腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > あかんやろ!
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あかんやろ!

●忘れてんなよ!

 腐人としたことが・・・!
 昨日の『鬼灯の冷徹』コメントに、
 チビ鬼灯へ言及しわすれている・・・

 な、なんてこと!!
 これでショタを名乗るなんて!

 ・・・でも、しゅんにゃんとちがって
 手放しでかわいいとは言いがたい・・・(;一_一)
 なんか愛らしさより、
 小憎らしさっちゅーか、小生意気さが勝ってんだよなぁ・・・。

 あ、あと対子供リーサルウエポン。

 注射筒のフランジ(人差し指と中指をひっかけるとこ)、
 ヘンですよー。
 あれだと、プランジャーが押せません。


●その判決、おかしいだろう!

 金曜日の朝のワイドショーでは、
 アメリカの三面記事紹介のコーナーがある。

 腐人はこれがとっても楽しみなのだが、
 事情があって
 いつも半分ぐらいしかみられない。

 なので、今日も前半だけしかみてないのだが、
 ちょっと「はぁ!?」と思ったので、ご紹介。

 腐人、ちょっと怒ってます。
 ・・・っていつものことか。


 2010年。
 アメリカで一人の10代の少年が
 橋から飛び下りて自殺した。

 その理由はネットいじめ。
 
 少年はゲイだったのだが、
 家族にもカミングアウトしていない
 クローゼットだったという。

 そんな内気な少年が
 彼氏との行為映像をウェブサイトに流され、
 絶望して、橋から身を投げた。
 

 と、ここまできいて、
 彼氏と思ってたのが、ろくでなしだったのか?
 と思った腐人。

 しかし、真相は違い、
 ネットでさらしものにした犯人は、
 なんとルームメイトだった。

 ルームメイトは、
 少年がゲイであることを知っていた。

 それって、たぶん少年がそのルームメイトに対し、
 心を開いてたってことだと思うンだよな・・・(/_;)
 家族にも言ってなかったってことは、なおさら。
 なのに、ひどすぎる!!


 どういう下劣な行為をしたかっちゅーと、
 ある日、この日のこの時間、
 人がくるから部屋にいないで欲しい
 と少年が頼んできたので、
 ルームメイトは快諾した。

 でも、その裏で、そのルームメイトは
 少年の部屋にある少年のPCに、隠しカメラをしこんで、
 最中の映像を、ネットに垂れ流したという。

 ルームメイトがそのとき書いたツイッターからは
 悪意のある嘲笑やからかい、
 そういったものが伺えた。

 少年は、それを流したのがルームメイトだと知り、
 自殺を選ぶ。

 ひどいと思いません?


 その後、ルームメイトは
 プライバシー侵害ほか15の容疑で逮捕されたが、
 裁判の過程でも、
 まったく謝罪をせず、
 悪いことをしたと思ってない態度で終始。
 司法取引すら拒んだという。

 で、結果、裁判員裁判で有罪がくだり、
 最長で10年の刑の可能性がでてきた。

 アメリカの場合、量刑は裁判官が決める。

 そして、下された判決は、
 禁固30日。

 は?
 と思ったのは腐人だけ?
 裁判官は、「反省の姿勢がみられなくて残念だ」
 とかゆーてんのに、30日?
 おかしいやろ!それ!!

 もし、腐人が裁判官だったら。
 禁固刑なんて、くだしません。

 某城に頼んでレイプ犬を複数派遣してもらい、
 ケツのシワまで映す輪●映像を作成し、
 ウェブで流す。


 もちろんダウンロードは
 無料でどんどんやってちょーだいだし、
 その本人のフェイス●ック自己紹介ページの動画として
 一生外せないようにロックかけて公開させる。
 
 目には目を、歯には歯を、
 絶望には絶望を、だ。

 ま、その結果、新しい世界の扉がひらいたとしたら
 ご愛嬌。

 その場合は、なにか別の
 死にたくなるような絶望を味わわせるための刑罰を
 鬼灯くんと相談の上、編み出しましょう。

 
 ま、そういうたわごとはおいといてもね。

 ネットに一度でも映像を流されれば、
 少年の死後も永遠に、好奇の視線にさらされつづけ
 少年の尊厳を傷つけ続ける。

 自分がどんなにひどいことをしたのかは、
 同じ目にあわせない限り、
 わかんねーと思うよ、こういうヤツには。

 
 現実には、
 こういう判決にはならんかったよーなんで、
 ぜひ、檻の中で、30日間、みっちりと
 先住の皆様から熱烈大歓ゲイをうけて、
 出所するときには、
 人工肛門が必要になるくらいになって欲しいもんだ


 それにしても。
 その裁判官が、なぜこんな量刑にしたのか、
 そこに自身の差別意識がなかったのか、
 きいてみたい。


以下、読書録。

まず放置物件から。

(465)一般本 『仕事をしたつもり』 海老原嗣生
  腐人の感想は、あと回しにして、
  どーゆーことをおっしゃってるか、
  腐人解釈でまとめると、こんな感じ。
  かなり、自分用アーカイブ。


  多くの人は、
    ①量の神話
    ②ハコモノ志向
    ③本末転倒
    ④横並び意識
    ⑤過剰サービス


  この5項にまどわされて、
  本当に仕事をしているのではなく、
  仕事をしたつもりになっている。

  それぞれをざっくり言えばこんな感じ。

  ①量の神話

  大量の資料を作って客に渡す。
  そして、それを延々よみ続ける。

  見た目は仕事をしたとみえるが、
  客の頭には何も残らない。

  そうではなく、1枚型プレゼンを心がけよ。

  ただし、ここで起承転結をつくるのは×。
  自分が言いたいこと、相手が知りたいと思うこと
  つまり、「=結論」をべた打ちする。

  それをみて、「これ、どーゆーこと?」と
  疑問を抱いてつっこんできたら
  そのときにはすぐに答えられるように
  元資料は大量に「持って」いく。

  人の話のメモをとることに夢中で、考えることをしない、
  旅館の朝ごはんが食べきれないほど出てくる、
  これらも同じ話。

  ★本当に大切なことは何か、を考えろ

  ・考えることから逃げ(質を考えずに)
  ・安易に走り(量だけにこだわり)
  ・でも、傍目にはその行為が賞賛される
  これが「量の神話」という間違った考えである。


  ②ハコモノ志向
  数をこなす、場をつくることだけに力を注ぎ、
  キモを抑えることを忘れている

  ・そこに入れる中身を考えずに
  ・形だけ、外側を作ることにだけこだわり
  ・でも、ちゃんとがんばっているぞと周囲に誇示できる
  これが「ハコモノ志向」という間違った考えである。

  この究極は、ビジネスモデル狂。
  モデルを作ることばかり考えて、
  中になにをいれるか考えてない。


  ③本末転倒

  目的と手段のはきちがえ。

  ダメな例)
  「俺の仕事はお偉いさんと飲むことだ」
  「とにかくなんでもいいから客に会いにいけ」
  「近くに来たので寄らせていただきました」

  ★何のために、なにをすべきか、を考える。
    目的→成果→手段の流れで作る。

  ④横並び意識

  みんながやるから、でやることには意味がない。
  その効用や意味を考えてやるべし。

  そうやって筋道をたてて考えれば
  それのやめどきもわかる。

  「なぜ成功したのかを考えない思考停止状態」が
  「横並び意識」をうみだす

  「なぜ成功したのか」
   →「成果につながるか否か」
    →「それをやめるべきか否か」
  この流れを考え続ける。
 
  末期症状になると、こんなことを言う。
   「俺にもよくわからんのだが、上の人が決めたことだから」
   「理屈はいいからとにかく行動しろ」
   「もうずいぶん前から、そうするのがあたりまえなんだ」
  これ言い出すと、思考停止になってると思え。

  横並びは、強きから弱きに流れているという証。
  強きが持つ権威によって、
  思考停止に、より一掃の拍車がかかる。
  
  だから、弱きの言葉が採用される
  ボトムアップ組織のほうが健全である。

  
  ⑤過剰サービス

  商売も仕事も等価交換である。

  よって、カスタマーハラスメント=度を超えた要求
  に対しては、
  他のハラスメントと同様に、断固とした態度をとるべき。

  こびたり、過剰サービスをすることで、
  「仕事をしたつもり」になってはいけない。


  で。
  この仕事をしたつもりをやめるためには
  「考える」
  「保身をやめる」
  「チャレンジ精神を持つ」
  というのが大事。


  ●仕事をしたつもりになる4つのプロセス

  1)そのプランは、はじめから頭ごなしに
    そんなのは無駄といえないような
    何かしらの説得力をもっている

    回避するには・・・
    →表面的な合理性にだまされるな。疑え

  2)過去の成功事例やマーケティング数字によって
    右へ倣えという人が増え、反対意見を言う人がへる

    回避するには・・・
    →なぜ?をしつこく繰り返せ

  3)何かしらの権威付けがおきると、
    加速度的に広まり大きくなる

    回避するには・・・
    →思考停止になるな

  4)「仕事をしたつもり」の流れが完成すると、
   それは本人にとって甘い蜜になる(=考えない→楽)ので、
   誰も無駄と指摘できなくなり、組織に定着してしまう。

   人は易きに流れる。
   仕事をしたつもりでダラダラやるのではなく、
   本当に仕事をして、とっとと片付け、
   空いた時間を、「考える」ことに費やすべし。 

  ●風姿花伝の奥儀伝

  上手は下衆に受けず、
  下手は上客に飽きられる様を示し、
  本当の芸達者は「衆人愛敬」
  下衆を笑わせながら、上客に心を伝えるべき

  また、芸を演じる人は、
  「関心演目」自己こそ最高の観客とすべし。

  ※この「風姿花伝の奥儀伝」部分は、
   『仕事をしたつもり』より引用させていただきましたが、
   後に、『風姿花伝』の「奥儀伝」にこういう文章はないのでは?
   とのご指摘をいただきました。

   『風姿花伝』の「奥儀伝」原本を確認したところ、
   確かにここに書かれたとおりの表現は
   ありませんでした。
   
   ただ、この本にはこう表記されていましたので、
   そのままとさせていただきます。



  腐人の感想はというと。
  
  アホみたいな「つもり仕事」、
  これ、働く人たちがやってる仕事の
  大半を占めてるのが現実じゃないか?

  報告書、稟議書、なんだのかんだの。
  なんかあったときのためにと、
  書類を作ることが仕事になってるって、
  よくある風景でしょう。

  で、作らなきゃ、それが発覚したとき
  バカみたいに騒ぎ立てる。  
  これも、よくみかける風景だ。

  でも、もし、この本の薦めにしたがい、
  この「つもり仕事」たちをガンガン削減してったら?

  恐らく、多くの人の仕事がなくなると思うよ。

  だって、「つもり仕事」削ってったら、
  正直、こんなに働く人間いらんもん。

  矛盾しとるように見えますが、
  無駄仕事があるから、
  今これだけの働く人の口を養えてる。

  なぜなら、これ、究極につきつめれば、
  消費者(ボトム)からいるものを
  書き出してもらって(アップ)、
  必要数だけ生産してきゃいいってことになるからだ。

  ま、これはニンゲンの本質と相容れないから、
  まず実現はしない(しても長続きしない)だろうが、
  人の社会には、
  ある程度の無駄というか遊びがいるんじゃないかな。
  潤滑剤ってんじゃないが。

  その無駄で、金がまわってるってこともあるだろう。
  
  あ、本人の徒労はしらんよ?
  そんなもん、イヤやと思えば、
  どないしたらええか考えるやろ。
  そこでなーも考えんとただ流されて、
  しんどいしんどいゆーてるだけのアホタレまで
  面倒みきれんわ、と腐人は思ってる。

  ただ、だ。
  この無駄とか無能とかが平気で存在しても
  許されてる現状が、この先どうなるかはわからない。
  
  なぜなら、人間の数というのは、
  使えるエネルギーの大きさに比例するから。

  これまでは余剰エネルギーがあった。

  しかし、このまま原発を止め、
  その代替になるものがみつからないまま
  先がみえてる化石エネルギーにだけ頼る日々を続けてくと
  使えるエネルギーはどんどん小さくなる。

  そうすると、自然とニンゲンは淘汰されざるをえなくなる。


  そんときに、この「つもり仕事」を「アホ仕事」と認識して
  確信犯で、その辺を手抜きし、
  「考える」ことや「チャレンジする」ことに力を注いできてないと
  恐らく生き残れないだろう。
  
  ま、腐人みたいに、
  生き残る気がなきゃいいんですがねー。

●24日
(466)BL/シャレード 『孤高のラブリー ~もふもふするがいい~』 真崎ひかる
  いいなぁ、このアホっぷり。
  あ、ゆーときますが、これ、褒めてるんですよ?

  でも、どっちかっちゅーと、
  「モフモフするがいい」ってゆーより、
  「モフモフして?」って感じじゃないか?

  全然、ツンじゃないんだもん。
  どっちかっちゅーと聖獣の雛・・・
  シッポかかえて、小首かしげて、
  「一緒に寝ていい?」
  っちゅー感じじゃないか?

  うーん・・・個人的には、
  実は長兄か父ちゃんかに溺愛されてて
  (見られないように閉じ込められてた)、
  脱走されて血相変えた兄ちゃんor父ちゃんが、
  捕獲しに、やってくるってのが読みたい。

  で、脱走してから82日目に、
  江戸川の橋んとこで捕まるんだよな。
  ・・・ってそりゃペンギンだっての!
     ↑
    わかる人だけわかってください。
    それにしてもしゃべれるもんなら、
    脱走ペンちゃんにインタビューしたい!

  ま、それはともかく。

  腐人はこのシリーズ、好きなんです。
  たまに無性にこういうの、読みたくなる。

  そんで一つ疑問があるんですが。

  もし最中に全部変わっちゃったら、
  中折れすんですかね?
  むしろ萌え??
[ 2012/05/25 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。