腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 女の一生、どう生きる
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女の一生、どう生きる

昨日保留していた読書録、
(211)BL/花丸 『愛の巣へ落ちろ!』 樋口美沙緒
(212)同人誌 『愛の巣へ落ちろ!Extra』 樋口美沙緒

ですけども、
このブログで2度目の出現だし・・・ってことで。

今回はちょっと毛色を変えて、
本編そのものについて、ではなく、
そこから派生して、
女の一生における、妊娠、出産、子育てについて、
ちょいと考えてみたい。

ついでに、ずーっと溜めてたアレコレも
一緒に片付けてしまえ!

ちなみに、この2冊の本編についてのコメントは、
どちらも過去ブログで、長々やってます。
2010-05-25と2011-10-17ほか。

気になった本は長いんだよなー、はははは(^_^;)
内容について、ご興味あれば、そちらをどーぞ。

なんでBLなのに妊娠、出産、子育て?
・・・と思った本編未読の方は、
この機に、ぜひどうぞお手にとってみてくださいませな。
腐人は好きだけどねー、この世界。


さて。
腐人自身は、
妊娠も出産も子育ても、その前提の結婚も
断固拒否してる人である。

なので、新婚生活が、妊娠が、出産が、子育てが、
すごく楽しくて!とか、
大変なのよ!とかゆー話ではございません。

それは先に断っておく。


前も言ったが、腐人は、
「自分の人生は、自分のためだけにあればいい」
と思ってる人だ。

「××さん家の嫁にも、
 ・・さんの奥さんにも、
 ++ちゃんのお母さんにも、ぜってぇなりたかねぇ!
 私は、ただの私で生き、死にたい」

と公言し、
親戚の口うるさいオバちゃん達と冠婚葬祭のたびに
ゴジラvsアンギラス並の戦いを繰り広げている。

以前、友人の結婚式で、
「これで女としての幸せをかみしめることができます」
とか言われたときは、椅子から落ちそうになったなぁ。

え、それが幸せなの(~_~)?
っつか、それを「女」でまとめられちゃったら、
腐人はどーすりゃいいんでしょー?
・・・腐人にとっちゃぁ、結婚は収監と同じレベルなんだけどなぁ・・・。

ま、その辺の尺度は、人それぞれなんでね。
それぞれが、自分のしたいようにすればいいと思っていて、
自分の中では、もう結論がでて、
片付いてしまっている命題だったりする。


だが、しかしだ。
ひっかかることがゼロというわけではないのだ。


その1)『リストラなう』と『デフレの正体』を読んでたときのこと

この2冊は2011年に読んだ本なんだけど、
『リストラなう!』のコメントで、
腐人がものすごーくひっかかったものがあって、
でも、うまく言えないので、去年、保留にした。

もう1年近く前の話なんで、
コメントを書かれた方のお名前も、
実際にどう書かれていたかもぼんやりなので、
間違いがあるやもしれませぬ。
と、先に予防線を張っておく。


あれは、噂でしかなかったリストラ策が、現実となり、
どういった人達が対象層になるか、
が発表された日のブログについてたコメントだったと思う。

その方の主張としては、
子供が病気だといって、
しょっちゅう早退やら遅刻やら欠勤する女性がいるのに、
体調が悪い時だって会社に来て働いていた自分が
同じようにリストラされるのは納得がいかない、
ってな感じだった。


そして、『デフレの正体』においては、
最後の提言で、女性の就労について触れていて、
もっと増やしていかなければならない、となっていた。

ま、外国の人が、政経基盤で日本分析やると、
大抵、これと同じ話がでてきて、
日本すごい派は、「ここにまだ潜在的労働力がある」というし、
日本あかん派は、「女性の社会進出が未だに阻まれている」という。


その2)NHKクローズアップ現代 「産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~」

腐人自身はこの番組、みてないのだが、
ここでリポートされたことが、女性に衝撃をあたえている、
っちゅー記事を読んで、
どういうもんだったの・・・?とみてみた。

NHKがこちら↓に番組概要をかなり詳細にまとめてくれてます。
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3158&html=2


んですが・・・ざっと一読した腐人の感想は、
・・・はひ?
40過ぎての出産では、
先天性染色体異常であるダウン症児の発生比率が
格段にあがるって常識でしょ?

そこから考えりゃ、
加齢による受精卵の劣化現象とか、母体環境の悪化って
すぐに予測がつくもんで、
別に衝撃の事実でもなんでもねぇじゃん。
当然のことじゃねぇの??

「社会が知らない」、
「学校が教えてこなかった」って・・・・・・・・・。

それはただの××なんでは?という、
言っちゃいけない一言を発してしまいそうだ。

・・・善良、めんどくせ・・・(ーー;)。


ああ、いかん。
ここで各論やってっと収拾つかなくなるから、
とりあえず事実列挙だけにして、あとで総論やろうと思ってたのに、
つい・・・・。

次にいこう。


その3)核家族の弊害

王子も姫も核家族の一人っ子である。
そして、どちらも両親は共働きで忙しい。

だから、普段は、
パパもしくはママと、自分の二人きり、ということが多い。

そんな二人が腐人家にやってくると、
日によっては、ヒマな大人達がゴロゴロいて、
一緒に遊んでくれるわけだ。

そうすると、顔つきが明らかに違う。

人が大勢いるだけで嬉しくて楽しいと、
全身で訴えてくるのだ。

たまに、そのうちの一人が便所などで姿を消すと、
「腐人いない!どこ!」
といって、大捜索が始まる。

何かを食べるにしても、
親は台所で食事作り、
自分は一人で食べている、ってのは、
やっぱりつまらないらしく、
目の前で一緒に誰かが食べてるかどうかで、
食の進みも表情も全然違う。

子供の孤食は情操教育によくないって、
凪良ゆう『恋愛前夜』にあったが、
それ、そのとおりだと思うよ。

大人になれば孤独にグルメっても全然平気なんだけど、
子供は違うんだよね。

でも、それ、大人は忘れてたりして、
血族は、たまに姫から
「ここ!ここに座って!」
と、隣の椅子をペンペンされるらしい。


・・・と。
とりあえず、現実の片面を並べてみました。


100%確実に、「でも!」から始まる意見がでてくると思う。
これは、そんなに簡単な話じゃないからね。

ってことで、また♪連載開始~いざいざ開始~

・・・ああ、ちっとも『愛の巣』に繋がらなかった・・・(-_-;)
いや、いつか繋がるはずなのよ!

ってことで、その繋がりを読みたい方は、
気長にお付き合いくださいませ。


以下、読書録。

●23日
(213)BL/セシル 『最果てのロクデナシ』 樹生かなめ
  ロクデナシは、てっきりダリアさんから刊行させるもんだと
  思いこんでいて、取りこぼしていた。
  なんてこったい!オマイガーッ!

  ってことで、お久しぶりのロクデナシ。

  ・・・・・・・・・・・・なのだが。
  樹生さーん!
  腐人のリクエストとちっがーう(>0<)!

  腐人は、堀海都くんが読みたいんですの!!!
  ぶーぶーぶー(ーзー)

  遺伝子と環境からして、
  千葉のネコちゃんの教育むなしく、
  どんだけ立派なロクデナシに成長していることか!
  腐人はとってもとっても期待しているのにー・・・(/_;)

  セシルさんだから、ショタつぼわかってはるやろし。
  ぜひ!なんとか!実現を!!


  って、本編の話全然してねぇじゃん・・・。

  いやだってさー・・・
  元々、甲斐はロクデナシの中でも比較的マシなんだよなー。

  だから、里和さんへの健気(?)っぷりをみてると、
  もう里和さん、そっちで手を打っちゃえ!
  ってな気がしてくるし。

  っつか、甲斐よ。
  あんた、母ちゃんに姉ちゃん、それに設楽っつー
  絶対どーにも勝てない包囲網があるんだから、
  とっとと年貢を納めちまえっちゅーの。

  100年あがいても、勝てないって、
  そのトライアングルには。  

  それにしても里和さんも、なぜ甲斐の天敵にチクらない。
  あんた、お人よしすぎだよ。
  もっと腹黒くなんなさい。
  そしたら、ハゲてデバラにもなれるかもしんないし。
  腐人の腹の肉、シミとシワと白髪つきであげるわよ?

(214)マンガ 『鬼灯の冷徹 4』 江口夏実
  なんとなく、毎度!って感じになってきたなぁ。

  どんだけ着眼点がおもろいものでも、
  巻数を重ねると、慣れてくるというものか。
  うーん、現実は残酷だ・・・。

  個人的には、3巻よかおもろかったですよ、4巻。
  でも2巻が一番好き。

  白澤との会話は、初めわかんなくって、
  桃太郎のツッコミに、思わず同調。
  ページを前に繰ってしまいました。

  ところで、
  十王様方が召し上がっておられた供物なんですけどね、
  夏場でしょ?
  大丈夫だったんでしょうかねぇ・・・。

  個人的には、夜店で売られていた
  黒焼きの正体が知りたい。
  形的に、ハートな気がするのは気のせいでしょうかね。

  っつか、鬼灯様は、
  どーして黒焼きじゃなくて綿飴なのだ??
  甘党だったのか・・・。

  そして、新キャラ、リリス。
  個人的には、ここまでいってると、
  結構好きかも・・・。
[ 2012/02/24 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。