腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 食い物&読書 > momoもモモも桃なのだ!
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

momoもモモも桃なのだ!

ん?
英語で桃はピーチか。
・・・ま、いっかー。

師匠が岡山の白桃を送ってくれた。
うっきっきー♪思ってたところに、
毎年やってくる笛吹の桃もきた。

なるほど。
これは食べ比べろってことか。


岡山モモ太は、むちゃくちゃ色白でとっても華奢。
すんごい小柄なのに、
この抱き、もとい握りしめたときに
しっくりと手になじむ感じはなんなんだろう・・・。

皮膚が薄いらしく、ちょっと強く触ると、すぐにあとがつく。
これでは食べてしまったりしたら、
いったいどうなることやら。

ちょっとツンとしたところのある
世間知らずなワガママ坊ちゃん
というところか。


対する笛吹桃太郎は、
岡モモの2.5倍ぐらいありそうな巨漢。
よく日に焼けた、ほっぺた真っ赤な健康優良児。

でもパンツ、もとい網をむくと、
そこだけ日焼けしてない白い尻があらわれる。
うーん・・・まるで高校球児・・・。


食べごろを考えると、
もうちょっと待ったほうがいいかもしれない気はしたが、
せっかくだし、二人ともぷんぷん腐人を誘惑する
フェロモン臭をふりまいてるので、裸にして、
並べてみた。

岡モモは、つるんと皮がむけたと思ったら、
まさに処女地・・・と言う感じの肌が!

笛吹桃は、若干はやかったのか、手でむけたのは半分ぐらい。
そんでも、この子もむいた地肌は
みずみずしくって、つるんつるん。

ああ・・・・・・桃源郷・・・・。

かぷかぷ、じゅるじゅる交互に食べまくったんですが、
やっぱあのつるつるお肌の割れ目んとこに
歯を立てるのは至福・・・

桃を生み出してくれた人、ありがとう!!!!
でもって、桃送ってくれてありがとう、師匠!!!!


ちなみに味は、同じ「甘い」でもずいぶんと違って、
岡モモちゃんは、見た目どおり、
お育ちのよさそうな品のいい甘さ。
そうだな・・・例えるなら、『3月のライオン』の二階堂?

笛吹桃は、そういう意味で言うと、かなり庶民的な濃い甘さ。
こちらは、『3月のライオン』の高橋くんみたいな感じだろうか。

ってわかんねーよ!その例え!!

んじゃー・・・どっちも美味しい
これならわかる?
   ↑
それは最初からわかってるっちゅーの!



ぶどうに桃。
どちらも、西では岡山が、東では山梨が有名どころですが、
ぶどうと桃とを
それぞれの地域のもので食べ比べてみて、
岡山は品がよく、薄いのに甘いという甘さの追求、
山梨はとても濃く、はっきりとした甘みの追求、
品種改良で求めてる方向がそうなってるよーな気がした。

腐人の気のせいかな?

ま、なんにせよ、
旨い果物をたらふく食いまくれるのは幸せじゃ(*^。^*)。

夏は大嫌いだが、果物が旨いのは事実。
こういうものを食ったら、
「ちっ、しゃーねーなー多少暑くても許したろ」
っちゅー気になる。

が!
頼むから、来週と再来週は、
5月か6月並に涼しいなってくれーっ!!!

そう、来週は悪夢再びで。
再来週はコミケです。

コミケは、来週の状況によっては
屍になりそうな気がするんで、
いけるんだかどうだかわかりません・・・。

木原音瀬さんの参加表明が早々にでたので、
行きたいんだがなぁ・・・・。
だって、コミケだもん、
きっと惣ちゃんと嘉藤の恋愛裁判第4回公判でしょ?
違いますかね、木原さん??

行けたらいいな。
コミケに行けますように、
どうか来週、アウトドアが中止になりますように・・・・・。
   ↑
 運動会の前日に雨を祈ってた
 ガキの頃から、全く成長がねぇな、腐人・・・


以下、読書録。

●30日
(481)マンガ 『ボクを包む月の光 10巻』 日渡早紀 
  パメラちゃん、手が早いなぁ・・・(^_^;)
  ちょっと未来路に同情する。

  今回、腐人としては、本編よりも柱に興味がいった。
  なるほどねぇ、ニンゲン至上主義だとこうとるのか。

  腐人は地球にとっては、
  ニンゲンもゴキブリも一緒、
  むしろ、ろくでもないもん生み出さない分、
  ゴキブリのがよっぽどマシだと思ってんじゃないかと思うけどねぇ。

  際限なく攻撃して増殖し、
  自分が生息してる宿主を死に至らしめるところなど、
  腐人は、地球にとってニンゲンって、
  がん細胞みたいなもんだと思うんで。

  宿主は、がん細胞を駆除しようと、いろいろやるでしょ?
  でも、がん細胞はがん細胞の論理で、
  自分の生存を主張する。

  すべての事象は、そういうことじゃないのかなぁと思う、今日この頃。

(482)マンガ 『LOVE STAGE!! 1巻』 影木栄貴・蔵王大志
  なるほどね、
  原作が影木さんなわけか。
  納得。すごく納得。

  それにしても蔵王さん、久しく見なかったら、
  ずいぶん絵が変わったなぁ・・・。
  うーん・・・・個人的には前のが好き。

  それにしてもSHOGOが某芸能人に似てみえるのは
  腐人の気のせいでしょうかね?  
  
(483)マンガ 『大奥 7巻』 よしながふみ
  ん?7巻??
  ・・・・・ま、いっかー読めるし。

  やっぱりこれもフェミマンガだなぁ。
  他メディアがうれしげに移植してるけど、
  できあがりみてませんが
  (よしながさんのは、いっぺんドラマで大絶望させられたんで)、
  この辺、わかってやってんのかね?

  特に、今回でてきた女系継承。
  日本で扱うには、これ、爆弾だよ?
  腐人としては、ぜひ踏み込んで欲しいけど。

  吉宗が父親を適当に決めたという話。
  確か、これ、中世だったかのフランスもそうなんだよね。
  だから、金のある上流階級の男(=父親を押し付けられる男)から
  泣きが入り、婚姻制度ができあがったって
  なんだったかなぁ・・・なんかで読んだ。

  でも、もっとひどかったのは古代ローマ。
  主人が奴隷とか、好き放題に手をつけてはらませて生ませる。

  生まれた子供は、
  そのまま主人の子として認知されるかと思いきや
  生まれた直後に役人だったか宗教系だったかの立会いのもと
  主人に確認されるのだ、
  「あなたの子か?」と。

  で、主人が自分に酷似して、身に覚えがありありにあろうとも、
  「ちがーう」
  とゆーたら、それでその子は、
  ゴミ捨て場に捨てられるんだそうで。

  ちなみに、そのゴミ捨て場には捨てられる子供をまってる輩がいて、
  その子は拾われて、奴隷になったり、養子になったり
  したそーである・・・とは、『古代ローマ人の24時間』にあった話。
  記憶違いで、細かいところ間違ってるかもしれません。

  
  個人的にこの7巻でおーっと思ったのが、
  金と銀の相場の話。
  細かいなぁ。
  
  『江戸の卵は1個400円!』で読んだときの記憶によると、
  この相場はかなり金安。

  ちなみに「金」は、主に武家が使ってたお金の単位で、
  「銀」は商人。
  残る「銭」が庶民だそうなんで、
  金安になると、
  金を主流に使ってる大奥とかは、
  持ってる資産価値が目減りして困っちゃうんですな。
 
  ふっ・・・今の日本とすげーにてる・・・。

  最終的にこれは慶喜までいくんですかねぇ?
[ 2011/07/31 ] 食い物&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。