腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > あなたの愛はいくらまで?
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたの愛はいくらまで?

と、キャラさんに訊かれてる気がするのは、
腐人の気のせいですかねぇ・・・。

本日、無事に『FLESH&BLOOD 19』を捕獲し、
ニタニタしながら読んだのはいいんだが、
昨日から気になっていることがある。

今月のキャラの新刊と、
『灼視線 二重螺旋外伝』の帯に
小冊子応募券がくっついているのだが、
こいつがさー・・・・・・
なんか!
キャラさんに足元見られてる気がするーっ(>0<)!!!

ううううう・・・・。

なんのことだかわからん方のために説明しますと、
キャラさんが、今回、
ものごっついゴージャスなメンバーの小冊子を
やらはるんですよ。

英田サキ 「ダブル・バインド」
神奈木智 「その指だけが知っている」
秀香穂里 「他人同士」
菅野彰 「毎日晴天!」
愁堂れな 「法医学者と刑事の相性」
高遠琉加 「神様も知らない」
樋口美沙緒 「狗神の花嫁」
凪良ゆう 「恋愛前夜」
松岡なつき 「FLESH&BLOOD」
水壬楓子 「森羅万象 狼の式神」
吉原理恵子 「二重螺旋」

というやつなんですが、
その小冊子が欲しい!と思ったら、

●雑誌の『キャラ8月号』より応募台紙と払込用紙
●6月・7月新刊のうちから2冊分、もしくは『灼視線』1冊分の
 帯についてる応募券

これらを入手し(すなわち、雑誌1冊と
文庫2冊か単行本1冊を買わねばならない)。

さらにいくばくか(この辺は雑誌に書いてあるらしい)
を支払ったら、
このゴージャス小冊子がもらえる
っちゅー話なんです。


前からよくゆーてますが、
腐人は雑誌という形態が嫌いだ。
雑誌買うと、ものごっつい損した気分になる・・・(~_~)。

どうやら、
自分が読みたくない人のがある=それにも金だしてる
ってことが、
もんのすんごく精神的にひっかかるみたいなんだな。

読まないページを除外し、
自分の好きな作家さんの分だけで、
雑誌の総額を割って、ページ単価を出すと、
なんか割にあわねぇ!!と思うらしい。

っても、この論理、
同人に適用すると、
己のアホさ加減を笑うしかないよーなことが
しょっちゅー起きるんで、
あんまし考えないようにはしとるんだが・・・(;一_一)。

ま、そういう抵抗感があるので、
自分なりにOKがでる、どーしてもの理由がない限り、
基本、雑誌は買わない。

だから今回も、応募券は余裕であるんだが、
応募用紙が雑誌についてるときいて、
「あ、なら、もういいや」
と思ったのだ、最初は。


しかし。
本の間に挟まっていた、
『キャラ8月号』の広告をみると、
『二重螺旋』シリーズの、
腐人が読みたくてたまらない、
スタンドインの話を、
円陣闇丸さんがマンガにしてるんだよーん♪
とあるではないか!!

えええええっ!!
そのネタ、ここでやんのー!?
ずっこい!!

ううううううううう・・・・・・
くそぅ!これは、よ、よみてぇ・・・(>_<)

しかししかししかし!!
雑誌を買うのは、凄くイヤーッ!!

それに。
雑誌買ったら小冊子がすぐもらえるわけじゃなく、
またいくばくか支払わねばならぬ・・・。

・・・このシステム、
京都で超有名なお寺さんの●●寺を思いだすわ・・・。

中に入るのに、金!
中に入ってからも、ここみるなら金!
さらにその奥いくなら、また金!!

とりすぎちゃうかー!!!
と言いたくなるんだよな、あの寺・・・。

ま、それはともかく。

どーすっかなぁ、小冊子・・・。
っつか、その前に雑誌か。

ただ、この小冊子も、ゴージャスではあるが、
腐人が読みたいのは、半分ぐらい。

そう・・・結局、これも雑誌と形態は同じで、
自分の読みたいもんだけで
埋まってるわけじゃないんだよなぁ・・・。


ただ、今回『F&B 19』読んでわかったが、
小冊子でネタになったのが、
まったく本編に絡まないわけではない・・・。

それを知ってて読むと、知らないで読むとでは、
ニヤニヤ度合いが全然違う・・・。

うううう・・・ファンとしては、
こういう小ネタ拾いも
むちゃくちゃそそられるんだよな・・・。

「たかだか数百円の話、
 太っ腹なとこをみせぇ!
 おまえの愛はその程度か!!」
っちゅー腐人ちゃんAと、
「えー、でもー、
 コミックスはたぶんいずれ単行本になるやろしー、
 小冊子もこんだけの人数やったら、
 どーせページは、ちびっとやって!
 やめやめ!
 それよかその分、他のBL買うたほうがええって!」

っちゅー腐人ちゃんBが
脳内で、大ケンカしている・・・。

うわーん
たすけてー!ドラ●もーん!!



以下、読書録。

●25日
(564)BL/リンクス 『純愛のルール』  きたざわ尋子
  本編がどうこうではなく、
  腐人の読み合わせが悪かった・・・。

  すんません、他の2冊の印象が強烈で、
  あんまし残ってない・・・。

  柘植さんのがええよーな気がすんねけどなー
  ってとこでしょうか。
  腐人なら、こっちがえー。  

(565)BL/単行本 『灼視線 二重螺旋外伝』 吉原理恵子
  雅紀の回想編?
  ちがうでしょ。

  正しくは、
  まーちゃんの「尚人ラブラブ日記」
  
  あ、腐人ごときがまーちゃんゆーたら、
  ばっさり切り捨てられちゃうわね。

  ま、それはともかく、
  個人的にむっちゃ美味しかったんが、
  「追憶」の挿絵。

  うわー・・・・・・こりゃハマるわ。
  なんなん、この可愛いらしい生き物は!!
  っつか、まーちゃんにやけすぎ・・・。

  「邂逅」は、さすがにこのネタにはナオ絡まんやろ・・・
  と思ったら、いやいやいやいや・・・
  まーちゃんのナオへの愛をなめたらあかんぜよ!
  っちゅー感じ?
  
  すべて、ナオが基点やねんなぁ。
  っつか、まーちゃんの記憶から、ナオに関わらんもん出してみ?
  っちゅーたら、耳かき一杯分ぐらいしか
  出てきぃひんのんちゃう?

  なんつーか、これ読んで思ったけど、
  二人の愛が成就するまで、
  を描くのがBLなんだとすると、
  この話はなんなんでしょうね。

  だって、それはもう完成しきってんだもん。

  しかし、ならこのお話は終わってるのかったら、
  ここで終わりとかゆーたら暴れるぞ!!
  っちゅーところやし。

  ・・・これをBLという枠にいれようとすっから
  あかんねやな、きっと。


  それにしても零君・・・
  怖かったやろなぁ・・・。

  こんだけ周りがみえてる子やったら、
  祖父ちゃんの怒鳴り声よりも、
  雅紀のがどんだけ恐ろしかったか。

  で、その怒りが、何に起因してるかも
  ものごっついわかっとったやろし。

  たぶんあの夜は、
  雅紀に謝まらんと!!と思って、
  一睡もできんかったことやろう。

  でもって、謝りながらも
  「いやーっ!雅紀さん、目が笑ってないー!!」
  と思ったに違いない・・・。

  だから、そのトラウマ、もとい教訓に基づいて、
  あの焼き場の行動になった、ってことやろな。

  こうなると、零による
  「篠宮四兄妹弟・観察日記」を
  読んでみたいところだ。


  さーて。
  楽しい時間が過ぎてしまいました・・・。

  これでまた1年お預けなんですかねぇ・・・。
  父ちゃんの顛末、すげー興味あるんですけど。

  1日も早く読めることを、
  心から心から心から願っておりまーす(^_^メ) 

(566)BL/キャラ 『天涯行き』 凪良ゆう
  うっわー・・・これまた・・・。

  たらればをゆーてもしゃーないけどさ、
  どーなんやろ、もし、訴訟の道をとってたら。

  ぶっちゃけ、腐人は、
  こんだけすっきり切り替えられてへん気がするよ。
  だからって、
  あの行為を正当化するつもりはないねんけど・・・。

  人って感情の生き物でしょ?
  裁判やったら、すっきりすると思いがちだが、
  全然そんなことはない。

  むしろ、あの行為をやって、気が済んだとこあるやろ。
  結果としては違ったかもしれんが、
  裁判官の判決では、恐らく
  割り切れへんもやもやした感情が残ったと思うよ。

  だいたいね、裁判なんて、
  それぞれが不満を抱く結果になるもんやで。
  現実の多くは。

  というよりも。
  腐人としては、そもそもんとこでさー、
  身内やったら、
  こんなアホを連れてきた段階で
  止めないかんかったんちゃうか?
  と思うのだ。

  身内だからこそ、やらんいかんかったんちゃう?

  うーんうーんうーん・・・。
  腐人やったらどないやろ。

  ぶっちゃけ、自分が割りきれるんやったら、
  好きにし、で終わるやろな。
  で、その後何があろうと関わらへん。
  『二重螺旋』のまーちゃん並のシビアさで割切る。

  でも、自分が割り切れへんねやったら、
  断固反対を唱えるやろな。
  そんでもやるなら、こっちと縁切りになるが、
  そんでもええかって。

  ただ、恋は盲目っちゅーからねぇ。
  反対意見は耳になかなか入らんかもしれん。

  っても、
  意固地になったり、
  自分に酔ったりせんねやったら、
  女ってむっちゃ現実的やから、
  ゆるぎない事実をみせたら、
  一気に冷めたンちゃうんかなぁ・・・と思う。


  ただその後の選択もさぁ・・・(~_~)。
  っつか、そこでその道選ぶンは、
  ちょっと弱すぎちゃうか?
  こんなろくでなしのために、
  あほらしいと思うぞ、腐人は。

  ま、そういうとこも含めた
  キャラクターなんやろけど・・・。
    
  
  もう一方はというと。
  これは、
  すべての元凶は、ズルイおっさん、
  で片が付く。

  もうこの逃げっぷり、見事ですな。
  こいつさえおらなんだら、
  全てが変わってた。

  っちゅーてもしゃーないが。


  アル中君をみて、
  うわー・・・(=_=)と思った。

  まさに、こないだ書いた『「バカ」は性格か!?』の、
  「自尊心を高めすぎると賢さが失われ
   差別意識が増強する」
  っちゅー、あれ。
  こんなやつ、増えてんねやろなー・・・。

  彼がやったことは、悪いが、
  彼もまた歪みにひきずられた犠牲者なんだろなー。

  っても同情する気はカケラもないが。
  
  こんなん、くるっと丸めてゴミ箱にポイッとやって、
  とっとと縁切りしたほーがええぞ、遠召。
  
  
  どーでもええんですが、
  古本屋やのに、本の差し入れはせんかったんやろか?

  っても、本を差し入れすると、
  確か、おもくそデカデカと名前書かれるんだよなー。
  ま、これは本に限りませんが。
  
  あ、でもこれ、ムショやったら話違うんかな?
  腐人はムショのことは、よく知りません。
  
  
  ぶっちゃけね。
  しんどいのはこれからで、
  いろんなことがあると思う。

  くじけそうになることがぎょーさんあると思う。

  でも、そんときに、隣におってくれる存在があるかどうかで、
  その後の生き方が、全然違ってくる。

  高知には遠召がおるから、
  やりなおせると思うンや。

  キツイとは思うけど、支え合ってがんばりやー。

  
  
[ 2012/06/26 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。