腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 食い物&読書 > ぶどーっ!ぶどーっ!ぶっ!どっ!おっ!
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぶどーっ!ぶどーっ!ぶっ!どっ!おっ!

心を込めてブドウを仰ぎ
賛美と感謝を捧げましょう。

ブドウは血族とともに
また腐人とともに

師匠に感謝 

某宗教の信者の方、怒らないでー
シャレです、シャレ。
笑って許して?


いやでも、こないだ師匠からいただいたブドウは、
まっこと旨かった!

日曜日に姫と奪い合いをしたほどだ←大人気ない・・・

今回、師匠からいただいたのは、
「瀬戸ジャイアンツ」
「シャインマスカット」
「翠峰」 

の3種。

どの子もぷりんぷりんのつやつやで。
パクリと食うと、じゅるじゅるのびしょびしょ。
ああ・・・なんて美味・・・。


じゅるじゅるのびしょびしょのぬれぬれ度が高いのは、
「翠峰」。
もう口に入れた瞬間からあふれだす果汁・・・。
実も柔らかで、これはかなりの手練れ。

恐らく糖度はあまり高くないけど、酸味はないので、
逆に、くせがなくて、すっきりした味わい。
一山も二山も超えて、ちょっと達観した感じ。
これだけ皮ごと食べられないし、
『昭和元禄 落語心中』の八雲師匠ってとこかな。

これは写真を撮る前に、気づいたら0になっていた・・・
オーノッ!!


次に、
じゅるじゅるのびしょびしょのぬれぬれ度が高かったのが、
「瀬戸ジャイアンツ」。

この子は・・・もう、「食べてぇ~」と言わんばかりの形状が!!
画像をUPしますんで、みてください。
このお尻っぷり。

せ

なんてナイスバディ・・・。

お味は、翠峰よりは甘いかな?
皮ごとペロンごっくんとできちゃうし、
そのわりに苦味を感じないので、
止まらない止まらない。
肉厚なのもたまらない。

このぴちぴちぶりぶり、
じゅるじゅるだくだくな感じは、
今ならば、まさに旬のバニーちゃんというべきか。


それにしても、この割れ目は、桃太郎に通じるなぁ。

ちなみに桃太郎はこんな感じ。
師匠からもらうちょい前に、いつもくれはる方からいただいた。



そういえば、
これも甘みはほんのりで皮ごとたべられるが苦味は薄い・・・
と非常に瀬戸ジャイアンツと似ている。

あーでも実の柔らかさ、ジューシィさは、
バニーちゃんのが上だったな。
親戚だろうか?
それともパパか??

ちなみに、この「瀬戸ジャイアンツ」も「桃太郎」も
某有名高級果物屋では一房 1万円也。

今朝のあさいちによると、
通常流通価格は一房5000円だそうですが、
どっちも高級品種。

それをばくばく食えるなんて、
ああ、幸せ・・・。

ちなみに、師匠にこの値段をゆーたら、
「高っ!」とゆーてはったんで、
桃太郎の国では、もっと安く入手できるらしい。

やはし、ぶどうのシーズンだけ、
桃太郎の家来のアルバイトをしにいかねばなるまいか。


じゅるじゅるのびしょびしょのぬれぬれ度は低かったが、
糖度はダントツの1位だったのが、
「シャインマスカット」。

今年はこのシャインを、山形産、山梨産、岡山産と食ったが、
ぶっちゃけ、岡山が一番甘かった!!

ちなみにシャインはこんな形状です。
※写真は、山梨のかな??忘れちゃった・・・

シャインマスカット

ちなみに姫はこいつが一番のお気に入りで、
「ちょーだい?」とゆーと、
3種てんこもりにしてるなかから、これ以外のをくれる。

2歳児のくせに・・・わかっとるのぉ・・・。

この甘さは、本当にダントツで。
これ食べた後に、翠峰や瀬戸ジャイアンツ、桃太郎を食べると
甘みがわからなくなるほど。

こいつも皮ごとなんだけど、
中身の甘さで皮の味なんかふっとぶね。

いったい糖度はどんくらいあるのかなぁ・・・?

あと特長としては、身が堅く引き締まっていて、
果汁は中にぎゅっとこぼれないように詰まってる感じ。

今、ぽんとキャラクターがでないけど、
お育ちのいい、お嬢なツンデレってのは、
こういう感じじゃぁなかろうか。

師匠、だれかいいキャラいますかね?


そういや、今朝のあさいちで、
ぶどうを長く保存する方法ってのをやっていた。

腐人家では、一粒づつバラバラにしてタッパーにいれてるのだが、
このバラバラにする、は正しかったようなのだが、
枝からもいで、ではダメらしい。

ぶどうの粒が、枝とくっついてる部分を、「小果柄(しょうかへい)」
っちゅーらしいんですが、
それを言うなれば、実の汁(水分)が出ないように蓋みたいに使い、
実に枝がちょびっとくっついてる状態で、
パチン、パチンとはさみで一粒づつにするんだそう。

そんで、タッパーにいれ、冷蔵庫にいれてると、
1ヶ月もつんですと。

・・・って、その前に食うがな。


それにしても、旨かった・・・。
でももうそろそろ、ブドウのシーズンも終わりだなぁ・・・(/_;)


以下、読書録。

●3日
(638)BL/ダリア 『恋と告げるまで』 名倉和希
  ん?これなにかのスピンオフ??
  ・・・ま、いーや、全然問題ないし。

  真夏のスーツについては、今読むと、なんかなぁ・・・。
  でも、スーパークールビズとかいいながら、
  道ゆくおじさんの格好はあんまし変わってなかった気がする。

  CIかぁ・・・。
  一時流行りましたが、今はどうなんだろな。
  そこらに金かけてらんないというところかもしれない。

  それにしても社内で色ボケられるのは、
  非常に迷惑だ。
  公私の区別はつけましょーね?

(639)BL/ルチル 『真夜中の睡蓮』 小川いら
  思わず、漢方のところをじーっくり読んでしまったが、
  じゃぁ漢方って、数字的に科学的に臨床データがあるのか
  っちゅーと、そうでもないと、
  全然すすんでないんだが、裏でトロトロ読んでいる
  『精神科医が狂気をつくる-臨床現場からの緊急警告』
  書いてあった。

  まーなんというか、腐人は、病は気からと言うわけではないが、
  プラシーボってのもあるじゃん。
  だから、本人が納得して、金出してられるなら、
  西洋だろうが、東洋だろうがいいんじゃね?と思う。

  睡蓮ってのもいいけど、あれ、咲くの早朝でしょ?
  素直になるのが夜だけってなら、
  どっちかっちゅーと、イメージとしては月下美人かなぁ・・・。  
[ 2011/10/04 ] 食い物&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。