腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > プロとアマの境界線
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プロとアマの境界線

わっはっはっはっはー。

昨日のブログを読んだ師匠から、
「キーッ!!」
ってメールがきた
キヒヒヒヒ・・・。

美味しかったよー?
まさに時期もんっつって、
キモだけで作ったイカの塩辛とか、
北海道は鵡川のシシャモとか。

その店は、純然たる江戸前なんですが、
仕事が丁寧なんです。
こはだも絶品!あなごも絶品!!
数年前、師匠におごってもらったことがあるんですが、
感心してはったもんなぁ・・・。

あー・・・
また誰かおごってくんねぇかなぁ・・・。←自腹でいけ!



さて。
道を歩いていたら、
むかいから若いリーマンの集団がきて、
すれ違いざまに会話をきくとはなしにきいていたら、
こんなことを言っていた。

「ゴキブリとカブトムシって、ほぼ一緒じゃね?
 違いがわかんね」


かなり大勢の人から非難を浴びそうな言だが、
そーゆーた兄ちゃんは、たぶんどっちも平気なんだろう。

だって、同じくどっちも平気な腐人も、

「まぁ、食うもんがちゃうから、
 出てくる場所が違うっちゅーぐらいよな。
 で、あんだけ好悪が天地になってると、
 ちょっとゴキブリがかわいそうかもなぁ・・・」


とか思うもん。

え?ダメ?

ネズミとリスの違いとかなら、
思いっきり力説できんねんけどねー、腐人も。
ゴキブリとカブトムシなら、
どっちもどーでもええもんで。

という前フリで、
プロとアマの境界線について語りたいと思います。
  ↑
前フリ長いわっ!!


いやね、こないだ師匠と会った時に、
この話がでたんですわ。

腐人はインターネットというものは、
いろんなものをもたらしたと思うが、
その一つが、アマチュアっつか素人だな、
その素人が商売の場を荒らす、という面があると思う。

「荒らす」という表現を使うと、「悪い」という印象が強くなるので、
「え?どうして悪いの?」
と思う方がいらっしゃるやもしれぬ。

でもはっきり言おう。
これ、悪いことなのよ。
あなた自身にとっても。

プロはビジネスなので、利というものを考えて動く。
そして、その視点は、
長期・中期・短期のすべてのスパンでの損得勘定に基づき、
自分の利だけではなく、
市場全体、業界全体がどういう方向になっていくかも踏まえ、
商売を行う。

でも素人はどうだろう?
そこまで考えてるだろうか?

とりあえず目先のことしか考えてない人が、
市場に割りこみ、その流れをぐちゃぐちゃにするとどうなるか。

その人が、そのときに儲けることはできるかもしれない。
でもその流れは本来の流れではないから、
長続きはしないし、ルールを無視した動きで荒れた場は
急な大雨による土砂災害で氾濫する川みたいなもんで、
その後、復旧するのに時間がかかる。

結果、どんどんどんどんその市場が荒れてって、
市場そのものが、利益を産みださなくなる場になるんだよ。

素人が出張ってくるってのは、
金の卵を産むがちょうに、むりやり卵を産ますようなもん。

腐人が大好きな絵本に
田島征三さんの『だいふくもち』というのがある。
ある一定の需要と供給を保ち続けるのが一番「利」になるのに、
それを崩したがゆえに・・・あのラストになるわけだ。

昔からよく言うでしょ、
「悪貨が良貨を駆逐する」って。

まさに、その現象が起こるんだ。

デフレスパイラルと似てるかもしれないが、
こちらの場合、
素人としての自分が他人の商売の場を荒らし、
玄人としての自分が、
素人の他人によって商売の場を荒らされてもうからなくなる。
そして、誰も、もうからなくなった・・・。

こういう構造になるのよねぇ。

消費する側、進出する側としては、
素人進出万歳かもしれないが、
それって、同時に、自分が進出される側にもなるってことで。

シュミでやる領域と、ビジネスでやる領域では、
背負うてるもんが違うでしょ?
ビジネスなら慎重な賭けにでても、
シュミなら大博打が打てたりするでしょ?

そやって、自分の商売の場に素人が進出してきたら?
自分がもらえる給料が目減りする一方だって
サルでもわかる。


なのに、今、このプロとアマの境界線が、
加速度的に曖昧になってきている気がする。


ん?
なんか書いてて思ったが、TPPの構造ってのも、
これにちっと似てるかもしれない。
ちゃうかな??


情報の世界はさらに恐ろしい。
昔から、
「えんぴつと電話さえありゃ、明日からでも開業できる」
と言われてるライター仕事。

素人ライターが増え続ければ、
いずれ、「書く」という仕事に金を払おうとする人は
いなくなるかもしれない。

が、その信憑性は?
セキュリティは?
プライバシーは?

そういう意味で、
今日のニュースの中に、
とても興味深い訴訟事件をみた。

貧困ビジネスを特集したテレビ放送に、
匿名で出演して、実態を語った人が、
放送の2日後、襲われ、重傷を負ったという。

放送にあたり、
個人を特定できないようにする処置が足らなかったからだということで
テレビ局に賠償を求める訴訟なのだが、
偶然にも、この番組を腐人はみていた。

個人を特定できないように、
何もやってなかったわけじゃないから、
どこまでやるべきだったか、という難しい問題になってくるのだが、
たぶん、これ、犯人が捕まらないと、難しい裁判になるよな。

まぁ、ケーサツが殺人未遂事件として捜査してるらしいが・・・。

アメリカのCBSドキュメントで
組織に追われてる人のインタビューしたときは、
全身特殊メイクで、体形すらもわからない状態だったのと比べると、
モザイクはかかっていたものの、
安易に考えていなかったとは言えないような気がする。
お互いに、いろんな意味で、ね。

まぁ、この裁判がどうなるかはさておき、
普段テレビ番組を作っている人ですらこれなのに、
もし、素人が席巻するようになったら?
もし、こういったことがあった場合、責任をもてるのだろうか?


って、まー今、プロの世界も
この辺、かなりヤバくなってっけどよー。


ちょいと話がずれるが、
「責任を負う」って点でね、
こないだ、腐人はものすごーく疑問(~_~)な思いにとらわれた。

それは免許の書き換えの時のこと。

最初にもらう申請用紙に、
昨今の自動車事故をうけ、
「てんかん」についての質問事項があったのだ。

診断されたことがあるか、とか
運転中に気を失ったことがあるか、とか
いくつかの質問に答える欄がもうけられてたんだけど、
イエスかノーかチェックをいれるだけ。

・・・これでどうなるんだろう?
と思ったのは、腐人だけだろうか?

小学生の列に突っ込んだ運転手のように、
持病があるのはわかっていても隠すつもりがあれば、
たったこれだけの質問に、正直に答えるわけがない。

やらないよりはマシ?
ケーサツとしてはやっている?

どちらの姿勢なのかはわからないが、
一番肝心なのは、意図的な隠匿も含め、
こういう事故をなくすためにはどうすればいいか?
を考えることじゃないのか?

ま、これ言い出すと、
いつもの方向にいっちゃうのでやめとくが、
なんか本当に「人類レミング」みたいになってきてるなぁ・・・。


先日、ある人がボソッと言った。

「これから先、利益をうみだすのは、
 今までの比じゃないぐらい難しくなる」


腐人もそう思う。
本当に、これから大人になってく子は大変だぁ・・・。


以下、読書録。

●7日

(722)BL/ルチル 『兄弟恋愛』 李丘那岐
  あれ?
  なんかこれ知ってる・・・と思ったら、
  『親友恋愛』を先に読んでおった・・・
  順番守れよ、腐人!!

  ま、いいやね、読めるもん。

  そういや最近はあんまし「誘拐」ってきかない犯罪だよなぁ。
  捕まったときの量刑考えたら、
  わりにあわないことはなはだしいし、
  成功率も低いし、面倒なんだよね、誘拐って。

  って、腐人は別にやんねぇよ、犯罪!!
  面倒くさいもん。
  ただまぁ、もしやらなあかんねやったら、
  アレかなぁ・・・と思ってるもんはあるが
  ここでは書きません。
  
  そーいや、今日のニュースでもう一個
  すごく気になったんだけど、
  公判のためにって、お兄ちゃんが差し入れしてくれた
  スーツとネクタイの、
  ネクタイを使って独居房で首つって自殺した被告の母親が
  国を相手に訴訟をおこしたんだよねぇ。
  
  確かにネクタイなどひも状のものは、
  差し入れしちゃいかんもんで、
  腐人の知ってる限りでは、
  これ、ものすごく細かくチェックされるんだけど、
  なんでスルーされちゃったのかってのがさ、
  腐人は気になるの。

  少しでも周囲にいい印象を与えるようにという兄心、
  その兄心をうけて、見逃してしまった・・・?
  それとも・・・?

  ヒマだったら、この裁判、傍聴しに
  某所までいきたいぐらいだよ。

  って話がBLからずれたけど、
  言いたいのは、フィクションならいいけど、
  リアルで犯罪やるのはやめときなさいね、ってこと。

  お兄ちゃんのゆーことは、ちゃんときいとけ、桐!
  わかった?

  ただまぁ、この先、社会がどんどんダメになってったら、
  マジで、塀の外よか、檻の中のが暮らしやすい
  ってことにならんとも限らんがね・・・。 
 
(723)BL/ルチル 『七代目、お譲りします』 小川いら
  この四兄弟、一番上と一番下がおもろいな。

  大物っちゅーか、大物食いなのが一番下で、
  ある意味、劉備?
  この兄ちゃんズを従えてれば無敵だよな。

  一番上は、この天然っぷりは無敵だな。
  そーゆー意味では、
  兄ちゃんがトップになるってのもおもろかったかもねぇ。
  敵対した場合、出方が読めんからさー。
  ビジネスなんかでも、
  こういう人がカリスマになったりするんだよねぇ。

  あの天岩戸じゃないが、
  周囲は大変なんだけど。
  ちょっとみてみたかったかも。
  
[ 2011/11/08 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。