腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > ひ・み・ちゅ の は・な・し
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひ・み・ちゅ の は・な・し

日本語ってすごいよなぁ・・・。

「ひみちゅ」って書いたら、
なんかエロ話だと思いません?

でもって、「秘密」って書いたら、
まさに重要なシークレットのの話っぽくて、
その中間レベルなら、「ヒミツ」表記かなぁ・・・。

言語の感性の問題だとは思うンですが、
なーんとなく、腐人はそんなイメージを持っている。


っちゅー前フリなら、エロ話かと思いきや、
実は「秘密」、機密情報のお話です。


ネット環境が発達し始めた頃から、
「これからは、地方で仕事ができる」
ってなことをよく言われてきた。

でもって、3.11以降は、
国の重要な機構が都心部一極集中はよくない
地方に分散化すべきだ、
ってな話が、よく新聞にのっかった。


が、実際どうだったら、ほとんどそうなっとらん。

データセンターを
別んとこにバックアップを設けたところはあるかもしれんが、
会社としては、やっぱり首都圏に居残っている。

政府や省庁などの首都機能の分散化話なんて、
腐人がガキんちょの頃から、何度も
あぶくのよーにぷかりと浮いては消え、
浮いては消えを繰り返し、
今回もまたどうやらこのまま消え去りそうだのぅと思ってみてる。

ま、ぶっちゃければ、
本音のところで、やる気がねぇってことだよな。

というのも、わからんでもない。

なぜなら、どーやったって
距離と秘密の問題がネックになるから。


先日ここで紹介した『第四の消費』には、
これからは地方がキーワードになるってあったが、
上記の理由で、腐人はこれに懐疑的。


具体的にゆーとですね、
仕事で、今すぐもってこーい!
っちゅー話になることありません?

世の中がいくら便利になったからっても、
データで送れるものには限りがあるし、
未だ、この世のどのメーカーさんも、
『どこでもドア』を開発してくれてない・・・(/_;)

となれば、もう人力で運ぶしかない、
ってことになるわけですが
そんときに、何百キロも離れていたら、どうなります?

でもって、そういうのが頻発するよーなら、
移動費用だって、その間の人件費だって
バカにならない。
でしょ?

確かに仕事の性質によっては、
物価や地価が安く、ネット環境のよい地方に
切り離せるものもあるだろう。
せっかちなクライアントとつきあわずにすむ部署なら、
そこだけ地方にってのもありだろう。

でも、そうじゃない仕事や部署があるわな。

それらを全部ひっくるめた「全体」として考えたとき、
このスピード化した現代、
ビジネスにおいても、レスポンスの速さが非常に求められてるので、
全体を効率よく動かすには、
やっぱり「物理的距離がある」ってのは、
非常にネックなわけですよ。



続いて、もう一つの「秘密」。

ネットの出現って人間をバカに進化させてるよなー
とつくづく思うことの一つに、
最近の人は、秘密の取扱がなってないって点だ。


ここでちょいと質問。

Q.「ネットで、重要書類にパスワードをかけて送った。」
これで、秘密が絶対に漏れないと思いますか?


A.ブッブー。
かなり低い秘密保持レベルです。


Q.「書類にマークを押したものを渡した。」

これで、秘密が絶対に漏れないと思いますか?


A.ブッブー。
こちらも低い秘密保持レベルです。


Q.「周囲に誰もいないところで、
  電話で重要な秘密の話をした。」

これで、秘密が絶対に漏れないと思いますか?


A.ブッブー。
上2つに比べればマシですが、
まだまだ完全な秘密保持レベルではありません。


では、一番秘密が漏れない、高い秘密保持レベルの状況とは、
どういう状況でしょうか。

答え。
政治家をみたらわかります。

個室で秘密会談。

これが一番秘密が守られてる状況なのだ。


ってな話、実は、血族から教えてもらった。

ちょっと話がずれますが、
皆さん、リニアモーターカーってご存じです?
いや、今やリニア新幹線っちゅーのか?

これもまた腐人がガキんちょの頃から
やるやるやるやるゆーてる
やるやる詐欺状態が続いているが、
この話がでたときにですな、
「そんなんいらんのんちゃいます?
 新幹線で十分でっしゃろ」
ってな話がでたらしいのだ。

そこで、そーゆーことをゆーた人を黙らせたのが、
上記の秘密保持レベルの話。

結局、本当に大事な話は、
会うてやらんといかん、
ってのは、古今東西不変の事実なのだ。

ウィキリークスでばらまかれた秘密も、
文書になってないもん、ネットでやりとりせんかったもんは、
そのまま闇の中でしょ?
そーゆーことです。


となれば、
やっぱり物理的距離ができるだけ近いところに
密集してしまうのが必定。

でもって、もう一つ言えば、
そういうところに
重要な情報、すなわち秘密が集まってくる。

「情報を制する者は世界を制す」とは
ロスチャイルドの言だったと思うが、
こういうことをつきつめて考えてけば、
どーしても、一極集中化するのは、
しょーがないもんなんじゃなかろーか、
と、腐人は思う。


・・・でもって、今の日本をみてっと、
首都直下型地震に、
今の国の中枢機能をまるっと潰してもろて、
焼け野原からやりなおしたほうがええんちゃうかと
思うのは、腐人だけでしょーかねぇ・・・

あ、また黒くなっちった・・・。
カテゴリ直しとこーっと。


以下、読書録。

●11日
(518)BL/Shy 『花と手錠』 橘りたか
  うーん・・・なんかお話が遠いな。

  って、すげー感覚的な話から始めてしまったが
  この物語世界に入れないんですよ。
  なんでだろ?視点かな?

  いっそのこと、どっちかに視点を絞って、
  もっとその心因描写を掘り下げてくれたほーが
  よかったよーな気がせんでもない。

  
  さらに言えば、受攻、どっちも疵持ちじゃん。
  それも、あんまりありえない疵。
  それもなー・・・
  疵ありと疵なしのがよかったんでねか?

  ってのもね。
  そういう疵がある人ってのは、往々にして歪むんです。
  そうなったとき、歪んだ人同士だと、
  疵の舐め合い、とゆーたらええのか、
  あんましこういう健全な(?)方向にいかねぇんだよなー。

  ま、それはともかくとしても、
  そういう特異な二人をもってこられるとですね、
  恐らくは、疵を持ってない多くの読者としては、
  どこに感情移入したらええんかな?とゆー
  戸惑いを覚えるわけです。

  
  その違和感を解消するためか、
  疵も歪みも、あんまし疵や歪みになってねぇのよね・・・。
  だからか、なーんか
  過去の云々が軽いんだよなー。
  

  あとさ、憎しみってのが一つテーマだったわけですが
  これって結局、「執着」の一形態じゃね?

  だから、これまた「執着」の一形態である愛情と
  モノは同んなじ、
  ただ、その出現の方向が正か、負かの違いだけ・・・
  とか思うとね、
  憎い憎いってんのは、
  好き好きってゆーてんのと、
  あんま変わらん気がして
  どーもなんか・・・
  ただひたすらのろけてるよーにしか
  見えんかってん。

  これがもっとどーしよーもないほど突き抜けたならば。
  柴田よしき『聖なる黒夜』他に出てくる、
  練ちゃんのよーになって、すげー愉しかったかもな。

  どーせなら、ここまでいって欲しかったかなー。

(519-523)マンガ 『LDK 1-5』 渡辺あゆ
  レンタルマンガ屋にて。

  いつものごとく、
  「あと5冊ー・・・
   なんかええ子はおらんべかー」と
  彷徨い歩いて、あーもうこの辺でいいや!と手にした系。

  よって、アタリかハズレかは
  読んでみなくちゃわからない。
  今のところ、勝率は5分5分ぐらいか?

  で、読んでみました。

  いやー・・・
  見事なまでの、人間関係だけマンガですな。

  うーん・・・・・・(ーー;)
  おもろくないとは言わないが、
  もうこの歳だとね、
  正直、これだけしかないのは、
  読むの厳しいです・・・。

  まーだから最近、
  BLも秀品しか読めなくなってんだよなぁ・・・。

  ああ、いかんいかん。
  もっと脳みそを柔軟にせんと!

  ショタだって、ジジだって、
  デブだって、ハゲだって、受け入れなくっちゃ
  どんどん世界は狭まるばかりよ!

  世の中、イケメンしか
  生息してないわけではないのだから・・・
[ 2012/06/12 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。