腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹白?日記&読書 > やっちまったぜ、わっはっは4
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やっちまったぜ、わっはっは4

腐人がどこまで乗ったかの前に、
高級中華の話をしよう。

今回、予約をした高級中華店、Fは、
海外に本店がある。

グルメな師匠は、その本店で飲み食いをし、
「おいしかったよぉぉぉぉぉ~
と、よく報告してくれる・・・(/_;)

味もよろしいし、
雰囲気もよろしいし、
サービスもよろしい。

そして、お値段も、とてもおよろしい・・・(=_=)

なので、行きてぇと常々思ってはいたが、
なかなかその機会がなかったわけで、
今日は、たらふく食うぞぉぉぉっ!!!!と、
予約した1ヶ月以上前から思っていた。

だから、遅れるわけにはいかんのだっ!!!


で。
乗り遅れたトラウマのせーで、電車がとまるたび、
「こ、ここじゃないよな!!」
とビクビクしている腐人・・・。

その合間に、特急に備え付けられていた冊子をみて、
D駅までの料金と、
E駅までの料金を見比べてみる。

・・・いっしょじゃん・・・(~_~;)

どうやら乗り入れ手前までと、乗り入れてから、は
×××円とゆー大きな溝があるが、
乗り入れてからは差が出ないらしい。

うーん・・・ならば、D駅じゃなくてE駅まで乗ってもよし?

いやいや、切符は目的地まで正しく購入しましょう!だ。
姫がいたら、「だめよ」と怒られてしまう・・・。

うーんうーんと悩んでいると、
D駅が近づいてきた。

座席から搭乗ドアをみてみると、
ん?なんか制服みたいなのを着てる人がドアのとこにいる!

・・・乗り入れ路線だから、厳しく切符をチェックしてる・・・?

これは正しく降りなければっ!!
と慌てて荷物をつかんで降りたんですが。

切符のチェックはなし。
腐人がみかけた制服さんは清掃の方でございました・・・(-_-)

でもまぁ、いっぺん降りちゃったら乗れないので、
仕方なく、その後にやってきた各駅停車に乗り、
E駅を目指す。

そして、車内にある路線図をみてると、
その先にある駅からもいけなくはなさそうで・・・
でも、そこに行くまでの駅数を数えると、結構ある。

うむぅ・・・E駅で乗り換えてA駅にむかうか、
それともその先の駅から、Fに直接むかうか・・・。

地図もGPSもないので、道がわかりやすいほうを選ぶべし!
と、E駅でA駅にむかう電車に乗り換えることにした。

のだが・・・
なーんも考えずに乗ったので、E駅で降りて、
A駅に向かう線に乗り換えようと、乗換先をみたら。
ホームの反対側の端っこが乗換に通じる口だという・・・(-_-;)

今からE駅乗り換えをやめるっても、
もう電車は出た後で、次を待ってれば、また時間のロスがでる。

しゃーねぇ!走るか!
と、ホームの端から端までダーッシュ。

ぜぇぜぇはぁはぁいいながら、
ようやく乗換に通じる口についたのだが、
そこで腐人がみたものは。

「××線への乗換は、ここから300m弱。
 がんばってね♪」

※実際にこんなことは書いてません。



・・・目の前に、
「Fの高級中華」というニンジンがぶら下げられてなければ!
もうここで挫折していたかもしれない・・・(;一_一)

でも!
Fの、金華ハムで出汁とった
上湯スープを飲みたいし!
大人数で広東料理を食べるなら、
清蒸(チンジョン)も食べたいし!

なにより!
払いは他人の財布・・・。

この機会は逃せない・・・。

腐人は走った。
ぜぇぜぇいいながら、走った。

そして、むかしむかし、
東京駅を、ヒールの靴を手に、
端から端まで裸足で走ったことを思い出した・・・。

あれから10年以上たつけど、成長してねぇなぁ・・・。


ま、そしてなんとか無事、乗り換えて、
スタート時点で18分ロスしてたのを、
10分遅刻までリカバーしました。

で、当初の目的どおり、
旨い高級中華をたらふく食って、
気持ちは幸せ、体重は秘密。

なかなか思い出深い誕生日となりました。


皆さんも、読書をする際には、
読みふけりすぎないように注意しましょう。



以下、読書録。

上の乗り遅れ事件の元凶となった本を。

(749)一般本 『警官の条件』 佐々木譲
  戦後からはじまる、
  警官3代記『警官の血』の続編。

  帯に、「父と子」とあり、
  「え?父ちゃんって、もう殉職したじゃん?」
  と思ってたんだけど、
  なるほど、こういうことなんですか。

  稲田とかぶるわけね。

  っつか、これ、この先、和也がどういう警官になるのか、
  それがやっぱ一番気になるよなー。
  ってことで、この続きはいつでるんでしょ?
  
  ま、それはともかく。 

  なんというか、捜査方法に正解ってないと思うんだけど、
  なんかこれ読んでて、この先、大丈夫なんかなぁ・・・と思ってしまった。
  警察という組織がね。

  今の日本政府もそうだけど、
  たぶん、役人や警官、個人個人をみたら、
  みな、いい人で、自分のポリシーをもって、それぞれのやり方で
  職務をまっとうするよう頑張ってるんだと思う。

  でも、それが組織に、集団になったら、
  もうどうしようもないほどの腐り方をしてるような気がしてならない。
  かつての日本軍のように。

  今回、加賀谷の捜査方法と、
  非常に対照的な感じで和也の部下たちが描かれていた。
  でも、そのように手法もルートも違っていても、
  最終的には両方とも追い詰めるべき犯人にたどり着いた。

  組織の形を作ること、体面を整えることばかりを
  気にしてる連中をそっちのけに。


  正直、腐人自身は日本という国が潰れようがどうでもいいが、
  読みかけで時間がどーにもとれなくて放棄しちゃった
  『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』、
  あれを最初から最後まで読んだら、
  レミングとなってるよーにしか見えない、
  この現状を、なんとかすることができるんだろうか。


  それにしても。
  こういうときこそ、実績によって、その言葉に重みがある人が
  リーダーとなって、ひっぱってって欲しいのに、
  人がいつまでも生きてるもんじゃないとはわかっているが、
  惜しいなぁ・・・。

  和也がその跡を継げるのかどうか、
  続きが出る日を楽しみにしよう。

●26日
(753)BL/シャレード 『魔法使いの食卓』 谷崎泉
  ごっはん~♪ごはん~♪
  こんなにメシ描写がでてくるのは、
  『きみ好き』以来?

  個人的には、ごま和えには砂糖はパスしたい。
  ゴマと、あごだしだけで旨いっすよ?
  まぁ、あごだしは安くないが・・・。

  それから、ちくわチャーハンには、
  ジャコ入れるとうまみが増します。
  それから大量のゴマ。
  腐人家では、あまったセロリの葉っぱとかも刻んでいれちゃいます。

  個人的には、谷崎さんは長編向きで、
  そのお話世界が広がれば広がるほど、
  脇キャラが増えれば増えるほど、
  おもしろいと思うので、これもそうなってくれるといいなぁ。
  ま、シャレードさんなんで期待しよう。

  最中は、とらやが旨いと思う・・・。
  
(754)BL/ビープリンス 『ダブルスタンダード 甘く淫らな外交戦略』 能迅なのと
  ん?外務省で一種??
  確か、外務省だけは、入口が一種試験と違うはずだぞ?
  昔は外交官試験とかゆーてたが。
  制度変わったのかね?

  ダブルスタンダードというキーワードに
  なーんか囚われすぎてません?

  ゆーちゃぁなんだが、中国のしたたかさに比べりゃ、
  日本なんてへたくそだと思うけどねー。
  
  なんというか全体通して、あまいというかぬるいというか。
  予定調和なんだよなぁ・・・。

  腐人はいわゆる「お約束」と「予定調和」ってのは違うと思ってる。
  お約束は、萌えられるが、
  予定調和は、読む気がなえてくる。

  もうちょっと、ひねりというか、「ならでは」が欲しいなぁ・・・。
[ 2011/11/27 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。