腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > よしなしごと各種 その6
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

よしなしごと各種 その6

今日は雑感。

●みんなの歌

前に書いた
『みんなの歌』DVD12巻セットが
やってきた。

1枚だけ…のつもりが、ついついついつい…
エンドレス…。

腐人家の電気取締役が
「いい加減に消せ
とうるさいので、PCに移動し、
エンドレス再開。

歌い手もすげー面子なんだけど、
アニメーションもすごい。
思わず見入っちゃって、
ブログが全然進みません…わはははは(^_^;)

歌詞見て、きれいな日本語だなぁと思ったら
北原白秋とかだったりするし、
作曲、編曲のメンバーも
腐人ですら知ってる人がぞろぞろ。

NHKの力がすげーというべきなのか、
「みんなの歌」というブランドのすごさなのか。

ああ、でもあの歌もこの歌も入ってないじゃない!!
全曲集なんて出たら、買ってしまいそうだ…(;一_一)

うっ…
「クマのぬいぐるみ」泣ける…(;_;)


●気になるニュース

腐人は生臭いニュースが好きなので、
この2つが今、すごくどうなってんだか気になる。

1)アメリカの売春婦連続殺人事件

ニューヨーク州のロングアイランドのビーチで
行方不明者を探していたら、
現在、8名の遺体が発見された事件。

まだ、その行方不明者は見つかってない。

その後の調査で、
2006年にニュージャージー州で起こった
4件の売春婦殺人事件と関連があるとみられてる。

っちゅー事件。

どーなるのかなぁ?


2)ロシアのIT長者の息子、誘拐事件

これまたどーなるのかなぁ?という継続中の事件。

最近、誘拐ってあんまし聞かない気がしていたが、
そうでもないんですなぁ。

日本だと、割に合わない犯罪として、
みなされてる気がするんだが、
犯罪も場所によって違うんだ。ふーん。


息子って子供?と思ったら、
なんと20歳。

っちゅーと、誘拐というより、
拉致のがぴったりするような…
この違いがよくわからん。

ああ、でもグリコの事件では、
「誘拐」といわれていたなぁ。

無事で帰ってこられるといいんですけどね、イワン君。


●オマーンの気持ち

新聞で読んだのだが、
福島県南相馬市にある町工場が、
今回の震災で被災した。

この工場は、板金加工の工場だったそうだが、
昨年から、中東へ農業支援を行っているNGOと組んで、
浄水器開発をやっていたそうだ。

被災の知らせを聞いたオマーンの王族系企業から、
「仕事で立ち直って」という言葉とともに、
移動型浄水器700台と大型浄水器14台の
合計26億円相当の発注がきたそうだ。

工場は操業停止状態だったそうだが、
今、徐々に再開しつつあるとのこと。

これなのよ!
腐人はこれが、これこそが、必要なんだと思うのだ!

社長さんは
「本格的に動くには今月いっぱいかかるが、
 仕事という形での支援は何ものにも代え難い」
とおっしゃっているそう。

仕事があれば、なんとかしなきゃと思う。
仕事があれば、再建のために前向きな借り入れができる。
仕事があれば、再開のために躊躇なく投資ができる。
仕事があれば、社員を解雇せずにすむ。
仕事があれば、これまでの日常のリズムが戻ってくる。

大荒れに荒れた海で難破し、
どこにいるかも分からなくなったような状況だと、
もう何から手をつけたらいいのかわかんなくなりません?

この発注は、向かうべき港の明かりがみえた、
まさにそんな感じじゃないのかな?

目標が定まれば、それまでの手順が決まってくる。
そうしたら、あとは一つづつ、
それをやっていけばいい。

職業によっては、発注よりも初期投資費用を
という方もいらっしゃるだろう。
漁業の方とか。

再建の道は、それぞれ違う。

でも、
「仕事をし、
 その評価によって対価を得て、
 元の日常に戻っていく」
これは共通のことだ。


オマーン規模のことはできませんが、
今週は、血族が福島のお酒を買ってきました。

名前は、「一生青春」。
いいなぁ…。


以下、読書録。

●23日
(250)同人誌 『身辺雑布 78』 うぐいす姉妹
  うっ………
  ブライトさん、お亡くなりになられたんですか…。

  2年半、よぉ頑張らはったなぁ。
  
  今、ちょうど『神の手』という
  安楽死をテーマにした小説読んでるんですが、
  末期がんの最後は本当に痛く、苦しく、つらいようで、
  それらを乗り越えて、
  今はただ、ゆっくり休んでくださってるといいなと思います。

  
  話し変わって、今回ものすごーく興味をひいたのが
  お母様の手術…の術後に使われていた、
  「うつ伏せ寝用まくら」。

  いや、最近、背中の調子がホント悪くて、
  仰向けでも、横向きでも、ダメで、
  うつ伏せ寝が一番ラクだと気づいたんですが、
  これね、専用の枕がないと、首が痛いんだよ!

  ふーん、ちょっと探してみよーっと。
  でも、こーゆーもんって、
  実際、ためして買いたいなぁ…。

(251)一般本 『神の手 上巻』 久坂部羊
  えーこれは下巻を読んでから、
  まとめてコメントします。
[ 2011/04/24 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。