腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > いやぁっ!ダーリン、しっかりしてぇぇぇっ!!
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いやぁっ!ダーリン、しっかりしてぇぇぇっ!!

夜道に響いた腐人の叫び・・・。

夜中、ダーリンと徘徊しとったんですね。

で、途中で用事を思いだし、
道っ端に、ダーリンを放置。

用を済ませて戻り、
いつものよーにエンジンをかけた。

キーをさし。
ロックを外し。
ブレーキをかけながら、スタートボタンを押す。

そしたら、普通は、ぶるんっ!と言ってエンジンがかかる。
しかし、今回は違った。

「ぶ」という一言を残し、沈黙・・・。

いやーんな予感がする・・・。
不吉だ・・・とっても不吉だ・・・。

再び、スタートボタンを押しても、
うんとも、すんとも、あんとも、いやんとも言わない・・・。

あの「ぶ」が、ダーリンの断末魔だったのか・・・?

いやぁぁぁぁぁぁっ!!!
死んじゃいやよー!!ダーリン!!!
ワタシを、こんな道端に置いてかないでー!!!


ま、車なら、「たすけてー、じゃふー」となるんだろうが、
バイクの場合、キックスタートという手段がある。

腐人は一番初めに乗ったバイクが、
スタートボタンがないタイプ(時代をきいてはなりませぬ)、
だったもんで、キックスタートは慣れている。

そんでやったらなんとかエンジンかかったんで、
動けはしたんですが・・・その後。

ウインカーをつけると、ジジジジジ・・・・という音と共に、
チ・・・・・・・ッカ、チカ、チカ、チ・・・・・・・ッカ・・・・
と、すげーイライラするよーなウィンク・・・。

これは確実に電気系統がイカれてる・・・・。

うわーん(ToT)
こないだ大枚はたいてメンテしたばっかやっちゅーに!!

しくしくしく・・・(/_;)

ま、なにはともあれ、夜中なので、
明日、バイク屋いくかーと思っていた。

で、朝起きると、血族が封筒を差し出してくる。

?と中をみると、
先日、血族のお友達がこっちにやってくるということで、
ホテルの手配をやったんですわ。
そんかし、腐人のアカウントつかってポイントもらうでー
ってことで。

そしたら、その方が御礼にと、
腐人に図書カードをくださったのだ!!!
うひょーい!嬉しい!!!

今月は新刊ザクザクでるし、
そういや、今朝、新刊ニュースで、
8月にHollyノベルズさんから、
木原音瀬さんの新刊、
『リバースエンド』が出るとあったな。

あれは、マンガ 『キャッスルマンゴー』の前の話だよな。
ノベルズ化無理だと思って、
小冊子欲しさに雑誌買ったんで、すげー覚えてる。

まさかあれだけではなかろうから、
うふふふふ~楽しみができたじょー!!
それまで図書カードを使いこまないよう注意だ!!

それにしても、
商品券じゃなくて図書カードっちゅーとこに、
血族からさぞかし腐人のネタをきいとるんだろうというのが
推測されるが、それはまぁいい。

で、さらさらと御礼状をしたためていたら、
血族が、「なんか鳴ってるよ」という。

えー?腐人のケータイ??
それはめったに鳴らんもん(出ないから誰もかけない)やから、
腐人ちゃうんちゃう?

とゆーてたら、腐人の着信で。

みると仕事関係。

・・・またまた漂う不吉な予感・・・(;一_一)。
勘弁してよ、今日はバイク屋いくのー!!!

腐人の場合、留守電に用件をいれないと、
絶対折り返しをしないので、
わかってる人は、一言残す。

今回もそれで、中身をきいてみると。
・・・やっぱりトラブル・・・(T_T)

それもかなり緊急度高し。
うわーん

とりあえず、詳細確認でメールを立ちあげると、
ネット本屋からのメールがあった。

「『flat 6巻』おくったけんねー。
 たぶん今日まもなく着くかんねー」

でも、今から仕事のトラブル対応をせねばならぬ・・・(T_T)

・・・禍福はあざなえる縄の如し、
これを痛感している真っ最中・・・。

頼むから!

もう禍はいらん!!
福だけくれーっ!!!






以下、読書録。

●13日
(618,619)一般本 『 心のナイフ 混沌の叫び 上』『 〃 下』 パトリック・ネス/金原瑞人・樋渡正人
  ・・・腐人ちゃんさぁ、
  いい加減に認めたらどーなのよ。
  あんたには、もうジュブナイルは無理なんだって!

  ・・・ううううううう・・・
  
  でもでもでも!
  「プレンティスタウンでは、女は死に絶え、
   男は互いの考えがすべて“ノイズ”として
   聞こえるようになってしまう。」
  なーんてあらすじ説明されてっと、
  「え!?男のみの世界!?
   『マージナル』!?やた!」
  と思っちゃったわけですよ・・・(;一_一)

  ま、それが大間違いだったんですが。
  ※『マージナル』とは、萩尾望都さんの名作マンガ

  いわゆるラノベなので、
  読むのは読みやすいんだが、
  主人公が13歳のバカモノ、もといワカモノなので、
  このバカさについていけない・・・。

  大人とされてるオスも、
  マウンティングにしか興味ねぇサルだし。

  洗脳、もとい、教育って大事なのねぇと、
  それだけを思った本だった。

  3部作なので、続くようだが、読まないだろなー・・・。

(620)一般本 『答えが運ばれてくるまでに A Book without Answers』 時雨沢恵一
  時雨沢さんの作品の中では、
  『キノの旅』に次いで、このシリーズが好きかな。

  ま、要は、ある程度、毒がないと好きじゃないってことか?

  今回は
  「きんしすること」
  と
  「すべきこと」
  が好きだな。

  「きんし」は、
  腐人の中でずーっと抱えてる規制問題に
  ひっかかるところがある。

  そうなんだよねぇ・・・
  実際はそうなのに、見知らぬ人と繋がる方法を
  断絶することにやっきになるんだよなー、
  社会ってやつは。

  「すべきこと」は大いに同意。
  ただ、40で終わってるのが、ちょっと残念。
  どーせなら50、60、70、80、90まで
  みたかったな。

(621)BL/リンクス 『境涯の枷』 妃川螢

  これもロングシリーズだよなぁ・・・。
  ある意味、BL界の『サ●エさん』?

  今回は、オールスター総出演のまとめ本?
  って感じだったが、
  もうここまでなってくると、
  正直、相関図ないと、腐人の頭はやばい・・・。

  どーでもいいんですが、ヤメ検って表現、
  確かに使いますけども、
  どっちかっちゅーと、プラスよりマイナス、
  自己卑下とか、蔑称的なものを
  含んだ表現だと思うンだがな・・・。
[ 2012/07/14 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。