腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > ブロマンスという言葉
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブロマンスという言葉

スカルプケアについて書こうと思ってたんだが、
なんだかんだでバタバタしちゃって、
やる気が削げた・・・(--)

ってことで、軽い話題。
ニュースをぴょんぴょんしていたら、
こんな記事をみつけた。

「米出版社メリアム・ウェブスターが発行する
 『メリアム・ウェブスターズカレッジエイト英英辞典』最新版に、
 「ツイート」や「ブロマンス」などの新たな単語150語が加わった。

 ツイート(tweet)とは、
 短文投稿サイト「ツイッター」に投稿することを意味し、
 ブロマンス(bromance)は、
 男性同士の性的ではない親密な関係を指す。


byロイター通信
ちなみに強調は腐人が勝手につけました。

これって、ニアホモのこと?

ふーん・・・英語圏でも、
新語を作ってカテゴリー化しなきゃならんぐらい
ニアホモが増えたってことか。

ってか、腐人としては、
どこからがホモで、どこからがニアホモなのか、
その線の位置が知りたいよ。

ちゅーは?
皮むきは?
さわりっこは?
また貸しぐらいなら、ギリギリか?

もうさ、
「男=セクシャリティはホモもしくはバイ、
    ただし程度に多少の違いあり」

って認めちまえよ。
こんな、あいまいな新語つくって、
「まだいれてないから、ホモじゃないんだー!!」
って、とりつくろってないでさー。
これ、浮気現場に踏み込まれた男の言い訳
そのまんまじゃん。

そう。
腐人はこの新語、ものすごーくひっかかるのだ。
だって、こう表現することで、
「ボクたちは、限りなくホモに近いけど、
 ホモじゃないから!」
って、線引きして、むしろ差別してるってことじゃない?

新語ができるのがイヤなんじゃなくって、
こうやって言葉ができることで、ある種の枠ができあがり、
本質を伴わない言葉が、一般にひろまって定着するのがイヤなんだ。

昨今でいう、鬱とか、PTSD、アスペルガーなんかもそう。

たまに思う。
本当に?
あんたそう言ってるけど、
本当に、病理的に調べた結果なの?
本当に、精神疾患や脳疾患としての診断した上で
その言葉を使ってるの?
本当に、それは適切でふさわしい言葉なの?
と。


なんかさー・・・
最近、言葉があまりに軽くなってないか?


まー・・・・・・・・・
こやって気にする人と、
気にせず、むしろホモじゃないというお墨付きがでけたと喜ぶ人と、
どっちが多いかったら、後者だわな。

世の中は、多数の意見で動いてく。
わかっちゃいるけど、なんだかなー(~_~)。


ま、英語はどうあれ、腐人は性格と口の悪い日本人なので、
これからも無自覚にホモ臭をふりまいて、
人目をはばからず、いちゃいちゃしている野郎集団をみたら、

「あ、ニアホモみっけ!!」

とゆーてやることにしよう



以下、読書録。

とりあえず昨日すっとばしたやつから。
(563-566)マンガ 『ぴんとこな 1-4巻』  嶋木あこ
  全体でいうと、悪くはないんだがなぁ・・・・・。

  ちょい読みでもひっかかったツカミの悪さ。
  読み進めば変わるかな?と思ってたんだが、
  このlargoなペースは変わらず。
  そういうもんだと思って読めば読めなくはないんだが・・・。
 
  嶋木さんの他の作品を知らないんで、
  元々そうなのか、これだけそうなのかはわからん。

  ただ、同時収録されてた短編とかみると、
  あの未来から息子がやってくる話とかさ、
  ネームのテンポ悪くないんだよ。
  なんなんだろ、このもったり感。

  ・・・と思って、ずーっと考えてたんだが、
  こういうことかな?と思う私見。

  このマンガ、骨格までバラしたら、
  「スポ根・恋愛話」にカテゴライズされるかと思う。

  主人公Aに対し、ライバルB、
  そしてその二人に絡む女Cほか。
  主軸は、主人公AとライバルBの
  精神的ホモな切磋琢磨。
  でも、現実肉体の絡みはノーマルで。

  というもの。
  うーん・・・腐人に書かせたら、身も蓋もねぇな。

  ま、そのえげつなさはさておき、
  この構図を考えた時、腐人が一番に秀作だと浮かんだのは
  羅川真里茂『しゃにむにGO』

  作家さんの力量差があるので、
  単純な比較をしてはいかんが、
  『しゃにGO』と比べると、
  はっきりいって余分なエピソードが多すぎる。
  
  ん?
  もしかして、腐人は「スポ根・恋愛話」だと思ったが、
  書きたいのは青春群像マンガなのか?
  
  でも、それとして考えるなら、
  恋愛ベースなら、あまりに歌舞伎がでばりすぎ。
  もっといろんな立場の17,8のガキどもの集合体にしないと。
  もしくは、
  歌舞伎ベースなら、女が邪魔。
  舞台を歌舞伎周辺にしぼり、
  好いた惚れたもその中でやんないと。

  この場合、どこかで縛りがいる。
  同じ大学だとか、同じ競技だとか。
  何かくくりがないと、有象無象の集合で、
  皆が好き勝手にワーワー言ってるとりとめのないものになってしまう。

  それに、青春群像はね、
  ♪だーれが主役か、脇役か、
   よくよく読んでもわからねぇ♪
  じゃないとダメなのよ。
  キャラクターの全てが、どんぐりの背比べじゃないと。

  でもって、ここには、
  羽海野チカ、ヤマシタトモコなど
  すごい秀作を描く人がいるので、比較して考えると、
  やっぱり、中途半端。

  なんかね、話の骨格はこれなの!という
  土台のしっかりしたものができてないがゆえに、
  とりとめのないエピソードの積み上げになっちゃってる気がする。

  なんとなく、だが。
  二宮知子『のだめカンタービレ』を狙いたいのか?
  と思わんでもないところが見え隠れする。

  腐人自身は『のだめ』を評価しないが、
  二宮作品のすごいところは、
  あれだけ個性の強いキャラクターたちをだしながら、
  主人公がしっかり立ってることだ。

  『のだめ』で言えば、なにがおころうとも
  「千秋は」という主語が変わらないってことであり、
  千秋の存在が、絶対に消されずにいる。

  それがこれは、消えちゃうんだよね、簡単に。
  周囲の人間の余計なエピソードに
  すぐスポットライトがあたるせいで。
 
  だから何がかきたいのか、が、ボケてしまうし、
  余計なネームにふりまわされて、
  全体のテンポが、もたもたしてる。
  
  悪くないんだよ。
  二人が「棒しばり」で同じ舞台にたつところとか、
  いい感じにできてるとこもあるんだがなぁ・・・。

  ま、マンガにも、いろいろしばりがあるのかもしれないし、
  このもたっとして、ぐるぐるしてるのが17歳だといわれりゃ
  あーそうですか、すいませんね、そんなの遠くになりにけりなもんで、
  としかいいようがない。

  ただ、幅広い読者に受け入れられたいならば、
  もうちょっと全体構成を考えたほうがいいんでは?
  と思う。

  本当に、素材が悪くないだけ、惜しい。
  
●30日
(567)BL/ルチル 『ゴールデンビッチ』 玄上八絹
  うーん・・・・・・(-_-;)
  やっぱり文体があわない。

  それは最初からわかってたんだけど、
  前回読んだやつが、
  「いや、いけるかな?」
  と思わせてくれたから、チャレンジしてみたんだが・・・。

  一応、筋は追ったが、何が書いてあるのか、さっぱりぽんだ。
  ところどころで突発する、視点のブレも、腐人には厳しい。

  これだけ出しているのだから、
  これが好きな方もいらっしゃるんだろう。  

  ひとえに、
  あわないものを読んでしまった腐人が悪い(ーー;)。

(568)BL/プラチナ 『偏愛メランコリック』 夜光花 
  変にミステリミステリしてない構成がいいな。
  腐人はミステリーアレルギーなんで。

  人形作家ねぇ・・・。
  腐人もどちらかというと人形は苦手。
  そもそも何かを飾るという癖がないので、
  どーすりゃいいんだかわかんないんだよな。
  ぬいぐるみなら、枕にしちまうが。←おい

  割れ鍋に綴じ蓋カップルで、よろしーんじゃないすかね。

  ただ、ニンゲンは人形とちがって、老いるんだが
  いいのかねぇ?

    
[ 2011/08/31 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。