腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 食い物&読書 > ♪ちょっこれいと、チョッコレイト~
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

♪ちょっこれいと、チョッコレイト~

デパ地下にいったらば、
節分とバレンタインになっていた。

腐人はチョコがあまり得意ではないのだが、
ちょっと食べてみたいチョコがある。
ってもデパ地下で売ってないんだけどさ。

そのチョコとは、通販のフェリシモが取り扱っている、
パリ ロワのチョコだ。

血族がフェリシモを利用していて、
先日、バレンタインカタログが同封されていたとき、
「これ、『舞姫 テレプシコーラ』にでてきた
 チョコ屋ちゃうかなぁ・・・」
と持ってきたのだ。

山岸凉子『舞姫 テレプシコーラ』をお読みでない方には、
ぜひ読みなはれ、と別途、言うとして、
ざっと記憶だよりに話をすると。

これはバレエマンガなので、
主人公の六花ちゃんが、ローザンヌに挑戦する、
というのが第2部のメインの話。

そのローザンヌ行きにあたり、
主人公達に同行したコーディネーターさんが、
日本のバレエの先生方から、
「ここのチョコレート買ってきて!!」
と頼まれるんですな。

販売量が少ないので、
主人公達が審査しているその合間をぬって、
行列に並び、やっとの思いで依頼品を入手して、
ついでに自分の分も・・・と買うんですよ。

でも、その後、六花ちゃんが体調を崩し、
泣く泣くそのチョコをあげる・・・
というエピソードがあるんすわ。

無情にも、事情を知らない六花ちゃんが
美味しい美味しいとペロリと食べちゃうチョコ。

なんかねー、読んでるだけで食べてみたいのぅ・・・
とは思ってたんだ。


今、手元に本がないんで、
店名があったかどーだか忘れたが、
フェリシモのカタログで紹介されてる店の内外観をみると、
なんか似てる気がする・・・。
※でも、真偽のほどは確かでないので、
気になる方はご自身でご確認くださいませ。


※どうやら違うお店のようです、すみません・・・。
ただ、どちらのお店のチョコもおいしそうだし、
ここだけ帰ると全体の文脈がおかしくなるので、
そのままにさせていただいております。
その旨、ご了承ください。


ふむぅ、なら注文してみっか、と思ったのだが。

た、たっけぇっΣ(゜o゜;)!!!

パリの石畳をイメージしたという、
薄い一口サイズの板チョコの箱詰め
っつったら
ぶん殴られるのかもしれんが、
それが200gで、
1箱 ¥8,500也・・・。

こ、これは気安く買える代物じゃねぇ・・・(ーー;)

それになにより、
腐人は、仮にこの1箱を購入したとして、
絶対に食べ切れない自信がある・・・。

で、でも・・・それぞれミルクとダーク、
2枚づつぐらい食べてみたい・・・。

なら、残りはチョコ好きの王子にやるか?
いやいや、3歳児にこの味はもったいなさ過ぎる!
   ↑
  っつか、他にやるやつおらんのか・・・。


くそぅ・・・チョコ好きのIちゃんとか、
旨いもん好きの師匠とかが、
ご近所様なら、共同購入するねんけどなぁ・・・。

うむむむむ・・・
とりあえず、キヨブタ
(清水の舞台から飛び降りる覚悟の勝手な略)
やってみっか・・・?


もうちっと安いパックはないのかと探してみたが、

トラディショナル フレンチチョコレート
1箱 ¥7,800


こちらは、ナッツ、ガナッシュといった
いろんな味の一口チョコのアソート。

¥700の違いなら、シンプルなほうが、
チョコ自体の味がわかるよなぁ・・・。


他には?とみると、
マジックマーブルという、
シュガーコーティングされたチョコの中に
とろとろのキャラメルが入ってるもの。

これまた
1箱 ¥7,800

腐人は下世話なので、即計算。

「9粒で7800円・・・1粒、867円・・・
 く、食えねぇ!
 そんなの食える根性はなーいっ(>0<)!!」


ああ、でも、このロワに対しては、
バイヤーさんの入れ込み具合もハンパじゃなく、
読めば読むほど、食ってみたい。

フェリシモさん、フェリシモさん。
できたら来年は、
「自分用ちょびっと奮発パック」として、
この半分とかやってくれませんですかね・・・。


以下、読書録。

●18日
(77)BL/プラチナ 『だけど、ここには愛がある』 栗城偲
  あの。
  途中からじゃなくって、
  ぶっちゃけ最初からかなり「最低」だと思います・・・。

  ってか、なんでこんなのがいいのーっ!?
  人間のツラなんざ、
  あと60年もすりゃ、
  誰でもシミだらけのシワだらけになるっちゅーに!
  ついでにゆーと、皮めくったら同じだって!

  でも、そこには愛があるのよね・・・。
  
  なら、オバちゃんはもう何も言わないわ。
  幸せにおなり~(/_;)
[ 2012/01/19 ] 食い物&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。