腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 止めてどーする?
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

止めてどーする?

時間が止まったんだそうで。

っても、具体的なことは腐人にゃーわからん。

アメリカのコーネル大学の研究チームが、
「光を調節することで、
 40ピコ秒(1兆分の40秒)の間、
 時を止めることに成功した」
っちゅーニュースをみつけただけ。

詳しく知りたい方は、がんばって、
「1月5日付けの『Nature』」を入手し、
読んでくれたまへ。

たぶん、英語だ。
恐らく、きっと、まちがいなく・・・。

実験は光ファイバーケーブル内で
行われたそーなんで、
腐人みたいのが、簡単プーに使えるまでは、
まだまだ時間かかりそうですけど、
まぁ、夢をみられる研究だよなー。

っつか、これ過去に遡ってできるなら、
あの3.11の時間を止めたいよな・・・。



実際には、「時間を止める」というより、
「時間を消す」みたいなんですけど、
ああ、なんかあったな、
ポプラ社の賞とった話。

読んだけど、細かいところがザルザルで、
発想倒れな感があって、
タイトルすらも忘れてしまったが、
カメラで撮ったら、
時間が消えるとかなんとかゆーネタでした。

そういう意味では、
日本のマンガの発想のが、ずっとすごいもんがあるよな。

今、腐人に、時間をいじるマンガはなんだ?と問えば、
一番にでてくるのが
『刻刻』なんですけど、
山ほどありますわな。

師匠にその問いなげたら、
一晩中列挙されそうな気がする・・・。

「時間を消す」にしても、
「時間を止める」にしても、
結局、つじつまあわせが大変そう。

因果といっていいのかわかりませんが、
結局、すべてのものごとって繋がってるわけだから、
ある時間を消したら、
そのことで、どうしても歪みがでると思うんだよなー。

例えば、そこで石を蹴る、その行為が、
ラブ発生に繋がったり、
事故発生に繋がったりしたのが、
繋がらなくなっちゃうわけじゃん。

その結果、生まれたであろう人も、
死んだであろう人も、
そう繋がらないことで、
その先がどんどん変わっていく。


おもろそうな実験だとは思うけど、
夢で終わったほーが、
ニンゲンのためのよーな気もします・・・。


ちなみに。
じゃぁ、腐人自身は、
もし時間が止められるとして、
(自分だけ動ける)
どうするかっちゅーたら・・・・
別に、その分、
読書するだけじゃの・・・
と思いました。

むしろ、「どこでもドア」の開発研究やっとくれ!
あ、あと「自分クローン」もいいな♪


最後に。
なんだか秋からこっち、
すごーく楽しみにしていた新刊ラッシュで
こんなに幸せでいいんでしょうか・・・という気になっている。

自分用備忘録として、
1月2月で絶対買うもの!

1/18 木原音瀬 『男の花道 Don't Worry Mamaシリーズ』
1/30 木原音瀬 『パラスティック・ソウル ―はじまりの章―』
2/10 かわい有美子 『月一滴 (仮)』
2/29 木原音瀬 『パラスティック・ソウル ―おわりの章―』

ああ、やっと・・・やっと・・・読めるのね・・・
友晴の恋が!
ケモミミとモフモフシッポが!!
そして、上海金魚シリーズが!!!

何があっても、これらを読むまで、
ボクはしにましぇ~ん(>0<)!!←古っ

さーて、早売り狙いで、
本屋にお百度踏めるように、
仕事の日程調整すっかぁ!←なんか違うだろ・・・




以下、読書録。

●9日
(37-39)マンガ 『ちょこらん 1-3』 にしがきひろゆき
  絵にみょーに惹かれるものがあり、
  読んでみた。

  クスッとできるところがないわけじゃないんだが、
  オモロイかと言われるとビミョー・・・(;一_一)。

  小学生男子の気持ちがわかる人なら、
  楽しいのかもしれないが、
  『毎日かあさん』などにある、
  彼らの情景をみて、
  「・・・××?」
  という冷ややかな眼を向けてしまう人には
  あまりむいてない話。
 
(40,41)マンガ 『ライアー×ライアー 1』 『〃 2』 金田一蓮十郎
  気になってたんだよなー、
  立ち読みして以来。

  ありがちといえば、ありがちな、
  ありえねーといえば、ありえねーな、この話。

  なのに、なんなんでしょね、
  このどうなるの!?感は。

  キャラの心理に、
  下手に作為的なとこがないからかな?
  年末にハマってた、頑張る青春の彼らのように、
  ものすごーく一途なんだよな。

  だから、「どうなるの!?」「どうするの!?」
  ってな感じで、読んじゃうんだよなー。

  昨今、内面を作りこみすぎてんのが増えてるから、
  逆に新鮮にみえる。

  あと、どーでもいいんですけどね。

  このマンガで一番かっこいいのは、
  客観的に見て、周先輩だと思う・・・。
     ↑
  これだから女子校育ちはっ!!


(42)マンガ 『地上はポケットの中の庭』 田中相
  これを読んだ血族が、
  「初期の西炯子さん」
  と評したが、
  腐人は、これこそ「漆原友紀さん」。

  まぁ、確かに、最後の方に収録されてる学生ものは、
  このヒリヒリした感じ、初期の西さんに近いけど、
  「ファトマの第4の庭」だっけ?
  あの、世界と自分、みえざるものとの繋がり方なんかは、
  漆原さんに近い気がする。

  たぶん、「人とは?」っちゅー質問したら、
  漆原さんと田中さん、
  かなり近い答えが返ってくるんじゃね?

  そんくらい、ニンゲンと世界の感覚が、
  近いなーという気がした。

  ので、この辺りの作家さんが好きな方にはオススメ。
  なかなかおもろい人がでてきたなぁという感じ。

(43)マンガ 『花冠の竜の姫君 8』 中山星香
  こないだ六青みつみ『忠誠の代償 ~聖なる絆~』を読んだとき、
  キリハの獣形が、
  なんかに似とるとずーっと思ってたんだが、
  そう!これにでてくる翼猫!
  これだよなー、肉食じゃないけど。
  食うものからすると、花冠竜だけど。

  んでもって、みゅーみゅー言ってるのは、
  キリハのが可愛い気がするけど。

  ・・・っつか、翼猫も赤ん坊なら可愛いんだろうか・・・。

  お話としては、毎度。
  もうここまで完成されてっと、
  読者は、ただ与えられるものを読むだけだよな。

(44)マンガ 『シュトヘル 5』 伊藤悠
  う・・・うーむ・・・
  難しくなってきた・・・(;一_一)。

  過去のことをすこんと忘れているのだが、
  この「玉音同」って、
  最終的にどうするつもりなんだったっけ?  
  ただただひたすら持って逃げるだけ??

  大事に保管というだけなら、
  砂漠に埋めちゃえばいいのでは?
  でもって、
  財宝のありかをしめす地図を
  背中に隠し彫りし・・・って、違う話になるやろが!

  でもまぁ、なんかこう逃げてるのはいいんだが、
  最終的にどうすることが目的だったんだか、
  ユルールの方がわかんなくなってきた。

  そーゆー意味では、
  背中の刻印のために、
  文字そのものを地上から消しさりたい
  っちゅー大ハンの目的のがわかりやすいな。

  方法はどーよ・・・(ーー;)
  とは思うけど。
[ 2012/01/10 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。