腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 原爆と原発と放射能
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

原爆と原発と放射能

結局、タイムアップで途中放棄の
副島隆彦 『放射能のタブー』

なので、カウントもコメントもいたしませんが、
なーんというか、己の中でもやもやしているものを
吐き出そうと思う。

3.11以来、報道や世論は、「放射線」について
二極化しているのは、日本人なら誰でもしっている。

怖いよ、危険だ、近寄るな!という放射能コワイ派と、
大丈夫、安全だ、問題なし、という安全派と。

正直、腐人はどっちが正しいのかわからない。

が、結局、事実がどーあれ、
人は自分の信じたいものしか信じないことを
よく知っている。

そして、古今東西、ウソくさい予言ってもんは、
大丈夫といわずに、危険が来るぞ、危ないぞ、といい、
来なければ、「私が回避させたんです」
っちゅーのがセオリーだ
ってのも知っている。

ので。
腐人自身は、長生きもしたくねぇし
(あ、でも死ぬまでに、今追いかけてる本が
 オチてくれることは絶対条件だが)
味がよく、即死する中国の毒菜じゃないなら無問題、
という人なので、
福島の米をとりよせて食ってるし、
野菜も、あえて被災地産地を選んでるし、
住居を越すことは、全く考えてない。

ってことを考えると、安全派に属するのかもしれんが、
はっきりいって、危険だろうが、安全だろうが、
もうこの手の報道も論議もうんざりだ!
ってのが、一番なんだけどね。


特に、この問題についてあーだこーだというときに、
いろいろごっちゃで話するのが、
すんごく嫌い。

東電という会社の体質に問題があったこと、
原子力発電というシステムをどうすべきかということ、
放射能と健康と福島の土地をどうすべきかということ、
これらって、繋がってはいるけど、
個々で対応するべきもんじゃね?

東電が投資をけちって、
給料や福利厚生、企業年金に金をまわしていたことは、
これまでの、そして今の経営陣と従業員が、とるべき責任で。

原子力発電というものと、自然エネルギーって問題は、
安定した電力供給が欲しい産業界と、
規制緩和というよか自分らの利権確保にやっきになってる官僚・政治家と、
それからなによりもその国に住む国民全体が
考えるべき問題で。

そして放射能と、健康と、福島の土地をどうすべきかは、
物理や医学、土壌の専門家と、
福島に住む人々が指針を立てるべきことではないのか?

なんかそれがさー、
ごっちゃ煮になってる気がすんのは、
腐人の気のせいかね。

ま、それは、今日の本題じゃないんで、いいや。


この本、ご存知ない方のためにゆっとくと、
安全派の本です。

内容紹介をみると、
「微量の放射能はなんら健康に問題なし。
 「放射能コワイコワイ」派の恐怖洗脳にダマされるな。
 危険説の嘘を暴き、放射能のタブーに迫る。
 チェルノブイリ事故問題の専門家との対談や、
 福島復興活動本部の活動日誌なども収録。」
というもの。

どっちもうんざりしてる腐人が、
どうしてこの本を手にとったかと言うと、
原発事故以来、ずーっと気になってることがあったからだ。


腐人の血のルーツの一つは、広島だ。

あの日、あの時、爆心地にいて、被爆し、
被爆者手帳をもっている親戚もいる。

が!
この方、もう90歳になんなんとするんですが、
お元気でねぇ。

連れあい(原爆無関係)を亡くして、もうかなりたつけど、
医者の世話になることもなく、
毎日、雀友呼んで、雀卓囲んで、
人生を謳歌していらっしゃる。

子々孫々も皆々元気で暮らしてる。

そして、親戚一同も、
ずーっと広島周辺に住んでいるわけですが、
今以上に物流事情が悪かったあの頃。

地産地消は今以上に当たり前だったから、
ゆーなりゃ、放射線が降り注ぎまくった土地でできたものを
飲み食いして生きてきた。

その皆々さんがねぇ、
腐人のもう一つの血は、全く違う地方なんだけど、
そっちの方々よりも、ずーっと長生きをなさってる。

広島じゃない方は、
漬物にもしょうゆをダバダバかける地方でね、
60,70ぐらいになると、
高血圧だの心臓だのに問題が起こり、
ぽっくり皆様、あの世へGo!

しかし、広島の方の皆様は、
60、70はハナ垂れで。
80は超えて当たり前。
90、100だって、超えちゃうぞ!って感じなんですよ。

これ、血圧の話じゃないぞ、
年齢ですぜ。

そーなってくると、わかんなくなるでしょ?
放射能って悪いのか。
むしろ、塩分のが悪いんじゃねぇのか?
って気になる。


まぁ、そういう絡みがあるから、
長崎関係の本は、
『ガラスのうさぎ』ぐらいしか読んでないが、
広島関係の本は、気になっていくつか読んでね。

強い放射能が怖いものだってのも、
よく知っている。

被爆後、本当に生死に関わってくる人の状態が
時系列として、よく記されてるものとしては、
『北の天使 南の天使』が、わかりやすくていいかと思う。

けど、その後に続く『青葉学園』シリーズとかみてると、
子供で被爆して、その土地のもの食べてても、
ものすごーく元気なんだよなー・・・。

ま、あれは物語なんだけど、
それこそ、吉本直志郎さんたちに
本当のところ、どうだったのかをききたいところ。


ま、そんなこんながあったので、
原爆と原発の違いがね、
ずーっと不思議で気になっていた。

原爆は爆発したから、あれだけの被害になって、
原発は水素爆発だけだったから、
これで済んでるの??

それがねー、よくわかんなくって。

で、この本を読んだら、
腐人の親戚みたいな人が、
けっこういらっしゃるというのがあって、
あ、やっぱりな、と思ったの。


この本に、JOCの事故でお亡くなりになった方の
治療時の写真が掲載されている。

この写真をみたとき、
腐人は原爆資料館の資料とか、
『北の天使 南の天使』での描写が、
なるほどと腑に落ち、
放射能で死ぬってのは、こういうことなんだと思った。


でも、それと比べて考えたら、
今の福島の問題って、これじゃないと思うのよ。

そんなことないと、おっしゃる方は、
ぜひ、その写真を、描写を、資料をみてほしい。


となると、これからの福島を考えるにあたって、
参考になるのは、
終戦後の、広島と長崎、
そして、
巻頭にあったチェルノブイリ事故問題の専門家、
副所長さんだったかな、その話、
そういったことを、一番参考にすべきじゃねぇのか(~_~)?
と、思うんですわ。

そして。
これから一番心配なのが、
腐人の親戚も遭遇した、差別だ。

亡くなった連れあいさんに心底惚れこまれ、
周囲の猛反対を押し切って結婚したが、
そうなるまでに、かなりの艱難辛苦に遭遇したときく。

以前、石原理さんがリツイートして、抗議されていたが、
もし自分の子供が
将来、福島の子と結婚したいとつれてきたら
反対するだろうという人は、今でもいる。

この本にあるように、
福島に住んでも身体的になんら問題が起こらなかったとしても、
人の意識までは変えられない。

今起こってる風評被害に、それは如実に表れている。



まぁ、さ。
誰も未来はわからない。

腐人には子供がいないし、
人生折り返し地点過ぎてるから、
楽観論に傾いて、何かがあったとしても、
自己責任だ。

でも、もしこれが親の立場であれば、
どっちを信じるったら、やっぱ怖い怖いなんだろな。

対策をしなかったことを悔やむより、
対策をして、結局は何も起こらずバカみたいだったねーと言うほうを
親なら選ぶんだろう。


そして、福島の地を捨てるのか、残るのか、
それだって、個人個人の選択だ。

冷たいとよく言われるんだけど、
結局のところ、自分の人生じゃん。
何かあってしんどくなるのも、
たのしくなるのも、すべて自分。

信じたいものを信じて、自分で選べ、
今、情報は腐るほどあふれてるんだから、
ってのが、腐人の結論だな。

ただまー、はっきりいって
こういうことが何度も起こられたら困るけど、
今後の万が一のために、
どちらの感情にも寄らない、
ただ事実としてのデータを、記録して欲しいなとは思う。


で、それで結論が出るまでは!
感情論むきだしの報道や論議は、
宇宙の果てでやってくれ!


ああ、これが一番いいたかったのか、腐人・・・。
できるだけシャットダウンはしてんだけどね・・・(-_-;)


以下、読書録。

うーん、最近、マンガばっか読んでるな・・・(^_^;)

●7日
(30)マンガ 『となりの関くん 1巻』 森繁拓真
  常々ゆーてますが、
  腐人はランキングに興味はない。

  が!ランキングよ、ありがとう!!
  と思うことはある。

  何かっちゅーと、ランキングにランクインすると、
  マイナー本でも、
  レンタルマンガが入荷してくれるんじゃ!


  やったね!

  ってことで、年末からずーっと狙っていた、この本。
  
  あとがきみて思ったけど、
  「この作者にして、このマンガあり」
  あなた以外にゃー描けませんぜ。

  ものすごく単純なんだけど、
  ものすごく斬新。

  次は何してくれるんだろうと、
  読者はまさに横井さんの気分なんだよねー。
  
  関くんなんか、ひとっこともしゃべんないのに、
  うまくできてるよなぁ。

  あ、血族は名前に笑ってました。

  横井さんの成績のためにも、
  席替えやってあげてよ、先生・・・。
  でも、関君と離れて横井さんは耐えられるのか!?
  わははははー。

  そして、個人的には、関君の成績が
  むっちゃ気になる・・・・・。

(31)マンガ 『恋する暴君 7巻』 高永ひなこ
  最終章。
  なるほどね。

  っつか、いつまでも同じパターンってわけにも
  いかんしねぇ。
  好きですけども。

  そして端からみてたら、
  ただの痴話げんかにしかみえんのですけども(^_^メ)。

  この先どーなるかはわかりませんが、
  エンゼル君よ、今のご時勢考えたら、
  やっぱ就職しといたほーがいいと思うぞ。

  少子化でどんどん学校も潰れてくだろうし、
  研究者で食ってける道は、
  狭くて厳しいぞ。
  それも二人一緒に動くったら、
  可能性ヒトケタじゃねぇの?

  ってか、先輩は、海外いったりはせんのですかねー?
  
(32)マンガ 『いとしの猫っ毛』 雲田はるこ
  ついついついつい雲田つながりで、
  再読・・・・・。

  『落語心中』が快調だし、
  この続きが読めるのは、
  皆既日食ぐらいの周期かしら?

  好きなんだけどな、このマンガ。
[ 2012/01/08 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。