腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > ♪ネットで借りて~ 自宅に届き~
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

♪ネットで借りて~ 自宅に届き~

コンビニ返却♪

いやー・・・世の中には、
おっそろしいサービスが
展開されているんじゃの。

そのあまりのお手軽さと便利さに
ちょっとびっくりしたので、ご紹介。


去年の暮れぐらいから、
レンタルマンガにハマっている腐人。

本当に気にいったもの以外は、
一読で終わりという読み方をしてるもんで、
このシステムは、ひじょーにありがたい。

じゃないと、溜まる一方なんだもん・・・(;一_一)。


まぁ、本を本屋で購入する、ってのが、
一番よい在り方なんだろうが、
正直、どうやっても、
そのビジネスモデルが崩壊の方向に進んでいるのを
止めることはできないような気がしている。

むしろ、それを前提として、
どうやって消費者とつながって、
等価交換していくか、
それを考えねば、ホントに体力あるとこ以外、
生き残れないよーな気がするんだよな・・・。

って、自己正当化の言い訳を、
なんかもっともらしくゆーとりますが、
率直なところ、
腐人は、出版業界の破壊的イノベーションってのは、
電子書籍という1ツールの話ではなく、
大きく言えば、
読者のライフスタイルの変化じゃなかろうか、
と思ってます。


なんか話が横道にそれちゃいましたが、
このレンタルマンガのシステムだと、
制作者側にも、お金がいくとのことなので、
罪悪感なく読めるのが、個人的に気に入ってます。


で。
腐人の場合、テリトリー内に数軒ほど
レンタルマンガをやってる店があるのだが、
約半年、毎週のように10冊20冊単位で
ぐるぐるぐるぐる借りてると、
・・・読みたいタイトルが底をついてきた・・・(~_~;)


いや、そりゃ店内には、
未読本がいっぱいあるんだけど、
この歳になると、「マンガならなんでもいい!」とは
思えないんだよ。

昔は、そんで、片っ端から読んでたが、
さすがにねぇ・・・。
作家名とか、レーベルとかで傾向わかるし、
あまりに青かったり、痛かったり、グロかったりするのは、
しんどくてねぇ。

新規開拓でやってた
お試し見本の立ち読みも、
こないだ行ったら、ほとんど未読がなくなってて、
「立ち読み雑感」は、このまま終了かもしれん状態だし。

これまでチェックして、
おもろそう!と、ツバつけたけど借りてないのは、
そもそも店に並んでなかったり、
許諾がおりてなかったりだし。

まさに万策尽きた状態で、
ここ最近は10冊の枠を埋めるのも
結構大変だったりした。
※10冊以上にならないと、安くならんのよ!


なので、先日、店に行く前に、
とりあえず目星をつけとこうと、
ネットで店舗在庫の検索をしていたら、
「ネット レンタル」とか書いてあるボタンをみつけた。

なんじゃこりゃ?
と思ってポチッとやってみると、
ネットでレンタルマンガができます、
とあるではないか!

そこで頭をよぎったのが、タイトルの歌。
CMで散々流れてたよな、

♪ネットで借りて~
 自宅に届き~
 ポストに返却~♪

って・・・。

でも、マンガ20冊はポストにはいらんだろう・・・
と思って手順をみてみると、
返却方法は3択できる、とある。

1)自宅にとりにきてもらう

2)宅配ボックスなど
  受け渡しができる置き場所を指定し
  とりにきてもらう

3)コンビニに返却

おおお!これはすばらしい!!


借りるのは、会員登録をして、ポチポチ選ぶだけ。

おおお!なんとすばらしい!!


10冊以上だと、送料無料、
25冊以上だと、その上、1冊90円になる!!

おおお!すば・・・ん?ちょっと待てよ?

腐人がいつも店で借りてるのは、
10冊だったら1冊80円、
20冊だったら1冊60円だ。

高いじゃないか!

じゃー店でいいかーと一瞬思った。


だがしかし!
このネットレンタルのすごいところは、
別のところにあったのだ!!

それは保有タイトル数・・・。

物理的な面積からして、
どうしても置く作品に限りがでてしまう店舗レンタル。
よって、貸出回数が多い人気作品に偏りがちだし、
同じ本を何冊も置いとけないので奪い合いになるし、
冒険して入荷したものも、貸し出されなければ、
すぐに淘汰されてしまう。

それに対し、
ネットレンタルの場合は、余裕がある。
よって、マニア向け商品も任せなさい!
ってな品揃えになっとるのだ。

こいつはどうだ?
これはどうだ?
とポンポコ検索につっこんでいったら、
あるわあるわ。

きゃー(>0<)!
宝の山をみつけちゃったー!!

うふふふふふふ、
いっさーつ、にさーつ、さんさーつ・・・
ああ、4巻がたらないわ・・・

誰じゃー!!
借りとんのはー!!


・・・そうか・・・
この問題は、店舗だろうがネットだろうが、
レンタルというシステムである限り存在する。

いや、店舗の場合は、敵は商圏内だけで、
かつ貸出が最大7泊8日だったのに対し、
ネットは、敵は全国にあり、
貸出期間が20泊21日と長いのだ!!

うくくくく・・・借りてる方はいいけれど、
待つ身はつらい、つらすぎるーっ(ToT)!!!
   ↑
  なら、買え


・・・ま、それはともかく。

この20泊21日って長さは、
どうやら配送日数を加味して設定されてるようである。

到着までに1~3日ほどかかるんで、
返すときも、
21日目に到着するように送ってね、
とある。

なるほど。
腐人の場合は、オーダーした翌々日には届いたが、
場所によっては、そこで日数くっちゃうわけか。


そんでも、
これは便利なシステムだなぁと思いますね。

前に師匠と、このレンタルマンガの話をしていて、
近くにそのサービスやってる店舗がないんだよなー
ってなことをおっしゃってたんですが、
そういう人にも、これなら使えるしねぇ。

なによりも。
これで足腰が弱っても、
目と頭さえしっかりしてれば、
死ぬまでマンガが読める!!!

すばらしい・・・。 

老後のこと考えたら、それまでには、
小説とかもやってくれるよーになってっと嬉しいんだが、
それは無理かなぁ・・・。


以下、読書録。

●18日
(537)BL/ルチル 『だから、守りたい。』 真崎ひかる
  個人的に、真崎さんの作品は、
  非常に評価が分かれるんだよなぁ・・・。

  残念ながら、
  これはよろしくない方にぶれてしまった。
  なんだろな、なんかお話が遠かったんだよな。
 
  たぶん、どうしてこういう行動をするのかが、
  いまいち理解しがたかったからかっちゅー気がする。
  
  なんで気持ち悪い思いを、我慢しとるのだ(~_~)??

  腐人だったら、ガンガン警察にゆーけどねぇ。
  使えるものは親でも使え、がモットーだもん。
  
  でもまーそうしちゃったら、
  いつまでたっても恋にならんのやけどね・・・。 
 
(538-540)マンガ 『フットボールネーション 1-3』 大武ユキ
  待ってました!!
  読みたかったんだよ、これ!!←なら、買えっての。

  どーでもいいんですが、この絵のタッチ。
  なんか誰かを彷彿とさせるんだよな・・・と
  うんうん唸って、ぼんやり浮かんできたのが、
  カトリーヌあやこさん。

  腐人はどっちかっちゅーとサッカーではなく、
  某アイドルの同人誌のが馴染みあるんですが、
  大きくわけた傾向としては、
  なんか似てるような気がするのは気のせいですかね?

  いやでも、なんかもっと近似値な感じがあったよーな・・・
  ま、これはどうでもいい。
  単に腐人がすっきりせんだけの話なんで。


  で、本編ですが。

  いやーこういうの読むと、ホント、
  サッカー漫画の奥深さに驚嘆させられるね。
  
  スポーツ漫画はキライじゃないから、
  ちょろちょろは目を通しているが、
  ここまで「本当に使える」作品って、
  サッカーのみならず、
  あんまりない気がしてるんだが、どうだろう。

  ただ、これ、はっきりいって
  画力があってこそ描ける代物・・・。
  
  だって、軸だの、フォトジェニックだの、
  絵がゆらゆらだったら、
  「って言われても、
   この絵じゃ違いがわかんねぇよ・・・」
になる。
  誰とは言いませんが。

  それが、大武さんの場合、
  ものごっついデッサン力があるので、
  まさにぐぅの音も出ない絵を出してくるんだもん。
  もう参りました、というしかない。

  って、肝心のサッカーはどやねんと言われると、
  どうなんだろ?

  実は、腐人、サッカーは
  あんましおもろいと思わないんだよなー。
  マンガは読むけど。
  あ、でもそれは野球も同じか。

  ぶっちゃけ、そっち、つまりサッカーの試合そのものに
  あんましスポット当ってない気がする。

  ちょうど3巻から天皇杯のトーナメントがはじまったから、
  これからスライドしてくのかもしれんが、
  「試合内容がどうであるか」、よりも
  「強いチーム、強い選手をどうつくりあげていくか」、
  そっちに重点を置いて
  描いてあるよーな気がするんだよなー。

  だから、あんまし試合経過だの、
  相手チームの選手のエピソードだのは、描かれておらず、
  その指導やトレーニング方法の違いがどうでるか、
  そこがキモになってる気がするんだよなぁ。


  それでふと思い出したものがある。
  先日テレビでやっとったのだが、
  花園目指して頑張ってる
  高校ラグビーの教育方針について。

  2つの強豪校が紹介されたんだが、
  1つは、生徒の自主性に任せる方針、
  もう1つは、教師がみっちりスパルタで指導する方針、
  という非常に対象的な2校がぶつかる
  ってなネタであった。

  「『教科書にのせたい!』 東福岡 筑紫」
  あたりでググると、いろいろひっかかるかと。

  総論でいうと、
  どっちがいいとか悪いとかっちゅーよか、
  どっちが自分にあってっか(=自分が伸びるか)、
  ってな話な気がするんですけどね。

  そじゃなくて。
  試合んとき、手の内をすごく研究してきた筑紫(スパルタ)が、
  前半、すごく押すんですよ。

  で、途中の休憩んときに、
  東福岡(自主性)の監督が、
  たまらず後半のアドバイスをしようとしたら、
  その方針を生徒達が自ら見つけていて、
  「後半はこうしよう」ってなことを、
  自分達で決めてたってとこが、
  すごく腐人の印象に残っている。

  試合だろうが、仕事だろうが、学校だろうが、
  監督や上司、親が、
  いつもその現場の渦中に一緒にいて、
  アドバイスしてくれるわけじゃないよな。 

  そこで予期せぬ事態になったとき、
  どんだけ自分で判断して動けるか、
  その訓練って、こういうことの積み重ねなんかなーと、
  そう思ったんですわ。

  ん?そやって考えたら、
  自主性重んじる方針のがいいってこと?
  いや、でも腐人みたいな怠け者の場合、
  自主性に任せるって言われたら、
  締切り直前まで仕事しねぇもん。

  明日でいいことは、今日しない。
  そーやって、いっつも
  宿題やってない8/31の小学生な日々を
  繰り返してるんだよね・・・。
     ↑
    学習しろよ! 


  ま、そういう話はおいといて、
  スポーツの試合として考えたとき、
  やっぱフィールドに監督はおらんので、
  自分で考えることができる選手であることは
  重要だと思う。

  ただ、そこに至るまでに、
  ありとあらゆるパターンを身体に叩き込む必要があり、
  そういう時点では、スパルタも必要だろう。

  そして、もう1つ。
  ヒラと幹部の見てるものが違うように、
  選手と監督の見てるものも違う。
  
  この監督視点の力が
  ものすごく発揮されて、みてておもろいのが、
  NBAの第4クォーターの最後数分。

  あの駆け引きがむちゃくちゃおもろいんだよねぇ。
  
  って、どんどん話がそれて、いろんなスポーツがからみ、
  何が言いたいんだかわからんくなってきたが、
  えーっと、この本編においては、
  今はまだトレーニングとかが中心になってるが、
  本当に強いチームってのは、
  そういうフィジカル面のトレーニングだけではなく、
  メンタルと、戦略・戦術がいると思うンだよな。

  ガリガリメガネがでてきたことで、
  この辺もたぶんこれから膨らむんだろーなーと思うンで、
  すごくすごく期待したい。
  
  
  ところで。
  このインナーマッスルを鍛えるですけど、
  作中にもでてきたが、
  ひっじょーに、ダイエットの参考になる。

  ダイエットというか、
  代謝が落ちて、メタボ太りもしてるが、それより
  重力に勝てなくなってたるんできた
  という実感がある人こそ、
  これやって、身体を維持してかないかんのだと思う。

  って、自分に言い聞かせてんのかい?腐人・・・。


  いやねー、
  デトックススープで老廃物を出すってだけじゃ、
  ダメなんだなって、最近思うんですよ。

  だって、確かに、Gパンははいるようになったけど、
  そのウエスト部分に、
  鏡餅のよーな腹肉がのっかっているんだもん・・・。 

  でも、このたぷたぷ腹肉がいやだからと、
  仮に脂肪吸引したとしよう。
  するとだね、
  こんどは、骨や内臓を支えるもんがなくなり、
  骨や内臓に、重力の負荷がどどどっとかかってくる。
  そうすると、本来の働きができなくなって、
  身体全体が、ものすごーく具合が悪くなるのだ・・・。

  脂肪吸引はしたことないが、
  いっぺんストレスで激やせしたことあって、
  そんとき、体感した・・・。
  もうあれは勘弁・・・(;一_一)

  運動しない人のデブって、
  そういう構造なのよーっ!!!

  ・・・って、自分でゆーててすごく悲しい・・・(/_;)

  まー、だから、
  マッチョになる筋肉をつけるんじゃなくて、
  身体を正しく支える筋肉が作らねばならぬと、
  最近、つくづく思うよーになった。

  が、ジムにいって運動したり、
  あえて運動タイムをもうけたりするのは、
  すごーくイヤなのー(>_<)!!

  それをせねばと考えるだけでストレス・・・。

  で、これを読み。
  この歩き方、
  これやるだけでもかなりちゃうんちゃうやろか?  
  という気になっている。
 
  実際、試してみたところ、
  これまでの猫背ずるずる歩きになれてる身体にとっては、
  結構大変・・・でも、その分、なんか違うのがよくわかる。

  いつまで続くかわからんが、
  こんくらいならできるかも?

  そしたら、あの服着られるかなぁ・・・。


  って、話がズレズレにずれてますが、
  そんくらい、ものすごーくいろんな方向に
  刺激をうける。

  この先、どうなるのか、すんごく楽しみ。

  っつか、この2巻だけでも買おうかなぁ・・・。
    ↑
   どーせなら、全部買えよ!

     
[ 2012/06/19 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。