腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 食べちゃダメったら、食べちゃダメ!
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

食べちゃダメったら、食べちゃダメ!

あかん・・・
今日は1日、この呪文を唱え続けんと、
ふとした拍子に
大好物の野菜・果物に手を出してしまいそうだ・・・。

そう。
腐人は今日、野菜・果物・海草類を食ってはいけない。

なぜなら、明日、
受適性検査があるからだ。
 ↑
間違ってます


一般的には大腸内視鏡検査といいます。

でもさー。
腹ん中からっぽにして、下から異物をいれるったら、
受じゃんねぇ?

っつっても、
乙女のドリームファンタジー世界であるBLでは
崎谷はるひさんぐらいだけどさ、
ここまでリアルに書くの。

ただ、もらった注意書きによると、
腹をからっぽにするまでかなりの時間がかかるらしい。

・・・ってことは、
リアルにおける全ての方がそうしているわけじゃない??

・・・ある程度まででよしとするのか・・・
・・・途中で多少ヤバくなっても、ま、いっかーなのか・・・
・・・ああ、謎だ・・・。


そして、とってもどーでもいいんですが。
腐人としては、腹ん中をからっぽにした状態で、
やりたいことがある。

それは・・・・

体重を量る、だっ!!!


いや、ほらさ、よく言うじゃん、
シュクベンって。

あれ、お医者さんの中でも、
あるという人と、ないという人がいて、
どんなもんか体重で、前後をみたいんだよなー。

っつっても、腐人家には体重計がないので、前が量れん・・・。
困ったな。

ま、この辺は、せっかくの経験なんで、
いろいろできる限りのことをやって、楽しみたいとおもいまーす!
    ↑
って、目的ちがうやろ!

・・・ああ、それにしても野菜が、果物が、食いたいよぅ・・・(ToT)


そういえば、先日ここで書いた、
常盤堂のかりんとう「播州駄菓子」の話。
・・・って、シモネタの下に書くなよ・・・。

ま、その辺はジャッと流していただいて。

昨日、近くのスーパーいったら、売ってました。
うわい!関東でも手に入るンじゃん!!
でも、なんで今まで目につかなかったかなぁ・・・??

と、まわりを見渡して納得。

腐人はいつも、もっと安売りお菓子のコーナーとか
見切り品コーナーにばっかり張り付いていて、
この辺のちょっと高めのお菓子コーナーは
覗いていなかったんでした。
そりゃ、見んわ。

でも、これで在り処がわかったから、
今度から買うぞ!!


あともう一つ、書かねばならぬ。

腐女子に噂の『TIGER & BUNNY』、
いわゆるタイバニを見た。

夏コミでもすごかったもんなぁ・・・。

ポチッとテレビをつけたらやってたんで、
話の前後が全くわからぬまま、
見てたんですが・・・潔いほどの狙いっぷりでんな。

ここまでターゲット定めての狙い打ちは、
『聖闘士 星矢』とか『テニスの王子様』以来じゃねぇか?

それにしても、
「職業:ヒーロー(正社員)」ってなんじゃそりゃ。

ってことは、
「職業:ヒーロー(アルバイト)」
とか
「職業:ヒーロー(派遣社員)」
とかもいるってこと?

戦闘途中に
「あ、すんませーん、オレ、時間なんで。
 あがらせてもらいますんで、あとヨロシクー」
とか、
「あのー緊急SOSの電話がなってるんですけど、
 私、派遣なんで、電話とれないんですー」

とかあんのか?

※この派遣だから、電話に出られない、はマジな話。
役人が作ったおバカ規制により、
派遣がいる現場では、こういう事態になっている。


それにしても、この戦闘スーツに企業ネームって、
誰が考えたのかしらんが、やるなぁ・・・。
放送時間30分の間に流れたスポンサーのCMは
載ってるもののうちの数社のみだったが、
アニメを輸出商品とみなせば、
なるほど、おもろい戦略だ。

そうやってみると、全体の作りも、
輸出を見越して作ってる感じだし。

ただ、長いスパンでみると、リスクあるよなー。
その際には手を入れればいいってことか?
人の映像と比べたら、やりやすい・・・かな?

あと、ここまでの露出となると、
やっぱり内容まで気にされるだろうから、
その辺の良し悪しがね、気になる。

腐女子のネタにされるのを嫌悪し、回避したら
爆発ヒットにならんが、
それを放置してっと、それはそれでイメージがって懸念が出るだろう。
スポンサー企業の度量が、それでわかるな。

っちゅーて、ストーリーとは100万光年はなれた視点で
30分間見守ってたわけですが。

これで成功したら、今後のアニメ制作が変わるかもなー。
今はなんつっても、スポンサー集めが大変ですから。


それにしても、あのボディスーツ。
腹狙われたらおしまいじゃないのか??

素朴な疑問・・・(~_~)。


以下、読書録。

●6日
(580)BL/ホーリー 『明日も愛してる』 安芸まくら
  前向性健忘かぁ・・・。

  BLで、前向性健忘っちゅーと、
  腐人の中では、
  六青みつみ『寄せては返す波のように』が★★★★★。
  
  なので、その辺がちょっとひっかかってんだが、
  作りがおもろいな、これ。
  でも、ツダの字と櫂の字が同じに見える・・・。

  ところで、この前向性健忘、
  腐人は映画もみてないし、実際の具体的症例もしらんが、
  すごく素朴に疑問がある。

  例えば、これで言えば、13分しか記憶が保持できないという。
  これって、どっちなんだろう?

  どっちってのは、
  (A)13分ごとにリセットされる
  (B)1秒ごとに、落ちるものと加わるものとが入れ替わる

  なんか本文読んでると、前者みたいなんだよなぁ・・・。
  でも、それっておかしかない?

  時間は、前に向かってずっと流れ続けてるものだし
  記憶も同様に、つみあがってくもんでしょ。

  受け取る容積が一定しかないならば、
  蛇口から延々水が落ちてくるなら、
  古いものがその分ジャージャー垂れ流されるのが
  自然の理のよーな気がするんだけど・・・。

  ま、いいや。
  人によって違うのかもしんないし、
  敵を知り、己を知れば、百戦危うからずっちゅーのは
  どっちでも言えるこったろうからね。

  で、このお話自体ですが。

  うーん・・・正直、「不思議話」ってのが第一声だな。

  ってのも、具体的なリアルが、ないでしょ。
  事故のことも、これまでのことも。

  事故が自損だったのか、対人だったのか。
  加害者だったのか、それとも被害者なのか。
  事故内容によっては、免許だって、保持してられるものか?

  クラブのオーナーだったと言っているが
  どんだけの資産があるの?
  でもって、それをどうやって作ったの?
  大の大人が二人、ただマンションにひきこもって、
  これからの長い人生、食ってけるのか?
  そもそも二人の出会いは?

  なんかその辺が明確じゃないからこそ、
  時間も空間も限られた、
  ある種の御伽噺にみえるんだよなぁ・・・。

  そう、言うなれば、
  「二人は幸せにくらしましたとさ」で終わるヤツ。
  んなわけねぇじゃん、とは大人になったらわかるんだがね。

  その辺がさ、比べちゃいかんが、
  前述の『寄せては返す波のように』ではきっちりしてたんで、
  腐人としては、疑問が残る。


  それから、途中で、ちろっとだけ将来のことがでてたが、
  逆向性健忘もでてきてるとなれば、
  いずれは、今しかなくなるわけで。

  前読んだ精神科医の本にあったが、
  誰だって、3日なら介護ができる。
  でも、それが延々続ならば、介護する側がまいってしまう、と。

  ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』でも、
  ラストは、いずれやってくる
  今しかわからなくなった時のための施設の話がある。
  キツイ話ではあるが、それがあるがゆえに、リアルなんだよな。


  腐人家は放浪家族だったので、
  引っ越すたびに人との出会いと別れを経験している。

  そうやって知り合ったご家族の中に
  奥様が若年性アルツハイマーを発症した方がいる。
  
  遠くはなれた土地だから、
  こちらが何かできるわけでもなく。
  だから何も聞かないし、先方も何もおっしゃらない。

  ただ、時折、ふわふわと風に乗って、近況が流れてくる。
  
  そういう状況で数年が経過していたのだが、
  今年到着した年賀状が
  どこかの景色のいいところにいらっしゃる奥様の写真だった。

  そしてご主人の筆跡で、
  「これが最後の旅行です」
  と書かれていた。

  詳しいことは何もわからない。
  ただ、笑顔の奥様の視線は、どこか遠くをみていて、
  ここではないどこかに、心がむいているように感じられた。
  
  お話がここで終わってるのは、
  むしろ幸せの記録なのかもね。


  ・・・ってなところでコメントが終わらんのが腐人日記。

  どーにも1点ひっかかるところが。
 
  6本はいれすぎ!
  下手すっと、ヂヌシになるぞ。

  ちなみに、ウリ専バーのオーナーの本読んだときに
  性質の悪い客の例としてあったんだけど、
  とあるボーイを指差し、この子、4本も入るのよ!
  とやらかすヤツがいたそうで。
  ・・・現実は、そんなもんじゃないですかね?
[ 2011/09/07 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。