腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 『銀の匙』から お人よしは損をするか 5
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『銀の匙』から お人よしは損をするか 5

ポメ(※)の欠点、発見
重い!
※ポメラ DM10 のこと。

ただでさえ、本を最低3冊持ち歩く腐人。

特に、ポメにいろいろアーカイブとりたい本は、
大抵、大判なので、
その他にもなんだかんだと突っ込んでるカバンの重量は、
指のたぷたぷ肉に食い込むぐらいになる・・・。

軽量化してほしいが、
そのかわり耐久性が落ちるのは困る!
それならまだ重いほうがいい。
腐人は扱いが雑いのだ!

それになぁ・・・
軽量化された新商品がでても、
このDM10、かなり気に入ってるので、
恐らくぶっこわれるまで買い替えんな・・・。

でも、商品の軽量化は、
日本製品なら当然すすむべき方向!
ってことで、
がんばってみてください、キングジムさん。

そいやこれ、こないだ店でひろげてたら、
「すごい!小さい!!」
と驚かれました。
へへへへへーん(*^。^*)♪


扱いが雑といえば、
恐らくこの冬大ヒット商品だったであろう
某量産メーカーの「暖パン」。

腐人も例に漏れず買いました。

しかし、だ!
2回ぐらいはいたところかなぁ・・・
洗濯したのを畳んでいたら、
「・・・ん?
 どうしてこんなところに穴が?
 腐人、女の子だからいらなくてよ?」


そう、股んとこから糸がほつれて、
いつでも全開!!社会の窓!
が天然にできあがってたんでございますよ。

OH!NO!!
こんなのあっても使わないーっ!!
いくら中身がおっさん化しても、×ん×んは生えないのよっ!


ってことで、チクチク縫う羽目に・・・。
お裁縫、キライなのにーっ(T_T)


それから1ヶ月が経過。
洗濯物を畳んでいたら・・・
またかーっ!!!

もう頭にきた腐人は、前回は、それでも目立たないよう、
1本取りで、かがり縫いだったんですが、
もう二度とやりたくねぇ!!ので、
二本取りの、スレッデッド アウトライン ステッチを披露。

糸より、布のほうが
確実に弱そうな縫い目になりました。

ふふふふふ・・・
これでまだ裂けれるもんなら裂けてみぃ!!
ふわっはっはっはっは!!


と、血族に自慢してみせびらかしたところ、

「布がかわいそう・・・
 ひきつれてんじゃん・・・」

と言われた。

腐人に断りもなく!
破けるほうが悪いのよっ!!!


・・・っつか、
むりくりSサイズを履いてるのがいかんのかしら・・・?

だって、Mがなかったんだもん(>0<)!


そーいや、トマトがバカ売れし、
カゴメの株価があがってるそうで。

だったら、ついでに、スーパーの棚から消えた
カゴメソースを元に戻してくれ!
と腐人は言いたいじょー。

ホント、関東に来て、これに一番困ってんだよ!!

しゃーないので、
今は、セブンネットで購入してます。
特価がないのがつらいが、
これだと、ウスターもとんかつも、確実にゲットできるし。

ああ、そういえば
おにぎりせんべいも、久しく食っとらんなぁ・・・。

あれも、セブンにあるかしら?



さて、放置しまくってたお人好し論。

いやね、この最後に残った
一次産業特有か?ってなところ、
よくわかんなくなってきちゃいまして。

お人よし論からの派生とはいえ、
これ、いまいちタイトルと連動してねぇよなぁ・・・。

ま、いっかー。


そんなこんなで、もやもやしている5回目ですが、
論をどっちの方向にもってったらいいんだかも
よくわかんなくなってきました・・・。

よし、わかった!
こういうときは最初に戻るべし!
これ、鉄則。

仕事でも、なんでもそうですけどね、
わかんなくなったら最初に戻る。


・・・・そう、そう。
たかが15、6の子が、
なんで揃いも揃ってこういうことゆーんだろ・・・ってのが
たぶん、ひっかかってたところなのだ。

でもって、昔、人から聞いた話とかが絡まって、
一次産業特有なのかなと思ったんでした。


Iちゃんからは、
これまた一般論のご意見をいただいてるんだが、
その前に、人の生育環境とその思考について
ちょいと考えてみたい。

ってのもね、
今、補導委託の本を
裏で読んでる最中なのね。

また、どうしてそんなものを・・・
ってのは、腐人にきかないでねー。

興味があれば、何でも食う。

どうして本を読むのですかと問われれば、
そこに本があるからさ、と答えるのが、
読書中毒患者だよ。

これはもう、死なない限り直らない、
どーしよーもない性なんで。


ま、そんで、その補導委託なんですが、
これがどういうものか、
ご存じでない方のために、説明しましょう。


家裁のHPから、そっくりパクると、
『「補導委託」とは、家庭裁判所が
少年の最終的な処分を決める前に、
民間のボランティアの方に、非行のあった少年を
しばらくの間預け、少年に仕事や通学をさせながら、
生活指導をしてもらうという制度です。』

っちゅーもの。

で、この本は、
その非行少年審判に関わる弁護士会が
補導委託に関わる方々への参考に、
実際にどうなのか、
いくつかの施設をまわって
関係者にインタビューしたりしてる本なのね。

まだ半分くらいしか読んでないんだが、
どこでもでてくるのが、
そのほとんどにおいて、家庭に問題があるということ。


「子の指導の前に、親の教育がいる」
とは、
先日、今、すごく人気の進学塾経営者が
ゆーてた言葉ですが、
ここにでてくる話とかみてると、
なんつーか・・・
ホントにホントにホントーに!
そのとおり!だと思う。

試験に合格せにゃ
親になれないようにならんもんかねぇ・・・。


その環境しか知らずに育つと、
それが「家庭」、
それが「当たり前」
という考えになってくる。

以前、地方の公務員家庭で育った友人が
サラリーマンと結婚し、
「なんであんなに帰宅が遅いのか、
 理解できない」
とゆっていた。

そらあんた、
役場と家の間に、田畑と山しかないとこで、
お役所仕事の毎日なら、
仕事終わればすぐ帰ってもこようが、
職場と家の間に、いくつも繁華街を抱えたとこに住んで、
なおかつ仕事は、半分営業の研究職だろ?

帰宅が遅くて当たり前。
午前様にならなきゃ御の字じゃねぇ?
なにをおっしゃいますやら・・・

と、リーマン家庭で、引っ越し転々の腐人は思った。

そゆことと同じで、
どーゆー価値観の家庭で育ったか、
それは子の価値観に根深く影響してると思う。

だから
「たかが15、6の子が、
 なんで揃いも揃ってこういうことゆーんだろ」

   ↓
「家庭の価値観がそうなのかもしれない」
   ↓
「生徒の家庭≒農家、
 なら、一次産業全般の考え方?」


・・・っちゅーのが
腐人の意見だったんだが。

Iちゃんは、
「全て対等の一国一城の主で戦っている世界観なのか、
 上下関係で、下の人間は、上の人間に手柄を横取りされないように
 また、いい人過ぎるとそこに全部厄介ごとが集中し、
 結局自分の首を絞めるという世界観で生きている差じゃない?」

とのご意見。


うーむ、頭でくっだらねー話をして長くなったので、
この続きは、また引っ張ることにします。

ご興味ある方は、
ご自身のご意見を考えてみてくださいな。

っても、コメント欄は開放しませんが。

以下、読書録。

●16日
(179)BL/キャラ 『警視庁十三階の罠』 春原いずみ
  なんだろ、この演劇っぽさは。

  誰も彼もが、オーバーアクションで
  脚本の台詞をしゃべってる感じがする。

  だってさ、道で車に撥ねられそうになって、
  それをかばわれたらさ、
  ケーサツいくん面倒・・・とか、
  これ以上の関わりはヤダ!とかなら、
  「ありがとうございます。助かりました。じゃ!」
  だろうし、
  こいつうさんくせぇ・・・もしくは、
  これを機にぜひお近づきに・・・と思ったら、
  「ありがとうございます。
   改めて御礼がしたいので、お名前とご連絡先教えてください。」

  だろ?

  なんだこの不自然極まりない会話。

  たぶん、頭の中で、
  ものごっついドラマがうごめいてるんだろうが、
  それが自然になるまで煮込めてないのか、
  なんかもう・・・流れのすべてが作りモノくさい。
  
  いっそのこと、今野敏 『ST 警視庁科学特捜班』シリーズぐらいまで
  ぶっとんでくれれば、笑えるんですけどね・・・。
  春原さんは恐らく、大真面目なんだろうなぁ・・・。
  
(180)BL/ビーボーイ 『愛とは言えない 3』 榎田尤利
  リブレさん・・・頼むから、帯で
  「やきのりちゃん」を使って、
  腐人を釣るのをやめてください・・・(-_-;)

  もう最近・・・
  子供と動物にむちゃくちゃ弱いンだってーっ!!!


  そうです、やきのりちゃんの書き下ろしマンガに
  思いっきり釣られましたですよ、ええ。
  サガンの恋?
  橘高の愛?

  ・・・んなもんは、四の次、五の次じゃ!!
  1も2も3も、やきのりちゃんなのよーっ!!!
    ↑
  明らかに、BLの読み方としてはまちごうとるぞ、腐人・・・

  いやだってさー
  素直でかわいいやきのりちゃんとちがって、
  このええ歳したおっさんらは、
  なにをやっとるんかね(~_~)?ええ?

  もう、勝手にせぇ!
  と言いたくなってもしゃーないことないか?

  アホか、あんたらは。
  明日、首都圏直下型地震がきて、
  本に埋もれて死んでも後悔せんのか!

  ・・・ま、腐人は本望かも・・・
  いやいや!
  あれもこれもそれもまだオチ読んでないのに、
  死んではいかーん!!

  って、それはどーでもええがな。

  せやのうてな。
  交通事故で、今晩死ぬかもしれん。
  朝食にあたって、明日の朝、死ぬかもしれん。

  もし、そないなったらさ、
  あんたたちは今際の際に後悔せんのんか?
  一人でそのままひっそり逝くんか?

  命みじかし!
  ウジってねぇで、
  とっととくっつけ、おっさんら!!


  ベンチの話なんかもさ、
  サガン、あんたは『キャンディ キャンディ』を読みなはれ!
  あのスザナの根性を見習わんかい!!!
  と、もしあの場に腐人がいたら、後頭部なぐってたね

  橘高もさぁ・・・
  親父に死なれて、ちっとは勉強したんちゃうんかい。

  『やれる時にやっておけ』は、
  樹生かなめさんの作品タイトルだが、
  いやいや、これは至言だとおもってるぞ、腐人は。

  何度もゆーとるが、
  墓に謝っても、墓に告白しても、
  なんも返事はかえってこんぞ。


  でも、今回でてきた淳平の元カノですが、
  姑息だねぇ・・・腐人はキライじゃ、こんな女。
  ペペペペペーッ!

  腐人なら、ここでガチでケンカ売りまっせ。
  自分に酔うのもたいがいにせぇって。

  っつか、お互いのためにね、
  ええひとぶって「許して」「いいよ、許すよ」なんつー
  カケラも心のこもってねぇ演技するよか、
  腹ん中ぶちまけて、すっきりしてあの世に行くほーが
  ぜったいええとおもうけど?

  何度もゆーけど、死んだら終わり。
  言いたいこともやりたいことも、
  生きとるうちにしかでけん。

  自分は何をしたいのか、何を欲してるのか、
  外面や建前っちゅーキレイゴトに、
  こだわってばっかおったら、
  ホンマに大事な、失うたらあかんもんがなになんか、
  自分でもわからんよーになるぞ。

  でもって。
  アル中はね、周囲が早く見限ることこそが、
  一番の治療。

  そんで、専門病院にたたきこむのが、
  本人にとっても、一番です。

  
  あー・・・もし腐人がこのお話世界におったら、
  この二人とも、裸にひんむいて、
  無人の孤島におきざりにしてやるのにーっ!!

  ええかげん、腹くくれや、おっさんら。
  たのむで!!
[ 2012/02/17 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。