腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > これで「のびた」はあかんやろ
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これで「のびた」はあかんやろ

タラッタ ラッタ ラッタ
腐人のダンス~♪

っちゅーわけやないけど、
そんな気分の25日。

なぜならば。
キャラの早売りゲット確率90%だからだ。

そんでも取次からの入荷時間がココだからー、
念には念をいれて、
この辺でどうだ!とフロアにやってくると、
おおおおおっ!!!山ができとる!!

ビンゴー!!

単行本の『灼視線 二重螺旋外伝』は、
超目立ったので、すぐにわかったが、
・・・ん?『FLESH&BLOOD 19』がないぞ??

こういうときは、だいたい帯裏に、
その月の新刊ラインナップが載ってるので、
そこをチェックしたら、落として延びたかすぐわかる。

しかし、今月の帯は、小冊子話だったので、
うーん・・・これじゃわからんちー(~_~)。

キャラさんの場合は、
もう1つ、巻末に当月の新刊案内ページがあるんだが、
こっちは内容紹介が主体なので、
発売日情報は、帯情報じゃないと確認できん。

うむぅ、そやって、ここでぐずぐずしてても
わからんもんはわからん。
ここは、訊くは一時の恥、訊かぬは一生の恥!
店員アタック攻撃だ!!

でも、その前に。
取次ダンボールの辺りに、
並べられるのを待ってる子がいないか
一応、チェック。

どうやらこれはハズレをひいたくさいなぁ・・・と思いつつ、
店員を捕獲。
「もしかして、延びました?」

すると、
どうやら前に同じ質問をしたご同類がいたらしく、
瞬時に答えが返ってきた。

ま、そうだよなぁ・・・これは欲しい獲物だよなぁ・・・。

返ってきた答えは、
「明日になります」
っちゅーもんだったんだが、
本来の発売日は、明後日。

うーん・・・
これで延びたとか遅れたとか文句ゆーたら、
「ふざけんな!」と怒られそうだな。

ま、今日は、
『灼視線 二重螺旋外伝』
『天涯行き』を堪能しましょっと。


という話の後になんだけど、
ジョージが死んだという話がちょっとショックだった。

ジョージといっても、王子のタオルではない。
ガラパゴス諸島で唯一生存する
ピンタゾウガメの
「ロンサム・ジョージ(独りぼっちのジョージ)」のことだ。

御年は、100歳以上といわれるから、
大往生は大往生なんだろうが、
これでピンタゾウガメは絶滅したという。

最後の1匹って、どんな気持ちなんでしょうね。

っても、ジョージ君、
「交配用につれてこられた雌には
 見向きもしなかった」

らしーから・・・・・・
誰かに操立てしてたんだろうか?
それとも・・・?

ま、己を貫き通した立派な生き様は、
個人的には大好きですけどねー。

ご冥福をお祈りします。


あ、あと、昨日のフリーミアムの話だが、
前、本屋にいったら、
『ちはやふる』の手のひらサイズの冊子が
無料で配布されてたんだよ。

ちょうどアニメ化だったかで、
認知を広げようっちゅーPRだったのかわからん。

内容的には、
お試し同様1話ぐらいの掲載だったかな?

でも、冒頭のツカミがいいマンガなら、
これで十分、続きよみたいな、っちゅー気になる。

しかし、ツカミが悪く、尻上がりによくなる話は
向いてないPR方法、むしろやるべきじゃないかもねー。

腐人の場合、お試し小冊子読んで、
ツカミがよくない話だと、
むしろ、その後、どんだけいいといわれても、
自分の中に、先入観ができちゃって、
手が伸びないんですわ。

そういうのは、むしろ、あらすじを数ページまとめて、
一番のキモになるあたりを、
「ちょっとだけよぉん~」
と見せる手法のがいいかもなぁ・・・。


ま、そーゆーオマケがですね、
本買ったついでにもらえたら、
なんもないよりは、「読む」に繋がるだろなーとは思う。

病膏肓に入ったマンガ読みってのは、
常にもっとおもろいマンガを読みたいと、
渇望してる餓鬼なんで。

でも、そっから先、購買継続になるかどうかは、
やっぱり作品がどんだけ魅力的か
っちゅーとこかと思います・・・。


まぁ、今は本屋の棚も売れ筋ばかり置くという
激戦になってるみたいなんで、
その小冊子から、
客の方から「これ読みたいんですが」と
きてくれるっちゅー牌狙いはありかもなぁ・・・と思います。

結局、情報過多すぎなんだよな・・・。






以下、読書録。

最近、ここに載せるのを忘れてることがある・・・。
で、落としたことに、たまに気づいて
フォローしようと思うんだが、それをまた忘れる・・・。
やばい!やばいぞ、腐人の脳!!!

ってことで、忘れぬうちにコメントを。

(554)BL/Shy 『薔薇の陰謀』 夜光花
  やっぱこの薔薇シリーズはおもろいな。
  っても、登場人物多すぎですが・・・(;一_一)

  とりあえず、れびんとらうるとあだむは覚えたが、
  あとは無理!

  腐人に覚えて欲しかったら、
  冒頭に、登場人物紹介ページをつくってください。
  
  あ、あとサンダーは覚えたよ?
      ↑
    人じゃねぇ、それは犬だ!


  はっきりいってここまでお話が入り組んでくると、
  もうただただ続きプリーズの世界なんだよな。

  そういや今月末にまた新しいのがでるんだっけ?
  落ちてから手を出したらよかったかなぁ・・・。

  そんでまとめ読みしたら、
  もうちっと他の登場人物も覚えられたかもしれぬ・・・。

  にしても、ケイちゃん・・・あんたその選択するなら、
  まずは体力と穴を鍛えないと・・・壊れるぞ。

  この巻の話でいえば、
  うーん・・・ルイスがあまりにも可哀想かな。
  そんなことしても、誰も幸せにならんのになぁ・・・。

(555-559)マンガ 『リンドバーグ 1-5』 アントンシク
  以前、六青みつみさんのモフモフシリーズを読んだ師匠が、
  この関係みると、『ファイブスター物語』を思いだす
  とおっしゃった。

  確かに、このバディシステムみたいなのは、
  『ファイブスター物語』に限らず、
  戦いが舞台になってるお話では、よくみかけ、
  その片割れが、違う種だったりなんかすると、
  武器とみるか、友(・・・)とみるか、ってのが
  お話のキーになってくることが多い。

  この『リンドバーグ』も、それが一本の軸。
  
  腐人としては、空飛ぶトカゲは
  基本、あんましかわいくないと思うんだが、
  プラモは別ー!
  プラモは可愛い

  ・・・っつか、これだけで読んでるだろ、腐人・・・。

  腐人、基本的にファンタジー音痴なんですけど、
  これはそんな嫌悪感がない。

  そう、これ、リンドバーグを生きた飛行機と思えば、
  一種の戦記ものになるのかなという気がする。

  っても、この女王はヤだなぁ・・・。

  ゆっちゃぁなんだが
  女王が王であるってのは、
  母系社会だとか、アマゾネスでもない限り、
  王が王であることより、大変だと思う。

  特にこういう力が支配する世界だと余計に。

  そこを力で押さえようとするのは、
  あんまし賢いやり方だと思わんがなぁ・・・。
  それはオスのすることでしょ。
  メスならば、見習うべきは、マリア・テレジア。  
   
  人間バイブで遊んでばっかいると、
  足元掬われるぞ。  

  すげーいいとこでぶっきれてるんで、
  とりあえず、いろんな人の生死確認のため、
  続きを読みたいと思います。

  正直、もうちっと画面が見やすい(わかりやすい)と、
  嬉しいなぁ・・・。
  人と線が多すぎて、誰が誰やら、どないなっとんだか
  よくわかんねぇんだ・・・。
  ニットとプラモだけはわかるんだけどなぁ・・・。
    ↑
   それは個人的シュミの問題では? 


(560)マンガ 『なちゅらる どぎぃず だいありぃ Petit』 寿たらこ
  ちぇりーたん、すきー
  
  以上。
  で、終わってしまいそうなPetit。

  Petitだからしゃーないとはいえ!!
  もうちっと読みたいよぅ(>_<)!

  個人的には、ジュニア、おまえもか!!
  だったりしたんですが、
  ま、この場合は、セクピスほど
  簡単に種の壁を乗り越えられんだろうから、
  放置でOK。

  にしても、ジュニアの考えは犬よか猫だよなぁ・・・。


  ところで。
  どーでもいいんですけどね、
  『SEX PISTOLS』の7巻はいったいいつでるんでしょう。

  っちゅーのは、腐人以外も多くの方がおもってるよーで、
  リブレさんの発売日ごろになると、
  腐人のブログに『SEX PISTOLS 7巻』の検索で
  やってこられる方が多くいらっしゃる・・・。

  そーろそろええんじゃないかと思うンですが!
  そーろそろ待ての放置プレイもつらいんですが!

  なんとかなりませんかねぇ・・・寿さん、リブレさん・・・。

  って、『なちゅらる どぎぃず だいありぃ』は版元ちゃうって!
  ・・・すんません、つい・・・。

●24日
(561)BL/ルチル 『ミステリー作家の危うい誘惑』 水上ルイ
  うわ、久しぶりの水上体。
  
  うーん・・・ま、毎度、だなぁ。  

(562)マンガ 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 1』 岩崎夏海&椿あす
  これは、24日ではないどこかで読んだ。
  で、書くの忘れてた。

  いや、小説の方、読む気ゼロなんですが、
  マンガをみっけたんで、一応、みとくかなぁと。
  
  ぶっちゃけ、中にあった対談のがおもろかった。
    ↑
   おい!


  でもま、ホントに何かにドラッカーの思想を生かしたいなら、
  原書読むべきでしょうね。

  こないだの『風姿花伝』でも思ったが、
  やっぱ原文でないと、人の手や口を通るたびに、
  その人の考えが混ざって変容する。

  そのフィルターかかったものをヨシとするならいいが、
  ドラッカーの思想そのものを自分のものにしたいなら、
  原文、原書を読んで、
  自分なりに咀嚼べきなんだろなーと思う。

  ・・・いつかヒマができたら読んでみ・・・・・・
  ・・・るかもしれない。

(563)マンガ 『窓辺の君』 雲田はるこ
  腐人は『野ばら』で惚れたクチですが、
  やっぱりこの頃から違うもんなんだなぁ・・・。

  なんつーか、押さえるべきポイントが
  わかってんですよね。
  
  大きくわっはっはっはとか、
  わんわん号泣するとかではないんだが、
  ものすごくきゅんときたり、
  思わずホロッとなったりするんだよなぁ・・・。

  腐人もS好きなんで、
  無条件に親近感があるんだが、
  そこも行きすぎず、
  引くべきところはちゃんと引いてあって、
  この辺の線引きとか、
  お話の緩急のつけ方が巧いなぁと思う。

  個人的には、サリーの続きが読みたいんですが、
  どっかで読めないかなぁ・・・。
    
[ 2012/06/25 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。