腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > ちょっとわからなくなってきた・・・(~_~;)
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょっとわからなくなってきた・・・(~_~;)

脳の話をしよーと思っておったのだが、
なんかわかんなくなってきた・・・(~_~;)

ってのもですね、
たまたまテレビをポチッとつけたら
『「男」でも「女」でもない私』
たらゆードキュメンタリー?みたいのがやってたので、
あら、IS?と思ってみてたら、
トランスセクシャルの話、ということだった。

んだけど。
うーん・・・・・・なんだろう、なんかすごく違和感がある。

って、トランスセクシャルそのものに対してではなく、
なんだろなー、この方ご自身の考え方?
それか、このドキュメンタリーの切り口?

そこがなんなのかは、今、わからんのですが、
なんか、みてて、
どんどん眉間にしわが寄っちゃったの!


この、脳、すなわち心の話って、
実はものすごーく複雑な話なんですよね。

おおきく言えば、
精神科ではどうなのかってのと、
ジェンダー論、つまり一般社会学的にどうなのかってのがあり、
でまた、ここに言葉の表現問題が絡む。

だから、正直、どーやって書くかなぁ・・・
と思ってた矢先だったのだ。

まー腐人の理解が及んでないから、
なだけかもしれんのだが、
こーなったら、腐人の整理ついでに、
ご一緒にお考えいただきましょうか。


テレビをみてて、
何がひっかかったかというと、
この方がおっしゃってたんですけど、
その人は、思春期になったとき、
上級生の男子をみて「かっこいい!」と思ったそう。

で、それを周囲にいってたら、
「こいつって・・・?」という視線でみられるようになり、
そこで、あれ?自分って・・・と思い始めたら、
自分の性器に触るのもイヤになった、というお話。

でもって、性自認は女なの?
という質問に、
女になったことないから、女だと思うことがわからない。
男だとも、女だとも思ってない、
ってな感じのお答えだったんですわ。

でまー、手術をするといい、
家族と話をし・・・ってな流れになってったところで、
もうどーにも、ついていけないものを感じて
見るのをやめてしまったので、
これだけで云々言ってはいかんとは思うんだが・・・
なんかそこの違和感を掘り下げていくと、
ISの、脳、性自認や性志向で書こうと思ってたことと
ごっちゃんなってきてねぇ・・・(;一_一)

うーん・・・・・・・・・
ちょっと整理する時間をいただきたいので、
今日はお休みさせてください。


ただ、これで終わるのもつまんないんで、
姫の話をしましょうか。

今日、腐人は用事があって、ちと出ていた。

それが終わり、血族に電話したら、
ちょうど姫と町にいるという。

ならば、合流して、一緒にメシくうか
ってな話になったとき、
姫が電話の相手が腐人とわかり、
でたい!でたい!と言い出したらしい。

で、腐人の電話の相手が姫になったわけだが

腐人:「もしもし?」
姫:「姫だよー!」

腐人:「あ、姫?
     いまどこにいるの?」

姫:「ここー!」
   ↑
 わかるかい!


後で合流した血族にきくと、
ここーといいながら、足元を指差していたらしい・・・。

や、確かにそんで間違っちゃおらんけどさ・・・(-_-;)



あと、昨日、ついつい
ウィンブルドン男子準決勝を見入ってしまったんだが、
べったりで観戦していた××年前にはなかった
「チャレンジシステム」ってのがあって、
ちょっとびっくりした。

いわゆる疑わしい判定に対し、
一人1セット3回まで
ビデオ判定を頼めるっちゅー制度らしい。

確かに、今の男子テニスのサーブなんかだと、
軽く200キロを超える。
肉眼では捉えきれないこともあろう。

だから、ホークアイといわれる機械をつかって、
弾道を計算し、CGで再現するんですが、
しょーじき、まぁグレーゾーンがなくなってよかったね、
と思う反面、
見ててちょっとつまらない・・・。

あのクレームをつけるシーンがあってこそ、
おもろかったんだがなー・・・。

レンドルが、ラケットをガンガンやって、
「ここだよ!ここ!」
みたいなことゆーてたりとか、
それに対して、審判が、イギリス人!な仕種で返したりとか、
見てておもろかったってのもあるが、
その後の、試合の流れに、それがものすごく影響あって、
それも一つのドラマだったのになー。

なんかちゅまんねー・・・(~з~)と思っていたら。

これまた初めてみるものがあった。

「トイレット・ブレイク」。

いやまぁ、これは止められるもんじゃないからわかるんだが、
これまで7時間だ、8時間だってな試合でも
みたことないぞ!

大体、あんだけ汗かいてる場合、
出るもんないだろう!

・・・っちゅーことは、そっちじゃない?

もし、キレが悪かったら、どーすんだろ・・・。
試合相手はもちろん、審判も観客も
テレビの前の視聴者をも待たせ続けるんだろうか・・・。

とか考えてたら戻ってきたんで、
そのすっきりした顔をみながら、つい聞きたくなった。

「カッカでた?」

※姫語。
液体だったら、「ちっちでたー!」
固体だったら、「カッカでたー!」
との報告があがってくる。


以下、読書録。

●6日
(607)一般本 『メグとセロン 6 第四上級学校な日々』 時雨沢恵一
  ・・・・・・。

  「メグセロは、あまりに学園色が強く、
   学生なんざ、恐竜が闊歩してる頃に終えちゃったぜ
   ってな腐人には厳しすぎるため
   やめたんでした。
   忘れてた…(^_^;)」

  と、メグセロ5で書いたん、
  ケロッと忘れてんじゃねぇよ!腐人!!!

  ああ、このすぐスッコーンと忘れる脳みそ、
  なんとかならんか、マジで・・・。

  でもって、感想も、5と全く同じ。

  読めなくはないんだが、
  やっぱ、キノがいいなぁ・・・。
[ 2012/07/07 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。