腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹白?日記&読書 > パパの出張
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パパの出張

姫のパパは、今、ちょいと長めの出張にでてる。

忙しい方なので、夏にもそんなことがあった。

が、当時は姫がいまいちわかってなかったので、
いつものとーり遊んでいたのだが、
今回は、違ってるらしい。

元気がなくなり、ママにべったりとくっつき、
「ご飯の支度しにいってもいい?」
といっても、
いつも返事は同じ、「やだ!」。

そして、パパじゃない男の人が、
いつものようにかまおうとすると、
「やだやだ」攻撃をかますという。

お手上げになったママが
(そら、くっつかれたら家事でけんもんなぁ・・・)
パパに連絡して、
電話越しにパパの声をきいたら、
なんとか通常モードにもどったらしい。

が、その一連の話をきいて、ふと思う。

姫はこの世に生まれてまだ1000日にもなってない。
そのうちの7日、パパが帰ってこないとなると、
そら重大事件だわなぁ・・・。

もう15年もすりゃー、
「パパは 元気で 留守がいい」
とかゆっちゃうかもしれんがねぇ。

そういえば以前Iちゃんに教わったが、
歳をとると時間がたつのが早く感じるというのも、
この母数の問題で、
子供の頃には、1/1000だったのが、
大人になりゃー1/10000。
その違いが、感覚にでてくるんだときいたな。

なーるほーどねぇ。

・・・って今、切実に
今月は短い!を思ってんだけど・・・(-_-;)
っつか、12月からこっちってぜってぇ短いよ!!
仕事、おわんねぇよっ(>0<)!!!

なのに、レンタルマンガを返しにいって、
また20冊借りこんで、
読みふけってしまうのは、なぜ・・・(T_T)?

あーあーあー・・・
放置しまくってる案件、年内で片付くかしら・・・。

♪今年の宿題、今年のう・ち・に~

・・・片付けられるもんなら片付けたいが、
何を宿題にしてたかが、もう忘却の彼方・・・。
あのネタ、どないなってんねん!!
というものがございましたら、
恐れ入りますが腐人会までご連絡ください。←入口ねぇって

とりあえず、腐人会の皆様、
愛とホモのつまった宅配便は
年内に出したいと思います・・・。


ところで、どーでもいいんですが、
某柔道家の下半身事件。

実は他にも被害者がいるとか、
合意だったと否認してるとか、
ある人が擁護の意見をだして、ネット上で話題になってるとか、
そんなこたぁどーでもいい。

そじゃなくて、腐人としては、この点が気になってんの!

嫁、いるよね?
合意とか!合意じゃないとか以前に!
嫁いるけど、別の女とやったってのは、
双方異議のない事実だろ!?
嫁に対する道義的責任は!?なぁ!?


そこに誰もツッコまないのが、すごく不思議・・・。

不倫は文化だとゆーた人がおりましたが、
男の倫理ってそーゆーもんなんかねぇ。

こないだアメリカのニュースでね、
NYPD、ニューヨーク市警が、
身内の犯罪をもみ消してたのがバレて、
何人かが懲戒処分をうけたのよ。

そしたらね、他のNYPDの警官たちが、デモを起こし、
「身内の犯罪をもみ消すのは、
 NYPDの文化だ!伝統だ!
 彼らの処分はおかしい!!」
ってやったそーなんだわ。

腐人はそれをきいたとき、
開いた口がふさがらなかったが、
なんというか・・・今回の件と並べると・・・
メクソハナクソ

まぁ、夫婦の間のことは、
本人じゃなきゃわからんけどさ・・・(-_-)。


以下、読書録。

●9日
(794)BL/ディアプラス 『たとえばこんな恋のはじまり』 小林典雅
  わっはっは。
  笑たわー、あの死語。

  ・・・っつか、
  それがすべてわかるのがちょっと悲しい・・・(/_;)

  個人的には格段に読みやすくなったなぁと思うんだが、
  どーなんでしょ?

  でもあの小林節が読めないのも寂しいなと
  思っていたので、セミナーんとこでニンマリ。
  やっぱ、これがないとねぇ、
  ぶっとびキャラだけでは、小林さんじゃないわな。

  そう、そーなんだよね。
  個性を生かすシュチュエーションを考えてハメれば、
  二乗三乗におもろさが増すわけで。

  そういう意味で、前の美男塾もだが、
  今回も上手くハマったなーと思う。
  次も楽しみにしてまーす!

  それにしても受講生が次々ホモになるって・・・
  落としたいノンケをつれて参加したら、
  いけたりせんのかしら・・・。


  ところで、このセミナー。
  セミナーとしても
  「おもろいのぅ・・・」と思う。

  腐人の場合、
  「相手を一撃でやっつける口撃方法を伝授!
   ただし、いつ後ろから刺されてもいいという方、限定」
  っちゅーセミナーなら開ける人なんで、
  つい、やりすぎるんだよねぇ・・・
  はっはっはっはっはー。

  なので、結構、ふむふむいいながら読んでました。

  ま、どちらも立派なバカップルになれそーで、
  ぜひ、4人で集まって、バカップルデーをやって欲しい。

  もう・・・部屋にむかって
  消防車で放水したくなるよーな
  イライラが味わえそうな気がする・・・。
  
(795)マンガ 『進撃の巨人 6巻』 諌山創
  うーん・・・・・・。
  講談社さんさー、
  本当にこの作品をいいと思ってるなら、
  もっと大事に育ててやれよ。
  これ、このままいったらダメになるんじゃねぇか?

  この巻は、これまでの「伝える」話と違い、
  「見せる」話だった。
  
  そうすっと、表現力っちゅー技術が問われる。
  まー・・・言うまでもなく、
  言いたいことを表現するのに、
  表現力が足りてないのは前からわかってたことで。

  ならば、今の力でどうすればいいか、
  それをね、もっと一緒に考えてあげるべきじゃなかったか?

  
  前の巻ぐらいから、途中で時制をいじりだしてはいたが、
  今回もそれをやってて、
  正直、「あーあーやっちゃったぁ・・・(~_~;)」と思った。
 
  ってのも、腐人はこの話に限らず、
  時制をいじるのは、基本的に賛成しない。
  
  なんでかっちゅーと、本当に卓抜した技術がいるから。

  今回でいえばね、読者の心情としては、
  この知性のある巨人から、
  必死で逃げるという気持ちに同調してるわけよ。
  
  そして、そのために犠牲になってってる人がいる
  それっていいのか?っちゅー逡巡とか、
  そういう感情の流れや高まりに、
  身をゆだねてるわけ。

  なのに、そこで説明にあたる過去話をつっこまれるとだね、
  それを理解するために、
  理性がにょきにょき起きだしてくるわけよ。

  で、一通りのエピソードを読み終えた読者にあるものは
  っちゅーと、
  冷め切った感情、ただそれだけ。

  音楽でゆーなら超もりあがって、
  いざビブラートきかせまくりのサビにいくぜ!!
  ってなとこで、急にお経が流れてくるよーなもん。

  例えば、『宇宙兄弟』の8巻なんかね、
  あれはむちゃくちゃ上手かった。
  ヒビトがどうなる!?ってな感情の高まりを
  一切殺すことなく、むちゃくちゃうまくつないでた。
  そんとき、今回みたいに
  流れを殺すような余計な説明あったか?
  なかったでしょ?

  よりもりあげるために、
  走馬灯をおもわせるような、薄れ行く記憶の中で・・・
  って演出は確かあったけど、
  それと、今回みたいな説明は違うじゃん。

  なんで、これをここでわざわざ入れるかね(~_~)?

  なんかなぁ・・・。
  この出版不況でさ、売れるかもと思えるネタがあったら
  それに飛びつきたくなる気持ちはわからんでもないんだが、
  話題になってる今、売っとけみたいな姿勢、
  腐人は冷める。
   
  超巨人の口の秘密がしりたくて読んでるんだが、
  (そこかい!)
  しばらく、距離をおいたほうがいいのかもしれない・・・。  

(796)BL/シャレード 『君が好きなのさ 5』 谷崎泉
  矢島先生、好きだわぁ・・・。

  腐人が『君好き』好きだなぁと思うのは、
  この矢島先生みたいに、
  ちょこっとしか出てこない人でも、
  ものすごく丁寧に書いてあるから、
  なんというか・・・
  本当に皆がそばにいるような気になるところなのね。

  本屋にいったら
  矢島先生とかつぐちゃんの作品が載ってる
  『少年セブン』が売ってるような気になる。

  東京の隅田川沿いに、
  つぐちゃんたちがいるビルがあるような。

  でもって、この年末進行、忘年会の流れで
  吉田さんがゆってたけどさ、
  本当に信頼できる人たちばっかだからさ、
  このお話の中にいるのが、すごく居心地がいいんだよねー。

  どっちかっちゅーと、
  最近みかける物語の多くが、殺伐として、
  狭いコミュニティだけに終始してるからさ、
  波紋のように人と人とがつながり、信頼関係ができていく、
  こういうお話に、心が癒される気がする。

  ある意味、この5巻の頃が、
  浅井にとっては一番の幸せな時期だったのかもねぇ・・・。
[ 2011/12/10 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。