腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 『「反原発」の不都合な真実』と電気代の話
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『「反原発」の不都合な真実』と電気代の話

テレビをつけると、
東電の家庭用電気代の値上げの話をやっていた。

町ゆく人の声や、番組の方向、コメンテーターの話など、
総括すれば、
「資産売却しろ!賃金カットをしろ!値上げはそれからだ!」
ってとこだろう。


そして、あれは金曜日の夜中だったと思うが、
N●Kで、東電のお客様センターの副部長さんだったかな?の
執行役員さんがでていて、
今回の値上げの件などの質疑に答えていた。

要は、今回の値上げは、
原発をとめたことによる燃料費の増大が最も大きい、
そして、お客さんのお怒りは、
ひとえに説明が足りていないためで、申し訳ない
ってなことを、おっしゃってたんだが、
これぞクレーム対策の鏡!というべき答え方でね。

相手の目から視線を外さず、
相手の発言には大きなうなづきを繰り返す。
そして、話すときは、ゆっくりと、しずかな口調で。

こういうのやられるとね、
売り言葉に買い言葉的会話ができなくなるわけ。

あれって、
スマッシュに対し、スマッシュで返すからこそ
成り立つんであって
スマッシュに対して、ドロップショットを打たれてるよーな感じ。
のれんに腕押し、ぬかに釘。

なので、インタビュアーの歯切れが悪くってね、
質疑がかみあわず、中身はないっちゅー応答に終始。

正直なところ、肩すかしというか、
インタビュアーの力量のなさが暴露され、
東電の強かさが垣間見えた。

腐人は、
ある意味、東電の作戦勝ちだなぁ・・・
と思いながらみてたんだが、
一緒にみていた血族が一言。
「巧言令色 少なし仁」

その方に、仁が少ないんだかどーだかはわかりませんが、
腐人としては、せっかくの機会なのに、
もったいないことしてんなぁ・・・
ってのが、率直な感想だ。

ここでしっかり、
原発発電分を火力にしたら、
それだけで、1年間に最低4兆円もの金がかかり、
原発やめたら、それがずーっと発生し続け
40年後、化石燃料が枯渇したら、電気をつくれなくなる
って、はっきりゆってやりゃーいいのに。

って、腐人がまるで東電の味方のよーだが、
そんなこたぁございません。
かばう気なんざ、毛頭ない。

が、テレビやら出版物やらをみるに、
なんか、この話って、もう感情論になってねぇか?
問題はそこじゃないだろう!
っちゅー気がしてならんのです。

そう・・・
さながら、泥沼化した離婚調停のよう・・・。


っちゅーのを踏まえました上でですな、
『「反原発」の不都合な真実』に書かれたものを絡めながら、
腐人の意見を述べたいと思います。
※本のタイトルが長いんで、
 以下、『反原発』に略させてもらいます。


・・・っても、いろいろありすぎて、
どこから手をつけたらいいのやら・・・。


まずは、東電の説明が悪いという話。

これはもう腐人がわざわざゆーまでもなく、
3.11以降、日本人の常識になっちゃってるような気がする。

が。
これ、ものごっつい問題なんですよ、東電さん。
なんで外部から専門家を招いて改善しようとせんのだ(~_~)?
腐人はそれが不思議でならん・・・。

・・・と思っていたら、
どうやら経営陣が刷新し、
外部から人が入るらしい。
これで改善されたらいいが・・・。

もともとね、東電のお客様対応の悪さ、
広報のなってなさには定評があったのだ。

同じエネルギー事業として、ガスがあるが、
ガス会社の対応と、電力会社の対応は、
雲泥の差があるという。

これは、
ガスには競合がいるが、電力は独占だからという
ただそれだけの違いなんだが、
その結果、
前者は、お客様に真摯にむきあい、きちんと説明してくれるが、
(さもなくば、客はライバル企業にいってしまう)
後者は、客をないがしろにし、
煙に巻くよーなおざなり説明しかしない役所みたいなとこになる
(他にいきたくても行けないからタカビーが通るのだ)。

たった、これだけの違いで
こんだけの亀裂を生むのだから、
お客様対応や広報といったものが、
どれだけ大切なのかよくわかるし、
企業風土によって、
どんだけ人間が違ってくるかもよくわかる。

・・・のが普通だと思うが、
どうも東電は未だによくわかってないらしい・・・。


腐人としてはね、
東電がちゃんとわかりやすく説明しさえすれば、

家庭用電気代のUPと資産売却は、
関係しない話であり、
原発を稼動させない限り、
これからどんどん電気代はあがり、死者が増える

ってことが伝わるはずだと思うんですが。

ちなみにここで言ってる「死者」って、
熱中症とかの話じゃなく、
その電力を生み出すために死んでいく人の数ね。

ま、この辺りは、
腐人も『反原発』で知ったんだけどさ。
のちほど・・・詳細についてやります。


それから、
「家庭用電気代のUPと資産売却は、関係しない話」
ってのは、
会計のこと考えたら、恐らくそういうこったろうっちゅー
腐人の推測で、詳細は以下に述べます。

が、専門じゃないんで、誰か検証してくんねかなー・・・。


ま、それはさておき。
人ってのは感情で生きる動物だ。

だから直接関係しようがしまいが、
資産売却はさっさとすすめるべきだ。

政府の増税案だって、似たような話でね。
カットしたところで金額としては焼け石に水。
借金の額からすりゃー、意味がない小さな数字だ。

そんでも、それを先にしてるかどうかで、
相手に対するアピールが違う。

結果、その後の仕事の進み方が違ってくるのに、
なんでそれを惜しむんだかなぁ・・・。
絶対、やり方、間違ってるぞ。

ただ、これ身内でやっとりゃ、
どんなアホでも身内可愛いやで、
なかなか前には進まない。

だからこそ、腐人は、その点において、
第三者をいれたほうがとっとと物事がすすむので、
日本航空(JAL)の国有化同様、とっとと国有化しろー!
と思ってる。
ちなみに政府はIMF進駐軍いれちまえと思ってる。

ってのもね、その後の仕事の進捗もなんだが、
これをやんないと、
一番のキモ、
OB連中の年金削減に手をつけらんないからだ。

ゆーちゃぁなんだが、もろてるぞ。
元東電も、元国会議員も、元公務員も。
おいしいとこどり世代だよ。


で、この電気代と資産売却が直接関係しないって話に戻りますが。

これね、大きな数字の話です。
固定資産税だとか、維持管理費としての各種経費は、
こっそり電気代経費に計上されてるのもあると思う。
でも、そんなのは兆単位の話をする上では、
小さな数字なので、ここではスルーしてください。

っても、売却したら、こういったランニングコストがかからなくなる
ってのは事実だから、
売却せずに遊ばせておくよりは、
とっとと金に変えたほうがいいのは確かだよなー。

ただ、かなりいいもの(=高いもの)を持ってるから、
高額になるのは確実で
この不況下で買い手がいるのかな~(~_~)?
っちゅー疑問はあるが。

いかん、また話がずれてきてるな。
電気代と資産売却の話だ。

仮にね、
東電が資産としてもってる土地建物をうっぱらったとする。

そこで100億入ったからといって、
電気代が安くなるわけじゃない。

帳簿上でいうと、
資産である「建物 100億」 が、
同じく資産科目の「現金 100億」になるだけだ。

そうなったもんが何に使われるかっちゅーと、
恐らく、福島の賠償金だろう。
賠償の物納はできんからねぇ。
もしくは、原発を停止するためにかかってる臨時費用の支払い。

まー、腐人もNH●の番組で、フリップを一瞬みただけだから、
そこにあった「人件費」に、
今、原発作業に借り出されてる人々の費用まで
入ってるんだかどうだかはわからない。

ただ、恐らくは、それは別で計上されているかと思う。

こういうのって、
資産をとりくずしてあてるのが普通だから。

一般家庭で考えたら、わかるっしょ?

月給ってのは、電気代に該当し、
毎月の生活費が、その算出基準になる通常支出といえばいいのか。

でもって、子供が病気で入院した場合の費用とかは、
貯金や保険をとりくずしてやるでしょ?

そゆことだ。


なら、なんでこんなに電気代があがんねや!
ってな話になるが。

これはひとえに、原発をとめてるから、だ。


ってことで、
続いて『反原発』の話をさせてもらうが、
その前に、原発関係本についてちょっと言いたい。

腐人は、何かに気にあることがあるときは、
できるだけ自分の思考をゼロベースにして、
賛否両論を読むように心がけている。

その上で、自分の旗色を決めるのだが、
自分の旗色が決まった上で読む場合、
正直、思考がゼロベースにならんので、
賛否ともども読むのが苦しい。

脳の「統一・一貫性」本能により、
自分と反対の意見が頭に入らないってのは、
ご自身の経験と照らし合わせてみたら、
お心当たりがあったりするかと思いますが、
自分と同じ意見を読むのも、
知ってることの繰り返しになって、
結構しんどく、飽きてくるのだ。


この原発問題について、腐人は、
原発事故直後からゆーてますが、
原発賛成派だったりする。

だって、
エネルギー資源がない日本で、
今のと同じ水準の生活をつづけてくには、電力が不可欠で、
それを効率よく生み出すためには、
今のエネルギー生産技術の中で考えると、
原発が絶対に必要だからである。



だから、山ほど原発本はでてますが、
賛否両論、数冊読んだところで、
腐人は白旗をあげた。

だって・・・ホント、離婚調停みたいな感じなんだもん・・・。

ただただ「なにがなんでもアナタ(原発)がいやなの!」っちゅーのと、
データを並べたて「ボク(原発)は、ちゃんと勤めを果たしてる」っちゅーのの
言い争いなわけよ。

はっきりいって、
泥沼離婚調停と同じで、
反原発・脱原発の人と、原発賛成の人は、
永遠に交わらないし、
妥協点なんぞみつからねぇ!
と腐人は確信している。

だから、双方の書物を読みあうのは
日本語しか読めない人に、
ラテン語の本を渡すようなもんだと思うんで
無駄かなぁ・・・とは思うものの。

この『反原発』はさ、
最後の最後まで感情に走らず、
理論とデータでこれでもか!
と隙なく埋めてくるので、
いっぺん、
「反原発・脱原発と思ってるけど自分は冷静だ」
と思ってる方に読んでみてもらいたい、
そして、どう思ったかをきいてみたいと思う。

腐人自身は、原発賛成だから、
漠然とそうじゃないかなとおもってたことの裏付けがとれ、
目からウロコがボロボロしたが、
反原発の人が読んだらどう思うのか、
とても知りたいのだ。

ってことで。
『反原発』に何が書いてあったかだが、
ちょっと疲れてきたので、
この続きはまたにさせてもらいます・・・。


せっかくなんで、最後に一つ宿題だしてみましょうか。

よく原発反対の人が言う、

1)原発は危険だ。事故が起こると多くの死者を出す。

2)原発なんてダメ、自然エネルギーこそが次世代を担う。

3)廃棄物の問題は原発だけである。


これについて、どう思います?

その答えを次回、書くことにいたします・・・。
今宵はこの辺で・・・


以下、読書録。

●12日
(436)BL/キャラ 『好きで子供なわけじゃない』 菱沢九月
  雨が降るとですね、
  腐人はこれが読みたくなる。

  ってのも、ここに5歳のひろくんが、
  大好きなけんちゃんから誕生日にもらった水玉模様の傘を
  早くつかいたくって、
  「はやくあめがふらないかなー」
  ってやってるシーンがあるんだが、
  それが超お気に入りなんです・・・。

  っても、その後がその後なんだけど、
  愛されてる子供ってさ、
  みてるだけで癒されるもんなんですよ。
  うん。  

(437)マンガ 『ライアー×ライアー 3』 金田一蓮十郎
  あーあーあー・・・
  このドツボからどーやって脱却するんだろ。
  どんどんドツボってる気がせんでもないんだが・・・。

  これ、間違いなく根っこは繋がってるのにねぇ。
  なのに、どんどこ歯車がずれてってる。

  ま、だからおもろいんだよなー、これ。
  どう収拾がつくのか、楽しみじゃ。
  っても、さらに悪化で、4巻に続くとなっちょるが・・・。

●13日
(438)マンガ 『女王の花 5』 和泉かねよし
  ようやく入手の5巻。
  
  お気に入りは、どうやら青逸らしい。
  そう、腐人は最後の最後まで
  生き残りそうなキャラが好きなのよ!
  ついでにゆーと、
  あののらりくらりの生き方も好みだわぁ。

  青徹は、何回死にそうになったら
  気が済むんでしょうねぇ。
  てめぇの命も、
  一番利回りよく使うのが商人ってもんだろうが!
  無駄死にしてんじゃねぇよ、このアホタレめ。
  
  ってこと考えると、この人、根っこは軍人なのかー。

  王様はちっと本性がでてきたが、
  おいおい、王様のくせに女にやられてどーする。
  この甲斐性なしめ!

  亜姫ちゃん、もうこんな役立たずたちほっといて、
  自力で道をひらきなよ。
  あんたなら、できるから!

  あーなんかこの女の子がんばるの図、
  須賀しのぶさん思いだすなぁ・・・。

(439、440)マンガ 『ここが愛のまん中 1』 『〃 2』 宮川匡代
  へ?
  宮川さんって、
  てっきり集英社専属かと思ってた。
  腐人はマーガレット時代しか知らないもんで。


  元気にいただきます、はそんないかんことかね?
  だからこそ、
  このプログラム受けようとしたわけじゃねぇの(~_~)?

  あれでクソガキってのは、よくわかんねぇなぁ。
  だって、もっとひどいクソはいっぱいいるもん。
  食い散らかすだけとかさ。

  腐人だったら、「鼻につく」ぐらいだな。
  ガキのくせに、世の中わかったよーな顔してんじゃねぇよ!
  ってとこぐらい?

  でもってさらに言えば。

  感謝して余さず食えってのも、気にいらない。

  サバンナをみてみなよ。
  ライオンの食い残しを、ハイエナが食い、
  その食い残しを、虫達が食う。
  そして、土に還る。
  それが一番自然な姿じゃないの?

  だから、無駄になるほどの量を作るのは
  ただのバカだと思うが、
  別に全部を人間が食さなくてもいいと思うンだけどねぇ。

  余った物は、小動物の餌にしたり、
  土に還せば、循環するんじゃないの?

  でもってもっと言えば、人間の肉だって、
  他の動物や虫に食わせるのが、
  一番自然な食物連鎖なんだろなー。

  っても、こんだけ人口増えてそんなことしたら、
  3歩あるけば死体にあたるってな状況になるだろうが。

  地表では骨になるまで1年かかるらしいからね。

  ってことで。
  『雨無村役場産業課兼観光係』を期待して読んだが、
  うーん?なので、3巻は読むかどーかわかりません。
  巧いのは巧いんですけどね。

(440)マンガ 『パパとママはじめました。 1』 市川ショウ

  腐人釣りの餌は、幼児と動物。

  ってことで、
  パクッと食いついてしまったんだが・・・(-_-;)

  一番おもろかったのは、息子さんの小話。

  本編は、幼児のシーンはリアルなんだが、
  状況として突っ込みまくりたくってしょーがねぇ!

  ありえねぇだろ!この設定!!

  もうちょっと(子育てんとこじゃないとこの)現実とリンクさせてください。
  じゃないと、社会をしってる大人は読めません・・・。

  あ、元からその層、読者想定外なのか。

  なら、すんません。
  手を出した腐人が悪いんです・・・。
[ 2012/05/14 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。