腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹白?日記&読書 > HDD破壊 顛末記
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HDD破壊 顛末記

ネジを開ける為に買ったレンチが間違っていた・・・
というアホな途中経過の後日談。

次回、またHDDを破壊せねばならぬ時のために
覚書としておく。


ネット購入で失敗したので、今度は、
「トルクスレンチ」
「ヘックスローブレンチ」
「サイズはT-8」
「先っちょは星」
と書いたメモをもって、買い物にいった。

ちなみに、これ、散々「星」と書いてますが、
正しくは、ヘキサグラム。
上向きの正三角形と下向きの正三角形が重なった形で、
星のてっぺんから、どん尻までを、「A寸法」というらしいんだが、
それがT-8だと2.3ミリ。

腐人がネジをはかったら、2.5ミリぐらいに見えたから
本当はT-9(2.48ミリ)がいいのかもしれない。

要は、その辺ってことだ。

で。
腐人は先っちょが星の工具を求め、
まず、某百均にいった。

ただ、腐人がみたHDDの物理的破壊方法が載ってたサイトでは
「ホームセンターに売ってます」
とあったので、期待はしてなかった。

すげー混んでたし、
モノがありすぎて探すのがイヤになったので
腐人は店員の兄ちゃんを捕まえて
「トルクスレンチってありますか?
 先っちょが星のやつ」
と訊いた。

すると、兄ちゃんは、
「は?とれくる?
 レンチなら、六角形のしかありません」

と言った。

あ、やっぱりな、と腐人は自ら探索することを放棄して、
店を後にした。
このことを、後ですんごく後悔するとは思いもせずに・・・。


続いて腐人は、暑くてへばりながら、
のたくたと、巣の近所にある
中規模のホームセンターに行った。

中規模、なので、基本、売れ筋しかおいてない。

そんでもホームセンターとうたってるんだから、
レンチの1本ぐれーあるだろう・・・
と思って行ったら、確かにあった。
トルクスレンチセットが。

ただ、規格がデカい。
T-8どころか、T-10以上の9点セットなのだ。
・・・使えねぇ!!!

みると、自動車工具として使うらしい。
・・・そりゃ、デカくないとね。
でも、腐人が破壊したいのは、
自動車じゃなくってパソコンなの・・・。

(注)後ろの数字がでかくなると、全体のサイズがでっかくなる。
パソコンで使われてるのは、小さいネジばかりなので、
T-8サイズより小さいやつのセットがベスト。


一応、店員にT-8以下のがほしいんだと主張したが、
うちじゃぁ取扱ってないです、とばっさり。

くすん・・・(/_;)
暑い中、せっかく来たっちゅーのによぉ・・・。


2軒にフラれ、さすがに懲りた腐人は、
もうちょっと離れたでっかいホームセンターに行く前に
電話をした。

すると、T-4からあるという。

初めっからここに行きゃよかったよ・・・と思いつつ、
行ってみたらば。

確かにT-4は単独で売っていた。
が、4だと小さすぎなのだ。

ではT-8は?と探すと、
T-8以上が6点セットで1470円
とか
T-8以上が5点と、
その他プラスやマイナスが20点ほどセットになったのが
1470円・・・・・。

これがもし、T-8以下6点セットで1470円なら、
腐人は大喜びで買った!
しかし、T-8『以上』なのだ・・・
ぜってぇ使わねぇ・・・(ーー;)

でも、もうこれ以上探すのはイヤだ!
時間が、体力が、気力がもったいない!!!

と、あきらめて、そんでもちょっとでもお得にと、
無駄なものがいっぱいつまったセットの方を買った。

しぇんよんひゃくななじゅーえん・・・・
腐人が読んだサイトでは700円ぐらいってあったのに・・・(T_T)

しゃーねぇ・・・と思いつつ、
途中まで破壊されたHDDの破壊工作の続きを始めた。

・・・・いやーもうアホらしいぐらい簡単プーにネジが外れる。
なんだったんだ!あの苦労は!!!
とっととコレ買えばよかった!!!

と思ったんだが、
まだ続きがあった・・・。

そのネジを外してフタをあけると、
肝心要のプラッタ(円盤みたいので、ここにデータが記憶される)を押さえてるものが
また星型ネジなのだ!

ふふーん、もう怖くないわ♪
と思って、T-8を突き刺すと・・・入らない・・・な、なんで!?Σ(゜o゜;)

よくよくみると・・・どうも一回り小さいみたいなのだ・・・。

なんてこったい、オーマイガッ!!
だっから、T-8以下セットがほしかったのにー(ToT)!!!!


もう、何もかもイヤになった腐人は、どうしたか。

ふ・・・ネジなんか無視して、プラッタの隙間にくぎ抜きぶっさして、
バッキリ破壊してやったわよ!
もう知るか!!!
そこまで付きおうてられんわっ!!!

ってことで、HDDの破壊はこれで完了したんですが。

円盤がなかなか堅くてですね、
その破壊方法をネットで調べていると・・・・・

「ボクは、トルクスドライバーを100円均一ショップに探しにいった。
 すると、100円ではなかったが、210円で発見。
 すごいぞ、百均。」


とあって、写真までついている・・・。
みると、パッケージには、『トルクスドライバー』とある・・・。

っちゅーことは、
腐人は一軒目の百均で、
「トルクスレンチ」と言わず、
「トルクスドライバー」っちゅーたら、
一発ビンゴだったってわけ!?


・・・にしゃくじゅうえん・・・腐人のお財布から出ていったのは
・・・しぇんよんひゃくななじゅーえん・・・

差額で本が十分買えるじゃないかっ!!!


あまりのショックで、そのページを閉じようとしたら、
その前に立ち上げていたページがでてきて、
みると、
ア●ゾンで、T-5からT-20の8点セットが1050円とあった・・・。


・・・もし、ハードディスクを物理的に破壊したいなと思われた方、
この腐人の愚挙の真似をしないよう、
反面教師にしてください・・・。

そうでもせんとやっとれんわっ!!

あ、なんか・・・
「慌てるこじきはもらいが少ない」
とか
「急がばまわれ」
っちゅー言葉がきこえてきたわ・・・。

そう、腐人は昔から、
「爪で拾って箕でこぼす」
といわれ続けてる人だ・・・。
死なないと治らないのか、この病・・・(;一_一)


以下、読書録。

まずは、昨日の放置物件から。
(464-469)マンガ 『ファンタジウム 1-6』 杉本亜未
  杉本さんがあとがきマンガで書かれてましたが
  ディスレクシアを取り扱ったマンガは
  これまでにないそうで。

  確かに腐人も小説でしかみたことないわ。
  っても、読んでる量の関係もあるけどさ。

  小説では、やっぱ木原音瀬さんの『秘密』ですが、
  駒崎優さんのクイーンズ・ガードシリーズでも
  ディスレクシアの子がでてきます。
  が、こちらは・・・
  うーん・・・なんか特異体質っぽく書かれてるんで、
  正直、腐人としては疑問が残った。

  なので、もしディスレクシアへの理解を深めたいなら、
  やっぱ木原さんの『秘密』を薦めたいなぁ。
  BLですが。

  ・・・でも、木原さんの作品って
  BLって言っていいのかな?とたまに思う。
  っつか、その枠にはめることで、食わずぎらいされるなら、
  枠とっぱらっちまえ!と思うんだ。
  読まずに死ぬほうが惜しいもん!

  ま、そのへんは置いといて。

  良くんが、これまでの経験から、
  知られたくないと思う気持ちもわかるんですが、
  腐人も山村先生のよーに
  同じようにディスレクシアでつらい思いをしてる子の希望になって欲しい
  という思いがでてきてしまうなぁ。

  悪い言い方かもしれんが
  そして、本人としてはしんどい目になるだろうが、
  ある種の広告塔となって欲しいのだ。

  ディスレクシアには、周囲の理解と協力が不可欠なんだが、
  みた目でわかるものではない。

  だからこそ、周囲の人間が「あれ?」と思ったときに、
  「あ、もしかしてディスレクシア?
   なら、こうしましょう」
  という対応が誰でもとれるぐらいの世界になって欲しいのだ。

  五十嵐や鏑木のじじぃなんぞ、鼻で笑い飛ばせるほどに。

  っつか、そういう人自身に、
  自分の性根に差別主義があることを気づかせて、
  奈落の底で鬼灯にいびられる世界になるといいなぁ・・・。
    ↑
   なんか混ざってまっせ、腐人・・・。
   わかる人だけわかってください・・・。

  話を元にもどして。
  ある意味、良くんはマジックにおいても、
  同じような立場にいるのかも。

  なでしこでも言われてるが、
  日本は文化やスポーツに投資しない。

  時折、テレビでマジックがブームになるが、
  それだって一過性のものばかりで、
  作中でさんざん描かれてるが
  日本におけるマジックの地位は高いものでないと腐人も思う。

  杉本さんは、この作品で
  ディスレクシアとマジックの両方の認識を変えたい
  と思ってらっしゃるのかな?という気がするのは気のせいか?

  もしそうならば、
  腐人としても、ぜひぜひやって欲しいところだ。

  前に1-3の感想で、北條のおじさんのことを散々にゆーたが、
  ガンテツさんの登場で、
  立ち位置に変化が出た気がする。

  ガン●ム・ファーストのアム●じゃないが、
  「ボクにはまだ帰れる場所があるんだ」
  っちゅー位置になるのかな?
  ある意味、保険室??

  その二人の会話で
  「大人になったら心がすっきりするのか」
  ってのがあったけど、
  腐人の回答としては、

  「すっきりするかしないかってのは、
   結局のところ、自分の裡の問題。
   大人とか子供とか関係なく、
   自分がそういう風にするどうかだと思う。

   ま、大人のが経験つんでる分、
   いろいろ狡猾で、自分自身をもだましたりできるわけ。
   それは、聞いてもわからない、経験して学ぶことだなぁ」   

  っちゅーとこでしょうか。
  ま、こやって言葉にしちゃわないとこが
  いいんだけどね。

  ところで、6巻ででてきたVIPのイケメン若造は誰なんでしょう?
  7巻はよ買えって話か??
  すげー気になるわ、兄ちゃん・・・。

  気になるといえば、神村さん。
  うーん5階はヤバイぞ。
  かなり運がよくないと・・・・。
  
  そういや、作中ででてきた
  『最後のユニコーン』と
  『潜水服は蝶の夢を見る』は
  いつか読んでみたい。

  ・・・ただ、詩集が読めない腐人には、
  あんましあわなさそうな気がせんでもないんだが・・・(;一_一)

  ま、いずれの折に。
  
●24日
(470)マンガ 『鬼灯の冷徹 1巻』 江口夏実
  なんちゅーたらええのか、このマンガ・・・。
  腐人のアンテナにはひっかかるんだが、
  なんと言えばいいんだろう・・・。

  まさにオンリーワンなマンガで、
  腐人の脳内では、『進撃の巨人』と同じところにいる。

  このなんとも言えないシュールさ、
  キンギョソウとか、シーラカンス丼とか、
  そういうのも悪くないし、
  キャラクターもおもしろい。
  でも、大笑いするには、
  うーん・・・もう一皮むけてほしいなぁ。

  ネームのテンポのノリツッコミとかは、
  正直、初期の『のだめ』と変わらない気がするのに、
  あそこまで笑いがでないのは、   
  これは表現の差なのかなぁ・・・?
 
  あ、いわずもがなですが、
  腐人は『のだめ』、初期しか評価しちょりません。
  同じ二ノ宮作品なら、
  圧倒的に『GREEN』か、
  『天才ファミリー・カンパニー』のがおもろいと思う。
  
  ただ、『のだめ』の表現方法は、
  この2つよりも巧い。
  
  その辺がな・・・江口さんはまだ追いついてないのかな?
  っちゅー気がする。
  
  このノリで2巻がどうなるのか、腐人は楽しみにしております。
[ 2011/07/25 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。