腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > チビとママ
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チビとママ

の前に。

また腐人の中で、
公然わいせつラインに疑問を生じさせる事件がおきた。

詳しくは今日のニュースを
よくよくみてもらったらいいかと思いますが(三面記事中心に)、
店の中なら、ええんちゃうの?

だって、
客はそういう店だとわかってやってきてるんだし、
周囲だって、そういう店だとわかってるんだし。

これがあかんねやったら、
ストリップはどうやねん(~_~)??

これは2丁目だからアウトやったんか?
と、うがった見方をしたくなるぞ!

どうもな・・・
この公序良俗を侵しているっちゅー系の法って
取り締まり側が、恣意的に、
自分らの好き放題に物差しを
伸ばしたりひっこめたりしとるようにしかみえん。

この手の事件をみるたびに思うんだが、
公序良俗たぁなにか、
いっぺんきちっと具体的に定義してくれや。

これに限らず、役人の言葉って、
ほんと、自分らのご都合だけで、びみょーんと伸び縮みするんで、
腐人は大嫌いである。


さて。
きのうちょいと触れた話。

このブログを読んでいれば明白だが、
腐人はチビが嫌いではない。

学齢以上のクソガキやらワカゾーになると、
掃除機で吸い込んで
ブラックホールに捨ててやりたくなることがあるが、
おそろいの帽子をかぶった
小人さんたちがわらわらいるのは、
見ていてとても楽しいし、
例えば、
保育士さんにつれられたそういう集団と道で遭遇しても、
電車のなかで拗ねてぐずって泣いてるのをみても、
あらあら・・・と思えるものがある。

チビィのが好き、ってのもあるが、
自分だって、ああやって
周囲に迷惑かけながら大きくなったんだから、
大人は寛容にならねばならぬ、という気があるんだろな。

でもって、
もしチビがあかんことしてたら、注意するし、
チビの存在が目や耳にとびこんできたら、
渡れる赤信号でもちゃんと待つ。←ひ、低い・・・

そやって、大人が体現することで、
子供は社会のルールを身につけると思ってんだよな、腐人は。

そして、子供に対する一番の責任者は、
なにをおいても、産んだ親だ、と思ってる。

まず、ニンゲン以前の動物時代は、
親が手を離してはいかんと思ってるし、
イギリスでは、伸びるゴムひもみたいのつけてたけど、
腐人は、あれいいと思うンだがなぁ・・・。
日本にはないのだろうか?

と、なにをぐだぐだゆーてるかというとですね、
ちょいと最近、こういうことが起こってんですわ。


腐人が利用している駐輪場は、比較的ゆったりしていて、
あまり出入りがない。
それをいいことに、
チビの送迎バスのたむろ場所にされているのだ。

そりゃね、どこかにそういったスペースは必要なんだろう。
でもって、土地が余ってる場所ならともかく、
このギューギュー建物がひしめき合ってる街中では、
なかなかそういうスペースがないのはわかる。

だから、誰かしらが本来の用途じゃない使い方の被害を
蒙らねばならぬのもわかるし、
それがたまたま腐人なんだろうと、思う。

でもさ。
だったら、使う側が、遠慮しねぇ?

本来の使用者の迷惑にならないよう、
隅っこに肩身狭くしているとか。
そういう人がきたら、さっと退く、とか。
間借りしてる身ならば、
そういう配慮というか、遠慮というか、気配りがあって
しかるべきだと腐人は思うのね。

そうすることで、お互いに
本来のルールから逸脱してることだけど
許容しましょうね、ってな暗黙の了解になるわけじゃん。


そう・・・腐人が何にむかついてるか、わかりますね?

このたむろってるママ連中に、
ちぃぃぃぃぃっとも!1ミリグラムとも!
遠慮とか配慮とか気遣いがみられんのよ!!!


それがむかつくーっ!!!!

バスがきたときに乗りやすい様、
あんたらがたむろってる場所は、
本来、駐輪してる自転車やバイクの出口でね。

あんたらがバギーで塞いでるのは、
自転車やバイクと停めるところでね。

あんたらのガキんちょがいるのは、
自転車やバイクの通り道なんだよ!!

だからこそ、歩道と車道を分ける鉄柵が除去され、
段差がスロープ状態になってるわけよ。

これらすべてが!
あんたらのためにあるわけじゃないっつーこと、わかってる?


それが、たまたま1回だけのことなら、
ああ、この人たちは、
こういう周囲の状況を読むことができない
可哀相なレベルの人なんだなぁ・・・
と思うだけだが、
「すみません、そこ出るんで、どいてください」
っつーのを、もうね、何度も何度もやってるのだ。

その上、我が子がうろちょろしてたり、
ベビーカーが駐輪スペースを塞いでいても
平気でママ友とベラベラベラベラやっている。


状況がわからないから、これと同じにするつもりはないが、
先日、4歳のお姉ちゃんを送ってきた送迎バスに
1歳の妹が轢かれて死んだ事件があった。

これをきいたとき、腐人は一番に思った。
「親は、なにしてたの?」

1歳児でしょ?
ニンゲン未満の動物でしょ?
背中か、腹か、バギーに
くくりつけてんじゃないの??

そのくくりつけてたバギーの置き場が悪くて、
バギーごと轢かれちゃったとしたら、
これまた、そんなところになぜ置くのだ?

具体的なことがわからんから、
もうやめておくが、
なんかなぁ・・・
最近の母親たちをみてると、
親になるってどういうことか、わからんと産んでない?
っちゅー気がしてならん。


同い年の独身の友達は、遊んでるのに、どうして私だけ?
ってよくきくが、アホかいな!と思う。

親になるって、そういうことでしょうが!

結婚するってことは、
××さん家の嫁、になることであり、
××さんの奥さん、になることであり、
子を産むってことは、
●●ちゃんのお母さん、になることであり、

それはイコール、
単なる「私」という一個人としては、
0.0000000001%ぐれーしか
見てもらえなくなるってことなんだよ!


単なる「私」だけの時間なんぞ、
睡眠時間と排泄時間ぐれーしか
なくなるってことなんだよ!!


まぁ、これは極論で、
人付き合いの手法とか時間管理が上手けりゃ、
そこなくなりはしないかもしれないが、
大幅に削られるのは事実だ。

だって、自分が演じる役が増えるんだもん。
あったりまえじゃん!

それをね!
ちゃんとこなさんかい!!
と言いたいのだ、腐人は。

でけんのやったら、はなから産むな!!


子供は、あんたの都合のいいおもちゃじゃない!


とりあえず、こうやって
あっちゃこっちゃで噴火するだけに留めているが、
このままこの状態が続くようなら、
駐輪場の管理者と、チビらが通ってる某所に
クレームをいれそうな気がしている腐人である。

腐人だってそういうことしたくないので、
頼むから、早く自分達で気づいて、改善してくれ・・・(-_-;)




以下、読書録。

●31日
(703)マンガ 『1/11 じゅういちぶんのいち 2巻』 中村尚儁
  なるほどねぇ。
  2巻に収録されてる幽霊マンガを読んで、
  腑に落ちた。

  このマンガが成功したのは、
  「じゅういちぶんのいち」っつーキーワードと、
  「人を描く」ってコンセプトに基づいた切り口によるんだな。

  腐人はスポコンものが好きなんですが、
  なぜかというと、もうやりつくされてるから。

  素材も、調理方法も、出尽くしてるなかで、
  どう調理するか、まさにシェフの腕が如実にでてくるわけ。
  だから、楽しい。

  特に野球とかサッカーは、レシピの枚挙に暇がない、
  まさに、ラーメンや焼きそばみたいなもんで、
  これでヒットを生むのは、並大抵じゃない。

  ま、メジャーなスポーツだからこそ、
  これ描きたいと作家が思う気持ちは
  わからんでもないんだがね。

  絵柄もふくめて、地味な感じは否めませんが、
  腐人はこれ、続きを楽しみにしておるぞ。

  くれぐれも、今おさえてるポイントをはずさないよう
  お願いします m(__)m。

(704)マンガ 『ぴんとこな 5巻』 嶋木あこ
  この5巻はいいな。
  余分な贅肉が落ちて、すっきりした。

  そうなのよ~♪
  女がどんだけまとわりつこうが、
  そんなもんはうっちゃってしまえ!
  役者の階段のぼる肥やしでいいんだよ、女なんざ。
  
  そうじゃなきゃ、こんな因業深い職業で
  一人前にはなれん。

  パパの胃痛が気になるなぁ・・・。
  早く医者いきなよ。
  スキルスは早いぞ。

(705)マンガ 『アオハライド 2巻』 咲坂伊緒
  正直。
  このぐらいのガキは大嫌いだ。
  
  まとめて吸い上げて、
  ブラックホールに捨ててやりたいぐらいキライ。

  なのに、なぜ読むか。
  1巻の終わりの、兄ちゃんの後姿が
  気になって気になってしゃーなかったからよ!!!

  ってことで、3巻読むかはわかりましぇん・・・(-_-;)

  お話としてはね、ぜんぜん悪くないんだが、
  腐人が興味もてないの。
  まぁ、ババアのくせに読んでる腐人が悪い。

(706)BL/リンクス 『女王蜂』 水戸泉
  これ、中身よりあとがきに注目。
 
  へー・・・作家さんが校正さん選べるんだ・・・。
  版元にくっついてて、編集さん裁量かと思ってた。

  確かに、こう言うてはなんですが、
  結構、それで質の優劣あるからなぁ・・・。
  ホントに、校正や校閲が甘いと、
  読んでて一気にテンション下がるし、
  それが間違ってると気づかない読者さんには、
  水戸さんがおっしゃるように有害図書になってしまう。

  これからもBLを、どうぞよろしくお願いしますね、Aさん。
[ 2011/11/01 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。