腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 若者観察&読書 > 書いていいこと 悪いこと
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

書いていいこと 悪いこと

の前に。

日課になってる木原音瀬さんのサイトにいったら、
先日の『美しいこと』舞台再演のDVDが発売されるという
ニュースがあった。

再演は、ここでもブチブチ言ってたが、
仕事で見損ねた腐人。

初演に比べて大きく変わったという演出が
どういう変更になったのか
それを見たい気は満々なのだが、
舞台は舞台をみてこそ、だと思うんだよな・・・。

それに、DVDで所持するほど
演劇に興味はない。

レンタルできるなら、それがベストなんだけど、
こういうのって、
あんましレンタルでは見ないよなぁ・・・(ーー;)。
うーんうーんうーん・・・(~_~)。

DVDに、木原さんの書き下ろし小冊子とかつくなら、
1も2もなく買うんだがな。
無理っすかねぇ?


では、本日の本題にはいりましょう。

空いた夜道を、
ダーリンと気持ちよーくかっとばしていたところ、
背後から、いやーんな声が響いてきた。

「そこのバイク、左に寄せて停まりなさい」

うげー・・・強制献金かよ・・・(-_-;)

と思っていたら。
おっちゃんが車から降りてこちらに近づきながら言った。

「交通課じゃないから切符は切らないけど
 ちょっと飛ばしてたよね?」

「え?そうですか?」
  ↑
実際のところ、腐人はメーターなんか
走行中はほとんどみません。


っつったら、おっちゃん、

「えええっ!
 女の人だったの!?」


・・・スカートはいとるがな(ーー゛)。

いや、でも、今の世の中、
スカート履いてるからといって女とは限らんか。

でも、かぶってるのはドカヘル
(土方の兄ちゃんがかぶってる顔がまるみえのやつ)で、
顔が隠れるフルフェイスではない。

なのに、「女!?」って、ちょっと失礼ちゃう?
と思うものの、
腐人はケーサツに捕まる度に、これを言われる。

なんでだ!?
  ↑
運転が荒いからだろう・・・


別にヤンキー乗りも、
曲乗りもしてないんだけどねぇ・・・。

ま、その後については
照会と説諭と、ごにょごにょあったんですが、
あまり書くとなんなんで、その辺はナイショということで。
なかなかおもろいおっちゃんでした。


で、ふと思ったんですが、
最近、ブログやツイッターで、
こういうナイショにしとくべきことをゆーてしまって
問題化してるニュースをちらほら聞く。

あれを聞くたびに、
すごく幼稚な自己顕示欲を感じるのは
腐人だけだろうか?

まー、腐人も大概なんで、
あんまし他人のことどうこう言えはしないんだが、
言っていいことと悪いことの線引きができてない
人間としての未成熟さとか、
他人の注目を集めたいが故に、
針小棒大に話を誇張する幼児性とか、
まさにそういったことの表れだよなぁと思うのだ。

で、どうしてこうなってしまったのかっちゅーと
やっぱし、社会が厳しくなくなってるからな気がする。


先日、オープンカフェにいったらば。
若い兄ちゃんが、
椅子に浅く腰掛け、背もたれに頭を乗せ、
脚をわざわざ机の上に乗っけていた。

それはカフェの机であって
オットマンなわけじゃないから、
机は椅子よりも高い位置にあり、
はっきりいって、その姿は大変みっともなく。

もし机がスケルトンだったら、
まさに局部を全開にさらしてるよーな格好だったのだ。

なんつったらいいのかなぁ・・・。
椅子と机に距離があって、
ケツを支点に、V字のようなポーズで踵だけ机にのっける
っちゅーんじゃなくて、
椅子と机が密着してるため、
横からみたら、数学のルート記号さながらで。

正面からだと、
赤ん坊のオムツ替えか?
それとも
そのまま突っ込んでほしいのか?
っちゅーよーな感じ。

なんでそこまですんの?
っちゅー素朴な疑問もあったが、
それ以前に、一般常識としてありえんでしょう。
食べ物をのせる机に、靴をはいたままの足をのっけるって。

と思いはしたものの、
じゃぁ、腐人はそれみて
その若造に注意をしたかというとNOだ。

みっともねーと思ってみてたから
思いっきり目はあったけど、
火中の栗を拾いに行く気には
なれなかったんだよなぁ・・・。

そこで注意をしないということは、
一般常識に欠けた未成熟で幼稚な若者の存在を
容認してしまうということで。

なんというか、こういうのがはびこるのは、
自業自得なんだなぁ・・・と思ってしまった。


と、己の失態を若者論でごまかしてみた。
わははははー。



以下、読書録。

●25日
(544)BL/ルナ 『兄弟は恋人の始まり』 鳩村衣杏
  暖炉・・・
  メンテナンスが面倒くさそう・・・
  と思ったのは腐人だけだろうか?

  屋上の椅子だって、雨で劣化しそうだし。
  そもそも東京のガスッてる上に
  周りが明るすぎる(最近はそうでもないか)中で
  天体観測って厳しかろうて。
  
  とかなんとか思った腐人には、
  腐った夢と浪漫しかない。
  
  ま、フィクションだからねぇ。

  で、本編ですが。
  実際、そうなったらどーなんですかね?
  いい年齢をした子供としては、
  独立するような気がするが。

  今更、親が男女になってく様をみるのも
  謹んで遠慮したいし。
  親は親、オレはオレ、
  反対とか拒絶とかじゃなくって、
  距離おきましょ、
  お互いそのんがやりやすいでしょ?
  ってのになる気がするんだけどねぇ。

  でもそーいってっとBL話がすすまない。
  うむぅ・・・(~_~;)。

  ま、これ、あとがきで鳩村さんも書かれていたが
  兄弟モノっちゅーよか、
  仕事モノだわな。

  個人的には入江先生が気になる・・・・・。
[ 2011/08/26 ] 若者観察&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。