腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 熱く語るぜ!腹黒読書 > 『残酷な神が支配する』について
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『残酷な神が支配する』について

この、萩尾望都 『残酷な神が支配する』
腐人は萩尾さんの作品のなかでは、
1、2を争うぐらい、好きなんですけど、
腐人の周囲では、見事なぐらい評価が割れました。

腐人同様、「これ、おもろい!!」という人と、
「ごめん、これは読めない・・・」という人と。

まぁ、テーマがテーマだからなぁ・・・。


レイプという意味では、
BL小説なんかでもみかけはするが、
字で読むのと、絵でみるのとの衝撃度の違いだろうか。

どっちも平気な腐人には、よくわからない・・・。



このお話において、腐人の興味は、
今も昔もグレッグなんですけどね、
その割合とか、方向性が変わったなと
再読していて気がついた。

腐人の初読は、まさにオンタイムで、
新刊がでるたび飛び付いて、
「まだかな、まだかなー、次の巻、まだかなー」
と言いながら、また1巻から読み返し・・・
ってなのをやっていた。

だから、ボート小屋の告白まで、
ジェルミ同様、サンドラのことは知らなかったし、
イアンが思いだすまで、リリヤのことも知らなかった。

そのせいか、なんかグレッグのことが、
ジェルミが抱いてるような怪物にみえたのよ。

でも、再読で、
サンドラのこともリリヤのこともわかった上で読んだら、
なんか、すごく矮小にみえてきてね。

っても、どっちにしたって、犯罪者だと思うが。

これがもし日本なら、確実に犯罪者だわな。
未成年者に対する暴行およびわいせつ行為で逮捕確実だけど、
イギリスの法はどないなっとるんかな?
たぶんアウトやとは思うんだが・・・。

ってのも、昔、欧州の犯罪に関する本を読んだとき、
あそこでは欧州全域で問題化してるものの一つに、
児童の誘拐とか人身売買があって、
イギリスでは、それ専門の部署があるとあった。

ただ、その中身があまりに陰惨で、
取締り側の刑事さんたちの神経がもたないらしい。
皆、心身を壊してやめていくんだそう。

まぁ・・・腐人もいくつか事例を読んだが、
人を人と思わなければ、こういうことができるのかな
という感じでねぇ・・・。

って、ちょいと話がずれたけど、
もしジェルミが告発していたら、
恐らくグレッグは捕まったであろう、と思う。

が!
ここがね、家庭内虐待の難しいとこなんだよね。

腐人は犯罪者というものにすごく興味があるので、
いろいろ読んでるが、
犯罪ってさ、被害者家族も加害者家族も、
その後の人生が変わっちゃうものなんだよな。

それが、家庭内に被害者と加害者がいて、
罰せられるべき加害者が、家の大黒柱だったら?

その歯車の狂い方はハンパじゃない。
告発した被害者を、周囲が責めないと誰がいいきれる?
「あんたさえ我慢してれば!」
そう言われるのがオチじゃないか?

サンドラは知ってたが、知らないふりをした。
でも、もっとひどい、
実母が夫に子供を差し出すことだってある。


そやって考えると、悪いのはグレッグだけか?
という気になったのよ。

でもって、リリヤの話をきくと、
さらにそれが増殖してねぇ。

「ジェルミは被害者である」
これには満場一致の賛同が得られるような気がするが、
「グレッグだけが悪い」
には、
「意義あり!」
って声がきこえてくるんだよなぁ、腐人には。


だからか、再読をして一番強く感じたことは、
「サンドラって、キライやわぁ!」だ。

リリヤもリリヤなんですけど、彼女の場合、
もしかしたら、彼女自身も、
『家族』っちゅーもんの生贄だったのかもしれない

という気がするんで、若干、情状酌量をしてやってもええで、
っちゅーとこがある。

でもね、どっちにしても、だ。
親になった男女が、「親」になりきらないってことは、
はっきりいって、
超迷惑極まりない!!
これだけは、確かだと思う。

「親になれない」んだったら、子供作んな、っちゅーの。
子供は、あんたらの自己満足のための
ぬいぐるみじゃねぇのよ!

腐人が権力者だったら、
こういう男女からは生殖機能をとりあげる法を
制定してやるのに!

そしたら、あとは好きなだけ、
あそこが使いものにならなくなるまで
ファックしてりゃぁいい。
あんたら自身がボロクソになるのは、
知ったこっちゃねぇ!!!

とまー、なんかねぇ・・・
こういう怒りがわいてきてねぇ・・・。

だから、ジェルミが、最後のちょい手前で、
サンドラへの怒りに到達できたとき、
「ああ、よかったなぁ。
 これで呪縛から開放される」
と思ったの。

なんだったかな?
なんかで読んだが、この「親になれてない」親との関係って、
ホント、延々続く呪いなんだよねぇ・・・。

それを考えると、
「もし、サンドラがグレッグと結婚していなかったら?」

ジェルミにとっては、
こっちの「もし」の事態も恐ろしいことになった気がする。
ビビとの間に、
サンドラはまちがいなくくちばしを挟んでくるだろうし、
下手したら、ある夜、
サンドラに、上にのっかられてたかもしれないぞ?


腐人はサンドラみたいに一人で立とうとしない女は
フィクションのみならず、現実でも、
宇宙の果てにホームランしてしまえと思うぐらいキライだし、
リリヤみたく、流されるだけの女も同様にキライ。

だから、こういう女どもへの文句を言い出すと
キリがなくなるので、この辺でやめて、
グレッグへとスポットライトを移しましょう。

まぁ、その素質があったよーな気はするものの、
グレッグの人生が確実に曲がったのは、
リリヤの浮気だよな。

浮気すんなら、結婚すんなよ・・・(~_~)
と腐人は思う人なんだけど、
これについて、もしグレッグにきけるなら、
ききたいことがある。

「なんで、リリヤを打たなかったの?
 なんで、リリヤをいびりたおさなかったの?」


そうしてりゃー他に被害者でなかったのに。
ナターシャに、メイスン街の娼婦に、そしてジェルミに
むけられたってのは、完全なる八つ当たりだよなぁ。

なんで、本人にぶつけない?
なんで、簡単に死なせちゃったの?

まぁ、本人、目の前にしたら、死なさない程度にストップする
ってのは難しいかもしんねぇけど。
周囲にしたら、いい迷惑だよなぁ・・・。

ただ、むちゃくちゃ前の民族的恨みを
延々ひっぱりつづける人々の感覚って、
腐人にはわからんのですが、
これってね、
本人に対し、その場で恨みを晴らしておけば、
そんな終わりのない憎しみあいって
せんでも済んだんちゃうん?
と、いつも思うんだよねぇ・・・。

恨み晴らす前に死なれたんなら、
死人に鞭打ちゃいいじゃん。
気が済むまでボロカスにしたら?
とか腐人は思っちゃうんですが。


そういや、リリヤに対するグレッグのモノローグで、
あれもしてやった、これもしてやった
ってのがあったが、
あれってまさに抑圧者としての男の思考だよな。

この女にいくら使ったと思ってるんだ!って。
ファック1回いくら、って考えだよなぁ。

なんかそやって考えると、
ジェルミがいう「専属」ってのが、
結局、男って、本音のとこでそう思ってるんじゃねぇのか
っちゅー気になるのは、腐人だけですかねぇ。

あかん、どんどこ長くなる・・・。

クソ大人どもへの腹立ちがあふれて、
ジェルミとイアンの話とか、
ウィリアムの話とかにいけねぇ・・・。

なら、とりあえず切るか。

そういう意味で、
今日のものに小タイトルをつけるとすると、
「誰がいったい悪いのか」かな。

浮気して、グレッグの狂気をひきおこした
リリヤが悪いのか。

それとも、その狂気を本人にぶつけなかった
グレッグが悪いのか。

息子を平気で生贄にさしだし、
自己愛と依存しか中身がなかった
サンドラが悪いのか。

それとも、
そもそもリリヤを生贄に差し出したのかもしれない
リリヤとナターシャの実家、移民一家が悪いのか。

そしてそして。
家庭内ででた生贄が告発した場合に返ってくる代償が
あまりに大きすぎる「社会システム」が悪いのか。


ま、前にも上にも書いたが、
これらにおいて、たったひとつだけ真実がある。

それは、
「ジェルミは完全なる犠牲者である」
ということ。


腐人の意見としては、
もしこういうことを本当にゼロにしたいなら、
ニンゲンは、社会という妄想をドブにすてて、
弱肉強食、適者生存という
動物界のルールにしたがって生きるしかないんじゃね?

リリヤにしろ、グレッグにしろ、サンドラにしろ、
単なるオスメスだったら、
セックスは生殖でしかしないし、
力が強いものが種付けをして当然、っちゅー
とっても簡単明瞭な世界で過ごせただろうからねー


この作品については、
まだまだいろいろ言いたいので、
こいつらへの文句以外のところを、
また明日・・・か近いうちに、やりまする。



以下、読書録。

●25日
(861)同人誌 『セレクション 3』 谷崎泉
  腐人はこういう小ネタ好きなんですけどねー。
  いいじゃん、クマのアップリケの毛布。
  っつか、それ、誰がやったのかが知りたい・・・。
  商店街のおばちゃんズか?

  個人的には長いのも大歓迎ですんで、
  同人で、ロングロングやってくれていいですよ、谷崎さん!

  マンガのアニメ化をはじめとする
  クロスメディアといえば、
  腐人が一番???と思ったのが、
  某テニスマンガの舞台化だ。

  ・・・テニスを舞台で???
  いやまぁ、舞台って、観ているほうも
  イマジネーションを
  働かせないとならないものではあるんで、
  まぁ・・・できなくはないかもしれんが・・・
  腐人にはその面白さは
  理解できんなぁと思ったの。

  つぐちゃんの怪盗ものなら、
  けっこう舞台にのせても楽しそうだけどなー。

  っつか、マジで読みたいっす、
  つぐちゃんのマンガ。
[ 2011/12/26 ] 熱く語るぜ!腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。