腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹白?日記&読書 > 粘土であそぼ
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

粘土であそぼ

なにかで読んだか見たかした幼児教育の話で、
筆やマジック、鉛筆などを使って絵を描くより、
フィンガーペインティングをしたほうが
脳の活性化につながるってなのがあった。

要は指で直接触れて描くってのがいいらしい。

※もうウロ覚えなので、詳しく知りたい方は
ググッてみてください。



ってなわけで、姫とやりたいなぁと、
前から思ってはいたんだ。

っても、本格的にフィンガーペインティングをやる場合は、
かなりの準備(汚れ対策や、食しても害のない絵の具)がいるから、
粘土あたりでどーだ?といういい加減さだが。

※この絵の具は小麦粉と水と食紅でつくれるらしいが
そんな面倒くさいこと、腐人がするわけがない・・・



ただ、以前の姫は
手がちょっとでも汚れると
すぐに拭きたがるところがあり、
そういうのが気になるなら無理かな・・・
と思っていた。

ら、最近はどうも好奇心のが勝ってきたらしい。

ってのも、昨日書いたよーに
ブルーベリーの汁まみれになるのが楽しいらしく、
それで遊んでるんだよなー。

個人的には泥遊びがしたいんだが、
昨今、それができる環境をみつけるのが難しい・・・。
昔はよかったなぁ。

ってことで、粘土を買ってきた。

ちょいと話がそれますが、
腐人家にある、姫と王子の遊び道具ってのは
もらいものとか、お下がり品とか、
あとは百均のシンプルなおもちゃだったりする。

キャラクター付きの
遊び方がきまってる高級品おもちゃは
姫や王子が持参してくるのだが、
不思議なことに、持ってはくるが、腐人家にきたら
腐人家のシンプルおもちゃで遊ぶんだよな。

まぁ、子供ってのは無限の想像力をもってるから、
腐人はどっちかっちゅーと
遊び方がきまってるおもちゃより、
シンプルなものを使って想像力を羽ばたかせ、
応用きかせて遊んだ方がいいと思ってるが。

ま、なにで遊ぶかも、
子供自身がきめりゃいいやってことで、
腐人家では姫と王子の選択にまかせ、
彼らはやりたいようにやりたい放題してます。


で、この百均おもちゃですが、
これがかなりの品揃えなんだよねぇ。

店によって置いてるものが違うので、
百均みつけるたびに覗くんだが、
「え!?こんなのが100円なの!?」
ってなのが、結構、ゴロゴロしている。

こないだはルービックキューブみつけて、
「昔は、1000円以上した気がする・・・(=_=)」
と、すげー時代を感じてしまったよ・・・(-_-;)


そんで、今回の粘土も百均品なんですが、
これもいろいろあっておもしろかった。

Aという店では、
大きな粘土の塊を売っていたが、
これだと色は一色だ。

まー、腐人がガキの頃は、
粘土ったら、緑か灰色のもんしかなく、
色をつけたいときは紙粘土。
それは扱いが難しい(すぐ固まる)ので、
何度も使える緑の粘土で形をつくっちゃ、
「いちごー」とかやって遊んでたもんだ。

だったら、白いの買って、
好きな色をつけるかーとも思ったが、
そこまでやるのは、正直、面倒くさい。

どーすっかなーと悩んでいたが、
一回こっきりしか使えないバージョンだったので、
ぐっばいあでゅーとなりました。


次にBという店にいく。

こちらの粘土は、小麦粉品。
おお!これならば、間違って口にいれてもOKやん!
それになにより、10色入りってのがいい!
ただ、1色あたりの量が少ないんだよなぁ・・・。

でも、こちらの粘土は、
1回だけという注意書きはない。
ってことは乾かないようにしてりゃー
繰り返し使えるってことか。

ま、姫の手もまだ小さいし、
こんなもんでいっかーと、
Bの店の粘土にした。

ちなみにこれ、現物をみた血族が、
「いくらだったの?」
ときくので、
「100円」
っつったら、驚愕していた。


いつものおもちゃ箱んとこにおいていたら、
姫がめざとくみつけた。

「かわいい!
 これであそぶー」

粘土さわったことあるのかなぁ?
と思ってたんだが、
どうやら幼児教育の教室で既にやってるらしい。

「ねんどであそぶのはいいことだから
 やりなさいっていってた」

・・・姫、あんたホンマに2歳なんか(~_~;)!?
・・・これ、マジで言いました。
末恐ろしいぜ・・・(;一_一)


姫はピンクの粘土が気にいったよーで、
こねこねしてたので、
腐人もオレンジの粘土を手にとり、
そこに緑の粘土をくっつけて、
「にんじんー!」
とやり、大口をあけて
「いっただっきまーす!」
とやったらば。

にょっと手をのばしてきて、真剣な顔で、
「××(腐人の名前)!食べちゃダメよ!」

・・・本当に食べると思ったのか。
ま、先生からよく言われてるんだろなーと、
思わず苦笑。

だが。
問題はその後に起こった。


腐人と姫が粘土あそびをしてるのをみた血族がやってきて、
姫制作の黒いホットケーキを手にとり、
「ちょうだいねー。あーん」
とやったらば。

姫はなにも言わんのだ・・・。


なんなの!?その違いは!!!

自分の地位がよくわかった瞬間でした・・・(-_-;)。



以下、読書録。

●29日
(479)一般本 『面白くて眠れなくなる物理』 左巻健男
  腐人にとっては、
  タイトルに偽りアリ。

  眠れなくなるどころか、読みながら何度沈没したことか。

  やっぱ、センス・オブ・ワンダーの素養ゼロだと、
  そーゆーもんなんかもなー。

  ほんでも、ものすごくわかりやすく書いてくれてるとは思う。
  ただこういうのって、
  例えば目の前で実験とかしてくれてこそ、おもしろい!
  と思うもんであって、
  字面で追うにはあんまし向いてない気がするんだよなぁ。

  むしろ、マンガ仕立てにしたほうが、
  理系の子育成にいいんではないのかな?

  でもって、大人におもろいと思わせるには、
  今の実生活と近しい事例がないと、
  興味がもてない気がするんだよ。

  地球の北極から南極にむけてボール落とすとか、
  「・・・で?それで、なにがしたいん?」
  って言っちゃいたくなるもん。

  個人的には、その物理知識を駆使し、
  「どうすればどこでもドアができるか」
  その材料と作り方を書いてくれたら、
  たぶん面白くて眠れなくなると思う・・・。

(480)マンガ 『予告犯 1』 筒井哲也
  やってくれる・・・。

  端的にゆーてしまえば、
  ファンタジーに逃げてた部分を除けた『DEATH NOTE』。
  少年誌と青年誌の違いかね。

  でも、これ作者さんへの負担がものすごい話だと思うんだが、
  大丈夫かな?

  なんだかんだゆーても、
  デスノは死神だなんだと逃げられる部分があったけど、
  ここまでリアルだとガチンコだからなぁ。
  作家さんが潰されてしまわないよう、
  編集さんフォローしたげてね。

  ・・・で思い出したが、日本には終身刑ってないぞ。
  
  終身刑ってのは、2種類あって、
  ほぼ社会復帰のない絶対的終身刑(例外は恩赦)と、
  仮釈放の可能性がある相対的終身刑をさす。

  この後者が、日本の無期懲役と
  ほぼ似た様な意味合いをもつが、
  日本の場合、死刑の次は、無期懲役。
  つまり、いつか出られる可能性がある刑罰になる。

  だから、死刑廃止論が出るたびに、
  絶対的終身刑というのを設けないと、
  死刑がなくなったら、
  たとえ人を殺しても、
  いつか出られる無期懲役が最も重い刑になるのは
  おかしくないか?ってな議論がでてくる。  

  ま、この辺は余談だが、
  この話の舞台が現代日本なら、
  ちっとこの辺、修正してねー。

  ってな重箱の隅をつつくよーな話から始まってしまったが、
  腐人はこれ、おもろいと思う。

  正直ね、前半読んだときは、
  吉野班長万歳!だったんだよな。
  腐人も、ファミレスで言えちゃうタイプだしー。
   
  ・・・で、同時に、
  己がやってる常日頃のブログ暴言に
  ちょっと青くもなったり。

  ただ、シンブンシが実体としてでてきたあたりから、
  白とか黒とかそういう話じゃないなぁ・・・
  という気がしてきた。


  ちょっと腐人にとってパンドラなネタもあるので、
  各論は棚上げして、
  総論の話にさせてもらいます。


  腐人自身、法というものに、
  すごく懐疑的だったりするので、
  シンブンシが言いたいことがわからんでもない。

  が、これを是としてしまえば、
  現在の社会システムが崩壊する。

  昔の学生運動のように、
  アラブの春のように、
  現体制をぶっつぶしたいっちゅーならいいけれど、
  たぶん、ネットみて騒いでる人たちには
  そこまでの覚悟はないだろう。

  だって、潰した後どうなってる?
  あの混乱を引き起こしてもいいと?

  
  腐人としてはさ、これって、
  もう社会システムの制度疲弊がひきおこしてる
  歴史になんどもでてきた事象だと思うンだ。

  資本主義ってのが、結局、ネズミ講で、
  シンブンシたちのような存在なくしてありえない。
  これが、紛れもない真実だ。

  でも、それを選んだんだよね、ニンゲンは。
  自分は弱者にならない、と思ってなのか、
  ネズミ講だという真実に気づかなかっただけなのか
  はわからんが。

  その疲弊しきった制度が
  内にある不満の爆発で崩壊するのか、
  それとも、外からの圧力で変革するのか、
  それとも、ただただじわじわと枯れて死んでいくだけなのか、
  それとも、新しい卓抜したシステム導入で一新されるのか、
  はたまた自然の脅威の前に全てが滅するのか、
  この先どうなるかなんて、
  神様しかわからない。

  っつか、
  今生きてるニンゲンが、どうしたいか、な気はするんだよな。

  だって、社会システムって、
  そもそもニンゲンが生み出した妄想だもん。

  その歪みがもう自然修復できかねる領域にまで
  達しただけでしょ。

  と言えば、
  じゃぁあんたならどーすんの!
  って、いわれそうだが、
  そんなもん、このブログを読んでこられてる人は知っている。

  何度もゆーてますが、
  腐人はディストピア大賛成だし。
  そもそもなんでニンゲンは生きるのか、
  ニンゲンは何をしたいのか、ってのがよくわからんし。

  ま、そゆことで、このマンガの行く末と、
  腐人の希望はまず交わらないので、
  結構、客観的立場から、
  ほへーと読めてるから、おもろいんだろなとは思う。

  でも、そうじゃなくて、
  ここにでてくる意見のどれかに、
  過剰反応してしまう人は、
  ちょっと読んでくの、しんどいかもねー。
  描いてる作家さん同様に。


  そゆことで、腐人はこの続きがすごく楽しみなのだが、
  気になるところがないわけではない。

  例えば、シンブンシ結成のきっかけとなった軽作業。

  うーん・・・これってありえるの?
  確かに原油高は原油高だろうが、
  仕事の効率と、経費を算出したらどうなんだろう?

  人がえんやこらやってるよか
  重機つかったほうがよほど進みがはやかろう。
  大型もってる人だと高いとかはあるかもしれんが、
  それこそ腐人なら・・・・(以下、自主規制)。



  軽作業エピソードといえば、
  腎臓話で思い出したのは、中国の事件。
  iPadが欲しくて、自分の腎臓を売った少年がいたが
  その後、かなり容態が悪いというニュースがあった。

  このほか、予告ネタになってる多くは、
  ネットではおなじみの話が多く、
  ああ、あれが元ネタだな、っての、
  腐人は思い当るんだが、
  ネットで話題になるニュースと、
  一般報道で話題になるニュースって違うんだよな。

  ネットで話題のニュースをしってる層と、
  テレビや新聞などマスコミ報道をしってる層、
  いったい、そのどちらが世のマジョリティなのか。
 
  社会システムの変革は、
  マジョリティが煽動で動いてこそ起こる気がするんだよなー。

  ま、なにはともあれ、
  腐人は続きがよみたいです。
  が、この内容だと圧力かからんとも限らんなぁ・・・(^_^;)
[ 2012/05/30 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。