腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ケンコー&読書 > だいちょうせんき たぶん最終回
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

だいちょうせんき たぶん最終回

連載回数がわかんなくなってきた・・・。

ま、いっか。
たぶん、今日で終わるはず。

注意書きは、今日は読まなくても大丈夫・・・かな?
ま、一応、あの影響下にあると思ってください。


受適性を調べるんじゃなくって、
大腸に問題がないかを調べる大腸内視鏡検査。

内視鏡はえてしてそうらしいですが、
手技の上手い下手が、如実に表れる。

なので、先生選びはじっくりやったほうがいい。

前に書いたが、先人の教えで、
「自宅と近いとこがいい」
というのがあったが、
これは自宅でムーベンを飲む場合と思われる。

腐人の経験から言わせてもらうと、
ムーベンを病院で服用する場合は、
病院との距離は考慮する必要はない


むしろ、重視すべきは、医者の腕


恐ろしい話を聞いた。

よく、市区町村で健診というのをやっているが、
とある人のお母さんが、その診察で、大腸内視鏡をやった。

すると、その健診先から連絡が入り、
検査の途中で腸壁を傷つけてしまい、
大出血を起こしたから、すぐにきてくれという。

命までは関わらなかったようですが、
昔、TONOさんもこの市区町村健診で、
えらい目にあったというマンガを描いておられた。
※↑これは婦人科内診の話

市区町村健診が悪いとは言わない。
そこで病気が未然に防げることもあるだろうし、
費用的にも補助がでるから安いので、
とてもいいことだと思う。

だが、一般健診はともかく、
そこで、ナイーブなものまでうけるのは、
腐人は、ちょっと躊躇がある。
・・・ってのも、
TONOさんがいろいろ暴露してくださってるのだ・・・。
あれ、『身辺雑布』のどれに載ってたんだっけ・・・??


とはいえ、腐人が先生を探していたとき、
最後の2択まで残った先生(最終的に日程合わずで没)のところでは、
「通常の検査よりも密にみる診察」
というのをやっていたが、
それは自由診療(保険適用外)だった。

また、腐人は健診でひっかかっての検査だったので、
保険が適用されたが、
自主検査の場合も保険適用となるのかどうかはわからない。

「医療は金持ちのためのものとなってはいけない」
とか、昨今言われているが、
現実としては、もうそうなりつつあるんだろうなぁ・・・。


ちと話が横道に逸れちゃったが、
医者の腕について。

腸壁ってのは、ひじょーに薄いんだそうだ。
よって、すごく傷つきやすいので、
下手な人にヤられると、ものすごーく痛いんだそうです。

だから、攻は無茶しちゃダメなのよ!

   ↑
なんの話や(わかる人はわかってください)


でもって、直腸周辺には血管が集っているので、
ちょっとの傷で、大出血を起こすんだそうで。

だから、攻は無茶しちゃダメなのよ!

   ↑
なんの話や(わかる人はわかってください)


でも、これが腐人がかかった先生のように上手い人だと
ちっとも、全く、カケラも、痛くない。
確かに、腸内に若干の違和感が瞬間あるが、
それだけ。

まぁ、鎮静剤を打ってたからなのかどうかまでは、
他を知らないんでわかりません。

ただ、これが初体験だったもんで、
腐人の中では、
「大腸内視鏡検査?全然痛くないよ」
という認識である。

非常にナイーブな検査なので、
もし、この先、検査を受けられる方がいらっしゃいましたら、
ネットも発達しているし、昨今はいろんな本がでてるので、
口コミなど、いろんな情報を多角的に調べ、
先生を選ばれたほうがいいと思います。

でもって、初心者ならば、
ムーベンを病院で飲むパターンのがいいと思います。


さて。
では、実際にどういうことが行われるのか、
いつもの実況中継とまいりましょうか。

ベッドに寝たまま、検査室に運ばれた腐人。

鎮静剤の投与があるので、針をさされつつ、
看護士さんに最終確認をされた。

・妊娠してませんか?
・バファリンなど血が固まりにくくなる薬は飲んでませんか?
・緑内障など眼圧が高いと言われてませんか?
・心臓病と言われてませんか?
・薬にアレルギーはありませんか?

たぶん、こんくらいだったと思うが、
腐人は、緑内障と心臓病がなんでダメなのか、
そっちに意識がむいちゃったので、
記憶があやふやだ。

ちくしょう!メモりたかったぜ!!←無理

ただ、ググると、どこにも注意としてそれが書いてあるから
なんかしらの因果関係があるんでしょう。

それら確認が終わると、検査体勢になる。

まずは汚れる可能性(血か?それとも・・・)がある
とのことで、薄手のガウンをガバッとウエスト以上までめくられる。

そして、うつぶせではなく横臥になるのだが、
心もち背中を見せる感じに。
なるほど、そうすりゃちょうどいい位置になるな。

・・・たぶん、その位置が、
下の口から挿入するのに一番痛くないんだろう・・・

   ↑
 ゆっときますが、大腸内視鏡検査の話です


その姿勢が整ったところで、看護士さんが言った。

「シリモト失礼します」

しりもと?
シリモト??
ああ!尻元!!

そう、手元、足元の、尻元なのだ。
それがわかった瞬間おかしくっておかしくって、
ぷるぷる震えて笑っていたら、
看護士さんの容赦のない手が、
紙ステテコの穴に突っ込まれ、
ビリリリリッっと勢いよく破かれた・・・。

きゃー\(◎o◎)/!!

そこからは、あっちゅーまでしたね。

看護士さんが鎮静剤の点滴を始め、
先生がやってきて、口のまわりにジェルを塗ったかと思うと、
しゅるしゅるしゅるしゅると。

腐人は自分の腸もみたかったし、
先生にもいろいろ聞きたかったんだけど、
これがね・・・鎮静剤がききはじめると、
いまいち、現実がはっきりしなくて。

たぶん、先生と交わしたであろう会話。

腐人:「腸ってどんくらいあるんですか?」
先生:「2メートルかなぁ」

先生:「あれ?きれいじゃん」
腐人:「そーですねぇ」

ただ「キレイ」といってもですねぇ・・・・
腐人的には不満がある・・・(~_~)。

これは後に、結果としてもらった写真でも写ってたんで
見間違いではないものなのだが、
あれだけキレイキレイにピカピカにしたにもかかわらず!
(実際、映像も写真も、本当にピカピカつやつやだった)。

残ってるのだ。
フケのようなものが・・・・。

フケというか、
日焼けしたあと剥ける皮というか、
そういうへろーんとしたカケラが腸の中を
ふよふよしているのだ。

腐人は思った。

「センセ!そのふよふよしてるの、つまんでとって!」

鎮静剤がきいてなければ言ったかもしれないが、
この鎮静剤がすんごい効き目で、
さすがの腐人も、ブラックアウト。

ただ、これまで生産したものと、
この腸の状態を見て、一つわかったことがある。

排泄されず、腸壁にこびりつくという宿便というもの、
あれはウソだ。
フケみたいのとか、カスみたいのはあるが、
黒い塊がべとっというのはありえません。

ってことは、
シュクベン排泄で2キロはやせるってのは夢ってことか・・・・。
やっぱダイエットは運動しかない・・・(-_-;)?

ま、これは後日考えよう・・・。


で。
異常がまったく見られなかった腐人の腸は
先生もびっくりするほどの美しさだったので、
あっちゅーまに検査が終わった。

検査のために打たれた鎮静剤は、
通常、検査終了後、30分ほど横になったら回復するものらしいのだが、
腐人はものすごーくよく効いたせいで、
30分後、看護士さんに
「起きられますかー?」
と声をかけられたが、
「無理です・・・・・」。

結局、腐人の次の次の人の検査終了まで、
腐人は検査室の前で、ぐーぐーと寝こけた。

その段階で、再度声をかけてもらったのだが・・・
正直、まだ全然くらくらしていて、
このまま寝てていいなら寝てたかった。

が!
「い・・・今・・・なんじですか?」
と訊くと、
「4時ぐらいよ」。

4時!?
どんだけ寝てんねん、腐人!!

というか、この病院、
立地的に5時になるとラッシュ開始の場所なのだ。

いやだーっ!
この状況でラッシュにもまれて帰るのは
絶対にいや!!
座って帰るのーっ!!!

ふらふらくらくらしまくってたが、その一念で、
腐人は起き上がり、
「このままいたら、ずっと寝そうなので帰ります」
と宣言した。

とりあえず着替えて、会計を済まさねばならず、
ぐらぐらする視界のまま、
ロビーへ行った。

すると、クッキー2枚と緑茶を出してくれ、
腐人はムーベンの後に飲んだ激マズ緑茶だったらやだなぁ・・・
と思いつつ、飲んだら、天国の味がした・・・(ToT)

19時間の絶食の後だと、超絶旨かったよ・・・
単なる粉末茶なんだが。


その後、先生から、写真をもとに、説明を受け、
「問題なかったし、次は3年後でいいよ」。

・・・・え?またやんの?
っつか、なんでこんな羽目になったのか、
そっちが知りたいンだけど!!

ってことできいたら、
「偽陽性って言ってね、
 歯茎から血が出てたとかでも
 反応するのよ。
 赤血球の1個2個でもね」
とのこと。

・・・・・・・おら、どこのどいつじゃ!
でてきやがれ、反応した赤血球!!!←もう捨てられてますって

記念(?)に腸の写真をもらったので、
帰宅後、血族達に
「ほらほらみてみてー」
と見せびらかしたのだが、
血族達も一様に、
「キレイだね」と。

検査料金は、腐人の場合、
ポリープ切除も何もなかったので、5090円でした。

本当はこの病院周辺は安くて旨いもんがいっぱいあるので、
なにか食って帰りたかったのだが、
身体がフラフラしてんのと、
ラッシュに巻き込まれたくなかったので、素直に帰宅。

で、ベッドに突進し、爆睡・・・。

目覚めたのは、それから3時間後でした。

よかった、あのとき帰る決断して。
じゃなかったら、
「すいません、もうそろそろ病院しめるんで起きてもらえますか?」
っちゅーて怒られてたよなぁ・・・。

だいたい、こんな感じです。


予想と違ってたのは、鎮静剤ぐらい?
思ってたよりきつかったけど、
腐人以外の方は、30分の安静で、
結構、平気に起き上がってましたね。

検査結果としては、
ちらほら聞こえてきた感じだと、
腐人のようなケースのが珍しいようで、
皆さん何かしらがあった模様。

赤血球の警告を、甘く見ちゃいけないのかもしれない。

とはいえ、
このはた迷惑な偽陽性の可能性もゼロではないですし、
ひっかかったら、
とりあえず検査はされたほうがよろしいかと。


で。
肝心の受適性ですが。←どこが肝心や!

まー内視鏡が細かったってのはあるけど、
それ自体は可もなく不可もなく。

ただ、あの準備の面倒くささを考えれば、
腐人は、やっぱり攻がいい!!
    ↑
  無理だろが



機会があれば、ぜひ皆様も適性検査をお受けください。
たのしいよ(●^o^●)?
 

以下、読書録。

●12日
(592)一般本 『女子校育ち』 辛酸なめ子
  うーん・・・・・・・・。

  ものすごーく期待してたのだ。
  辛酸さんと、やはり女子校出身女子アナとの対談を
  ネットで読んで。

  だから余計に・・・がっかりが大きい。

  いや、全般を通していえば、そこそこおもしろい。
  でも・・・・・・・根底にあるものがさ。

  女子校でよかったといいながら、
  どうみても、辛酸さんのコンプレックスがみえる。

  「女子校出身者は生きづらそう」
  それにドキッとするところからして、
  なにかしらひっかかりがあるってことじゃん。

  それが巻末にむけてどんどんふくらんでって、
  女子校出身者のその後が、
  全て既婚者をベースに書いてあるってところで
  腐人は本を放り投げた。

  なにこれ。
  結局、「女は結婚して子供を産んでこそ一人前」っちゅー
  男主体の社会視点で、
  女を単なる死ぬまでこきつかえる労働力&
  子供製造養育機としてみなしてる
  固定概念に縛られまくってるってことじゃん。

  上記の女子アナとの対談で、
  フェミニズムについて触れてるところがあったんだが、
  なんでそのキレっぷりが、ここで鈍るかなぁ。

  処女性、非処女性にこだわりがあるのも、
  なんか鼻につく。

  処女性になぜ価値がある、いやあったのか。
  その理由の一つは、男の不安の表れで。
  これは今でも男の根底にはあるだろな。
  っつっても、それで安心するってバカだよねぇ・・・。
  
  もう一つは、社会構造。
  ちょいと昔の社会においては、
  女は男に高く買ってもらわないと
  生きていけなかったわけで。
  (親の扶養者から、男の扶養者に移動するだけ)

  そうやって、
  自分という商品を男に高く買わせるために、
  処女性が必要だった。
  ほれ、水揚げ代ってのに、如実に表れてるでしょ?

  でも、今の社会、男に飼われなくても生きていける。

  ハーレクインを読んでるとわかるが、
  国によって、処女性を尊ぶ国と、そうでない国がある。
  前者には、往々にして、階級が残っている。

  そう、これにこだわるってことは、
  辛酸さんご自身が、
  階級に、男尊女卑に囚われてるってことなんだよ。
 
  ・・・腐人が女子校育ち特有の女尊男卑の考えと言われれば、
  ヒトとして存在するのはかまわんが、
  オスは生きてるムダだと思ってるし、
  オスを去勢したら、
  今世の中に起こってる問題の9割が片付くとも思ってるんで
  否定はしない(が、むしろフェミテロ思考?)。

  ま、この処女性は、
  親の立場として、どう思うかってのもあるかもしれんが。

  なんかそういうところがね、
  ちらほらとみえてきて、
  腐人はどーもその辺が気になってしまった。

  もっとばっさり叩き切って、
  思い切りとんがればいいのに。
  なんかいろんなところに、
  辛酸さんの変な遠慮というか
  コンプレックスがみえる。

  と、点数が辛くなっちゃったのは、
  たぶん、同時に、『探偵!ナイトスクープアホの遺伝子』
  久しぶりに読み返してるからだろう。

  このキレっぷりに、ギリギリっぷりに対すると、
  どーにも甘いのだ。

  もし、腐人がこの『女子校育ち』をやるならば。

  たぶん、それぞれの区分
  (東京近郊女子校を作中でいくつかに区分していて、
   性超越型、良妻賢母型、お嬢様型など)
  もしくはそれぞれの学校のOGにおける、
  一番とんがってる人を紹介するな。

  総括してしまってる分、
  なんかね・・・・エッジが甘いんだよなぁ・・・。  
  
  でもまぁ、地方の普通の女子校育ちの腐人が、
  読んでて一つも共感できなかったわけではない。

  女子校における男性教師イジメなどは、
  腐人の頃はそーでもなかったんだが、
  話を聞くと、
  いじめられた男性教師が精神的にダメになって退職した
  という恐ろしい話もある。

  とはいえ、最後に女子校卒の妻と娘を持つ方の
  インタビューにあったが、
  いずれ「女子校育ち」という区分も、
  なにそれ?になるんだろうなぁという意見には腐人も賛成。

  それにこだわってるのは、
  今の現実から逃れたいと無意識に思ってる
  古きよき?時代に固執してる元女子校生たち
  だけなのかもしれない。
  先生よりOGのがうるさいってのが、まさにそれっしょ?

  ま、この本読んで一番思ったのが。

  「思春期を東京で過ごさなくてよかった」
  である。

  確立した価値観がないまま、
  周囲がこんな状況だと、
  自分の根っこがおかしくなる気がした。
  魔都・東京だわ。

(593)マンガ 『昭和元禄 落語心中 1巻』 雲田はるこ
  ディープピープルを見て、再読。
  すると、また言いたいことがでてきたが、
  いろいろ絡めたいので、これは改めて。

(594)一般本 『探偵!ナイトスクープアホの遺伝子 龍の巻』 松本修
  これもいろいろ絡めたいので、改めて。
  久々の再読だが、
  むちゃくちゃ深いわ、この本・・・。
[ 2011/09/13 ] ケンコー&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。