腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 生ツンデレ
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生ツンデレ

今日わかったことがある。

どーしてこう仕事が溜まるのかと思ったら、
日中、街に出かけすぎってことよ!
腐人の本業は、坐業なのにーっ(>0<)!!!

そう・・・今日も日中はでかけまくりだったもんで、
仕事が便秘。
どっかに仕事便秘用のムーベン売ってませんかね?

時期が時期だったんで、
街中はLED電球によるイルミネーションだらけ。

それみてふと思ったんだが、
これってキレイなんだろうか・・・?

いや、それなりにキレイではあるんだけど、
腐人のシュミじゃないなぁ・・・。
だって、風情がカケラもねぇじゃん。

こういう光モノとしてなら、腐人のイチオシは、
京都の花灯路。
そういや嵐山のがまもなくはじまりますな。

あと、確か大徳寺の沙羅双樹がある庭で、
いつだったか、竹灯篭の特別拝観をみたが、
あれもすげーよかった。

やっぱし、温かみがある光がいいなぁ・・・
と思うのは、腐人だけなんかねぇ?


さて、今日の本題はツンデレだ。

BL読みなので、ツンデレってのがどーゆーもんかは
おおよそ知っている。
が、いまいちピンとこなかったんだな。

ところが先日、「おー!これかぁ!!」
ってのに遭遇した。


それは、姫が遊びにきたときのこと。

最初は腐人も一緒に遊んでたんだが、
ここのところの忙しさで、体力的に限界がきたので、
途中で姫とバイバイし、
玄関脇の自室で、死体になっていた。

ひとしきり寝入った後、
ピンポーンという来客を知らせるチャイムで
腐人は目を覚ました。

「すみません、××(姫の名字)ですけど、
 姫をむかえにきました」

聞こえてくる内容からすると、
姫のパパがお迎えにやってきたらしい。

腐人よりも年上のパパ。
なるほど、落ち着きのある声をしている。
口調も、立派な社会人のそれ。

インターフォン越しにパパの声が聞こえたらしく、
姫が、「ぱぱーっ!!!」と喜びの雄たけびをあげながら、
パタパタ廊下を走ってくる音がする。

と。

「ひめちゃぁぁぁ~んっ

・・・さっきと、1オクターブは違うぞ、その声・・・。


父娘は、感動の再会(?)をなしとげたようで、

「ぱぱぁ~っ
「ひめちゃぁ~んっ

とやっている。
姫の荷物をもってきた血族がいなきゃ、
ちゅっちゅ、ちゅっちゅやっとるんじゃなかろうか・・・。

そして、姫が言った。

「××ちゃん(どうやらパパの愛称らしい)は、姫のパパ?」

「そぉでちゅよぉ。
 ××ちゃんは、姫ちゃんのパパでちゅよぉ」



・・・これか・・・噂のツンデレって・・・。

いいもん聞かせてもらったわ。

でも、目の前、いや壁越しにやられると、
結構・・・引く・・・かも・・・(;一_一)

ま、娘がパパ大好きってゆってくれんのは、
そんな長い時間じゃねぇからねぇ・・・
せいぜい、今をお楽しみくださいな


以下、読書録。

●29日
(760)BL/ビーボーイスラッシュ 『黒の蜜約』 水戸泉
  これは、腐人の気のせいでしょうか?

  黒髪の30男の大佐が、パツキンの10代軍属少年にベタぼれって、
  海っぺりで販売される薄いのに高い本で
  よくみかけるんですよ。
  まぁ、最近は、
  帽子かぶったおじさんと金髪メガネに押されてますが。

  って、舞台やストーリーは、まぁ、違いますけどさ。
  師匠が読んだら、脳内変換するんだろうなぁ・・・。

(761)BL/キャラ 『管制塔の貴公子』 遠野春日
  疑問・・・。
  っつか、その職業選択、絶対間違ってるって!!

  と思わず叫んだ、テイク・オフ。

  確かに医者も体力的にすげーハードだが、
  編集・ライター稼業なんて、超ヤクザだぜ?
  寿命を削り、身体を壊すのが当り前だぜ?

  ・・・いろいろ支障があるので、
  あまりゆーのはやめとこう・・・。


  せっかくいいダーリン捕まえたんだから、
  嫁入りして、専業主夫になるのを薦めます。
  
[ 2011/11/30 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。