腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > クラッシャー・腐人
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クラッシャー・腐人

パソコンが壊れた。

といっても、前から不穏な動きをしてたんだよな。

だから、データは避けてたんで無事だし、
代替機の用意はあるしで、
実害はない。

あるとしたら、問題は一つだけ。

パソコンを捨てる場合の常識として、
ハードディスクはフォーマットする、
であるが、このパソコン、電源が入らんのだ。

どーっすっかなぁ・・・と、詳しい人に聞いてみたら、
「ハードディスクを物理的に破壊しろ」
と言う。

物理的に破壊?
とりだしたハードディスクは、
かなり頑丈な甲羅で覆われているんだが、
どうやって??

ときくと、いくつか案を出してくれた。

●ハンマーでぶったたく 
→ やってみたが、
  腐人の力じゃ甲羅の表面に傷がいっただけ

●キリで穴をあける
→ キリがないので、釘を打ってみたが、釘が負けた

●電機ドリルで穴をあける
→ 電機ドリルがない

●分解して、記憶してる部分を取り出し、傷つける
→ これしかなさそうである・・・。



他にネットでみてみたが、

●電子レンジでチン
→ 腐人の経験からすると、
  こういう金物を電子レンジでチンすると
  火花を発生させ、火事に至る危険があるので、
  これはレンジがぶっこわれてもいいなら別だが、
  やらないほうがいいと思う・・・。

  ちなみに腐人は、金串かなんかでやったら
  線香花火みたいになった。
  キレーだった。←じゃねぇだろ!

●塩水につける
→ 結果が本当に消えたかどうだかわかんないのでやめた。

熱湯風呂につけるとか、どうなんだろ?

防水じゃないケータイは、
便所に落としたら、即死んだけど。


昔、外付けHDを机から落下させたことがある。
読みこみ中のやつを。

そしたら、見事に傷つけちゃいけないところに傷がいって、
データ復旧専門の修理屋さんに泣きついたけど、
無理!と言われた・・・(/_;)。

っちゅーことは、
このHDも下に誰もいないことを確認した上で、
落としたらいいんだろうか?

こないだはたまたま机からの落下で死んだが、
どのくらいの高さがいるんだろう・・・?
人なら×階なんだがな・・・

でもこれも、読めなくなったかどうかの確認ができん。
安心のためには、
やっぱ分解して、破壊の限りをつくすべきだよな。

ふふふふふ・・・腐人は創造や修理はヘタクソだが、
破壊には自信があるのよー!!
ダーリンで散々やっとるもんねー♪

ってことで、今日はHDの破壊にいそしんでおりました。

このHD。
へんちくりんなネジによって守られている。
ネジ穴が、星型なのだ。

よって、よくある六角レンチも使えないし、
プラスもマイナスも使えない。

「マイナスドライバで強引に」という話もみたが、
やってみたけど、でけん!

この星型用のやつは、
トルクスドライバーとか、
ヘックスローブレンチとかゆーらしい。

値段は400円ぐらいからあって
高いもんじゃないが、
ホームセンターとかに行かねば買えないという。

・・・台風きてんですけど・・・(;一_一)


これが再生する必要があるならば、
腐人も台風の中、買い物にいったろう。
しかし、目的は破壊である。

ふふふふふ・・・何を躊躇する必要があろうか。
壊しさえすればいいなら、
道具がなんだっていいじゃねぇか!

ってことで、破壊の限りを尽くしてみた。

まず、穏便に、ペンチでネジが回らないか試してみる。
すると、6個のうち5個までとれた。

なんだ、簡単じゃん。
・・・と思ったんだが、最後の1個が手ごわくて。

ペンチの場合、ネジの周囲に
ペンチの厚みが入るだけの余地がいるんだが、
この最後の1個君が、それを阻むよーなところにおってだな。

簡単にはマワさせてくれんのだ。
俺は、そんなに安くねぇぜってか?
・・・ケチ・・・(~_~)。


しばらく星穴ネジと格闘して、飽きた腐人は、
いつもの破壊方法をためすことにした。

それはフタの隙間に、楔になるものを打ち込み、
無理くり隙間をひろげて、ぶっとい釘抜きを入れて、
てこの原理で、フタをめぐ。
※「めぐ」は方言かもしれない。
壊すっちゅー意味です。


余談だが、うちのダーリンには、
この跡があちこちにある・・・。

マイナスドライバさえ拒むこの隙間。
ふっふっふ・・・
そうね、まずはこの細い釘ぐらいどうかしら?

うっ・・・キツイ・・・めくれる・・・(釘の表面が、です)。
もうちょっと緩めないと、はいらねぇじゃねぇか!
力ぬけって!←誰にゆーてんねん・・・

ま、そんなことブツブツ言いながら、
ガンガンやってると、
最終的にはネジやフタではなく、
ネジを通していた穴が負けたらしく、
星穴のネジが穴をつきぬけていた。

穴、ゆるすぎ・・・。

ふー・・・これでフタが開くぜー!
と思ったのに、
なぜか、あかない。

なんでや

よくよくみると、
下半分ぐらいにべっとり貼られてる
製造番号とかかいてあるシールの下に、
ちゃっかりもう1個星穴ネジがおるではないか!

最初から表にでとけー!!!

うーむ・・・このラスボス。
かなり手強い・・・。

ペンチで、むりやりマワすのも、
楔を、むりやり挿入するのも、
簡単には許してくれない構造になっている・・・。
この厚みのフタはさすがにメリメリできないし・・・。

くそう!
ここまできたのに!!

最後の最後で、
「・・・今日はここまで。
 この先はダメ・・・」
っちゅーて言われた感じー!!!
キーッ!!!

こうなったら、ぜってー中をぐちゃぐちゃにしてやるぅ!!

ってことで、トルクスドライバーを頼みました。
ああ、ネットって便利。

ふっ・・・先延ばしにした分、たっぷり遊んでやるぜ。
覚悟しとけ!

※上記は
あくまでもハードディスクの物理的破壊に関する記述です。
それ以外のことに読めたとしたら、
それは、気のせいです。



以下、読書録。

あ、昨日の『ダブル・バインド 3』で書くの忘れてた。

上條、あんたその決意、そこに至るまでの思考とか、
絶対に瀬名の前でゆーなよ。
もし、ポロッとでももらしたら、
家にいれてもらえなくなるぜ、きっと。

・・・でも、いつかやらかしそうだよなぁ・・・。


●19日
(458)BL/ガッシュ 『追憶の庭』 栗城偲
  いやーん、鼎山、超かわえー!!!
  でも、今は寄ってこないでね、暑いから。

  それにしても、
  なんで鼎山視点は没なんでしょう、ガッシュさん。

  いいじゃん。
  書き出しは、もちろん、
  「我輩は猫である。名前は鼎山」
  で(^_^メ)。

  ってのはともかく。
  悪くないと思うンだがなぁ、猫視点。

  榎田尤利さんの魚住くんシリーズの「夏の子供」とか、
  木原音瀬さんの箱・檻シリーズの「なつやすみ」とか、
  腐人はすんごく好きなんだけど。

  くらもちふさこさんの『天然コケッコー』では、
  まさに猫の視点の回がある。

  当事者視点で書かないからこそ、
  書けるものってあると思うんだがなー。

  
  それにしても、つくづく思うが、
  腐人は、栗城さんの小説がもつ雰囲気が好きらしい。
  なんなんだろな、これは。
  
  できれば鼎山視点では
  この二人がどう見えたのか、
  それ読んでみたいなぁ・・・。

(459)BL/ビーボーイ 『脱がない男 上』 木原音瀬
  本当は、昨日の、『ファンタジウム』から
  ディスレクシアつながりで『秘密』を読むつもりだったのよ!

  それが、なかなか『秘密』が発掘できなくて、
  ふとみたら、
  藤原課長の流し目と目があっちゃったんだもん~っ!!
  ええ、読ませていただきますとも、藤原課長!!

  ってことで、
  いつもの寝る時間をかなりオーバーしてしまった・・・。
  
  や、だからさ、腐人ちゃんよ、
  木原さんは読み出したらやめられなくなるから、
  週末か時間があるとき以外は読むなっちゅーて
  ゆーとるやろが!!

  ・・・・・。

  ま、それはさておき。

  好きですねぇ、「Don’t」シリーズ。
  というか、
  木原さんのコメディは、むちゃくちゃ好きなんですが!
  あまり・・・書いてくださらないですよね・・・くすん・・・(/_;)

  この「脱がない男」は、ダメ部下育成記としても、
  新商品開発としても、おもろいんですよねぇ。

  甲斐谷ワンコの成長ぶりが、
  まさにダメ犬克服大作戦みたいで、ええ。

  そういや、久家がデザインを「カワイイ」といったら、
  むっとした甲斐谷が「かっこいい、でしょ!」と言い返してたシーン。

  先日、まさに腐人もそういう場面に遭遇しました。
  相手は、3歳ぐらいのハーフ少年。
  5歳ぐらいのお兄ちゃんと、ウロウロしてたのが
  あんまり可愛かったんで、ナンパしたんですよ。

  そしたら、その子がナントカレンジャー系の靴はいてて、
  すごいでしょ!と見せびらかしてくれたんで
  「あら、かわいいねぇ」といったら
  「ちがうもん!かっこいいんだよ!」
  と言い返されました。

  ・・・甲斐谷、3歳児と同じメンタリティだよ、君・・・。

  ま、体育会系だし、そのおおざっぱでガキなところが、
  心配性の藤原にはあってるのかもしんないですね。


  個人的には、友晴が・・・
  好きとは言いませんが、気になります。
  ああ、彼のラブはどうなるんです!?
  『男の花道』の続きはーっ!!!

  そういや、新装版にはいってたのの初出が
  エロとじってことで思いだしましたが、
  「鈍色の華」は、いつ、どこに収録されるんでしょう?

  でもって、そのときには、是非、
  クララに倣って、社長もたっちができたか、
  教えていただければ幸いに存じます・・・。
    
[ 2011/07/20 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。