腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 『江戸の卵は1個400円!』!?高いがな!
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『江戸の卵は1個400円!』!?高いがな!

あー昨日、読書録すっとばしたから、
カウントがむちゃくちゃや。

まーいっか。
今日も読書録のみざんす。
カウントから。

(321)一般本 『江戸の卵は1個400円!』 丸田勲

サブタイトルが
「モノの値段で知る江戸の暮らし」。

多分に、今日は己のアーカイブです。

腐人自身は、時代小説嫌悪症になっちまったんで、
時代小説って、今、ほとんど読めないんですが。

ほんでもこれはおもろかったなぁ。

のっけからびっくりしたのが、
江戸時代には、金・銀・銭って
1万円・1000円・100円っちゅーのと違って、
円・ドル・ユーロの関係だったってこと。

えええええ!?
そんななんちゅー面倒くさい。

金1両=銀50~65匁=銭4000~6400文
と、結構、相場は荒れてたらしい。

使うお金が何かで、階級が分かれとったそうで、
武家=金、商家=銀、庶民=銭
だったんですと。
へー。

ちなみに今の価格にすると、
銭一文=20円、銀一匁=2000円、金一両=128000円
ぐらいだそうで。

そうやって換金すると、
江戸時代の大工さんの年収は、
だいたい320万。

腐人が唯一読んでるしゃばけシリーズの
手代のにいや達は、年収64万~約90万円。
え!?少なっ!

でも大店の番頭になると、1280~2560万円だそうで。


となると、気になる大奥連中。
上臈御年寄が、2880万円
御年寄が、1600万円
中臈が、約730万円
表使が、約589万円
御末で、約90万。
おお、手代と同じやん。

ちなみに対する将軍の小遣いはというと、
19億2000万円ですと。
ほへー。

ただ、紀伊国屋文左衛門くんは、
1280億円の資産を築き、
吉原にて一晩で3億弱使ったこともあるそうで。

…吉原はともかく、この紀伊国屋さん、
現代で言えば、孫正義さんか?

この政治家と商家の実際の力関係は、
200年たっても変わらないよーな気がするのは気のせいかねぇ。


いくつか語源の話。

よく「さんぴん」という嘲り言葉があるが、
これは、最下級武士の給与
「三両一人扶持」からきてるらしい。

現代価格に換算すると、年収60万ちょっと。
大工の1/5である…。
そりゃ内職せにゃ食えんのぅ…。

へー。


現代と違い、江戸の頃は、日本の中心は京都。
よって京阪から出ていくものを「下り物」といった。
※のぼりくだりのくだり

それは、「=上等なもの」という意味もあり、
転じて質のよくないものを「下らない物」と言ったところから、
「くだらない」ができたそう。

へーへー。


ローマからきたルーちゃんも遊んだ的当て。
江戸の頃は「矢場」と呼んだそう。

的にむかって矢がびゅんびゅん飛び交う中を
落ちた矢を拾う女(襦袢チラ付)がいたそうで、
そこから、危険な場所や危ないことを
「矢場い」といったそうである。

へーへーへー。


究極のリサイクル社会だった江戸。
ならでは、の、いろんな商売があったそうですが、
おもろいのぅと思ったのが、
「羅宇屋」さん。

煙管ってあるじゃないですか。
あの吸い口と雁首(先っぽ)は
金属だから長持ちするらしいんだが、
その間にある竹管は傷む代物だったので、
交換・掃除の必要があったそうで。

それを商売にしてたのが、この「羅宇屋」さん。

ただ、1本160円~240円ちゅーんで、
そんな儲かったとは思えんのですが…。


ちなみに、このタイトルでもある卵。
1個400円というのは、
吉原で売られてた「ゆで卵」の値段。

生卵だと140円~400円だったそう。

羅宇屋の値段と比べたら、
食品高いよなぁ…。


腐人としては、外せないのが遊女の値段。

遊女の格のトップは「太夫」だそうですが、
残念ながら江戸中期にはいなかったらしい。

一晩のお値段は192000円。

次は「格子」「散茶」となるそうですが、
これまた「太夫」と同じ頃消えている。

一晩のお値段は96000円。

最後までいた中でのトップは「花魁」。
一晩のお値段は、96000円~128000円。

あとはどんどんと下がりますが、
最低でも32000円。

とはいえ、店のランクが下がれば、価格も下がり、
「ちょんの間」といわれる切見世では、
1000円~2000円だったそうで。

とはいえ、女郎は搾取されまくりだったそうですが、
もっとひどいのは吉原の外。

夜鷹の値段は、なんと24文(480円)!
…せつないねぇ…。


腐人ですから、女の苦界の次に気になるのは、
もちろん男!!

女の最高峰、花魁の場合、
BLに遊郭はよくでてくるんで(なぜかは突っ込まない!)
皆さんよくご存知でしょーが、
花魁とやるまでには、段取りがあって、
3回目にして、初めてヤれる。
そこまでにかかる費用は、500万円。

一晩だけだとそう高くもない(128000円)のにね。

それに対し、陰間くんはどーだったかとゆーと、
一時(二時間)で、32000円!
今のウリ専君の価格よかいいんじゃない?

1日だと、384000円!!
外に連れ出す場合は、さらに256000円が加算!!!
ちょっとすごいぞ、この額は。

っちゅーのも、
「色の道は男色を極めてこそ一人前」
だったんですとー。

ああ、なんて腐女子にとって幸せな時代!
江戸よ、かむばーっく!!


ちなみに、不倫がばれたときの慰謝料は
96万円だそうです。
これって安いのか??


腐人の興味のあるとこだけを抜粋してますが、
他にもホント色々な値段や風俗紹介がしてあって、
なかなかおもろい本でございました。

うーん…どうせなら
奈良から全時代の対比やってくんねかな。


以下、忘れてた読書録。

どーでいいけど、さっきからキーをミスタッチしまくって
書いた文章デリートしまくり…(-_-)

もう3回目だよ…(-_-;)

(305~315)マンガ 『黒子のバスケ 1~11巻』 藤巻忠俊
  やっぱし『スラムダンク』と比べてしまう。

  バスケシーンの表現としては、
  『スラム』で完成されたんだなぁ…。

  首から上はともかく、首から下については、
  『スラム』から変化を感じない。

  まぁ、実在する競技だから、「正しい形」ってのが表現されてしまえば
  そこから逸脱することはできないのかもしれないが。


  ところで、前に『弱虫ペダル』で書いた気がするが、
  スポ根には3パターンがあると腐人は思ってる。

  (1)元々素質がある素人成長型
  『スラムダンク』『ヒカルの碁』
  『はじめの一歩』
  『フィフティーン・ラブ』『ちはやふる』

  (2)登場時点から天才型
  『ドカベン』『YAWARA!』
  『キャプテン翼』

  (3)誰が主役かわからん必殺技くりだし型
  『テニスの王子様』
  『弱虫ペダル』…最初は(1)だったんだけどな…。

  正直、腐人は(3)のパターンが嫌いなので、
  他に思いつかない。
  ただ、『黒子』も(3)ぽいんだよなぁ…。

  そういや『おおきく振りかぶって』はどこになるんだろ?
  皆が主役というと(3)だが、
  あれは全く必殺技がでてこないからなぁ。
  (1)かな?

  腐人は断然(1)が好き。

  これだと、競技そのものに興味がない読者でも、
  主役と一緒に、勉強できる。

  主役が一つ技術を習得するたびに、
  自分もできたような気になれる。
  実際は違うんだが。

  でも、それって、
  それだけリアル競技に近いってことで、
  同時にリアル競技にも興味がわいてくるんだよね。

  だから、いつしかマンガの枠を超えて、
  自分の興味が広がってくところがあるので
  腐人は(1)が好きなのだ。

  『スラム』にしても『ヒカ碁』にしても、
  社会現象とまでひろがっていったっしょ?
  そういうこと。

  (3)だとさ、キャラ萌えで、同人女の人気は獲得でき、
  海っぺりで年に2回ブースができるようなブームにはなろうが、
  リアル競技としては、いいとこ部活の中高生が
  「必殺!つばめがえしー」
  っつって、部活の最中に遊ぶぐらいだろう。
  たぶん。

  『スラム』から、
  マイケル・ジョーダンの最初のスリーピートとか
  田臥くんの高校9冠とかを見てきた腐人としては、
  やっぱ、広がる余地のあるマンガのがいいなぁと思うんだわ。

  リアルにはリアルのよさが、本当にあって、
  田臥くんの高校時代などは、
  まさに一人だけレベルが違うという状態とは
  こういうことなんだっつーのを
  実感としてみれたし。


  ただ、なんつーのかな、イラスト投稿をみてると、
  たぶん、この子たちは、『スラムダンク』を知らないできた世代で
  そういう世代に、
  バスケは面白いんだよってところを知らしめるためには
  どんだけでかい壁があろうとも、
  やっぱジャンプで、今、やんなきゃなんないのかもしんないなー
  とも思う。

  それに、このマンガ、主役が「黒子」(一応)ってのは、
  買いだろな。
  
  誰しもが、マイケル・ジョーダンに、田臥勇太に、
  なれるわけじゃない。
  
  今、部活でスポーツやってる子のほとんどが
  プロにはなれないレベルだろう。
  野球なんか顕著だが。

  身体能力も平凡、でもそのスポーツが好き、という子に対し、
  こういうやり方もあるんだよ、っちゅー指南としては
  おもろいかもねぇ。

  正直、続きをよむかどうかはわからん。
  悪くはないんだが、腐人の好みじゃないので。

  だって、「キセキの世代」とかゆーネーミングも、
  この名づけなら、ゴレンジャーっちゅーたらええやんねぇ?
  とか、
  火で氷…その性格づけといい、あまりに安直でねーか?
  とかのツッコミいれたくなるんだもん!

  ま、読んだら、そんときはそんときってことで。

  そーいや疑問だったんだが、
  高校バスケって、前半後半だとばっか思ってたが、
  いつからクォーター制になったの??
  浦島花子だわぁ…。

(316)BL/リンクス 『12の月と、塔の上の約束』 六青みつみ
  六青さんとリンクスさんにお願いがあります。

  「光の螺旋」シリーズ出すときは、
  巻頭に地図いれてください!
  ただでさえカタカナ弱いのに、地理がわかんないよぅ!

  六青さんの書く、健気っ子な受は腐人の大好物ですので、
  もーね……花ノ月から大爆発

  ●花ノ月
  「辛気くさい」だとぉ!?
  アル、その窓から突き落としてしまえ!
  腐人が許ーすっ!!

  ●草ノ月
  また暴行しやがって…このケダモノが!
  アル、次にヤツがきたら、襲ってやれ!!

  ●風ノ月
  ちっ!エリオン!邪魔しないでくださいよ!!
  アル、やっちまいな!!
 
  ●雨ノ月
  ケッ!少しぐらい落ち込みやがれ!
  バーカバーカ!

  ●炎ノ月
  あ!!!アル!!あんた裏切ったわね!!!

  ●収穫ノ月~霧ノ月
  む…モノで懐柔しようとは…姑息な…

  ●霜ノ月
  あー!そんな口先三寸にだまされちゃだめですよ!エリオン!!

  ●雪ノ月
  エリオン、いっそのこと、腐人におまかせくだされば、
  あのアホをぶんなぐって監禁しまっせ?

  ●融氷ノ月
  やっぱり!!このクソED攻め!!
  エリオン、腐人に成敗させてください!!

  こんな感じ?
  もし腐人が乳母だったら、
  何よりも超えるのが大変な壁になってたかもねぇ。

  たださ、エリオンちゃん。
  君もちょーっと乙女ドリームすぎるぞ?

  そりゃ本しかしらんかもしれんが、
  なぜに自分の投影先がお姫様なんだ…。

  ま、いいけど。
  でも、本当にこいつでいーのー(~_~;)?
  とは、六青さんのお話ではいつも思う…。
  受がいい子が多いんで余計そう思うんだろな。


  ところで。
  今回のお話で腐人が気になってることがいくつかありまする。

  1)エリオンがアーガイルと会えるようになったきっかけ、
  「慶事」ってなんですかい?

  2)エリオンと師匠の「別の話」はいつ読めます?

  3)オウムって長寿とききますが、
    この先、どうなるんでしょう?
    毎回、追い出されまくり??
    
    なら、腐人としては、その時間に
    「早っ」とか、
    「もう終わり?」とかを
    覚えさせたいところだ…。←やめてやれ



  あと全体で質問なんですが、
  いつかこれらの「光の螺旋」話が相互リンクしてくるよーなものって
  出てくるんですかね?
  一番好きな『騎士と誓いの花』のその後とか絡んで欲しいんですが。

●26日

(322)BL/キャラ 『灰色の雨に恋の降る』 火崎勇
  うーむ…。
  この淡々とした感じは火崎さんならではで。

  『じゃんり子チエ』のおばあと同じことゆーとるぞ、加藤。
  ぐらいかなー。


●27日

(323)BL/ビーボーイ 『UNDER THE HEAVEN 下』 かわい有美子
  気になってたオチ。
  ほぅ、こうきましたか。

  正直、『MIKADO』んときは、
  腐人は史ちゃんとイェインは死んじゃったんだろうなと
  思ってました。

  史ちゃんにはまだ不安定というか、
  諦観みたいのを感じてたし、
  イェインは脆い感じがしてたんで、
  心中的な感じになったのかなーと。

  麻里絵もいつまでも過去を克服できない、
  時間が止まった感があり、
  アレックスは、どうにもニブチンにみえ、
  こりゃ、誰にも救いがないラストだなぁ…
  と、勝手に思い込んでました。

  が、かわいさんの中では、そうじゃなかったのか!
  
  個人的には、ヴィンセントに報復したいんですけどねぇ。
  腹黒のSなんで。
  麻酔なしで、くっつけたまま、
  薄切りにスライスするとかさ♪←なにをだ!
  
  彼らはどうしたんでしょう?

  某所じゃないですが、報復が報復を呼び…
  っちゅー終わりのない連鎖は、
  個人的にはやっとれん…ですけど、
  目には目を、歯には歯をまでは
  許されてもいいと思うんだがな。←おい!

  なんというか、『MIKADO』と比べて、それぞれのキャラが
  過去は過去として、
  それを乗り越える強さがでたなぁと思うんですよね。

  その一番の要因はかわいさんの心情変化でしょうが、
  物語としては、アレックスがポイントだったんだろな、
  という気がします。

  彼を書き込んだことによって、史ちゃんが変わり、
  全体が変わってった気がします。

  ラブ的にはハッピーエンドになった今回ですが、
  個人的には、その後の抗争がどうなったか知りたい…←まだゆーか!

  あと、キーフォバーが…すげー気になる!
  こういうオヤジ、大好きです!
[ 2011/05/28 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。