腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 図書規制&読書 > プラチナ・ルール
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プラチナ・ルール

今日は、東京で、東京都青少年健全育成改正条例、
トンデモ法が施行される、7月1日である。

ニュースになったかなぁ・・・と思って、
ニュースページを眺めていたが、どこ吹く風。

有史以来、ろくでもない法は腐るほど作られてきたが、
法ができたときってのは、
こんなもんなのかもしれない。

原発だってそうだもんねぇ。
爆発して、やっとこさ、大勢がワーワーギャーギャーとなる。

戦争だってそうだもんねぇ。
たくさん死んで、やっとこさ、大勢がワーワーギャーギャーとなる。

逆をかえせば、
そこまでならなきゃ、大勢にはわかんねぇってこったろうな。

わからせないようにしてんのか、
わかろうとしないのかは、ともかく。


腐人がガキの頃からよく言われてきた言葉の一つに
ビスマルクの言葉といわれてるやつがある。

「賢者は歴史から学び
 愚者は経験からしか学ばない。」(ウィキペディアより)

腐人が聞かされつづけた文句は、
微妙に違って、もっと率直。

「天才は、他人の失敗をみるだけで、わかる。
 凡人は、自分で失敗して、はじめてわかる。
 バカは、同じ失敗を何度も繰り返す。」


ビスマルクが実際にはなんちゅーたかなんて
もうわかりゃせんが、ま、意図としてはそういうこと。

そういうことが言えるのに、
歴史をみると、同じ失敗を何度も繰り返す。
変な生物だなぁ、ニンゲンって。


ま、このトンデモ法が施行された段階で、
賢者(もしくは天才)がいないってのは明確なんで、
これに関係する人たちが、
バカでないことだけを祈りたい。



正直、今、業界がどう動いているのかよくわからん。

ただ、4月ごろだったかな、
業界自主規制案ってのがでてきて、
その中身をみたら、
過剰すぎるのでは?という内容で、
業界内でも反発が起こっているという記事を読んだ。

そして、節電問題で、槍玉にあげられたパチンコ業界が、
業界誌の表紙に、あの人を登場させ、
「狂った果実」というタイトルの横に
「狂ったイシハラ」というルビを振り、
「なんでマンガアニメ業界はここまでしないのか?」
という記事も読んだ。


パチンコ業界がやったことは胸がすくし、
おもろいことやりよるのぉとは思うけど、
腐人なら、やらないかな。

だって、それでクソが死ぬわけじゃないもん。
それがデスノートなら喜んで書きまくるが。

前から言ってるが、率直なところを言うと、
腐人は、この問題を早期解決するために、
早く実害を蒙った人がでないかなと思っている。

その方にとっちゃ、迷惑極まりないとは思うが
その方こそが最強の原告なので、
これでようやく勝ち目のある条例無効の裁判が起こせると思うんだ。


先般、東京在住の人が、国に対し、
原発によって生活の安全が脅かされていると、
原発の設置許可無効訴訟を起こしたんだが、
国側が、原発から220キロも離れてるから原告不適格だ
と反論してる。

だから、クソ条例無効の裁判をするなら、
「最強の原告」を手に入れないと、
結局、これと似たような話になるんじゃないかなと
腐人は思うのよ。


とはいえ、しょせん、腐人は当事者にはなりえない一介の読者。

それも金と伝手と時間を使えば、
自分の読みたいものを入手することができる大人なので、
入手することに、これからも200%の力を注ぎ、
状況がどうなろうとも読み続けるぐらいしかできん。

だから、あのクソ条例に本当に関係してくる
当事者になれる皆さん、
できれば大樹の影に寄ることなく、
断固として戦っていただきたい。

腐人は応援しますんで。



そーいや、前に読んだ日垣隆さんの
『電子書籍を日本一売ってみたけれど、やっぱり紙の本が好き。』 で
この条例の話がチロッと載っていた。

日垣さんは賛成らしいんだが、
そこで、おっしゃってたことに腐人は違和感があった。

ってのも、現実を写した写真集と、
虚構であるマンガ、アニメをごっちゃに語ってたんですわ。
で、子供を持つ親として、なんで反対するのかわからんと。

腐人としては、
実在人物と非実在人物をごっちゃに語るところからして、
「は?」
なんだが、
こういう意見に賛成される方は、
現実と虚構が同じレベルにあるってことで、
マンガやアニメ、映像なんかでの犯罪暴力行為をする人を逮捕しろ!
とか思うんだろうなぁ・・・。

その場合、どやったら、現実の裁判所からオフダが下りるのか、
ぜひ聞いてみたい。


ま、ね。
この問題は、つきつめれば男の性欲にたどり着くので、
腐人にあんましさせないほうがいいと思うんだが、
犯罪視点だけに限ってコメントしとこうか。

現実を写す写真集の場合は、
芸能人になりたいと、パンツを脱いで股を開く人がいるのは事実だ。
それは、腐人は自己責任の範疇だから、勝手にせぇと思う。

しかし、自分の意思で行ったのではない被害者もいるだろう。
無知だったからそうなったのか、
金のために仕方なくそうなったのか、
事情はいろいろあるにせよ。


それに対し、虚構にすぎないマンガやアニメの場合は、
いったいどこに被害者がいるのだろうか?

どこの警察署に、ピンクアニメの登場人物から被害届けが出されるのか、
腐人は、この点も、賛成派の皆さんにきいてみたい。


そーゆーことで、腐人は、東京都とは違って、
そういった写真集を限定して取り締まるといった府県については
まー・・・一定の理解はできる。

ただ、実際そうやったら、
アングラにもぐって、被写体はもっとひどい状態になると思うがなぁ・・・。


ま、それはそれとして。

東京がやっとるような、
リアルは放置で、虚構のマンガ・アニメを取り締まるとなれば、
腐人としては、全くもって賛成できなくなる。


ホントにね、
この問題が浮上してからずーっとゆーとるが、
これを受け取り手の問題だとするならよー、
男を皆、去勢しろっっての!
去勢したところで、困るのはシャセー産業だけ。
犯罪も減るし、人口問題も解消するし。
国会でガタガタやらかしてる問題の9割方が片付くわっ!
オスなんぞ、生きてるムダなんだから!


ああ、やっぱりここに至ったか・・・(^_^;)


これで終わるのも、なんだかな、なので、
今日のタイトルになった、プラチナさんの戦いっぷりをご報告。

昨日の読んだ本の中に、
プラチナ文庫のものがあった。

腐人は本の間にはさんであるやつは、
いつもざーっとしかみないんだが、
ここにプラチナ文庫小説大賞のことが書いてあったのだ。

んで、応募作品の制限として、

1)同人発行物は不可
2)HP掲載は不可
3)パロディの焼き直しは不可
とあり、
ずいぶん厳しいなぁ・・・と思った。

んで、4)はちょいとおいといて

5)他社投稿の手直しは不可

と続く。

腐人がおーっと思ったのが、4)でね、
そこにはこうあったのだ。

受・攻どちらを問わず、15歳未満は不可

おおおおおっ!
18じゃないのか!
プラチナ、頑張るな!

それからこんなことも書いてあった。

年齢が明記されてなければOK

・・・そうなのよね、
BLは、しょせん女性向けファンタジー小説。

この生物は生まれた直後から100年の眠りにつき、
100年と1日目に起きて、成長を始める。
だから、ボクは、100と10歳でーす♪

とでもいっちゃえば、なんでもアリなんだよ。

どうみてもローティーンにしか見えない脅威の童顔、
でも、実はワタクシ・・・40歳なんです・・・
とかね。


はっきりいって、
いつまでこの愚かでバカバカしい話をせにゃならんのか、
それを考えると、
某所に直下型地震が起こって、1匹残らず死滅してくんねぇかと
マジで思う。

読まれてる方も、またか・・・と思われてると思うが、
言ってる腐人も、正直、もう、うんざりだったりする・・・(-_-)。

なんか怒りが爆発するよーなことが起こるまで
このネタ、封印しとこっかな。


以下、読書録。

●30日
(406)BL/プラチナ 『冗談やめて、笑えない』 栗城偲
  このタイトルは、どっちの発言なのかな?
  文中では、一夏に似たようなのあったが、
  どっちかっちゅーと友??

  腐人は、こういうところが好き。

  それにしても、和田は惜しいな。
  なんか使いまわしてみませんか、栗城さん?
  かなりいい出汁でそうなんですけど・・・。


  ところで、腐人は今回、挿絵にえ!?と思った。
  だって、友が・・・・・・
  メトロ地味ーズ3人衆を足して、メガネとカチューシャひいて、
  3で割ったみたいな顔してんだもん。

  節電で、本数削減にあわせて、出稼ぎか!?
  とか思っちゃった。

  え?なんの話だかわからない?
  わからければわからないままでいいと思いマス・・・。

(407)BL/ルビー 『恋愛未経験。』 黒崎あつし
  うーん・・・・・・。
  
  入社式にテレビカメラが入るような会社で、
  自分が入る会社の社長のツラしらねぇって・・・
  腐人が面接官なら落としてるぜ。

  っつか、会社四季報にのってる情報ぐらいは
  押さえとくのは常識ちゃうのか (~_~)?

  なんかそゆとこがひっかかっちゃったが、
  『熱愛』より、こっちのキャラのがまだいいな。

(408)BL/シャレード 『夏からはじまる』 神江真凪
  わー・・・ひっさしぶりに読んだよ、こんなかわいい話。
  シャレードは相変わらず幅広い・・・。

  個人的には、好きだなぁ、こーゆーの。

  昨今の学生モノって、すぐにいじめだなんだと、
  どうも殺伐とした傾向が強く、
  腐人としては、もうその匂いだけで拒絶反応がでる。
  
  そういうのって、もう今の腐人とかには重くてね。
  脂が嫌いなのに、
  霜降りのサーロインステーキを
  むりやり食ったよーな気になるのだ。

  そういうのも含めて、これいいなぁ・・・。
  朔のバカっぷりも、
  ここまでくるとなんかご主人様大好きワンコ
  見てる気になれる。

  っつか、たぶん君、営業やったらいいと思う。
  かなりいい成績とれると思うなぁ・・・。

  なんかこのままゆっくり進む彼らの恋愛を
  もっと見たくなった。
  続き読みたいなぁ・・・。

(409)マンガ 『月夜のとらつぐみ』 笠井スイ
  なんとも不思議な感覚のお話だなぁ・・・。

  途中が途中だったんで、
  猫とパンケーキなんか、
  最後の最後まで、こいつは人か?それとも猫か?って
  悩んじゃったよ。
[ 2011/07/01 ] 図書規制&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。