腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 『「バカ」は性格か!?』
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『「バカ」は性格か!?』

タイトルに惹かれて読んでみた。

まず、カウントを。
(524)一般本 『「バカ」は性格か!?』 篠原菊紀

てっきり、中身の軽い本だと思ったらば、
サブタイトルに、
「脳科学者が教える、バカな人との付き合い」
とあるように、結構、真面目な本だった・・・。


腐人は、ベースが関西人なので、
「バカ」より「アホ」を使うことが多いが、
そのニュアンスは、かなり違う。

口癖のよーに頻発される「アホちゃうか!」というツッコミと、
めったに口にしない「バカじゃねぇの?」というツッコミでは、
温度差でいえば、
前者が、常春マリネラ王国の脳天気な感じであるのに対し、
後者は、ツンドラ地帯の極寒、いや液体窒素なみである。

なのでね、これ読み始めて一番に思ったのは、
「バカ」ってどういうこと?だったりした。

ま、それもこれはちゃんと解説してくれていて、
6大バカという分類を提示してくれている。

・指示待ち型
・自分勝手型
・常識しらず型
・へいこら型
・バカの一つ覚え型
・前例主義型


なーんとなくわかりますよね?
もっとちゃんと知りたい方は、
本書読んでください。

腐人としては、もう一つつけくわえたいなぁ・・・。
いうなれば、「裸の王様型」。

いやさー、今、
古賀茂明さんの『官僚を国民のために働かせる法』
読んでるんですけどね、
そこに出てくる政治家と官僚の話を読んでると、
まさに、裸の王様と詐欺師。

読みながら思わず、
「バカじゃねぇの(~_~)?」と吐き捨ててしまった・・・。

腐人にとっての「バカ」って
こういう人たちのことなんだけどなー・・・。


まぁ、それはおいといて、読み進めると、
次に、「性格」ってなんだ?ということで、
脳みそや、性格分析の話になってくのね。

その一つ、脳の男女傾向について
おもろいことが書いてあった。

まず、脳みその男女傾向だが、
これは『話を聞かない男、地図が読めない女』っちゅー本で
わりかし有名になったので、
結構しっとる方も多いんではないかと思う。

ざっくり言えば、

男性型脳:システムを理解し、構築する傾向が優位
女性型脳:共感する傾向が優位

という傾向。

ただし、男なら男性型脳、女なら女性型脳ってんじゃなく、
男性でも女性型脳の傾向が強い人もいるし、
女性も同様、ここんとこ間違えないように!ってあった。

だよなー。
だって、腐人はどっちかっちゅーとおっさん脳だもーん♪

ま、この傾向によってですな、
システム化する能力(男性脳)が高いほど、
難しい現象の要因を考え、
次になにが起こるかを予測することを得意とする。
が、規則通りに動かない、
人間関係のコントロールなどは苦手。

女性脳が強いとその逆っちゅー話の続きに、
こうあったんですわ。

「女性は共感することに快感を覚えるので、
 つきあうときに、俺が一番をひけらかすのはアホ。
 同じだね、似てるねを多用すれば
 モテ期を迎えられる。」

・・・ホンマかぁ~(~_~)?
同じだね、似てるねを多用するよーなんは、
トモダチどまりやと思うがなぁ・・・。

ま、腐人は女の中でも特異やと思うンで、
あんま参考にならんが、
でも、「俺が一番をひけらかすのはアホ」、
これは実際、そう思ってます。はい。

王子ぐらいなら許せるんだけどねー。
※王子は、ただいま4歳だ。


ちなみに。
オキシトシンを鼻孔にスプレーすると
相手への信頼度が高まるそーなんで、
口説くとき、なんとかしてこれをやったら、
それこそ百発百注(誤字ではありません)なんじゃね?

ま、そーゆー犯罪くさい話はさておき、
「感情表現」を理解しにくいと言われてる自閉症の子の場合、
このオキシトシンを鼻孔にスプレーすると、
感情読みテスト(※)の成績があがる。

※顔の一部の写真から、
 その人がどういう感情を抱いているかを洞察するテスト。
 女性脳の強い人のほうが得意。

なお、
男は、男をバカだと思うんだそうで、
女は、特に性別問わず、バカをバカと思うンだそう。

でもって、
男は若い頃にまわりがバカにみえ、
女は年をとるほどまわりがバカにみえる、とのこと。

あ、なんか『のりりん』の、
30超えたら男は自転車って
こーゆーことか?

この男脳、女脳の他に、
性格分析がいくつか紹介されとったんだが、
ここでは主に
「クロニンジャーの7次元モデル」をとりあげていた。

詳しくは本書を読んでくれたまへ、
もしくは、自力で頑張って調べてね、
っちゅーことにさせてもらって、
以下、自分用アーカイブ。


●どれがどれをバカと思うか

★男脳傾向が強い 
  →指示待ち型、常識しらず型をバカと思いがち

★女脳傾向が強い 
  →自分勝手型、常識しらず型をバカと思いがち

★新奇探索性が強い
  →指示待ち型をバカと思いがち

★損害回避型が強い
  →常識しらず型をバカと思いがち

★報酬依存型が強い
  →自分勝手型、常識しらず型をバカと思いがち

★固執性が強い
  →指示待ち型、自分勝手型、常識しらず型、前例主義型を
   バカと思いがちだが、
   へいこら型やバカの一つ覚え型にも少しバカだと思う。

ってことからわかるように、
固執性が高いと周囲にバカが増え、
また、固執性が高い人は、
自閉傾向が強いことがあるそう。

なるほどねー。

ちなみにこれ、腐人がやってみたら、新奇探索性とでた。
が、自分的にはちょっと違和感だなぁ。

だって、本のこと以外は、全然新しいモンに興味ねぇ。
ラガードな自信あるぞ。

かといって、残りの3つに該当するかっちゅーと、
・・・いや、それ以上に合致せんなぁ・・・。


っつか、この本には、こういう傾向判断のチェックが
いくつか載ってるのだが、
実は、一番近いんじゃないか?と思ったのは、
「パーソナリティ障害」のところにあった、
「シゾイド(統合失調症)パーソナリティ」だった。

あら、そうなの~♪うふ

って、この本の中でも、
これはあくまでも傾向の参考にすべきもんで、
診断じゃないから!と強く断ってましたね。

ま、そらそーだろなぁ・・・。
腐人は、自分はフツーだと思ってて、
周囲からは変な人と思われてるようであるが、
そんでも一般枠の中だもん。

それこそ、こないだ読んだ
『完全なる証明 100万ドルを拒否した天才数学者』のペレルマン、
彼のような人こそが、そういう診断になるんじゃないかな?
素人判断ですけども。


ま、それはともかく。

上記にあるような6大バカが身近にいる人は、
まず、自分の性格傾向がどうであるかを調べてみて、
だから、この型がバカに思えるんだなっちゅー
冷静な分析をしていただいた上で、
以下をご参考に・・・。


●人間関係構築のテクニック

1)相手の全体像を具体的に思い浮かべる
  いわゆる外見の細かいところ。
  背の高さやどんな目の形をしてたかとか 
  一度、そっちに思考を切りかえる。
  それらを思い浮かべてから
  相手のバカを思うと、バカが受容できるようになってくる。

2)ソリューション・トークをする
  なんで!どうして!といった
  問題さがし、原因さがしといった
  過去にこだわった考え方、話し方(プロブレム・トーク)ではなく、
  「ソリューション・トーク」
  つまり、解決にむかって、未来にむかって、
  解決に役立つリソース(資源)を探そうとする姿勢にする。

3)「How」という言葉を使う
  なんで!?どうしてあんなことすんの!っちゅー
  「Why」を考えるんじゃなくて、
  どうやって、どのようにして、っちゅー
  「How」を考えるようにすると、
  ソリューション・トークになる。

  例:「これからどのようにしてこの問題を片づけるのか?」

4)「力」という言葉を使って、状況を肯定的に言い換える
  強引にでも、
  「細かすぎ!」を、「優れた観察力がある」
  「アバウトすぎ」を、「大胆に進める力がある」
  にする。

5)相手のイヤなところに名前をつける
  「やる気がない」を、「だらだら虫」
  「怒りっぽい」を、「いらいら虫」。
  そう思えば、嫌な部分だけを人格から切り離せる。

  ただ、これを自分で使うべからず。
  自分棚上げの態度に、相手の反感を買うだけなので。


なるほどなーできるかな?
と思ったその次のページにですね、
では、試しにやってみましょうというのがあるのだが、
この本が想定してる「バカ」ってこういうこと!?と
ちょっとびっくりし。

でもって、あまりの難しさに、
「すんません・・・
 腐人は無理です・・・(-_-;)」
と、白旗をあげた・・・。

いや、ホント、こんなんされたら、
なんも浮かばねぇって!

でも、実際、増えてるってゆーからなぁ・・・。
いつ、身近に出現しないとも限らない・・・。


と、結構、ヒヤリとした終わりだったが、
実は、もっと背筋が寒くなる話が、
その後、あとがきに載っていた。

この本、終わりになればなるほど怖いんですけど!


とある実験結果の紹介なんですけどね、
「自尊心を高めすぎると賢さが失われ
 差別意識が増強する」

という話。

フランスだったかな?
子供を集めて、パズルを解かせ、
半分に「頭がいいね!」とほめ、
半分に「一生懸命やったんだね!」とほめた。

そして、さらに難しいパズルと簡単なパズルを用意し、
好きな方をやんなはれ、と言うと、
どういう結果になるか。

頭がいいと褒められた子は、
「簡単」を選ぶ傾向が、
一生懸命やったと、努力をほめた子は、
「難しい」を選ぶ傾向がでたそう。

要するに、
一旦得た「賢い」という評価を守るため簡単な方を選ぶ
ということらしい。


ちなみに、
さらに難しい問題を与えると、
頭がいいと褒められた子は、
すぐあきらめ、
一生懸命やったと、努力をほめた子は、
いつまでも解こうと努力したそう。

でもって、他の子の答案をみていいよ、と言うと
頭がいいと褒められた子は、
自分より低い点の答案ばかり探し、
一生懸命やったと、努力をほめた子は、
自分より高い点の答案をみていたという。


うへー・・・なんかすげー怖い・・・


とどめがこちら。

今、どちらかというと自己愛社会になっている。
いわゆるモンスターがいっぱいいるっしょ?
あれです、あれ。

その社会の最大の問題は、
彼らは、自己愛が強く、肥大化した自尊心を満足させるために
自分以下のものを見出そうとしてしまう点。
それが、いじめにもつながり、
他者の弱点を暴くことで
自己の優位を確保しようとするあまり、
まわりがどんどんバカにみえてくる。

・・・気のせいかもしれんが、
ネットバッシングもこの傾向ないかい?

いやーん!
たすけてー!ドラ●もーん!!
と、本を閉じた瞬間、言いたくなった・・・(ーー;)。


それと繋がるかどうかわからないが、
先日、こういう記事をみつけた。

っても、腐人は環境問題にカケラも興味はない。
あ、これがいかんのか?
ま、それはおいといて、記事の紹介にいこう。


国連報告 「地球は既に限界点」


約600人の専門家が携わり
3年をかけてまとめた報告書によると。

「北極などの氷床の融解、アフリカの砂漠化、
 熱帯雨林の森林破壊が、
 私たちが想像しているより
 はるかに急速に進行している」

「人為的要因により、
 気候変動が限界点に迫っている、
 または既に限界点を越えてしまった地域が
 いくつもある。

 一度限界点を越えると、
 もう元には戻せない変化が起こリ始め、
 地球上の生命体も影響を受けるだろう。

 人間の生活や健康にも
 大きな悪影響を及ぼす可能性がある」

「人類はもう『生き方を変える』より他に
 選択肢がない地点に来た」

「『窮地に追い詰められた』人間は、
 環境の変動に適応するために
 急激な生活の変化を余儀なくされるだろう。

 (ただし生活の変化には)
 相当の困難を伴うため、
 政治紛争や経済危機、戦争や飢餓が起きやすくなる」


未来は、いったいどーなるのか。
長生きしないほうがよさそだな・・・。


以下、読書録。

●12日
(525)マンガ 『バクマン。 18』 大場つぐみ&小畑健
  まとめに入ったなぁ。

  それは全然悪いことではないんだが、
  読み手のテンションが下がるのは事実だな。

  そー思うと、あの『SLAM DUNK』って、
  やっぱバケモンマンガだったなぁ。


  最後が部数の話になってたが、
  そのあまりの強気ぶりに、
  本が売れずに青息吐息な出版業界の現状に、
  思わず、ぶどうはすっぱい!とつぶやきたくなったよ。

  綿貫智人さんの『リストラなう!』だったか、
  田中達治さんの『どすこい出版流通』だったか、
  忘れたが、心に寒風吹きすさぶ増刷話がのっている。

  とりあえず初版がはけたから、増刷したい気がするが、
  した途端に、売れ残りが返本されてきたとすると、
  増刷の利益は一気に吹っ飛ぶ・・・そうです。

  世に売られてる本のほとんどはこっちの吹っ飛び系で、
  あんな強気の増刷やってんのは、極一部なんだろなー・・・
  ってのは、夢を壊す話なので、
  まず少年マンガじゃ語られない。

  個人的には、この作家タッグが
  少年漫画の制限枠を超えた場合、
  どういうものを出してくるのか、みてみたい。


  あ、余談になりますが。

  腐人の行ってる美容室の美容師は、
  腐人に負けず劣らずの本中毒。

  なのでカットの間、大抵、本の話になるんだが、
  ジャンプの話で、『バクマン。』読んでます?
  ときいたら、
  「字が多すぎて、読んでない」
  ってゆーてたんですよ。

  で、改めてみてみると、
  確かに、吹きだしとかモノローグの文字で
  説明してることが多いんだよね。

  絵がダメダメな人なら、それもありだろうが、
  せっかく小畑さんとゆー
  絵が達者な人と組んでるんだから、
  もうちっと、文字ではなく絵で語る、絵で説明する
  を取り入れたほうが、
  もしかしたら読者層広がるのかも?
  と、ちっと思った。

  そんだけ。
[ 2012/06/13 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。