腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 気になったこと、いろいろー
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気になったこと、いろいろー

ISの連載やってる最中に、
ぽつぽつ気になったことがあったんだが、
書きそびれたので、まとめ。


●着床前診断の全染色体診断

ぶっちゃけ、
これの何がいかんのかがよくわからん(~_~)。

ご興味ない方のために、ざっくり説明します。

着床前診断ってのは、
不妊治療などで、体外受精した受精卵を、
子宮に戻す前に染色体異常がないか調べること。

従来は、染色体の一部しか調べられなかったのだが、
「比較ゲノムハイブリダイゼーション法」っちゅー
新しい方法があみだされ、
これによると、染色体の全部を調べることができ、
かなり精度の高い結果が得られるそうなのだ。

ISでも書いたが、
例えばその受精卵がXOだった場合、
多くが流産する。
というように、染色体異常は流産しやすい傾向がある。

・・・これって、自然の摂理から考えりゃ、
当然至極のことやと思うのだがな・・・。

流産ってのは、母体にも負荷がかかるし、
そもそもの発端が不妊治療。
身体もしんどいわ、カネもかかるわっちゅー治療なら、
少しでも成功率が高いのを選んで当たり前ちゃうんやろか?

・・・と、腐人なんぞは思うンですが、
日本産婦人科学会によると、そうではないらしい。

こちらの学会によると、
「染色体異常が見つかった受精卵は
 患者の同意を得た上で破棄するため
 「命の選別」につながるなどとして、
 着床前診断そのものを重い遺伝病を除き
 認めていない」(byさんけーしんぶん)
んだそう。

・・・なんつーか、そういうことゆーなら、
体外受精からして、
本来なら生まれるはずがない命やろ?
自然交配ででけへんねんから。

いまさら選別もクソもねぇんじゃね?
っちゅー気がするのは、腐人だけだろうか・・・。

いろいろ記事をよんでて、ちょっとびっくりしたのが、
これ、129組にやったらしいんですわ。
したら、そのうちの59組に、
染色体に異常が認められたという・・・。

元々、流産を繰り返したり、
人工授精がうまくいかなかったりしたハイリスク層を
対象にしてるとはいえ、
45%以上も染色体異常が発生するのか・・・。

これにはちょっと驚きました。


●リアル本屋のポイント導入

本は再販制度の下、割り引いて売られることはない、
ことになっている。

が、実際のところ、ネット本屋の場合、
ポイントをためたら、割引で購入ができる。

一方、リアル本屋にそういった制度がないので、
こりゃリアル本屋が衰退してってしょーがないんじゃね?
と、ここでも何度か書いた。

それが最近、その辺の本屋の入口に、
「ポイントカードをご存知ですか?」
「1%がポイントになります」
などなどのコピーをみかけるようになった。

へー・・・。

っつか、腐人が知らんかっただけ?

本屋にはよくいってるが、
ドラッグストアやスーパーのように、会計の度に
「ポイントカードはお持ちですか?」ときかれる・・・なんてこと
遭遇した覚えないぞ???

・・・って、腐人がいってる本屋がやってないだけ?

いやいや、そのコピーがあるとこで買いものしたが、
加入をすすめられもせんかったぞ(~_~)?

なんだか・・・
まだまだ他業種を見習わないとならないよーな気がしますね、
売り手も買い手も、お互いに。



●ホームスクーリング制度のススメ

今、連日とりあげられている、
いじめによる自殺事件。

そのニュースをきいたとき、
ものすごく素朴に疑問だったのが、
「なんで、そんなのに、学校いくの?」。

連日、暴行傷害の被害にあい、
連日、脅迫と恐喝の被害にあい、
連日、自殺教唆の被害にあうために、
なぜ学校にいくのだろう?

『3月のライオン』のコメントでもよく言ってるが、
そんな学校なんざ、行かんでええ!
と腐人は思ってる。

自分を守るのは、自分しかないねんから、
自分を守るために逃げろ!

そう思うねんけど、
なんでそれやのに学校に行っていたのか。

親は気づかんかったんかね?
とボソッとゆーたら、血族が、
「生活に追われて余裕なかったら、
 気づけないかもなぁ・・・」
と言った。

実際に子供がいじめにあったという
コメンテーターさんも
「いじめにあってると、
 子供から親には言えないものだ」
とゆーておった。

ふむ、そういうものなのか。

でも、だからって、
こんな状況に甘んじ続けるって、
なんかおかしいと腐人は思うんだよなぁ・・・。

うーん・・・正直、遠すぎて
ティーンエイジャーがなに考えてるか
なんてわからんが、
それが無知から来ているならば、
逃げ道を教えてあげるのが、
その逃げ道をつくってあげるのが、
大人の役割なんではなかろうか。

と、思ってたんだけど、今日ニュースで、
発達障害をもつ小学生がいじめをうけ、
学校にゆーたが、らちがあかんので、
親が転校させた・・・
ってのが、とりあげられていた。

学校批判の臭いプンプン報道だったんだが、
腐人にしてみれば、
切り口間違えてない?というとこだ。

ここは、親を称えるべきでは?

そして、今、いじめられてる子に、
「ドナドナされる子牛のよーに
 学校に連行される必要はない。
 そして、学校なんぞに期待するのは
 バカをみるだけ。
 親にいい、とっとと転校させてもらいなさい」

と。

また、いじめられてる子を持つ親に、
「学校に期待しても、相談しても無駄。
 子供を守りたいなら、
 あなた自身が動いて、子供を転校させ、
 その生き地獄から救ってやりなさい」

と、メッセージを送るべきではないんだろうか。


そりゃね。
正直、学校や教育委員会を変えたいならば、
やれなくはないと思うのよ。

一番いいのは、学校や教育委員会側自らが、
このままではあかん、
自分たちの意識改革を、
自分達の制度改革をせねば!
と思ってくれればええねんけど、
子供が自分で考えることを潰しまくってる人たちが
それをやるとは思えない。

なので、無理にでも
そいつらを動かす方法を考えればいい。

まず、プラス。
いじめをみつけて解決したならば、評価する。

ポイントは、ただ見つけるだけでは×ということ。
第三者がみとめる「いじめ問題の解決」があってはじめて、
成功した、とみなす。

一方の、マイナスは、
担任中に、校長や教育委員在職中に、役所での担当時に、
学生の自殺者がでたら、全員の評価をマイナスにする。

という基準にしてだね、
このプラスの評価は給与やボーナスのみ反映。
それも一回こっきり。
また欲しければ、いじめをみつけて潰しなさい、ってこと。


マイナスの評価については、
給与やボーナスのみならず、
年金にまで及ぼさせる。
年金の徴収は不変、でも支給は減額。
つまり、
「一人でも生じさせたら、
 死ぬまでその責任を負わせてやる」
ってことだ。

でもって、その浮いた分は、
亡くなった子供のご遺族への補償にしたらいい。

ここまでやったら、真面目に対処する気にならんかね?

まーこんな提案したら、
恐らく抵抗勢力がぎゃーすかうるさくわめくだろう。

でもさ、命は何よりも大切ですとか教えてる側でしょ?
せやのに、なにゆーてんねん、
あんたらがちゃんと教えられてへんからやん・・・と思うのは、
腐人だけかねぇ。

でも、仮に、これが巧く適用できたとしても、
本当にちゃんとやるかはわからない。

腐人は教師という生き物が大嫌いなので、
やんねぇよーな気がするが、
こればっかりは、やってみなけりゃわからない。

ただ、保険はかけておきたいので。

同時に、被害者保護プログラムとして、
移住・転校制度と、
ホームスクーリング制度、
これを超簡単に適用できるようにする。

そう、いじめられたら、逃げなさいってこと。

移住・転校制度は、
費用と移った先でのシステムが問題だろうが、
できなくはないかなぁと思う。
実際、上で書いた小学生のケースとかあるわけだし。

が、ホームスクーリングは
親がろくでなしだった場合、
子供が被害者にならない方法を考えねばならない。

ってことで、
ホームスクーリング先進国のアメリカをみてみよう。

・・・ところで、今更ですが
ホームスクーリングって、ご存じです?

要するに
学校にいかず、家庭で教育をほどこすこと、
なんですけど、
よく知られてる例では、エジソン君。

親が教師の代わりとなって教えるんですが、
アメリカでは1970年ごろから広がり始め
(その裏には人種差別の公民権運動が絡んでいたようである)、
現在ではすごく増えてるらしい。
(2007年で約150万人)

ってのも、『理系の子』という本でも書いたと思うが、
アメリカの退学者は、両極で、
おちこぼれてやめてく人と、
ふきこぼれてやめてく人だという。
※ふきこぼれとは、
学力が高すぎて、低いレベルにあわせた学校の授業だと
己の能力をもてあます層のこと


このふきこぼれや、
宗教上の理由(進化論を学ばせたくない創造論者)、
また学校治安への不安、
いじめの回避などから、
ホームスクーリングを選択する家庭が増えてるというのだ。

でもって、大学入試の適性試験をみると、
いわゆる普通の学校に行ってる子より、
ホームスクーリングの子のほうが、
平均点が上回るという結果がでている。

各州で違うものの、
ホームスクーリング専用教材があったり、
助成金制度があったり、
コンピューターや工具、文房具などの購入特別割引、
税金の控除など、かなりきめこまやかなフォローがある。

その反面、親は教育方針を
年4回ぐらい委員会に提出しなければならなかったり、
学力試験を課されたり、
もし、親が教育放棄をして、
テレビやゲームをしてるだけーなんてのが発覚したら
厳しい指導が入る。

また、社会性が身に着くのかという点については
賛否両論。

ただ、『理系の子』で紹介した
第二のビル・ゲイツと呼ばれる少年は、
公文式の講習をみた親御さんが、
ただただ同じことを繰り返し、
テストで点数をとるだけの技術を高めてる姿に不安を覚え、
ホームスクーリングを選んだ。

少年自身は当初不満もあったようだが、
そのうち、自分の興味のある分野に
なんの制限もなく挑めることに楽しさを覚え、
大学の研究室と組んで、研究を始める。

そーゆー事例をみれば、
ホームスクーリングだから社会性が身につかない
とは言えないよーな気がするんだがな、腐人は。

この公文式で思い出したが、
東大で先生をやってらっしゃる方が、
先日書いてた記事で、
生徒から、あなたの授業は大変に怠惰だと言われたというのがあった。

どういうことかとよくよく読んでみると、
その学生にとってよい授業とは、
「教師が黒板に一つひとつ、
 問題と模範解答を板書するのが正しい」そうで、
「問題などというものは、
 見たことがないものが解けるわけはない」、
「解けない問題、
 解き方のパターンを教えない問題ばかりを
 出してくる。
 こんな問題を出すのは時間の無駄だ」
なんですと。

こーゆーの読むと、
ホームスクーリング選ぶ親御さんの気持ちがよくわかる。

腐人の知り合いの東大卒は、よく言います。
「東大でてるからって、全員が優秀なわけじゃない」

確かに腐人の知ってる中でも、
東大出のろくでなしがいる。

いかん、話がずれてきた。

要はですね、
なんぼゆーても、恐らくいじめはなくならんし、
学校も教育委員会も変わらない。

ならば、自衛手段を作ってくれ!
モンブカガクショウ!ってこと。

いったい、何人の命がなくなれば、
学校制度というものの根腐れに気がつくんでしょうかねぇ。


あー、あと、
いじめ自殺をした親御さんの訴訟判例をきいてて、
あまりにもあほらしなったので、
黒い腹案を考えてみた。

が、あまりに黒いので、
書くかどうか思案中・・・(^_^;)。

でも、これやれたら、裁判でほぼ勝てるし、
嫌でも体制側が変わるだろなぁ・・・。

いっぺん全国で一斉にやってみちゃれ!
っちゅー気がするんだが、
周囲に書いていいネタと思うかどうか
確認してからにします。


以下、読書録。

●12日
(616)BL/セシル 『君恋ふ 朔の出会い』 chi-co
  え、ここでぶっちぎれ?
  いろいろ事情はあるんだろうが、
  うーん・・・(-_-;)

  腐人はタイムスリップもんは
  評価が厳しいんですわ。

  どーかんがえても、現代から平安にいったら、
  衛生状態だの、生活環境だの、
  引っかかりまくりだと思うんですが。

  なので、続きがでても、だなぁ・・・。

  ところで、文中で気になったところがある。

  1つは、「肩を竦める」という表現。
  これ、この場合は、「身を竦める」じゃねぇの?
  肩を竦めるって、外人がよくやる、
  「そんなこと言われても、どうしようもないよ、べいべー!」
  って意味でしょ?
  ここで肩竦めても、意味通じねぇぞ。

  あと、逃げ出したときのシーンで、
  名前間違えてます。

(617)一般本 『誰も書けなかったネットビジネス13兆円の危険な錬金術』 別冊宝島

  サブタイトルが、
  「あなたの個人情報が巨万の富に化けている!」
  
  なんか。
  知らない間に食い物にされてるんだなぁ・・・と、
  つくづく思わされる本。

  でも、ネットがない状況ってのは、
  私はまぁええかもしれんが、
  公においては、もはや考えられない。

  だからって、腐人程度の能力で、
  防御なんぞできるもんでもなく。

  なので、唯一できる自衛といえば。
  君子、危うきをクリックしない。極力。
  
  こんなもんだろう。

  書いてあったことの半分以上を
  理解できたとは思えないんで、
  この本が役に立つかどうかといわれると
  非常に微妙だが、
  簡単だから、便利だからと安易に使うのは
  控えようという気にはなった。

    
  
[ 2012/07/13 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。