腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹白?日記&読書 > 旅のこだわり ホテル編
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

旅のこだわり ホテル編

昨日に続いて旅行の話。
今日は、旅行における「宿泊」編であーる。

若い頃は、ホテルステイの意味がよくわかっていなかった。
なので・・・・
今思えば、なんちゅー惜しいことしたんじゃー!!
と言いいたくなるよーな、もったいないことをした。

どういうことかというと、
ホテルにろくろくいねぇってことだ。

仕事で、ただ寝るしか時間がない、とかいう場合は、
「ドアをあけたら3歩でベッド」
でもかまわんと思うし、
こういうホテルでは、
ホテル内滞在時間=睡眠時間で十分だ。

清潔でさえあれば!

以前、寝るだけだからと、安いホテルをとったら、
ドアをあけた瞬間、
湿気虫(正式名称はしりませんが、湿気の多いところで繁殖する羽虫)が
ぶんぶんぶん・・・。

そこの段階から、いやーんな予感はしてたんですが、
蛇口をひねると、赤水がジャー・・・。

どんだけ使われてへんねん、この部屋・・・

ってことがあった。
今でもあのままなんやろか・・・・?


ま、ちょっとずれちゃったが、
いいのにも、悪いのにも、そこそこ泊まり、
それなりに経験をつんだこの歳になると、
ホテルで過ごす時間っちゅーもんの価値がわかってくる。

だから、もうね、プライベート旅行するなら、
徹底的にワガママを通せる宿がいい!
となる。


ちなみに、腐人が宿に求めるワガママは、こんな感じ。

その1)客室数が少ない小箱がいい

その2)部屋に、いつでも入れる温泉が欲しい

その3)部屋の和洋は問わないが、
    寝るスペースとくつろぎスペースが、
    常時存在して、区分けされてるのがいい


その4)飯は別室

その5)館内にエステあり

ささやかなもんデショ?←どこがや
まー・・・ここらぐらいまでは、叶ってくれないと、
出かけて泊まる気になれん。
腐人のフットワークは、
本に関わらなければ、むちゃくちゃ重いんだ。

あとはー、そうねぇ・・・
館内にドリンクフリーのラウンジがあったり、
持ち出しOKの図書室なんかがあったりすると、
さらに嬉しい。
図書室の質は、腐人が喜びそーなやつね、もちろん。

実は、北海道に、この理想のお宿があるのだが、
固有名詞は伏せておこう。



このワガママにも、それぞれ一応、根拠があるのよ?

その1)客室数が少ない小箱がいい

大箱ホテルの場合、
団体旅行客やファミリーと遭遇する。
また、宴会や冠婚葬祭なんかが行われたりもする。

ぶっちゃけねー・・・こういうのに遭遇すると、
非日常を求めて旅行いってんのに、
日常を目の前につきつけられる感じがするのだ。

なので、いくら有名なホテルでも、
最近、腐人は大箱に泊まりたくない。

あ、でも、
その挙式がホモだったら、
全然オッケーよっっっっっっっっ!!!


ぜひ、見せてくれ。


その2)部屋に、いつでも入れる温泉が欲しい

部屋つき温泉は、すんげぇ贅沢だと思う。
でもね・・・
風呂を愛してる、ルシウスならわかってくれると思うんだが!!

いつでも好きな時に入れる、この自由!
他人の出入りに気遣わなくていい、この自由!!
お風呂で読書だってできちゃう、この自由!!!

いっぺんやったら、病みつきになります。

ま、腐人の場合、寝起きの頭は、いっつも大爆発なんで、
ぐだぐだ浴衣と爆発頭のまま、風呂に入れるのを
何よりも求めてるってこともあるんだが・・・。


その3)部屋の和洋は問わないが、
    寝るスペースとくつろぎスペースが、
    常時存在して、区分けされてるのがいい


今回の旅でも思ったが、腐人は体力がない。

風呂に入った後、
エステをした後、
観光をした後、
などなど、ちょっとゴロンがしたいのだ。

畳の上でいいじゃんと言われるかもしれんが、
ダメなのよ!それじゃ堅すぎるのよ!!

ゴロンでグーをするためには、
ふかふかのお布団と枕が必須なの!!


京都の超有名な老舗旅館は、当然オール和室で、
布団は夜、敷きにくるタイプだったんだが、
こういう腐人みたいなやつのために、
お昼寝セットが用意されていた。

こういうのはありがたいやね。

それに、一緒に行った人と、
就寝リズムや余暇時間の過ごし方が合えばいいけど、
宵っ張りさんと早起きさんとか、
テレビっ子と読書っ子だった場合、
区分があったほうが過ごしやすいんだ。
これは普通の生活でもそうだと思うけど。


その4)飯は別室

部屋食にすると、匂いが残るし、
なにより食事が供されるタイミングにズレがあるのだ。

ゆっちゃぁなんだが、本当に旨いものを食べるなら、
カウンターが一番いい。

寿司だって、てんぷらだって、焼肉だって
握りたて、揚げたて、焼きたてが一番旨い。

それが部屋食、特に大箱ホテルなんかだと、
冷え冷えのてんぷらとかがでてくる。
先付けがもう空っぽなのに、
ずーっと次の吸い物待たされるとかね。

なんかねー・・・いくら素材がよくたって、
これだと興ざめするんだよ。

だから、お給仕さんがテーブルの進み具合を
厨房と打合せながら食事の進行ができる
食事処は別スタイルのが、腐人は好きだ。

終わっても、さっさと帰れるし。

これが部屋だと、御膳を下げてくれるまで
他のことができなかったりする。

え?他のことって??
ま、その辺は、
温泉旅行にいってるBLが山ほどあるので
そこらでおベンキョしてください。


その5)館内にエステあり

腐人は、エステは旅先ですることにしてる。

なぜならば。
旅先だったら、押し売りにあわないからだ!!

いっぺん地元のホテルでエステをしたら、
まーまーまーまー
いろんなものを売りつけられそうになって辟易した(-_-;)。

買ったって、つづかねぇんだっちゅーの。
それに懲りて以来、
地元でエステはやめている。

これが、旅先だとね、
向こうもリピーターにならないとわかってるから
そんなにむちゃぶりをしないのだ。

あ・・・でも、それはホテルの場合ね。

以前、ホテルにはエステサロンはないけれど、
近くに提携してるところがあると紹介してもらって
行ったことがある。

ホテルにエステがあると、
エステ組み込みのお得なプランが大抵あって、
かなり割安に楽しめたり、お土産がついてたりするのだが、
こういった提携だと、
紹介に限って若干の割引がある程度で、
お得感はかなり低い。

それに、直接頼んだりすると、
割引がなかったりもするし。

また、ホテルの評価の縛りから外れるせいか、
旅行客だっちゅーのに、
化粧品を売りつけてきたりもする・・・(ーー;)

だから、一番いいのは、
エステサロンのあるホテルに、
エステ付レディースプランで泊まるっちゅーやつでしょうな。

っても、これ、男性は残念ながら難しいんだよね・・・。

女性同伴なら、なんとか許してくれるところもあるが、
ダメなところも多い。
男同士ならなおさら・・・プランすらない。
ああ、可哀想に・・・ケケケケケ・・・←おい

ま、腐人は女なんで、
こーゆーのは思いっきり満喫させてもらってて、
大抵、延長をかます。

どゆこと?かというと、
レディースプランに組み込まれてるエステって
大抵が、60分とか30分とかの短時間なやつなのだ。

そうすると、腐人がやりたいプランができなんだりするので、
差額を払って、
やりたいプランをやりたいだけやりまくるのであーる。

今回も、思いきりわが道をいかせてもらった・・・。
すまんな。

ま、この辺は施術者さんの予定とかもあるので、
なるたけ早めに相談し、
できるっちゅーなら、早々に時間確保をしとくべし。

じゃないと、今回も、腐人が早々に時間をキープしたせいで、
ふらりと立ち寄ったお客さんが断られていた。

ごめんなさいねぇ・・・おーっほっほっほっほ。←鬼・・・


今回のお宿は、この希望一覧と照合すると、
なかなかのライン。
特に、お風呂のお湯がすげーよくて、
お肌がつるつるになった。


唯一の不満は、
なぜ、モモやぶどうやブルーベリーなんかが
外には、たっぷりなってるっちゅーのに
朝食のフルーツが、
オレンジ(輸入だ、あれは)と、
グレープフルーツ(輸入だ、これも)と、
メロン(これだけは国産か?)だったのか
っちゅーことだ!!!

あんだけブルーベリー食ってなきゃ、
あばれとるぞ!!

もうちと考えてください、×××××さん。


以下、読書録。

●11日
(438)BL/キャラ 『後にも先にも』 中原一也
  この口絵・・・・・・・
  キャラさんもショッターを狙い始めたのか!?

  いいなぁ・・・私も天使に起こしてもらいたいわぁ。
  そーいや、姫も遊びに来た時、腐人が寝てたら、
  「おちて」と、もみじのお手々でぺちぺちやってくれる。
  
  寝起きは超不機嫌な腐人だが、
  あの起こされ方は怒れない・・・・・・・。

  どんだけ睡眠を愛してても、
  あれには負けるよな・・・。

  ってことで、ちびぃのが出てきたら、
  腐人にとっては、チビが主役-っ!!
  ああ、良太がかわええわぁ・・・。

  これは成長したら、
  ダメパパを仕切ってくれる
  しっかりもんになること間違いなし!
  ふふふふふ・・・今から青田買いしとこーかしらぁ・・・。
  優斗くんと、末永く仲良くね?

  
  ネタとしては。
  なんとも微妙なものを・・・。

  腐人の持論として、
  「本来、本能に従って生きるべき動物なのに、
   社会なんて妄想下での生存の道を選んだせーで
   人間は何かに依存しないとおかしくなる」
  ってのがあって、
  腐人自身、本への依存を自覚している。

  まーだからねぇ・・・
  こういう生き方を選ぶ人に対し、
  腐人は、三猿道を貫くことにしてる。

  腐人自身、自分の本に対する行為に口出しされると
  すげー不愉快だし、聞く耳もたないし。
  たぶん、同じ病だと思うんで、
  遠ざけて放置が一番の対処療法でしょう。
  
  ただ、それが周囲をまきこみだしたら、
  三猿なんてゆってらんねぇよねぇ・・・。 
  
  非常に微妙な問題なんで、この辺でやめとこう。

  個人的には、
  パパの魔性の血が遺伝してるといいなと思います。

  ふふふふふ・・・周囲をたぶらかす魔性の親子・・・
  ああ、読みたい!
[ 2011/07/12 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。