腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > F&B CD 11かーん!
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

F&B CD 11かーん!

師匠から悲鳴のメールがきた。

どうやらスペイン男の大爆裂の
『F&B 12巻』のCDを聞いたらしい。

ジャケット写真が添付されてたんだが…
この表と裏の対比…
うわー…切なっ!

やせ我慢もたいがいにせぇや、ビセンテ…。


というところで、
そういえば、体調崩したりなんだりで、
11巻のCDをまだちゃんと聞いてないことを思い出す。
 ↑
 おい。


外は雨だし、まだ体調はよろしくないし、
ちょうどよいので、聞くことにした。


……なんなんだ、このドピンク垂れ流しのビセンテ…。
「さぁカイト、あーんして?」
って、ハートマークとびまくりやん!

カイトもよろめきまくって…こら!

それにしても…ラウルは、相変わらずむかつく…。
歩く毒薬と呼んでやりたいわ

陛下は陛下でうっとりするが、
今回はやっぱりエボリ大公夫人だよなぁ。

声きくだけで、超気が強いっつーのが伝わってくるべ。
まさに炎って感じ。

もし、エリザベスと口げんかなんかしたら
まさにゴジラとアンギラス?
周辺は冷凍庫だろなぁ…
ひゃー怖い

ああ、
レオとカイトが子犬のよーにじゃれてるのが
かわいいなぁ…。
こんときが、レオの幼年期だよなぁ…。

でもって、こんときがビセンテの蜜月。
ただ筋金入りのニブチンなんで、
思いっきりチャンスロスしとるぞ。
アホやのぅ…。


ジェフリーはジェフリーで、
純情青春小僧になっちゃってるし。

やっぱり魔少年だぜ、カイト…。

以下、読書録。

●28日
(324)BL/キャラ 『欲情の極華』 遠野春日
  うーん…ぽりぽりぽり…。

  「情熱」シリーズでもそうだが、
  ヤクザってそんな愛人にうつつをぬかしてられるほど
  暇じゃないと思うけどなー…。
  
  実態は知りませんが。

  金融会社の社長だって、そんな暇じゃないと思うのよ。
  今は特に。

  職場では、エッチやのーて仕事しなはれ!社長!!

(325)BL/ルナ 『にせ王子ピナ』 大鳥香弥
  こういってはなんですが。
  こういう系統は、BLでは六青みつみさんという金字塔があるので
  どうにも腐人の点が辛くなる。

  特に王子とのなりすましならば、
  六青作品のなかでもむっちゃお気に入りの
  『騎士と誓いの花』っちゅーのがあるもんで、
  どうしてもそれと比較してしまう。

  二段組の分厚い1冊と比べちゃいかんのかもしれんが、
  なんつーかなぁ…どうにもペラいんですわ。
  世界観もキャラクターも。
  展開も、ものすごーくご都合にみえる。

  まぁ、主眼がラブなんだから、
  その他はいいのよ、ご都合で
  っちゅーご意見もあろうが、
  あまりに浅くないか?
  そんなに簡単かなぁ、人って。

  どうせモチーフを「王子とこじき」にもってくるなら、
  もうそこにだけ焦点絞って、
  王子になったこじきと王子、
  こじきになった王子と近衛の
  対比ストーリーにしちゃえばいいのに。

  なんか王様だの兄弟だのがはいってきて、
  全体が散漫になっちゃった感がぬぐえないなぁ。

  これでいいならいいんですけどね…。
  
(326)BL/ルチル 『ミントのクチビル』 崎谷はるひ
  甘っ!!!
  ひさびさにこんな甘いの読んだ気がする。

  ほぼ生チョコなガトーショコラの上に、
  生クリームをたっぷりのせて
  羊羹とチェリーの砂糖漬けの刻んだのをトッピングし、
  黒蜜とはちみつとマンゴーソースを
  これでもか!とぶっかけた感じ。


  う…想像するだけで胸やけしそうだ…(;一_一)

  でもまー、天然記念物な乙女っ子に束縛かまいたがり男という、
  とても需要と供給がつりあったカップルだから、
  こうなって当然というかなんというか。

  というか、頭にお花が似合う19歳男子って、
  それもお姫様だっこされて、にっこりしてるって、
  問題(というか違和感)ないのか!?なぁ!?

  70になっても80になっても
  チャーミーグリーンなんだろな、この二人。
  いつでもどこでも二人の世界。
  世界はいつでも薔薇色さって感じ?

  もう好きなだけやっててください、はい。


  このシリーズはどっちかというと、
  腐人としては、結構、腹に残るなぁという気がしてたので、
  あら、どうしたの?という気がしたんだが、
  あとがき読んで氷解。

  なるほど、そういう意図があったんですね。
  ならば納得。

  確かに現実がキツイときって、読むもの選ぶよね。

  物語世界だけでも、
  ただただ幸せでぬくぬくとした
  普通で平凡な日々であって欲しかったり。

  でもまー、この年になってくると、荒みも年季が入るので、
  「…ふふふふふ…この大変な自分よりも、
   大変な目にあって、苦労のどん底で、
   痛めつけられてるヤツの話がよみたい…」
  とか思うこともある。

  そのどっちを選ぶかは人それぞれだと思いますが(^_^;)
  どちらにしろ、
  中途半端なものは受け付けられないのは確か。

  そういうものは字面は追えるけど、
  ぜんぜん自分の中に入ってこないんだよねぇ…。

  そういう意味でゆーと、
  読直後の第一声が、こういうことだったということは、
  崎谷さんの意図が
  ちゃんと反映されてたってことじゃないかなぁ。


  そーいや、おーちゃんの仕種で、
  口に指(手)もってくるのが、クニの萌えツボに
  はまってたよーですが、
  それはわからんでもない。

  クチビルは、まーある場所を連想させるもんだし、
  指は指で、これまたある場所を連想させるもんだし。
  
  童顔のアヒル口がそれやったら…
  うーむ…よく耐えてるな、クニ。
  ほめてしんぜよう。
  
  っつかさ、思うんだけど、
  こういうことをナチュラルにやっちゃうおーちゃんは
  卒業したら、クニんとこ嫁いくべきでしょう。
  んで、在宅で仕事したほーが、
  本人のためにも周囲のためにもいいと思うぜ、うん。

  と、のこのこ徳井についてった姿をみて思った。

  っつか、こういう子には、
  GPSとセコム機能がついた
  キッズ携帯もたせなさーい!!!
[ 2011/05/29 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。