腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > よげんの書かよ・・・
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

よげんの書かよ・・・

昨日、言葉の定義で終わっちゃった話の続きを
しよーかと思ったが
ロンドン暴動の事件をみて、急遽変更。

うーむ・・・・なんなんだか、このタイミング。

前にもゆーた気がしますが、
腐人の予言は結構あたる。
っても、それを予言とゆーてええもんだかなんなんだか。

というのも、腐人がこうなるんちゃう?と
ボソリボソリとつぶやく言葉は、
突拍子もない、根拠もないことではなく、
大きな時間、大きな仕事の作用反作用や、
ニンゲンというものの性質を考えたら、
簡単プーに導き出されるものだからだ。

※「大きな時間」「大きな仕事」
っちゅー言葉のさすものについては
2011-8-3,4,9の腐人日記を読んでくだされ。



だから、別にあの暴動は、突然でもなんでもない。

レヴィンとフォックスによる
大量殺人犯に共通する6要素っちゅーのがあるが
暴動も似たようなもんで、
その要素が揃っちゃっただけ。

※レヴィンとフォックスによる
大量殺人犯に共通する6要素について知りたい方は
2010-10-30腐人日記の読書録
『無差別殺人の精神分析』にサラリと触れてます。
詳しく知りたい方は本よんでくらさい。


テレビをみてると、
中東や北アフリカの暴動との類似性をゆってたが、
腐人は、どっちかというとノルウェーのテロこそが
イギリスの若者へ影響したと思う。

っつか、ぶっちゃけ、他の欧州の国々において、
いつ同じようなことが起こってもまったく不思議じゃない。

今、先進国といわれる国々において、
出生数が2を超えているのはたった数カ国。
残りの国は、移民の受け入れで社会維持を図っているが、
この長引く不況とあいまって、
移民とのポストの取り合いが生じた自国民の若者層に
火種がくすぶりだしているのだろう。


ただ、腐人としてはアメリカのヤバさのが気になる。

アメリカは出生数が2を超えている珍しい先進国だが、
いつだったか、ウェブニュースをぴょんぴょんしたときに
「今のアメリカの若者の大半は、
 親からの経済的支援を受けている」
という記事を読んだ記憶がある。

実際、その親世代に
「子供たちが経済的に成功する可能性は
 自分たちの世代よりも大きいと思うか?」
ときくと、
思うが、40%
思わないが、52%
だったそうだ。
※残りの8%は書いてなかったんだが、
たぶん「わからない」とかだろう。


「子供たちは自分たちよりも
 高い生活水準を手に入れると思うか?」
という質問も
思うが、26%
思わないが、46%
だったとのこと。

アメリカは欧州と違って、
自国でユース・バルジ層が確立している分、
外国で戦争して、不満を解消しているうちはいいが、
それがなくなった時、どうなるのか。

腐人はアメリカが抱える火薬庫までの導火線は
そんなに長くないんじゃないかと思っている。


で、日本の話をついでにしとくと、
日本は諸外国に比べれば、
移民受け入れの壁がすごく厚くて高い。

だから、欧州のような形にはならないだろう。

しかし、多くはない若者層に不満がくすぶっているのは事実で、
前にツイッターで、こういうツイートをみた。

「「氷河期ったって選ばなければ職はあるでしょ」
 って言ってる人には
 じゃあおめえ異性だったら誰とでも結婚できるのかよ
 と言いたい」

この意見に対する腐人の見解は、

「己の中の優先順位によってはできんじゃね?
 その問題について、どこで、妥協するか。
 その短・中・長期の計算ができるかできないか、
 ただそれだけっしょ」

であるので、
この発言そのものについて、鋭い見識だとは全く思わんが
レヴィンとフォックスの6要素のうちの素因の2つ、
   1)長期間にわたる欲求不満
   2)他責的傾向
この二つが、若者に蓄積されてるのはわかる。

腐人は今の日本の若者をみてると、
中東や北アフリカ、イギリスのような暴動は起こさないだろうと思う。
が、犯罪はやるだろうなとも思う。

そしてこういう矛先はえてして弱者に向かうので、
子供や老人、いじめの延長での殺人などが
増加したとしても不思議じゃないだろうなぁ。

腐人としては、
ユース世代(15歳以上)がチルドレン世代(14歳以下)を殺すのは
自分の老後の安泰を、
自らの手でぶっつぶしてるよーなもんだからやめておけと言いたいが
さて、
そこまで考えられるかどうか。


と、ちょっと黒い話をしてしまったが、
日本では、先日、非常に興味深い判決がでた。

「早大の年金減額訴訟 
 最高裁の上告棄却が決定」
というものだ。

あんまりゆーとなんなんで、この辺で濁しとくが、
これは、ユースの暴動を押さえる手段として悪くないと
腐人は思う。

ただ、こういうもんってね、
最初にでっかく、1回バーンとやるのが、一番いい。
ちびちびやるのは、効果が落ちるどころか、
かえって不満を膨らませる可能性がある。


なんか奥歯にものがはさまったよーな感じになっちゃったが
言いすぎて教唆になっても困るんで、
この辺で・・・。



以下、読書録。

(494)BL/クロス 『呪文をかけるレシピ』 義月粧子
  途中までは、このタイトル
  「野良猫のてなづけ方」  
  のがええんじゃないかと思ったぞ。

  ・・・と思ってふと。
  この本来のタイトルって、本編のどこと繋がってるんだろ??
  うーん・・・腐人にはよくわかりませんでした。

  お話としては、腐人も
  こういう子が幸せになってくれるのはすごく好きなので
  よろしいんじゃないかと思うが、
  この先がどうなるのかが、すごく気になるなぁ・・・。

  どっちかというと、2000万稼いだら引退して、
  姉妹店やったほーが
  性にあってるよーな気がしてならん。

  ま、どう転ぼうが、周囲に理解者がいる限り、
  サトユーは、もう野良猫にはならないんだろうな。
[ 2011/08/10 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。