腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > どーでもいいことダラダラと 3
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どーでもいいことダラダラと 3

木原音瀬さんのツイッターに
歴史ヒストリアの頼長の話があった。

・・・ん・・・(~_~)?
なんかひっかかる・・・
なんだったっけ・・・?(゜o゜)?

って、
おどれがブログに書いたんやないけー!
※2011-01-21 「どーでもいい話」

ふっ・・・思いっきり忘れとったわ。

ちなみに腐人、こんときこんなことゆーてます。
「どーせなら、
 大河で、これやってくれりゃーいいのになぁ…。」

・・・今、やってるぜ・・・(;一_一)


ちなみに腐人、こんなことほざいておきながら、
大河をみとるんかっちゅーたら、
みてません、すんません・・・(-_-;)

いや、でも腐人がみたかったのは、
頼長主役で!ってことなんだが・・・。

ま、そんでも心を入れ替えて、
これから時間があう限り、
視聴率アップに協力したいと思います・・・。



そーいや、さっきツッコミいれてて、
卑罵語の話を思い出した。

あれからつらつらと卑罵語について考えてたんだが、
やっぱり、標準語だと難しいんだよな。


例えば、よくある卑罵語。

「なに、ねむたいことぬかしとんじゃ、われぇ!
 ケツの穴から手ぇつっこんで
 奥歯ガタガタいわしたろか!おらぁ!」


これを標準語変換してみる。

「なぜ、はっきりしないことを言うんだ、おまえは!
 尻の穴から手を入れて
 奥歯をガタガタいわせようか!こら!」


・・・あ、あかんがな・・・。
全然ののしりになっとらん・・・(-_-;)
普通の、お父ちゃんがグレた娘を
叱るぐらいのレベルにしかならん・・・。

っつか、関西弁の「なに」って、「なぜ」でええんか??
なにはなにであって、
なに以外のなにもんでもない気がすんねんけど!!

適訳がわからーん(>_<)!

Vシネマとかみたら、
標準語での卑罵語がある・・・んかなぁ・・・(~_~)?

普通の映画ですらみんので、
よくわからん。

で、ふと思ったが、
往年の名作ヤクザ映画といわれるものの多くは
西のが多いよーな気がするんは、
やっぱこういう言葉の問題なんやろか?

ま、実際、西のがむちゃするとは
ききますけどね・・・。



最後に。

腐人には、
お気に入りのランチバイキングの店がある。

そこにいくたび、デザートコーナーで
とあることをやる。


皿を用意します。

一面に、シフォンケーキを平らになるよーに並べます。

その上に、生クリームをてんこもりにします。

その上に、半分溶けかけた(ここがポイント!)
アイスクリームを
底に敷いたシフォンケーキがみえなくなるまで盛ります。

以上。


つめたいんと、あまいんと、濃厚なんと、
水分吸ってふにゃふにゃんなったシフォンの食感が絶妙で、
もしあれば、この上から
ちょいと酸味のあるフルーツソースを
トロロッとかけたいところなんだがなぁ・・・
って逸品ができる。

ちなみにお供にいいのは、
エスプレッソか、苦めのコーヒーだ。


デザートコーナーのまん前がレジなもんで、
腐人がせっせこ盛りまくってると、
レジ店員の視線がつきささってくる・・・。

いいじゃん、バイキングだろ!


で、あとは席にもどってバクバク食うだけなんだが、
こないだは座っていた場所が
ガラス張りの厨房のまん前だった。

席に戻り、にまーっとしながら食ってると
ガラスの向こうが騒がしくなり、
どうみても、コックさんたちが
身をのりだしてこちらをみている。

そしてぼそりと。
「ありえねぇ・・・」

きこえてんだよ!


以下、読書録。

●30日
(481)一般本 『骸骨を乞う 彩雲国秘抄』 雪乃紗衣
  正直に言って。
  腐人は、彩雲国物語って、
  何が言いたいんだがよくわかんねかった。

  最初はてっきりフェミ小説かと思ったんだもん。

  ここに収録されてる最後の話を読んで、
  「ん?もしかして、これは反戦を訴えたいんか?」
  っちゅーことによーやく思い至る。

  腐人自身、戦争なんかまっぴらごめんだが、
  戦争しなければ、植民地になってしまうから戦うってのも
  実はよくわからん。

  こないだボスニアで、19歳のドイツ人女性が
  8年間にわたってボスニア人夫婦から
  奴隷的な扱いを受けていたっちゅーニュースがあったが、
  「そういうの、いやだろ?
   もし、他国が攻めてきて隷属ってことになったら
   日本国民は皆、そうなるんだよ!?」
  と言われたら、
  「たぶん、
   そんなのに耐えてまで生きないと思うから、
   別に戦争する理由にならん」
  が腐人の回答だ。

  ま、そういう人なので、
  なぜ戦争をするのかって、正直、よくわからん(~_~)。

  この話であった後継者争いも、
  やりたきゃ勝手にてめぇらだけでやれ、
  そんで、もし、うちの作物ふみちらかすなら、賠償請求すんぜ
  っちゅーぐらい、
  民全員がふてぶてしくなりゃ、なんか違ってた気がするのよねぇ。

  そう、何度もゆーてるが、民が必要なのは王の方であって、
  民にとっては、王様なんぞ別にいらん。

  他国が攻めてきたとき、差し出す首、
  そんくらいしか価値ないもんだと思うがねぇ。

  そうなんだよなー、
  そう思って行動できるならば、
  国っちゅーネズミ講システムを根底から覆せる。

  で、そうなった暁にどうなるかったら、
  大友克洋『AKIRA』みたく
  無法地帯になったりするのかな?
  そんでまた、新たなヒエラルキーができる、と。

  結局、同じことの繰り返しか。
 

  腐人は戦争って、
  大いなる浪費、儲かる人は武器商人のみ、
  だと思うンだけど、
  いい面もあるにはある。

  それは、現行の破壊と再構築が
  簡単にできるってことだ。     

  現行制度を続けながら、
  今の日常水準を保ちながら、
  社会構造を抜本的に変革するってのが、
  どんだけ難しいもんかってのは、
  第二次世界大戦以降の世界をみてりゃ
  よくわかる。

  それが内乱だの、内戦だの、暴動だのがあれば、
  それが劇薬となって、急激な変化を生じさせる。

  日常生活に大きな影響を及ぼさない程度で
  ゆるやかに変革をっちゅーと、
  ものすごーく長い時間を要するわけだが、
  これだけスピード化が促進されてる時代、
  どうも歯車があわなくなってる気がするのは
  腐人の気のせいか?

  まぁ、それがいいのか悪いのかってのは、
  確かにあるんだが、
  これが、ある一定間隔で生じてるってのは、
  これは、天敵がいなくなったニンゲンという動物が
  地球上で生存していくための
  ある種の自浄作用なんかなぁ・・・
  ってな気がせんでもない。  

  なんだかこれのどこが彩雲国の感想なんだ!
  といわれそうなんだが、
  だってぇ・・・
  もう、誰が誰やら、
  何がどうやらわからへんねんもん・・・(;一_一)。   


  巻を重ねるごとに、
  このもってまわった言い回しがエスカレートし、
  そんでも最初は、
  なんとか理解しようと頑張って読んでたんだが、
  もう無理!
  
  ダメなのよ!
  腐人はこういう文章、キライなの!!
  大体、シャーロック・●ームズが大嫌いなんだ、腐人は!
  このもったいぶりぶり、うっせぇんだよ!!
  と言いたくてたまらない・・・。
      ↑
    ゆーとるがな



  どゆことかっちゅーとね、
  こーゆー感じなんです。

  「ぼくが間違っていたのだ。
   廊下でそれをみつけたとき、
   ぼくはそのことを悟った。

   あのとき。
   お茶漬けを食べる可愛らしいしぐさに、
   おいしいと喜ぶ愛らしい表情に、
   もっとたべるーと欲しがる姿に
   ぼくは惑わされてしまった。
   あれを教えておかないと、
   こうなることはわかっていたのに・・・。」


  ってさ、

  「しゅ●にゃんにお茶漬けあげたあと、
   トイレにつれてかなかったから
   廊下にウ●コされたよ・・・(-_-;)」


  こんでいいじゃん!と思う腐人が少数派なのか!?

  そーゆーことでね、
  たぶん腐人は、書いてあることの半分以上
  理解してねぇと思う・・・。

  
  ま、そんでも思ったのが、
  なんか皆、生きにくそうな人達だのぅ・・・である。

  なんでもっとちゃらんぽらんに生きないんだ?
  全員、いつ燃え尽き症候群になってもおかしかない感じー。

  絶対、皆、肩こりまくりだぜ。
  サロン●ス売ったらもうかりそー。  


  あとさ、ん?と思ったのが、
  春になったら戦という話。
  え?秋でしょ?

  天高く馬肥ゆる秋。

  食糧が乏しい冬になる前、
  収穫が終わったところを狙って
  匈奴が大挙して略奪にやってくる・・・
  その警句がこれなんだがな。
       
  
  そーいや、これ、花ぎれとしおり、紫なんですな。
  もしかして、これがやりたくて上製本にしたんだろうか。

  もし、その2とかやるなら、
  今度はもっと軽く仕上げてください。

  寝転がって読むには重すぎです・・・(-_-;)
  ページ広げたら、メリメリみしみしゆーたぞ・・・。
[ 2012/05/31 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。