腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 油臭と箱根衆
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

油臭と箱根衆

王子が遊びに来てくれるということで、
朝から、かき餅揚げ。

王子が腐人家にくるたび、
粉々になった元鏡餅をみて、
「これなーに?」
とゆーていたので、
完成品をみせたろう・・・ということで。

は、いいのだが、
このかき餅揚げ。

結構大変なんで、ずーっとずーっとずーっと
揚げられずに放置されとったのよ。

それをだ、
もう残しといても次いつやるかわかんねーし、やっちまえ!
と、超おおざっぱなことをやったもんで、
えっらいことになった。

腐人家の場合、このかき餅は、
最低、2度、色味によっては3度あげる。

最初は160度の低温でじっくりと。
もちがふくらみきるところまで。

次は中まで火を通しながら、色付け。
180度ぐらいで。

これでこんがりキツネ色になりゃいいんだが、
今回は、いまいち色づきがよろしくなく
(そりゃ、一度にいれすぎなんだって)、
しゃーねぇので、3度揚げとなった。

3度目は200度で一気に。


1度目は低温でじっくりだから、
あまり手は加えないのだが、
3度目ともなると、全体に色がつくように
常にアミですくっては戻し、すくっては戻しと、
かき混ぜねばならない。

そう・・・ずーっと油の前に立ちんぼになるのだ・・・。

このかき餅揚げ。
やられたことがある方はご存知でしょうが、
ものごっつい油を使う。

今回、あれ、2リットルか?
その新しいボトルをまず1本空にして、スタート。
2度揚げの最後になると、
賢いピピッとコンロが
「油が少なくて、温度があがりすぎてます。
 よって消火!ピピッ」
っつって、勝手に火を消しちやうぐらいの残量に。

じゃぶじゃぶ油をつぎ足して、3度揚げをやった後、
残った量をみると、
ボトルの半分ぐらい。

うーん・・・どんだけ油すうてんねん・・・(ーー;)。

でもこれ、旨いんだよねぇ・・・。

ただ、結局、3時間ぐらい油の前にたっていた腐人は、
もう油臭で、腹はペコだが、胸がいっぱい・・・。

ああ、かき餅様、かき餅様
あなたはどーしてそんな油くさいの・・・。

ま、これもしばらく広げておいといたら、
自然に油切れして、カラリとなるんだけどさ。
※でも下にしく油紙はマメにとりかえましょう


とゆー、その裏で、
毎年恒例、箱根駅伝を鑑賞しておりました。

ふふふふふ・・・
今年は復路が荒れそうだわ!!!
リタイア!白たすき!に期待大っ!!!←鬼・・・

ってなんのこっちゃという方は、
2011-01-02の腐人日記
「初心者向け 箱根腹黒観戦ポイント」
をお読みください。

もう・・・これが楽しくって愉しくって・・・ケケケケケ・・・。


腹白観戦としては、
往路みていて愉しかったのが、
今回は学年がかなりバラっていたこと。

1年生から4年生
4年生から1年生
などなど、タスキを繋ぐ相手に上下関係があると、
もうとってもとっても萌えまする!

・・・あれ、これも腹黒になってってる・・・?

今回、4区5区の早稲田が愉しかったですね。

4年生から2位でタスキをもらった1年生。
でも5区で前をゆくのは、山の神・柏原。

その上、じりじりといつのまにかおいついてきた明大。
先輩から受け取ったこのタスキ!
順位を落とすわけにはいかぬーっ!!

と、なかなかのデッドヒートを繰り広げてくれましてねぇ。
ふふ・・・腐腐腐腐腐・・・

ま、表に出すのはこの辺にしときましょう。

明日は、お楽しみの復路だーっ!!
イエーッ!!

往路走者の皆様、お疲れ様でございました。
復路走者の皆様、
明日は悔いのないよう、がんばってください。
全力をだしきれることを祈ってます。



以下、読書録。

●1日
(1)マンガ 『ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~』 吉本浩二&宮崎克
  うーん・・・・・・・・・。
  これ、このマンガがすごいのランキングの1位になったらしいが、
  これのどこがすごいのか、
  さっぱわからん(~_~)。

  だって、すごいのは手塚治虫さんであって、
  また、その時代を語ってくださった皆々様であって、
  このマンガそのものがすごいわけじゃないじゃん。
 
  マンガそのものとしては、
  まったくすごくないと思うンだが・・・。  

  なるほどーそーだったのかー
  という意味では、おもろかった。
  が、どうせなら、映像のがいいと思う。

(2)同人誌 『COMPLETE D』 木原音瀬
  「ゆみめるもの」「白い恥辱」「OLD LOVE SONGS」
  が収録。

  「白い恥辱」だけ既読でしたが、
  なんというか、根っこは不変という感じですね。

  とはいえ、
  「ゆめみるもの」は、
  まぁ、あと箱根ぐらいを登って降りたら
  二人で温泉に漬かれるのかなって気がしますが、
  なんかな・・・
  初めは、ふりまわされてるのは、
  とういだと思ってたんですが、
  最後、逆転してますね・・・。
  なんか、とういクン、ちょいと怖いぞ・・・。
  
  「OLD LOVE SONGS」は、
  ・・・・・・・・・・・惣ちゃんと嘉藤ぐらい離れてません?
  地球とM78星雲ぐらい?

  どこをどうやったら、ラブラブになるのか、
  その道が全くみえない・・・。

  そして、とってもどーでもいいんですけど、
  ガラスを割ったときは、
  部屋の隅から隅まで掃除機かけないと
  とんでもねぇとこ飛んでるぞ。

  昔、コップを割った後、適当にしか掃除せんかったら、
  えっらいとこまで飛んでて、足切ったもん・・・(;一_一)

  個人的には。
  赤尾くんがすんげぇ気になるんですが・・・。
  そしてシモがゆるいパパも・・・。

  こっちは、再会したりはせんのですかねぇ?
[ 2012/01/02 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。