腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > また中休みと、マイケルくん
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

また中休みと、マイケルくん

昼間、ちょっと大きいといっていい地震があった。

「あ、揺れてる」
と、気付いた腐人が血族にゆーと。

「え?なにが?」

なにがって、ほら揺れてんじゃん!
とゆーと、

「えー?そう?」

・・・そうだった、この血族は、
夜中にいくらぐらぐらガンガンしても
ガーガー寝ている人だった・・・(-_-;)

速報をみると、茨城県で5弱という。
ほらーとみせたら、

「おかしいねぇ、
 なんでわからないんだろうねぇ」


その質問には
誰も答えられないと思います・・・(;一_一)。


昨日の流れからすると、
今日は、『マネジャーのジレンマ』と関連して、
仕事とお人よしについて考察するはずなんだが、
えーちょっと諸事情がありまして、
あまり時間がないため、繰り延べとさせていただきます。


そんかわりといってはなんですが、
昨日みた、
『マイケル・サンデル 究極の選択
 「お金で買えるもの 買えないもの」』
についてちょっと。

前にこれの「震災復興 ~誰が金を払うのか~」
ってのをみたときも思ったが、
腐人はこれ、好きではない番組だ。


なぜなら、
1)結論がでないから。
2)キレイゴトばっかだから。


ただまぁ、あの長時間の議論の中、
サンデルさんは椅子に座ることもなく、
メモをとることもなく、
台本をよむわけでもなく、
べらべらべらべらよくしゃべり、
うろうろうろうろよく動くもんだと、
いつも感心しているが。

それと他人の意見のキモを押さえ、
集約するのはうまいやね。

そこはいいけど、
結論らしい結論もでないまま、
じゃ次のテーマにいこう!とかされると、
「だったらさっきの時間はなんやねん!!」
とキレたくなるのは、腐人だけだろうか・・・。

関西人はオチがない話は
ゆるせんのじゃ



それと、キレイゴトといいましたが、
結局、そこで討論させてるのは、
東大だとかハーバード大学だとか復旦大学だとか、
ゆーなりゃ、アタマの出来はおよろしい、エリートさんたち。

でてくる論がキレイゴトで当たり前やね。

前回の震災でいえば、
「お金で面倒ごとを押し付けた場合、
 道徳的責任は残る」
っつってゆってたが、
バングラデシュの廃船解体作業のこととか知ってんのかね?

そーゆってるあんたたち自身の国が、
公害を金でバングラデシュに押し付けて、
そこでおこってる災害にしらんぷりし続けてんですが。


今回の「お金で買えるもの 買えないもの」についても、
まーまー20代の男女にきいたところで、
中身カッスカスの理想論しかでてこないのは当たり前。

今回、インドの貧困層では、
お金(彼女たちにとって10年分の年収)をもらって、
国内海外を問わず、
子供を産めないカップルの受精卵を子宮に着床させ
代理出産を受託するっつー話で、
お金で買えるものと買えないものの話に
貧困が関わってくると、
市場主義のフェアの感覚に狂いが生じるのでは
ってな感じの流れになったんだが。

えー・・・腐人は前からゆーとるが、
人類誕生以来、
1秒たりとも平等や公平が実現したことなんてねぇ!
っての。

なんか・・・
もう・・・この前提の格差がありすぎて、
これは腐人はみないほうがいい番組だと、
つくづく思った。

こんな違和感あるの、腐人だけなんすかね(~_~)?


以下、読書録。

●18日
(182-199)マンガ 『帯をギュッとね! 16-23』 河合克敏
  今回、河津掛けがでてきたが、
  学校での事故は、柔道が突出して高いんだそうで。

  確かに、こんな感じにガンガン頭うってたら、
  硬膜下血腫とかなりかねんよな。

  剣道やってた子も、
  面がはいると脳震盪おこすとゆーていた。
  
  まぁ、道歩いてても事故にあうときはあうわけだから、
  なにをしてたって、生きてる限り、
  リスクはゼロにはならんが、
  そんでもやっぱ、そんだけリスクが高いことがわかってるなら、
  学校の授業レベルだったら、
  空手やボクシングみたいに防具をつけることを
  考えたほうがええのかもなぁと、ちと思う。

  亡くなられた方のご遺族の話だとか、
  今現在、ずっと障害をかかえてらっしゃる話だとかをきくとね。

  ま、それは教育現場の皆さんにお考えいただくとして。


  この話、30巻で終わってるんだが、
  さて、どうオチたのか、楽しみだ。

(200)BL/シャレード 『鬼畜』 吉田珠姫
  ・・・タイトルに偽りなし。

  やっぱ、トンデモジャンルでは横綱だなぁ・・・。
  あ、もう一方は、樹生かなめさんです、
  腐人の中では。

  お話自体にコメントはないというより、できません。  
  
  「うちではちょっと・・・」とおっしゃった
  他の版元さんの気持ちがよくわかる。
  ホント、シャレードさんじゃなきゃ無理だよな・・・。


  腐人はこういう黒い話、キライじゃないですねー。

  特に自分の私生活のほうが、
  荒みきってるときなどは、
  攻に憑依し、
  「ケケケケケ・・・・」と悪魔の嗤いをうかべ、
  ボロボロになってるときなどは、
  受の傍観者になって、
  「ふふふふふ・・・腐人よりボロボロのやつがいる・・・」
  と鬼のほくそ笑みになる。

  そして、心の浄化を図るのさ♪

  元々、黒い心の方には、この浄化方法、
  よくききますので、オススメいたしますわ。
  オーッホッホッホッホ。
[ 2012/02/19 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。