腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 震災 あれこれ
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

震災 あれこれ

久しぶりの震災ネタでございます。

いや、本当は真っ黒な話をしよーかと思ったんだが、
どんどん広がっちゃったもんで、
ちょっと方向変換。



先日、相馬市から封書がきた。
なんだろ?と思って開けてみて、びっくり。

なんと、市長さん直筆の御礼状だった。

薄い、これは手漉きかなぁ?と思われるご料紙に、
印刷どころか毛書で、
震災孤児の支援金支給基金の義捐金に対する御礼がしたためられていた。

うわー・・・・・・・・。
なんか恐縮しちゃうなぁ・・・(・・;)。


というのも、もう情けなさを通り過ぎ、あほらしすぎて、
東京某所に直下型地震起って、
全員死んでくれるんが、「最善」ちゃうか?
とまで思ってしまう腐人だが。

ちょうどそのお手紙を頂戴したとき、
東京某所が
「仮設を5/31にまでにうんたらりん」とかゆったせーで、
現場がどうなっとるかという
テレビ番組をみたのだ。

地盤が緩んだ土地。
海水に汚染された水。
大工の不足。

そういう悪条件の中で、
なんとか期日までにゼネコンが仮設をつくっても、
引渡しは、なんと6月中旬という。

いったいどこがボトルネックになってるのか、
と調べたところ、
モノができても、引渡しまでに、
県や市町村の検収が必要・・・という、
なんとも、のんきなお話で。

緊急時にそれってどーなんだ??

なんとかならないかと、
テレビクルーが市役所に乗り込んだところ、
市の担当者は、仮設が早くできたことすら知らなかったという。

それも無理はなく、
役所の職員さんは、山積した仕事に追われ、
疲弊しきっていた。

優先順位?
そりゃ、全てが1位だ。

こんな状況で、中央は何をやっとるんだろうね。
全員で瓦礫拾いをしたほうが、
よっぽど貢献するんじゃないか?


そうなんだよね・・・震災からもうすぐ3ヶ月。

「公」に関係している人達は、
もう限界に近いだろう。

そんな中で、わざわざ腐人ごときに御礼状なんて・・・。

生きたお金として、
こちらの希望にそった形で使ってくださるだけで十分なのに
なんかかえって気を遣わせてしまったようで
申し訳ない気になってしまった。

こちらこそ、ご丁寧に、ありがとうございました。
どうか、皆さん、無理し過ぎないでくださいね。



義捐金といえば、双葉町の町長さんが、
非難してる町民から逮捕者を出してしまったので、
義捐金を辞退するというニュースをみた。

うーん・・・それはちょっと違うような気がするなぁ。
アホでどーしよーもないんは、その「個人」の話。

それに対し、義捐金とは、「事象」に対して送られるもので、
個に対して送られてるもんじゃないと思うんだ。

それを町長の一存(なのか?)で、辞退って、
義捐金を送ったほうの気持ちはどうなるんだ?

そのアホだけ排除ならわからんでもないし、
町民の総意でそうなったならわからんでもないんだが、
なーんか、「権力を持った人間の傲慢」にみえるのは、
腐人だけかな?

「村八分」という概念が生きてるのかなぁ、まだ。

もし、東京で、それ誰かがやったら、
たぶん暴動起こると思うもん。

まぁ、報道だけではわからん事情があるのかもしれん。


そういや、被災地の給食のニュースで、
先日ようやくおかずがつくようになった
という報道をきいた血族が、
「腐人みたいな偏食大王な子は、
 それまで何を食べてたんやろね」
と言った。

どーなんだろうねぇ。

あの頃のことを思いだしてみると、
腐人は、給食からおかずが退いたら、
なんも食わない状態だろな。

コメならいいんだが、パンは食えんし。

腹が減れば、パンでも食えるのかどうかは、
試してみたことがないのでわからない。

ただ。
もしそうなって、食べたとしても、
絶対に「好き」にはならんことだけは断言できる。

むしろ、その後は余計に食えなくなりそうな気がする・・・。


そういや、戦争を経験された方が、
「ふかし芋は食べられない」
とか
「小麦粉を伸ばしたやつは食べられない」
とか
そういうことをよくおっしゃるが、
これと似た話なのかもしれない。


本当に。
誰が首相でもいいから、1日も早く被災地を復興して、
給食で泣く子がいないようにしてくれ!


以下、読書録。

●2日
(333)一般本 『イノベーションのジレンマ』  クレイトン・クリステンセン
  サブタイトルが、「技術革新が巨大企業を滅ぼすとき」。

  えーこれはちゃんとアーカイブとりたいので、
  また別にやります。

(334)BL/花丸ノベルズ 『黒羽と鵙目』 花郎藤子

  文庫じゃなくてノベルズだぞ!
  と一応、主張してみた。

  黄ばみっぷりがすげぇよ・・・ははははは。

  いやなんかさー、BLの場外大ホームランに
  最近出会わねぇなぁと思って、
  書棚の奥から、ホームラン本を引っ張り出してみたのさ。

  もう暗記するぐらい読んでんだけど、
  年月とともに擦れた自分がいて、
  新たな発見があったりする。

  「長4封筒だったら、
   めいっぱいいれても100だが、
   相場として50くらいか?」
  とか(^_^メ)。
   
  それにしても、ああ、なんて気持ちがいいんだ、
  この文章!!!

  花郎さんの文章って、全部をかくわけじゃないんだけど、
  全部がわかるんだよねぇ・・・・。
  うーん・・・巧い!

  で、気づきたくなかった鵙目の年齢に気づく・・・。

  いいのよ!
  コレ読むときは、腐人、
  同人でこれ初読したときの歳まで若返るんだから!!!

  なんちゃってヤクザが氾濫しまくってるBLだけど、
  やっぱこれでしょう!
  ああ、愉しい。
  やめられん・・・。 

  
[ 2011/06/03 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。