腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 姫の格付け
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姫の格付け

水面下で続いている、
腐人とgooglebotとの戦い。

が、連戦連敗中・・・(T_T)
ネットで捜したメタ呪文が全く効かない。

まーどのサイトみても、
これで完璧阻止はできません
とあるしなぁ・・・。

他のなんちゃら、いろいろと
複合的に組み合わせて使用すべし・・・とかもあるが、
無理(>_<)!
そんな技術、腐人にはない!!
そんな根性もない・・・。

日に数回ぐらいならまだいいんだが、
何十回ときやがるからむかつくんだよー!!!
ヒマなのか、ロボットくん・・・。

もっと世のためになる、
有意義なサイトをめぐってくれたまへよ。
頼むから!


放置読書録をやろっかなーと思ってたんだが、
今日は仕事をまくらねばならぬことを思い出し、
また先送りー。



でも、これで終わるとつまらんので、
お茶濁しの定番、姫のお話。


姫にとって、「おねえちゃん」というのは、
このような定義であるらしい。

●かっこいい

●ママから注意されたり、怒られたりしない

●キライのものも食べちゃったりする

●いついかなるときも、
パンツをはいて、オムツは使用しない


要は、自分より格上な人、であるらしい。

でもって、反対に、
自分より格下はというと。

●かわいい

●姫が知ってることを教えてあげる存在

●キライなものを残したりする悪い子

●オムツをはいている



そんな姫に、
★★(血族の名前)と××(腐人の名前)についてたずねると、
こんな答えが返ってくる。

「★★ちゃんはね、
 おねえちゃんだからパンツなの。
 ××はね、オムツなの」

・・・名前の呼び名からして、
血族にはちゃんをつけるくせに、
腐人は呼びすて・・・(~_~;)


でもって、公園に遊びにいこうと、
腐人とエレベーターの前にやってくると、

「××、この中では、
 跳んだり走ったりしちゃいけないのよ。
 ちゃんと張り紙してあるの。
 わかった?」


・・・そうやってママに言われてるのね・・・
っつか、それを姫から注意されるのか、腐人は・・・


いや、前からうすうす、
格下にみられとるなとは思とったんだが!
なんじゃ!その線引きはー!!!

★★と腐人との間にどんだけ違いがある!?

・・・ま、確かに大人気ないふるまいは、
腐人のが多いのは事実だが・・・。

でも、こないだトイレの後、
「パンツはかないのー!」
と脱走したのを捕まえて、
無理矢理はかせたのは、
腐人、悪くないとおもうぞ!

ああ、聖獣の雛とかぶるわぁ・・・。


ま、そんな格付けをしている姫だが、
先日、ちょっと衝撃があった。

姫が遊びにきてるところに、
王子も遊びにきたときのこと。

王子は、年上のいとこがいるので、
大きい女性は、おねえちゃん、
大きい男性は、おにいちゃん、
という一般的呼び名を知っている。

だから、腐人をみて
「おねえちゃん」
と言った。

すると、その呼び名をきいた姫が、
すっごく変な顔(~_~)をした。

言葉にはしなかったが、

「王子!なにいってるの!?
 それは××という動物よ!
 『おねえちゃん』なんて高尚なもんじゃないわ!」

と全身でゆーていた。


だもんで、その後、ご飯をたべてるときに、
姫が、これまでのトレーニング用のミ●ーのお箸ではなく、
アンパン●ンのお箸を使ってたので、
「いいねー、かしてー」
と腐人がゆったら、

「もうちょっとおねえちゃんになったらね」


と言った・・・。

喜寿か傘寿になったら
貸してくれるんでしょーかねー。


以下、読書録。

●1日
(411)一般本 『天使たちの課外活動2 ライジャの靴下』 茅田砂胡
  作家さんの中には、
  「この人、この作品で一生食ってけるよなー・・・」
  というものを持っている人がいる。

  鳥山明さんの『ドラゴンボール』然り。
  田中芳樹さんの『銀河英雄伝説』然り。
  細川智栄子さんの『王家の紋章』然り。
  小野不由美さんの『十二国記』然り。

  茅田さんのこのシリーズもそうだよなぁ・・・。
  『デルフィニア』と『スカ・ウィザ』ネタってだけで、
  読者の食いつきが違うもんなぁ。

  とはいえ、こういう小話ばっかに
  ちょっと飽きてきたのも事実。
  数冊つづくよーな、大河ロマンが読みたいよぉ!

  基本的に、茅田さんは
  伏線をしっかり拾う構成されるので、
  話がでかくなると、
  そんだけ広げた風呂敷を畳むのが
  大変なんだろうとは思うんですけどねー。
  
  でもちょっと、そろそろ大きな話が読みたいです。

  できれば女王とキングメインで。
  ・・・この夫婦、キングと女王じゃないんだよな、
  なんか本能的に、
  女王とキングっちゅー並びになるんだけど、
  だからってケリーの男の格が下
  ってわけじゃないんだよなぁ・・・。
 
  その懐の深さを、腐人も見習って、
  姫に格下扱いされても、
  でかい度量でうけとめようか。

  例え、文字通りの踏み台にされていても・・・(T_T)
[ 2012/05/02 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。