腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > そんなに、おエライんですかね?
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そんなに、おエライんですかね?

あかん・・・どうも精神状態が悪い。
脳内の9割ぐらいがブラックになっている・・・。

ので、ナイーブな話題は避けようと思ったんだけど、
ちょっとひっかかっちゃったもんで、
あえて黒いもんを踏んでみることにした。

この精神状態だと、
表現をおさえるように気をつけないと、
BK100%までいっちゃいそうだわ。



木原音瀬さんがツイッターでリツイートしてたので読み、
爆笑したツイートがある。

『「コミケの売り上げが凄い」的なスレを見てたんだけど、
 「ヤクザでも絡んでるの?」という書き込みに対して
 「ヤクザが絡み合ってる本ならある」とレスがついてて
 飲んでた紅茶を鼻から吹いた。』


そう・・・
腐女子にとってヤクザとは、そういうものだ。

・・・っつか、
この世の職業でホモにされてないもんって、
・・・ないんじゃないか?

あ、路線バスとタクシーの運転手は、
まだ読んだことないな・・・。

って、軌道修正!!

ちょっと横道にそれちゃったが、
本日の話題は、ヤクザの、というか、「暴力団排除条例」の話。

10/1に東京と沖縄が追加され、
47都道府県全部で施行されることになった、この条例。

地域特性によって、微妙な差はあるものの、
結局のところ、排除という思想においては、共通し、
それが全国どこでも適用されるのだから、
条例というのは名ばかりの、「国」の「法」だろう。


腐人はここでもよく書いてるが、
「法」っちゅーもんそのものに疑問がある。

それに真っ白とはいいがたい身なもんで、
清い水より濁り水のが好きだ。

でも、だからといって暴力団というものの存在を、
100%肯定する気はしない。

が、100%否定する気にもなれんのだな。

だって、どうしてヤクザができた?
自然偶発的にできてるでしょ?
それって、ニンゲンが、本当に必要としたからじゃないのか?

暴力団ではなく、博徒と的屋の歴史をみると、
役人が利権確保と天下り先として、
必要もない公益法人や財団、協会をつくるのとは、
ちょっと違う気がするんだよな・・・。

うーん・・・
昔のままの任侠だったらよかったのかなぁ・・・。


ま、それはともかく。

マスコミの反応は、おおむね、大歓迎で、
思いっきり警察におもねりまくった記事ばかり。

・・・うっさんくせぇ・・・(=_=)
と思ったのは、腐人だけじゃないらしく、
週プレニュースが懸念記事を載せていた。
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/09/29/7126/

あの図書規制条例でもそうだったが、
なかなかやるな、プレイボーイ。

詳しいところはプレイボーイの記事を読んでもらうことにして、
これってどうよ?と腐人が思ったところを抜粋させてもらう。

お話は、警察庁のキャリア官僚のN氏。

「一例を挙げます。
 暴排条例では、暴力団員やその関係者であると指定された
 人物や団体とは
 不動産を売買したり貸し借りしてはいけないとしています。

 不動産業者や大家側にも
 暴力団排除への協力義務が発生するのです。

 いいですか。
 暴力団員といえども“人間”です。
 てことは、憲法で基本的人権が認められた存在なんですよ。

 不動産を借りることも買うこともできなければ
 野宿するしかないでしょ?」

要は、
「部屋を借りられるようなニンゲンになりたければ、
 暴力団と関わるのをやめろ、
 やめたら、貸したらぁ」
ってことだろう。

本音はともかく、
これは違憲じゃないかと思うので、こういうものは国会で討議すべきだろう、
というのがN氏のご意見。


腐人は、クソ悪法の東京都の図書規制条例にからみ、
結構、勉強した。
その結果、わかったことがある。

条例でむちゃくちゃをやられると、
実際のところ、違憲審査で裁判を起こすしか止めようがない。

でも、これは誰でもできるもんじゃなく、
具体的な事件と当事者がいる。

すなわち、これで訴訟をおこしたら、
「ボクは暴力団員なんです」
と広く公表し、
「暴力団員に人権みとめてよ!」
と主張することになる。

プレイボーイは、世間の目としての感を書いてたが、
腐人は、裁判所が実は偏ってることを知ってるので、
これ、訴訟起こしてもまず棄却、
悪くすると、
違憲じゃないという判決がでそうで怖い。

結局、さっき書いた
「部屋を借りられるようなニンゲンになりたければ、
 暴力団と関わるのをやめろ、
 やめたら、貸したらぁ」

という話が、お墨付きをもらうことになる・・・。

それに、もう一つ、腐人がひっかかるものがある。

いったいどこまで「指定」なのか?
そして、「だれが指定するのか」、だ。

これが暴走しないといいきれるの?

再犯率が高い、性犯罪者や薬物犯罪者、
殺人を犯したけど、少年だったからといって数年で出てきた人などが
平気で野放しにされてるのに、
暴力団員だから、というだけでアウト?

その天秤、おかしかないか?


繰り返すが、腐人は別に暴力団を擁護する気はない。
それよりも、権力者の暴走が怖いんだ。


それにしても、今回、警察はいいところを狙ったと思う。
国民の無知をいいことに。

国会が決めてる法って、実はザルザルで。
具体的なところは、政令や省令で、とかって書いてあって、
中身は空っぽだったりする。

要は方針決定だけなのよ。

だから役人が、自分達に都合がいいように、
法の方針に従ってるふうを装いながら、
とんでもないことを入れ込んで、必要以上の縛りを加えられるのだ。

それに、国会の討議ならば、ニュースになるが、
役人が勝手に決めてる
一番の肝の部分、政令や省令で、こうなりました
ってなニュースをきいたことがありますかい?
腐人は寡聞にして知らねぇなぁ・・・。

そう・・・わかりやすくいえば、今の東電の補償。
あれよ、あれ。
補償します!と看板をあげる。
でも、実際の手続きを踏んでみたら・・・あれぇ?という、
まさにその手法を、役所はやっている。
東電は、お上を真似ただけー。

ならば、これが地方自治体だったら?
おらが村、ぐらい狭ければ注目されるかもしれないが、
都道府県レベルならば、住民の意識も希薄だろうし、
やりたい放題やってもバレない・・・と思ったんだろうし、
実際、関心度からしたら、さして間違ってないだろね・・・。


再度繰り返すが、
腐人は別に暴力団をかばうつもりはまったくない。

でも、暴力団とナチならば、腐人は前者を選びたい。
全体主義の復活は、絶対にイヤだ。


以下、読書録。

●28日
(627)BL/ルチル 『白雨』 真崎ひかる
  りゅーちゃぁんっ
  なんてなんてかわいいのっ!!

  これに尽きる・・・。
  
  上で気力を使い果たし、ちょっと深く書く元気がありません。
  りゅーちゃんに癒される1冊です。
[ 2011/09/29 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。