腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > ビッグバン宇宙論と創造論
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビッグバン宇宙論と創造論

ぶにょーん・・・
なーんかぶすぶすクスブリ中・・・(~_~)。

『銀の匙』から「お人よし」論をやりたいんだが、
自分の中で、どうもいまいち整理がつかん。

なんだろ、なにがひっかかってんだろ。


ってことで、今日はどーでもいい話題でお茶を濁す。
・・・う・・・
ここんとこ数日ふりかえったら、
「今日も」の間違いだな・・・(;一_一)。


義務教育をうけた日本人なら、
誰でも知ってるビッグバン宇宙論。

ってことで、
「ビッグバン宇宙論」は、世界、いや先進国の常識だと思っていたら、
大間違い!
お国によって、こーんなに違うんだよー!
っちゅー記事を、先日らばQでみつけたので、その話。


「神による天地創造だと思うか?」
「あるいはビッグバンだと思うか?」
という2択アンケートが世界各国で行われたんだそーで。

その結果、
「神による天地創造」、いわゆる創造論支持者は、
先進国では、だいたい2~3割。
残りは、ビッグバン宇宙論を支持。

しかーし!
アメリカだけは、創造論支持者が58%と過半を超えていた!

え?
アメリカってノーベル賞受賞者が世界一の国でしょ?
科学の子の集りじゃねぇの?
と疑問におもいつつ、
このアンケート結果に対するコメントを読むと、
アメリカの教育現場の恐ろしい事実がいろいろと書かれていた。

いくつか抜粋(+腐人の勝手な編集あり)。

『科学の教師の多くが、科学を信じていない。
 大勢の教師が進化論を教えるときに、
 「信じてはいないが教えることが必須なので」
 と前置きをする。』


『学校で進化論なんて教えてもらったことがないぞ。
 理科の教師全員がそのトピックを避けていたし、
 ひとりは「それは間違いなので教えるべきじゃない」と言った。
 生徒も全員が賛成していた。
 みんなそろって「サルだったわけじゃない」とか言うわけだ。』


『自分も進化論を教えられたことがない。
 どっちかっていうと論議を避けるために、
 科学の授業でダーウィンや進化論については
 言及しないといった具合』



・・・お、おそろしいぞ、アメリカ・・・。
ホントに21世紀??
ガリレオ・ガリレイの頃から、時が止まってんのか!?

そーいや、1年くらい前だったか、
池上彰さんの番組で、この創造論信者をとりあげてて、
こういう信者さんたちって、
学校ではウソを教えるっちゅーて、
子供を学校に行かせない人が多いとかゆーてたな。

ちょいと話がずれるが、
前の大統領のブッシュさんが
宗教右派とものすごく密着してたのは有名な話だが、
そのせいで教育改革が行われ、
性教育にも変革があったとCBSでみた。

いわゆる「純潔教育」の推進なんだけど、
純潔教育ってのは、
「正式の結婚までは性交(婚前交渉)を控えるべきことを教える教育」
byウィキペディア。

だもんで、避妊を一切教えない。

でも、まー若いからねぇ・・・
教育だけで我慢できるもんでもない。

ってことで、アソコはあかんでも、
口だの尻だのならいーじゃん?となってきて、
ナマでやりまくり、逆に病気が蔓延してるそーである。

だ、だいじょうぶなのか、アメリカ・・・。


ちなみに、北欧の国では
「ビッグバン理論」の支持が圧倒的多数。

そーいや、子供の学力テストでも、
北欧って上位だよな・・・。


コメントを読めば読むほど、
うーん・・・(ーー;)と思っていたんだが、
最後にとってもいいコメントがあったんで、
それは引用させてもらいましょう。

『高校の生物教師は進化論を支持していた。
 そして教える前にはこう言った。
 「これは君たちの幾人かにとっては、
  かなり反感を買うテーマであることは理解しています。
  だけど私は気にしません。

  これは科学の授業であり、今からこれを教えます。
  ここは神学の授業ではないので宗教上の討論はしません。
  私は普遍的な真実について述べるだけであって、
  あなたがたの気分を害しないために嘘を言うつもりはありません。

  これを学びたくないと言うのであれば、
  出て行ってもらってかまいません。
  このクラスに出席しないという許可も与えます。

  ただし出席しない場合は成績は今学期はゼロです。
  無知でいることがそんなに重要だというなら、
  ドアはあちらです。来年会いましょう」

  その先生が好きだった。』


うん、とってもいい先生だと思うよ。


以下、読書録。

●2日
(121-125)マンガ 『帯をギュッとね! 1-5』 河合克敏
  なつかしいなぁ・・・
  昔、途中まで読んで、放り出したマンガである。
  放り出した理由は、
  展開のトロさについてけなくなったから。

  そんでそのまま忘れてて、
  たまに
  「あれ、どうやって落ちたんだかなー」
  とは思ってたんだが、
  ま、いっかーと流していた。

  そしたら、先日、カットにいくと、
  「年末年始なにしてた?」
  と聞かれ、
  「マンガ読んでた」
  っちゅーとこから、
  その美容師も本好きということもあり、
  『ワンピ』を皮切りに、
  『こち亀』、『スラム』、『ゴルゴ13』、『三国志』・・・
  でいつしかドフトエフスキーまで話が飛んでったんだ。

  で、その中で、
  「スポーツもんは、『帯ギュ』がおもしろかった」
  っつってたんで、
  ちょっと読み返してみよっかなーと。

  お話としての印象は、正直あんまなかったんだが、
  絵を見て思い出した。

  あー、なんかやったらキレイキレイだった。
  でも、顔のデッサンはたまに崩れるんだよな、うん。

  5巻まで読んで、一番印象にのこったのが、
  扉で、キャラのプロフィールやってて、
  「好きな芸能人 酒井法子」
  に、なんとも言えないものが・・・。
  いや、今でも好きならいいんですけど・・・。

  ま、まだまだ5巻なんで、
  本筋論は、また今度。
[ 2012/02/03 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。