腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 立ち読み雑感 15
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

立ち読み雑感 15

今日は、オステの日。

先生:「どうですか?」
腐人:「悪い形に固まってます」

いつものようにいつものごとく曲がってますねぇってことで
治してもらっていたのだが、
そのうち右足をやられたときは、
「ぐぉぉぉぉっっ・・・ギブ!ギブ!!!」
と言いたくなるほど痛かったのに、
左足だと全く痛くなかったので、
「これは右のが悪いということ?」
と訊くと。

「違います。
 その逆です。
 左に偏りすぎて、こっち側、
 循環が悪くなるほどガッチガチになり、
 鈍くなってるだけです。
 ほぐれて、循環よくなったら痛くなりますよ」
と言われてほどなく、
「ギ、ギブ!ギブーッ!!あんぎゃーっ(>_<)」

※ゆっときますが、これは腐人の例であって、
 オステオパシー全般がこういうもんだというもんではありません。
 オステオパシー自体は、
 むしろ、いろんな療法の中で、
 一番身体に負担がないほうかと思います。

 だって、他の患者さんで腐人みたいなの
 見たことないもん・・・。


治療も終わりに近づいた頃、
そういえばと思ったことを訊いてみた。

腐人:「こないだちびっこに指摘されて気付いたんですが、
    どうも、頬杖つくのが
    クセになってるみたいなんですよね。
    あれ、よくないですよね?」

先生:「よくないです。
    頭を支えてもらうってので、
    楽にみえますが、変な姿勢になるので、
    骨格や筋にものすごい負担がかかるんですよ」

腐人:「あーやっぱり・・・。
     その子、2歳なんですけどねーははは」

先生:「普通、立場、逆ですよね、ははははは」

・・・・・・言われんでもわかっとるわーっ!!


ってことで、オステにもれなく着いてくる、
立ち読み雑感へレッツラGo!


●いときち 『オレん家のフロ事情 1』
 お試し小冊子だが、
 これまたけったいなもんが出てきたなぁ・・・
 という印象。

 このなんともいえない不条理感って、
 腐人、実はあんまし得意じゃない。
 「で?」って言いたくなるんだもん・・・(;一_一)。

 でも、なんだろなー、
 人魚のくせに男とか、
 なのに男子高校生ん家に拾われたとか、
 ずーっとフロというシュチュエーションとかで、
 腐心をそそるものを感じる。

 買うまではいかないが、
 もしレンタルであったら読むかもな。


●二ノ宮知子 『87CLOCKERS 1』
 お試し小冊子だったのだが、
 はっきりいって、全くわからん。

 なんのマンガだ??
 と思わせて、1巻を買わせるって狙いなんだろうが、
 正直なところ、
 「わけわかんねーから、もういいや」。

 そらね、二ノ宮さんですからね、
 話の運びは巧いわけですよ。

 何についてのマンガなのかはわからずとも、
 ネームの緩急で、
 ちゃんと読者を掴む手法ができている。
 
 が、なー・・・・・・・・・・
 昔はともかく、今の二ノ宮さんは、
 腐人にとって、新作でた?なら買うわ!
 っちゅーほどのもんがない。

 ネタが何かがわかればまだしも、
 これだとなぁ・・・。

 ってことで、オチたら一気読みする・・・かも?だ。
 間違いなくレンタルに並ぶだろうしね。
    ↑
   ・・・って、1巻で見切るなよ、腐人・・・


●松島直子 『すみれファンファーレ 1』
 これも、お試し小冊子だが、
 これは例え1冊見本だったとしても、
 立ち読みで読めないだろな。
 たぶん、大泣きしそうな気がする・・・。

 はっきりいって、絵は上手くない。
 なんか最近、こういうの多いよなー・・・。
 マンガって絵、そのものの
 上手下手じゃないんだよな・・・。

 それにしても。
 なんなんだこれは!
 腐人は、頑張る健気っ子に弱いんだってー(ToT)!!

 この1話のラストなんか、
 お母ちゃんでなくても泣くよ!
 腐人も奥歯かみ締めて涙こらえたよ!
 [注]場所は本屋です・・・

 レンタルであったら、絶対借りる!
 買う・・・には、もうちと画力が欲しいざんす・・・。


● 杉山敏 『インセクツ』
 1冊見本だったんだけど、
 こちらは『すみれファンファーレ』と違って、
 画力がありすぎて問題・・・(-_-;)

 き、きぼちわるいーっ

 お話としてはおもろそうなんだが、
 絵の気持ち悪さに耐えられない・・・。

 腐人は虫がだいっきらいなんだよーっ!!!


●吉本浩二 『さんてつ』
 お試し小冊子。

 小冊子1冊読んでようやく、
 あれ?この人、『ブラック・ジャック創作秘話』の人では??
 と気付く。

 すんません、名前覚えてないもんで。
 実は絵も覚えてなかったんだが、
 この話の運び方をみて、なんか読んだことあるなぁ・・・と。

 そうなんだよな、
 書いてあることはともかく、
 手法としては、全く一緒。
 
 よく知らんのだが、もうこの、
 ドキュメンタリーマンガ路線でいかれるおつもりなんだろうか?

 ならば、なんちゅーか・・・
 もうちっと作為的にもりあげをいれてもよいような・・・。
 どうも単調なんだよな、リズムが。

 どこがドキュメンタリー(~_~;)?っちゅーのを作る、
 N×Kを見習われたらどうでしょう?


 ま、そういう作りはさておき、
 こういう記録は、残しておくべきなんだろうなと思う。

 起こったことを、忘れないうちに、形にし、
 次に生かす教訓にして、
 後世に伝えていくことが、
 あの後も生きている人間の役目なんだろうと思うんで。
 
 
●町麻衣 『はしっこの恋』
 ペラ1枚のちょこっと読み。

 昔、二ノ宮知子さんが『GREEN』っちゅー、
 農家の嫁になりたいってなマンガを描かれたんだが、
 腐人はこれ、すげー好きだったんだよな。

 ペラ1枚なんで、ちょっとなんとも言い難いとこがあるが、
 悪くはなさそう。

 北海道の農業という意味では、
 荒川弘『銀の匙』と読み比べをしたい感じ。

 そう・・・荒川作品では、まず出てこないだろー
 プレハブ事情とか・・・。
 おおらかといっていいのか!?なぁ!!


最後に、これは立ち読みしてないんですが、
棚に並んでるのをみてて、
ものごっつい気になったものがある。

それは、楠田夏子『それでも恋していいでしょ』

なんか、すげー、おいしそうな匂いがするんだよなー・・・。

表紙をみるだに、
強い横風が吹いたら大変ね・・・
と言いたくなる髪。

少し腐人の分けてあげよっか?
いっつも多くて多くて困ってんだよ。

同時発売だとかゆー、
同じく楠田夏子さんの『グレイロマンス』

こちらはまたずいぶんと毛色が違うようで。

うーん・・・レンタルに並ばないかなー・・・。
ちょっと読んでみたい。


そんなとこざんす。


以下、読書録。

なんですが、ちょっとタイムアップのため、
超雑コメント。

●13日
(355)BL/キャラ 『兄弟とは名ばかりの』 渡海奈穂
  ひきとっちゃえよ。
  もしくは、頑張れ。  
 
  じゃなきゃ、もうちょい後に大嵐になるだろうからよ・・・。

(356)BL/クロス 『空の涙、獣の蜜』 六青みつみ
  同人でよんでたんで、
  クロにも番ができてよかったざんす。

  ・・・交換したりはせんのだろうか・・・←おい!

(357)BL/シャレード 『禁忌の報謝』 真崎ひかる
  うーん・・・いいのか、これ・・・(~_~;)

  立つ鳥、後を濁しまくって逃げるって感じじゃね?
  母ちゃん生きてるといいね・・・。
[ 2012/04/14 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。