ、あんた見る目ねぇぞ。
  っつか、女を穴だとしか思ってねぇだろ、貴様。

  西口みたいな昭和オヤジの頭の人間はねー
  そんな脳なし乳星人みたいのは、
  ソープの姉ちゃんと同列にしか認識でけんねんて。

  こいつに合うのは、
  常に一歩下がって、男を立てながらも、
  押さえるべきところはきちんと押さえ
  実質は尻に敷いてるとゆー
  「本当に賢い人」だと思うぜ。

  この「本当に賢い人」ってのは、
  ゆーなりゃ孫悟空みてーな夫を
  手のひらで転がすお釈迦様とでも言えばいいのか。
  自分が賢いと、
  自分でひけらかさない脳みそもってる人。

  そーゆー意味では、
  元妻サッチャーは賢いとは言わねぇなぁ。

  自分の賢さをひけらかして、
  上に立とうとしてるところは、
  まさにオス。

  大原麗子が森進一との離婚のときにゆーた
  「家庭に男が2人いた」っちゅー
  まさにその状態でしょ?

  マウンティングすることでしか
  自分の存在価値をしめせない人同士が夫婦になりゃ
  そりゃ離婚するしかなかろうて。
  
  あら、いかん。
  佐伯化しちゃってたわ。
  腐人、よい子なのに~♪←嘘をつけ

  
  それにしてもこの二人、
  お互い意識しながら、のたくたとラブを育む様は
  真知子と春樹かー!
  っちゅーツッコミをいれたくなったのは、
  腐人だけ?

  ・・・っつか、真知子と春樹がわからん人おります?
  『君の名は』なんですけどね。

  碧ちゃんが言い出せなかった件も、
  久々に、「なんでここで言わーん!」と
  後からドツきたくなった・・・。

  腐人、攻には厳しいが、
  基本、受には優しい人なんですけどねぇ・・・。
 

  この先は、どーなんのかな?
  おっさんはなんかこだわっとるよーだが、
  遠からず、碧ちゃんが
  身のまわりのことやりだすんだろうな。
 
  っつか、碧ちゃんの性格からしたら、
  溜まった洗濯物とか耐えられないよーな気がする・・・。

  ま、その辺も、碧ちゃんなら
  おっさんのメンツをたてつつ、
  うまいこと自分のしやすいように
  操縦するんだろうな。

  でもって、胃袋も生活も碧ちゃんに握られちゃって
  気づくと、
  「死ぬまでにあと何回食事ができるんかわからんのに
   碧の作ったメシじゃないもん食いたくねぇ!」
  とか言い出したりすんだろなー。

  あかんわ。
  この話、すげー気に入ってしもたから、
  妄想がとまらない・・・。

  
  えっと、カバー見返しのコメントに
  話を変えよう。

  衆議院と参議院、どっちが攻めかって?

  そら、衆議院でしょ。
  
  理由は3つ。

  1.いくつかの事項については
    衆議院に絶対的な優越があるから
    (内閣総理大臣の指名、予算の議決、条約の承認など)

 
  基本、攻めができなきゃ成り立たねぇからさ。
  ・・・あ、でも誘い受なら、逆転する?
   
  2.成り立ちからゆって、
    衆議院は庶民、参議院はお貴族様だから

   
  お貴族様といえば、受でしょう。
  こっちが攻なのは、つまらん。

  3.衆参とは言っても、参衆とは言わないから。

  この理由が一番でかいかな。


  って、真面目に衆議院と参議院について調べてる人が
  ここ読んだらどーしよう・・・ 
 
  ま、意味がわからんか。 

  腐人の意見はこーですが、
  一穂さんはいかがでしょー?

(663)一般本 『結果を出しながら人を育てる上司の魔法』 黒岩禅
  これはちょっと別個でやります。

(664)BL/リンクス 『陽炎の国と竜の剣』 佐倉朱里

  腐人は、佐倉さんは
  こういう異世界もんのが
  おもろいよーな気がしている。

  が、これ、こんで終わり?
  なんか先も続けられそーな感じがしますが。

  っつかさ、ゆっていい?

  竜版『ポー●一族』ですか、これ?


  いやだってほら、
  一緒に永遠の命を生きる人を探して~
  って感じじゃん。

  でも、今回に関していえば、
  無限じゃなくて有限なわけで、
  するってぇと、あかん、名前がでてこんが、
  鳥のが、竜として、ずっと前から生きてるわけじゃん。

  すると、まだまだガキんちょの砂ヒョウよか、
  先に死ぬわけよね?
  で、竜が死ねば、竜憑きも死ぬわけで。
  そーすっと、残りの人生を
  一人でいきろってこと?

  どーせなら、同じ年齢ぐらいの竜が
  落ちてきたらよかったのにね。

  個人的には、イスファンディールの伯父さんが
  気になるなぁ・・・。
  

ふっ・・・今日は頑張ったぞ!
でも、エネルギー切れなので、ここまで。

最後に昨日のカウントを。

●2日
(668)マンガ 『人魚の傷 高橋留美子人魚シリーズ 2』 高橋留美子
[ 2012/08/03 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。