腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 『あした選挙へ行くまえに』
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『あした選挙へ行くまえに』

なんてタイムリーな!
っちゅー偶然ではなく、
作為の結果ではありますが。

いやね、池上彰さんの著書を探してたら、
こういうものを見つけたので、読んでみたのだ。

それに「あした」は土曜だから、ビンゴっちゅーわけではない。
が、まー細かいことは、
気にしない~気にしない~気にしない~♪
※これがわかる人、どんだけいるんだろう・・・

まぁいいや。
まずカウント。

(216)一般本 『あした選挙へ行くまえに』 池上彰

一般本といっても、これは対象年齢14歳。

池上さんの本って、
大人向けだとたまーにピリリと効く辛辣な一言があるんだが、
子供向けなので、かなりやさしく書いてある。

ほー。

残念なのは、「選挙」といっても、
国政選挙の話が中心ってことだ。

ほんでも古今東西、
いろんな選挙方法とかが紹介されてて
読み物としてもおもしろい。

腐人がニヤリとしたのは、こちら。

「権力は腐敗する。
 絶対的権力は、絶対に腐敗する」


腐人は無知なので知りませんでしたが、
こんな言葉があるそうで。
へー。

多選くりかえしてる候補にぶつけてやりたい一言だなぁ。
え?別に誰なんてゆってませんよ?
特定の方に聞こえたなら、それは気のせいざます。


それから思わず、政治家もんのBLを
全部ひっくり返したくなったのがこちら。

代議士とは、衆議院議員のみをさす。
参議院議員のことは、ただの「国会議員」である。


要は歴史背景の違いなんだけどね。

参議院は、
もともと貴族院(お貴族さまだけ対象)から出発したもの。
だから別に、民衆の代表で議論する人っちゅーわけではないのだ。
今は違うけどね。

それに対し、
衆議院は、民衆から選出されて
「代わり」に「議論」する「士(男)」の集りとしてスタート。
なので、彼らのことだけを「代議士」っちゅーんですと。

・・・ってことは、フェミ視点からすりゃ、
「代議士」って差別用語になるわけか?

「看護婦」って言葉が消えたように、
「代議士」もいつか消える言葉なのかもしれないなぁ。


ま、それはどーでもいいや。

今後BLで政治家ネタやるときは
言葉にご注意くださいねー。
腐人チェックが増えましたんで(^_^メ)。


ところで、選挙といえば、
腐人としてはものごっつい気になるのが、
「なぜ、マイナス投票ができないのか」

2010-04-18腐人日記に書いてますとーり、
腐人は、これがないのが納得できん。

と、古代アテネの人も思ったらしく、
あったんですねぇ、マイナス投票が。

正しくは、「陶片追放」という制度だったらしく、
「僭主の出現を防ぐために、
 市民が僭主になる恐れのある人物を
 投票により国外追放にした制度」。

ウィキペディアによると、
その背景に、貴族たちの権力闘争があって、
それを平和的に解決しましょーって意図があったらしい。

でも、デメリットとして、
有能だけど、好き嫌いがくっきりわかれるよーな個性的な人物が、
追い出されるってことがあった。

それによって、突出した人間が消え、
アテネ全体が衰退したんでは?っちゅー説もあるそうで。


ま、確かに、極論いっちゃうと、
アクの強いおっさんAと、
なんでもまぁまぁで結論ださないおっさんBがいて、
人口4万と1人の都市で選挙やったとして。

Aは、賛成票2万、反対票2万票で、差引き0票
Bは、1票

で、プラマイみたら、B当選・・・ってのも、あるわけか。

でもね、やっぱりね、つくづく思ったが、
「こいつに、なって欲しい!」
よりも
「こいつだけは、なって欲しくねぇ!!!!」
のが強いのよ。

こいつの当選を阻止するためには、どうすりゃいいか
ってとこで、
競馬みたいに、1番人気、2番人気のオッズがでてりゃいいよ?

2番人気を1番人気に変更するのに、
どの馬に賭ければいいのか明確だから。

でも、現実としては、オッズはないし、
投票箱の蓋が開くまで結果は不明。

なので、「こいつ」の当選を防ぐために、
どーすりゃいいかがわかんねーのよ・・・(ーー゛)。

・・・いっそのこと・・・
テ×るのが一番てっとりばやいか・・・←ヤメロ!!


ま、そういうことを起こさせないように。
だからやっぱし、
腐人としては、マイナス投票制度をやってほしいわけです。


古代アテネの先例から、
どうして失敗したのか、
どうすれば弊害をなくせるのかを検討し、
アレンジしてぜひぜひ導入いただきたいわ!!


あとさ、議員の報酬についてもあったんだが、
福島県矢祭町は、議員報酬を日当制にしてるそうで。

福島県というと、ついつい、
こちらの町はどうなってらっしゃるのか・・・
そこが気になってしまうが、
今は、選挙の話。


人口6800人の小さな町だそうですが、
これまで、月額20万8000円あった議員報酬を、
議会に1回出席するごとに3万円にしたんだそう。

「本来、議員職は志ある人のボランティア。
 『給与が保障されないと議員にならない』というのはおかしい。
 議員は職業ではなく町への奉仕活動」
という主旨からの発案だとか。

とはいえ、
「うちの町議は議員以外に本業があるから、
 日当でも生計が成り立つ。
 専業の議員が多い大都市の市議、都道府県議などでは難しいだろう」
というご意見も。

確かにね。

制度ってのは、柔軟に運用されるべきだと思うし、
議員職が名誉職的なものなのか、
それとも専門職なのかでは、全然違ってくるだろう。

・・・って、何の専門なのか、
訊きたくなるヤツもよーけおるがな・・・(--〆)


池上さんは、確かこんなことを書いてたと思う(メモるの忘れた)。

「選挙に行かないということは、
 自分が納めた税金を
 どう使ってもらってもかまわない、ということ」



腐人はこう思う。

「選挙にいかないということは、
 私の権利をむちゃくちゃに踏みにじってくれていいよー、
 あなたの好きにしてー、というマゾになること」


腐人はSにはなれても、Mにはなれん・・・。

っちゅーても、その後に、
2010-12-23腐人日記 「民主主義ってなんなんでしょーねぇ」
2011-03-31腐人日記 「無視された意見はどこに行くの?」
って問題は残るんだけどね・・・(-_-)。





以下、読書録。

●7日
(217)BL/シャレード 『好き色センチメンタリズム』 坂井朱生
  うーん?
  これが末っ子(~_~)???

  生まれ順の性格傾向ってのがあって、
  これはどっちかっちゅーと、
  一人っ子系にみえるんだが・・・。

  この生まれ順や環境による性格づけを
  むちゃくちゃ巧みに用いてキャラ作りをしてる作品は、
  青桐ナツ『flat』と、
  ひぐちアサ『おおきく振りかぶって』

  ここに出てくる末っ子、コタと田島は、
  非常にわかりやすい末っ子性格してると思う。  
  
  末っ子ったら、こーじゃね?
  自己主張しない末っ子なんていないと思うよ?

  ってことで、キャラの性格に?がわいてしまい、
  今ひとつ、話に入れず。

  このキャラでやりたいなら、
  なんで初めから一人っ子設定にしないかねぇ?
[ 2011/04/08 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。