腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 熱く語るぜ!腹黒読書 > パンドラの箱があく・・・『大東京トイボックス』
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パンドラの箱があく・・・『大東京トイボックス』

うわー・・・
えらいもんを読んでしまった・・・(-_-;)。

開かないように厳重に鍵をかけ、
腐人の脳内深くに沈めて、ガチガチに固めて、
周囲に立ち入り禁止テープを張りまくってる
あのパンドラボックスが開いて
真っ黒だだもれになりそうだ・・・(;一_一)。

こういうときは・・・

♪あ、そっれ 一般論
♪あ、そっれ 一般論

この合い言葉を唱えながら、
細心の注意を払いつつ、コメント書くべし、だな。


端的にゆーて、これ、
腐人は、むちゃくちゃおもろかった!!


が、この「創り出す」という仕事が
身近にない人にはどうなんだろう?

たとえば、
「とってくる」が仕事の営業さんとか、
「片づける」が仕事の管理さんや製造さんにとっては
この「創り出す」仕事の風景をみてたら
遊んでるよーに見えるところもあるだろう。
特に「待ち」時間なんか。

アイデアが出ず、産みの苦しみにもだえているときも、
作中にでてきた
ベクトルが正しいのかどうか迷いまくってるときも、
いわゆる右から左へ流れてく、
型どおりの業務こそを、「仕事」と見ている人にとっては、
仕事をしていないように見えるんじゃないかな。

こういう、労働を時給でしかはかれない人が
決して踏み入れてはいけない世界が
開発とか研究とか創作というクリエイティブ領域だと腐人は思ってるが
ここに杓子定規な物差しを
もってこられることあるんだよなぁ・・・。

このクリエイティブ領域、
時間働いたからって結果がでるもんではなく、
いくらやりたいと思っても、
才能がなければ、
0にどんだけ努力をかけても0、
という冷酷非情な結果におわる。

最初にモモが、要経験の壁にぶちたっていたが、
経験者ですら、「できない人」は、どんどんふるい落とされる世界。
「学校で勉強しました」レベルでは、
雇うどころか、むしろ邪魔、
ってのが本音だろう。

そして仕事があるからといって、楽になるわけではなく、
いつも限界まであがき、
結果、便所で吐いたり、ぶっ倒れて医者に注意をくらっていたりしたが、
こういう現場では
そんなに珍しくない風景だったりするんだよねぇ。

倒れたとき。
医者が、
「命かけてまでする仕事なんてそうそうない」
とかさ、
月ちゃんが
「普通に幸せになっていい
 仕事しかない人生じゃなくて」
って、言うじゃん。

これさーどうなんだろね。

いわゆる「人としてどうなんだ!」
とかゆー道義的部分では、
月ちゃんが正解なんだろう。

でも、太陽を一人のクリエーターとみた場合、
これって言っちゃいけんのじゃなかろうか。
これって、その人が生きてる意味そのものを
否定する言葉じゃないんだろうか。

端から見たら、アホやなぁと思われるかもしれん。
でも、ただ飯くってクソして寝るだけで
生きていると思える人なら、
クリエイターなんぞ、やってへんと思うのよ。

命削ってでもやりたいからやってるんであって、
一般論としては月ちゃんの言い分わかるけど、
腐人は人非人と言われようが、
太陽のしたいようにさせたいがなー。
その途中で死んでも、太陽自身は本望だろう。

あ、いかん・・・
パンドラボックスが開きかけてる・・・。
合い言葉を唱えねば!!

♪あ、そっれ 一般論
♪あ、そっれ 一般論

軌道修正、軌道修正。

あ、でもさ。
徹夜による効率ダウンは
実際に脳のデータとしてあるので、
休むべきときには徹底して休む、ってのは
従うべきだと思うぞ。

ただがむしゃらにやるってのは、
それこそ仕事をしたつもり。
体にも仕事の出来にも
実はあんましよろしくない。

休むときは休む、働くとき働くと、
きっぱりメリハリをつけるほうが
脳みそもクリアになるし、活性化する。

っても、追い込まれてるときって、
寝ても、眠れてなかったりするんだけどね・・・。
それにトランス状態だからこそ
生まれるもんもあるっちゃあるか・・・。

まーなんというか、
真っ当な感覚もってたら無理、
かつ、図太くタフな心身の持ち主でなきゃ
生き残れない世界なんだよな。


そゆことで、
腐人は最初、モモがでてきたとき、
あらあら、これまた自分に酔っぱらって、
目を開けて夢見てるガキか、やだなぁ・・・(~_~)
と思った。

そういうの、腐るほどリアルでみてるんで。

そしたら。
いやいや、
これが根性みせてくれるではないですか!
それに、応用もきく。
こりゃ、なかなかお買い得物件だったんでは?

まークリエイターとしてどうかは別だけど。


足りぬ足りぬは、工夫が足りぬ!
金がないなら、知恵を出せ!
これ、貧乏会社の鉄則なんだけど、
だからといって誰しもがそうやって動けるわけじゃない。

あんなPR主眼の展示会への出展なんて、
できるだけ経費は絞らんとねぇ。
はっきしいって、なんの実りもない
自己満足で終わってることのが多いはずだ。

正直、腐人はあーゆーの、
費用対効果に疑問があんだよねぇ・・・(~_~)
いいとこイノベーターしか捕まらんだろうに。
なんでやるんだろ・・・。

ま、それはいいや。

ということなので、
もし社員の中に若くてスタイルのええのがおれば、
コンパニオンの姉ちゃん雇わんでも
そいつを使えばええ・・・のが道理なんだが、
そいつがやってくれるかどうかは別問題。

でも、それってさ、
上がやれば、下が動くもんなんだよな。
いわゆる、率先垂範。

そういう意味で、
花ちゃん、あんたえらい!
腐人がほめたげる。
っても、太陽にガクラン着て欲しくはない。うん。


ちょいと話がずれますが、
昨今のオフィスで、小さいことだが、
代表電話の対応がよく問題になっている。

昔はオペレーターさんが捌いていたが、
昨今の経費削減で、
それが社員の仕事にまわされることが増えてるのだ。

そうなったとき、
これは下の子のやることだからと
上席の人間は、一切とらないという会社がある。

その結果、どうなるか。

その子が本来やるべき業務が全くできなくなり、
「おい、あの書類できてるか」
「すみません、まだ」
「なにやってんだ!この無能!」
ってなことがおこったりする。

この問題の解消に
電話をダイレクトインにするというという方法も
あるにはあるが、コストがかかるし、
ダイレクトインは、本人がいなければ
相手を待たせることになるというデメリットがある。

なので、下の子が自分の業務をそっちのけで
オペレーションをしている、というのが大半だろう。

かてて加えて、
最近の電話に出られない若い社員の問題があり、
結構、多くの職場の悩みの種だったりするんだよね。

電話の応対って、相手の印象を決める、
とても重要な要素なんだがねぇ・・・。


ただ、これ、
実は全く金をかけずに、
すごく簡単に解決する方法が一つある。

それは、
上席の人間こそが率先して電話に出ればいい
ただ、それだけの話。

でも、この「ただ、それだけ」がね、
なんでか、できねぇんだよねぇ・・・。

足に釘打って、地面に固定し、
人間ティーバッティングとして
そのどたま、宇宙の果てにホームランしてやりてぇ・・・


いかん、いかーん!!
またフタがずれてるわ!腐人ちゃん!!
合い言葉を唱えねば!!

♪あ、そっれ 一般論
♪あ、そっれ 一般論


えーっと・・・そうそう。
花ちゃんの話。

これは師匠のがわかる部分が多そうな気がするが、
人脈についていわせてもらおう。

ともだちだのフォロワーだのの数を
どうこういう昨今の風潮があるが、
こういう大事のときに、
現実に使える人脈があるかどうかってほうが
よっぽど重要だと思うわけー、腐人は。

日程に猶予があるよーな話ならね、
そりゃともだちのともだちのともだちのともだちでも
請けてくれることはあるかもしれん。

でも、こんなギリギリの切羽詰った話の場合、
一朝一夕の信頼関係じゃ、
天地がひっくりかえってもやってくんねぇのが普通。
いくら、じじぃ転がしといえども。

そこで甘えてあぐらかいたらいかんけども、
その、本当に使える人材をもってるってだけでも、
あんたはそんじょそこらの24歳とは違うと思うよ。


それから絵の話。

腐人は、お話はおもろいが、
絵にエロ気がねぇなぁと思ったんでした。

結構、チチとか書いてあんだが、どーも・・・なぁ・・・。
仙水と七海の事後シーンもさー
抜けねぇ・・・。
  ↑
 違うだろ!


ま、それが目的なお話ではないし、
腐人は言うまでもなくアベマリと同じ属性ですから、
男女に萌えないのは、まぁ仕方ない。

が、ちっと惜しいなぁと思ったんだ。

あ、絵の話になったから
ついでに重箱の隅つついとくと、
G3の便所、おかしいぞ。

いや男女兼用(?)ってのは、
盗撮要注意だが、それはいいんだ。

じゃなくって、太陽が吐いてたシーン。
どーみても、便座がない。
便ふたの下が、直で便器になってっぞ。

これだと、う●こんとき、どーすんだ?
便器の上で
和式のようにしゃがんでするのか(~_~)??
中国人じゃあるまいし。


月ちゃんがさ、
自分の存在に疑問をいだいていたが、
言わせてもらえるなら、
太陽に金勘定をさせてはいけない。

社長って椅子にどっちが座るってなぁ、
どっちでもいいけど、
(でも、「社長」って札が必要だと、
 なにかっちゃー引っ張り出される回数考えたら、
 月ちゃんで正解ちゃうか?)
あーゆー、根っからのクリエイターさんの場合、
それに没頭する環境を作ってあげる人が
右腕としていなければならない。
Hondaの宗一郎氏に対する、藤沢武夫さんのように。

えてしてクリエイターという人は、
金勘定や管理ということが苦手だ。
そこんとこを代わってあげないと、
せっかくの才能が、日々の雑事で埋もれてしまう。

そーゆー意味で、
ノーベル賞に最も近いといわれてる人に、
「今一番気になってることは、
 研究所にいる200名近いスタッフのうち、
 8割以上は非正規雇用者だということ」
なんて言わせてはいけないのだがな・・・。

あ、話が逸れた。

たださ、花ちゃんと初めて会ったとき、
G3のゲームとどっちが売れてるかって話があったっしょ。

そこ読んだときに、こないだここに書いたが、
風姿花伝の奥儀伝を思い出した。

『上手は下衆に受けず、
 下手は上客に飽きられる様を示し、
 本当の芸達者は「衆人愛敬」、
 下衆を笑わせながら、上客に心を伝えるべき』

ぶっちゃけていえば
「マニアックは、一般受けせず、
 一般に媚びれば、マニアはそっぽをむく。
 本当の巧者は、皆にうけるものをつくれ。
 一般に受けながらも、マニアのハートを掴むもの」
って感じだろうか。

言われてできりゃー苦労はせん・・・(ーー;)。

あと、
「芸を演じる人は、
 「関心演目」
 自己こそ最高の観客とすべし」
だが、
これまた難しい。

作っている最中、恐らく製作者の心は千地に乱れる。
思いついたときは、「これはおもしろい!」
でも作っていってると、「これはおもしろいのか?」
ずーっとずーっとそれとむき会ってると、
本当におもしろいのかどうかがわからなくなり、
ひどくなれば、「おもしろい」ってなんだろう?
ってな所まで後退することだってあろう。

そこでなにかしら、
寄りかかれるものがあるというのは強い。

ある意味、SWの制作チームにとっては、
仙水の存在ってのが一つ支柱になってんだろな・・・。
彼の判断こそが、絶対の基準みたいな。
とりあえず、今までは勝ち続けてるし。

こーゆーのがあれば、楽っちゃ楽。
ただ、その軸がいつまで時代に添えるかは、
神のみぞ知る領域だなぁ・・・。

  ※この「風姿花伝の奥儀伝」部分は、
   『仕事をしたつもり』にあったものを
   引用させていただきましたが、
   後に、『風姿花伝』の「奥儀伝」にこういう文章はないのでは?
   とのご指摘をいただきました。

   確かに、『風姿花伝』の「奥儀伝」を確認したところ、
   このとおりのままの記述はありませんでした。
   
   とはいえ、
   まだ『風姿花伝』全体の検証などは済んでませんので、
   とりあえず、そのままとさせていただきます。
   後日、検証が済んだら、修正など対応をいたします。



仙水がでてきたので、
ちょいと話をそっちにもってくが、
一般的に、人間が目を配れる限界ってのは、
30人ぐらいといわれてる。

G3のような会社の場合、
今でこそ、現場においては太陽をトップにすえて
ピラミッドをつくっているが、
これがもっと大所帯になった場合、
構造を変えなければいけない。
そうしないと、目が行き届かず、歯コボレを起こすのだ。

なので、かつてSWで太陽が失敗したのは、
太陽が全部をみようとしたから。

例えば、100人で組織をつくるなら、
太陽を頂点として、その下に3人、その下にまた3人・・・
といった図をつくり、
直接関係しているところは絶対に見解がぶれないよう
常に同じ絵がかけるよう、
そこのミーティングは密におこなって
全体をコントロールしてけばよかったのだ。

大きな仕事がしたいなら、
人を育てる能力と、人に任せる度量がいる。
それができねぇなら、どんだけ才能があろうが、
でかい仕事に手を出してはいけない。
と腐人は思うがね。


あーこれで書きたいこと書ききったっけ?
パンドラ箱ん中にはもっといろいろあるけど、
そこはフタに鍵して埋めとこう。

・・・でもなんか書きもらしてるよーな気もするなぁ・・・。
あーダテ・ド・ローガンと会議室の話か。
でもあれもちょっとつるっといくと
ヤバい方向にいくしな・・・
やめとこう。


あ。そうだ。
アベマリに質問があったんだ。

この環境で、
どーして仙●×太●にならないんでしょう・・・。

っつか、
●陽が魔法使い「だった」ってことは、
誰か卒業させた人がいるってことで、
・・・え?そしたら、太●×●水・・・?誘い●・・・?

ピピピピピーッ!!!
そこー!レッドカード!!!

合い言葉を忘れちゃいかーん!
♪あ、そっれ 一般論
♪あ、そっれ 一般論、だ!


そういえば、
レーティング問題についてもやりたかったんだが、
これやったら、暴走が今の比じゃなくなるからなぁ・・・。

気になる方は、カテゴリー「図書規制&読書」をどうぞ。


ああ、それと、「ち」つく丸いもの。

腐人が思い浮かんだものは、
あそこにでてきませんでした。

っつかね、あれ、場も影響してると思うのだ。

ブレストじゃないが、
皆が思いつくようなものでもなく、
でも共感を呼べるもので、って条件を先に提示してあったり、
キャバクラとかホストクラブでやってみ?
全然違う答えがでてくるから。

ちなみに腐人がとっさに思いついたのは、
そっちのシモ系です・・・。
ここには到底書けません・・・。

ヒントは、「・・・の先」。
な?
丸いっしょ?←誰に同意を求めとんねん!


最後にカウントを。

(498-503)マンガ 『大東京トイボックス 1-6』 うめ


あーくそぉ!
続きが読みてぇぞ!!
借りてるやつ!とっとと返せーっ(>0<)!!!
[ 2012/06/04 ] 熱く語るぜ!腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。