腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹白?日記&読書 > こども話の あれやこれ
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こども話の あれやこれ

の前に。

ここ数年、6月になると、
すげー気乗りのしない、いやーん!な仕事が
やってきていた (=_=)。

断りたいのだが、
しがらみが首の辺りまで巻きつきまくってるので、
テンションだだ下がりでやっていた。
この辺は、よく愚痴ってるので、
ご興味ある方は過去を探してみてください。

特に去年は、『美しいこと』舞台の再演時期と
ばっちり重なり、恨み骨髄状態だったんだよなぁ・・・

結局、そのあとDVDで観ましたけど、
やっぱ舞台は生じゃなくっちゃねぇ・・・。

ま、そんなやさぐれ腐人の心の傷を癒してくれるのは、
なぜかすごいメンツが勢ぞろいする
キャラさんの6月新刊ラインナップだったりしたわけですが、
この仕事、
むっちゃくっちゃ体力使うので、
終わるとエネルギー残量はすっからかんに・・・。

なので、耽溺したくても
悲鳴をあげる身体の節々や、
疲れきって本を手にするのすらツライ・・・
っちゅー事態になるので、
本当にイヤなんですよ!!
腐人は、本を読むために生きてるのに!!!

だから、今年もやるときいて、すげーブルーだったんですが、
先日、連絡があり、
「6月なくなったから」

え!?ホント
いやーん!すばらしい!!
カミだか、ホトケだか、いえすだか、きりすとだか、わからんが
モモちゃんに倣って、感謝を捧げるわ!!
ありがとぉぉぉぉぉっ!!!
※わからない人は、木原音瀬『薔薇色の人生』を読みましょう

と、大喜びした腐人だったが、
用件はまだ終わってなかった。

「で、7月になった」

・・・カミさん、ホトケさん、いえすさん、きりすとさん。
さっきの撤回。
感謝の言葉を返してくれ(ToT)!!!


あ、あともう少し脱線。

新刊チェックをしていたら、
鳩村衣杏さんの作品の中では、
ダントツに『ドアをノックするのは誰?』が腐人は好きなんですが、
8月のシャレードの新刊ラインナップに、
『ドアをロックするのは君』っちゅーのを発見!

絵師さんも、前回と同じく佐々木久美子さんだし。
うわーい、何年ぶりの続編だ!?
っつか、発売までに、おさらいしとかないとだわ!!



ま、そんな話はさておき。

ニュースをナナメ読みしていたら、
ものすごーく腐人のアンテナにひっかかった
子供がらみのネタがあったので、ご紹介。


一つはドイツのお話。

森の中で5年間暮らしていたという自称17歳の少年が
昨年9月にベルリン市役所に現れた。

推定年齢16~20歳、金髪で、青い目、新品リュックを背負った
身長は180センチほどのスポーツマンのような体形をしていて、
身奇麗な格好だったとのことですが、
覚えているのは、自分と両親の名前、それから誕生日だけという。

話す言葉は英語がほとんどで、ドイツ語はちょびっとだけ。

少年が言うには、
・5年間、8月に父親が急死するまで森で暮らしていた
・母は、12歳の時に自動車事故で死亡した
・その事故でできたらしい疵が顔にある
・父が死んだ後、「森の中で石の下に掘った穴」に埋葬した
・その後、地図とコンパスを頼りに5日ほどさまよい、ベルリンについた

・・・っちゅーんですが、警察が森を探索したが、
遺体もそれらしき場所もみつからず、
インターポールに問い合わせても該当者なし。

話が本当にあってんのか?という疑問もぬぐえないので、
このたび、公開捜査に踏み切ったらしい。

なんともまぁ、不思議なお話で。

個人的には、この続報がむちゃくちゃ知りたいが、
海外のこーゆーニュースって、
その後が伝わってこないんだよねぇ・・・。

でもって、腐人は標準語と関西弁しかしゃべれんし。
ってどっちも日本語やー!

しゃーないので、勝手に妄想して楽しむことにする・・・。




もう一つは、読んだ瞬間、泣いちゃったわよ!
っちゅーお話。

ことの発端は、
ブランドン・ジェイコブスさんというNFL選手が、
今春、チームの人件費カットの煽りで、
7年間在籍したチームを退団することになったこと。

その後、移籍先も決まり、
東海岸から西海岸へ拠点を移して
新シーズンを目指していたところに、
1通の手紙が届いた。

中に入っていたのは、
1枚の手紙とビニール袋に入った現金。

手紙は母親の手によるもので、
6歳の息子ジョセフくんは、
昨年初めてジャイアンツの試合を見に行ってから、
チームの大ファンになったという。

しかしその大好きなチームから
ジェイコブス選手が退団したときいた彼は、
母にその理由を尋ねた。

母親は、
「チームが彼を引き留めるだけのお金を
 払えなかったからよ」
と答えたそうだ。

すると彼は自分の貯金、3.36ドル(約270円)をもってきて、
ジェイコブス選手にニューヨークへ戻って来るよう、
お願いする手紙を書きたいと言った。

そういう説明の後、ジョセフくんから
「あなたがニューヨークに来られるように、
 僕のお金を入れておきます」と・・・。

うわーん

この3.36ドルってのが泣かせるじゃないか!
6歳の子にとっては、
全財産の大金だろうに・・・。

ジェイコブス選手はこれをツイッターで写真付きで紹介し、
「泣きそうだった」とツイートし、
お金は「大切に取っておく」、
そして、いずれ3.36ドルのお金を持って、
彼の家に「行く」とのこと。

こういうちびっ子ファンは、大事にしたいよねぇ。

なんかもー、
こんなに純粋なキラキラきれいな気持ちに触れると
自分までピカピカになった気がするわ♪
  ↑
 や、それは気のせいだけだから


以下、読書録。

●13日
(526)一般本 『官僚を国民のために働かせる法』 古賀茂明
  うーん・・・腐人には、
  古賀さんのゆーとることは、
  とっても真っ当だと思うんですが、
  なんでこれができんのじゃ?

  それがわからん。

  っつか、それができないよーな官とか政府って、
  いらねぇんじゃね?
  
  元々腐人は、
  「国なくしても人はあるが、人なくしては国はない」
  と思ってる人で、
  日本っちゅー国に愛想つかしてるので、
  もう国なくなってもいいんじゃね?
  官僚なくしてもいいんじゃね?
  と思っている。

  だが、片方で、本当に国益のことを思って、
  粉骨砕身働いてくれるならば、
  ぜひぜひ頑張ってくれたまえとも思うのよ。

  でも、役所、役人の現実がここには赤裸々にかかれているが、
  それ読んでると、
  あんたら、どっち向いて、仕事してんの?
  いや、違うな、なに、仕事をしたつもりで威張ってんの?
  こんなんやったら、公務員なんておらんでもええんちゃう?
  と言いたくなってもしゃーないやろう。

  ほんま、これこそ生きてるムダ。

  定年なんて甘いことゆーとらんと、
  政治家と役人は60歳超えたら死刑!
  とまでゆーたりたいぐらいやで。
  
  勉強のできるバカほど、始末が悪いもんはない、
  とはここでよくゆーとるが、
  こういう人、自己保身とか悪知恵、言い訳なんぞは、
  もうすんばらしーほどアイデアがわきまくるんだよね。

  腐人がゆーのもなんやけど、
  もっと有益なもんに、その脳みそと労力つかえや!

  これでつくづく思ったが、
  たとえ自分にあわない、
  自分にとっては痛いとこをついてくる人でも
  有能であれば活用する、
  その度量がないやつはトップに立つな!

  なんつーか、これこそが不幸の元凶。
  すべての始まり。
  どーしようもないバカを神輿にかつぐんは、
  ええかげんにしてくれませんかね!

  でもって、老害は逝ね!
  あ、これは国政に限らずね♪

  
  それにしても、経歴を拝見して、
  東大法学部はまぁだろうなと思ったが、
  麻布出身とあって、
  「あ、なるほど!だからか」と腑に落ちた腐人。
  
  ただの単なるガリ勉進学校から東大法学部じゃぁ
  こういう人は生み出されないもんなぁ。
  麻布という風土が、古賀さんの根っこにあるんだろう。

  ま、これは個人的な楽しみなんで、
  どーでもいい話ですが。

  前半の、現在の政治と、現在の官僚制度の
  どーしよーもなさは、読めば読むほどいやになるが、
  最後の古賀さんからの提言は、
  一読の価値があると思う。

  次の選挙は、これを本当に実現してくれる人に投票しよーっと。

(527)マンガ 『ちはやふる 17』 末次由紀

  いや、ホント、つくづく思うが、
  末次さんって、「マンガ」が巧い。

  画力のみならず、ストーリー、表現、リズムにネーム
  どれをとっても秀逸だよなぁ・・・。

  と、最近お気に入りの新の両親をみて思った。
  ・・・父ちゃん、はよ改心せんと、
  熟年離婚へまっしぐらやで・・・。
  
  にしても。
  リーチの差とか、運動能力、体力なんぞを考えると、
  男女同じ土俵でってのは、
  結構、女が不利な気がするんだけどなぁ・・・。

  ただまぁ、音に関しては、確か、
  女性の方が領域広かったと思うが
  (うろおぼえー。でも子供は歴然と差があったはず)、
  5試合とかなれば、
  やっぱ、体力差が出そうな気がするんだよなぁ・・・。  
 
  あと脳みそ。
  手数を読みあう将棋は、ある一定レベルを超えると、
  男女差が如実に出るという。
  かるたもそーじゃないのかねぇ?

  って、これ、最近よく書いてる気がするが、
  もう前に書いたの忘れてるから、よしとしてくれ。

  
  で、17巻にしてよーやく
  恋ばな?っぽい方向がみえつつありますが、
  どーなんでしょねぇ?
  
  個人的には、これスポーツマンガとして読んでるので、
  恋ばな部分はかなりめにどーでもよし・・・。

  あ、でも桜沢先生は、いいなぁ・・・。
  腐人がオスなら、狙いたい。

  気になるとすれば!
  須藤ぐらいかなぁ・・・。
  君には、ぜひ彼氏を作って欲しいんだが、ダメ?
[ 2012/06/14 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。